ミッシェル アベフトシ。 ミッシェルガンエレファントが解散した理由、原因は何だったのか?

【ミッシェルガンエレファント】アベフトシの死去で伝説に…

ミッシェル アベフトシ

他人の年齢を知ることで、ハっ! と我に返る事が多い。 精神年齢的には3才児〜20前後位までが得意なスケールだったはずなんですが… 30後半になってからあまり年齢を意識しなくなりました。 基本若いとは思っているのですが、意識していないところで落ち着きを持ち始めたのか、はたまた老いなのか…。 そんな自分の年齢を改めて感じたのが、体力でもジェネレーションギャップでもなく、 平成のロックバンド、 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)のボーカル、チバユウスケの存在。 チバさん本人が雑誌の中の記事で語っていた、ギャーギャー言ってたロックが今ではメロディーをちゃんと伝えられるようになていると。 そうかもしれない。 最近昔のミッシェルに火が付いて、解散後のROSSO発足くらいのところまでダラダラとギンギンしながら聴くことが多い。 英語の単語を並べた歌詞、雑に感じるフレーズも、無造作から言いたいことがわかるフィーリングがミッシェルのチバイズムの醍醐味だった。 そんな中、ふとした拍子に通勤電車内で、ミッシェルフレーズの英単語(無造作)を含め、一人でブレインストーミングしてみた。 スマホのメモ帳に叩き込むスタイルだ。 ロデオタンデムビートスペクター、キャンディハウス、サタニックブンブンヒート、シカゴブルーネオン、フラスコベイビーストロベリー、マティーニの雨などなど 改めて、こんな楽しみ方もある。 どれをとってもムセるほどカッコいいじゃないか。 …と、ということがひとつ 現在主にのボーカルとしての活動をしている。 アベフトシ 自分の中でヒーローギタリストって何人かいるじゃないすか? その中のひとりが故アベフトシ。 結構どミッシェル真ん中だった頃、高校卒業したくらいかな。 並木通りを友人とブラりしてる前方から巨人が向かってきた。 すれ違った瞬間に、俺は白目になっていただろう。 それがアベさんだったと気付いた瞬間にGIジョーの如くジョギング体制で失礼のないように引き返し、「アベさんすか!! 握手をオナシャス!! 」と丁重にお願いすると、 「うぃす。 」 と野太い低音の返事を発したのをよく覚えている。 漫画に例えると、クローズの龍信の吹き出しのセリフのような書体だっただろう。 アベさんの手はデカくてあったかかった。 この手からミッシェルサウンドが生まれてんだって思うと全ての歯が抜けそうだった感覚を覚えている。 今もご存命であれば平成ロックはどんなカタチに波打っていただろう。 どの時代にも偉人の死は突然であり、その輝いた爪痕は誰の心にも残ったまま消えないものだ。 平成のバンド 平成が終わろうとしている今、共に青春を駆け抜けたバンドを、熟成し始めている今の自分で聞き直して、何を感じるか聞きさらってみよう。 多分何も変わってはいないだろう。 そして、無性にヒトカラに行きたくなるだけ。 その時は思いっきりキッズに戻ろう!!

次の

アベフトシ(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)の機材

ミッシェル アベフトシ

pinterest. たとえばブランキーなんかは、その真偽のほどは別としても 「最高のアルバムが出来たから」って理由を冠した上で解散を発表していますが、 ミッシェルが解散した理由や原因について公には発表されていません。 なので、本人たちが公表していない以上、 推測が一人歩きしている状態ですし、事実推測の域を出ることはないのですが、 そんな諸説ある推測のある中でも、 特に信憑性の高そうなものをこの記事では挙げてみたいと思います。 ミッシェルの解散理由は音楽性の違い?? TMGEのギターボーカルである チバユウスケはこのバンドの解散直後のインタビューで 「人間のやってる事だから動物と同じ一緒じゃんか。 いつか死ぬ。 それがこないだだったっていうだけの話」 といった発言を残していますね。 つまり、 「人間や他の動物と同じで、バンドも死ぬ(=解散する)ときが必ずあるし、それが必然だった」と。 ミッシェルは確かに 「世界の終わり」って曲でデビューした瞬間からある意味では「死にはじめていた」のかも知れません。 でも、解散に至った原因が、 「ただ単純に寿命が来た」とかだと何か腑に落ちないのも事実です。 なんせバンドの勢いが絶頂のうちに解散してしまったわけですし・・・。 それなりの理由があっての解散だったのだろうと、筆者は推測しています。 そして、あまたある「解散理由候補」の中でも、私自身 「これだろうなあ・・・」っていうのが 「音楽性の違い」ってやつです。 チバユウスケのギターの音がデカくなった 初期ミッシェルの音楽は、 アベのギター、 ウエノのベース、 クハラのドラムという あくまで 3ピース形式のアンサンブルに、 チバのボーカルが乗っかるとうスタイルを取っていました。 それが、 「ギヤブルーズツアー」以降、中期から後期に向かうにつれて、 チバのギターの音量があからさまに大きくなっていったのです。 Sponsored Link 初期のミッシェルガンエレファントではチバユウスケがギターを携えることはあっても、スイッチが入っているのかいないのか?アンプにちゃんと繋がっているのかいないのか? ってくらいに 音が小さかったチバのギターが、突如として音のボリュームを増し激しく主張するようになった・・・。 思えばこの頃から、ミッシェルガンエレファントってバンドは 終わりへと一層加速しはじめたのかもしれませんね。 TMGEは、ガレージロックのその先へ・・・ また、 ミッシェルガンエレファントの初期の音楽性は、あくまで パブロックや ガレージロックをバックグラウンドとした シンプルなロックンロールでした。 単純なコード進行に分かりやすいメロディ、 歌って踊れる軽快なロックンロールだったわけです。 チバを中心に 「俺たちゃハードなワルなんだぜだぜ」と、ありがちなロック像を装うようになったような印象。 モッズからマフィアめいた怖そうなファッションの変化。 (オールバックや、髭に白スーツ着用など) 終いには登場SEが 「ゴッドファーザー愛のテーマ」どう考えてもその筋の方です。 笑 ミッシェルガンエレファントと並んで、 「Jロックの代名詞存在のバンド」である。 もともと ミッシェルのチバはブランキーの大ファンで、とくにギターボーカルの 浅井健一(ベンジー)に強い憧れを抱いていました。 で、「ギヤ〜」あたりから、チバがどことなく・・・というか露骨にベンジーっぽくなっていきました。 (名古屋弁っぽいイントネーションになったりとか笑) いや一応弁明しますが、筆者はこの頃の「BJCに思いっきり影響を受けてる感丸出し」な時代のTMGEも大好きですし、むしろ後期の音楽性の方が好きですよ。 けれども今になって思えば、 この音楽性の変化がミッシェルガンエレファントというバンドの寿命を縮めるのに大きく貢献(?)したような気がしてならないのです。 まとめ 「世界の終わり」でデビューしたミッシェルガンエレファント。 ラストシングル、 「エレクトリック・サーカス」内では 「俺達に明日がないってこと はじめからそんなのわかってたよ」と歌われています。 「終わりの始まりから」「終わりの終わりまで」・・・ もしかすると、ミッシェルは 誕生したその瞬間から、解散という「死」を迎えるまでの道筋に向かい走り出したバンドなのかも知れませんね。 ・ダイナミックなカッティングが印象的なアベちゃんのギター、 ・歌うように躍動感を彩る、縦横無尽に動き回るウエノのベース、 ・猛獣のように荒ぶっている一方、どこまでも緻密でテクニカルなクハラのドラム、 ・そして、心が震えるままにオーディエンスへフルスイングし続けてきたチバの叫び声。 皮肉なことですが、どんなに世界の終わりを叫んでも、仮にメンバーがそれを望んでも、 実際のところの解散理由が何であったとしても、ギタリストのアベちゃんがこの世とバイバイしてしまってからも・・・ ミッシェルガンエレファントの音楽は決して鳴り止むことはないし、今なお確かな 「命あるロック音楽」としてキッズの心を燃やし続けているわけです。 それが 「本物」の宿命ってやつですね。 ミッシェルガンエレファントが本当の意味で終ってしまうのは当分先って気がします。

次の

ミッシェルガンエレファントの解散理由はチバユウスケのギターと方向性が関係している?真相を徹底調査

ミッシェル アベフトシ

経歴 [ ] 出身。 身長187cm。 血液型A型。 バンド、STRAWBERRY JEANのメンバーとして活動後、で音源を幾つか発表するが、音楽性の違いにより脱退。 に、知人の紹介でに加入。 同年7月9日、下北沢屋根裏にてワンマンライブ。 チケットは完売であった。 、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのギタリストとして「」でメジャーデビュー。 10月11日、幕張メッセでのライブを以ってTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT解散。 メジャーデビュー後は解散に至るまで、ライブでは殆どMCをしてこなかったが、解散ライブの最後には笑みを浮かべながら「ありがとう」とだけ述べ、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTでの活動を終了。 、元のAKIOのソロプロジェクトに参加。 、和氣亜耶、の元ベース清水義将、山岡卓寛と共にバンドCARRIEを結成 するも、同年12月21日に解散。 9月15日、の広島公演にてSpecialGuestとして5曲を演奏。 晩年は故郷・広島に帰りペンキ屋として生計を立てていた。 同郷の先輩・に東京に呼び出され、自身のライブへの参加を要請されるが泥酔していた2人は会談の席で殴り合いの喧嘩になる。 翌日、アベは吉川に謝罪しオファーを快諾。 2008年12月29日〜31日ので行われた吉川晃司のライブに出演し、吉川を"アニキ"と呼び慕うまでに親睦を深めた。 しかし、これがアベの生涯最後のライブ出演となった。 未明、のため死去。 満42歳没。 その日は、結果的に最後のライブ出演となった演奏が収録されている、吉川晃司のアルバム『』 (初回限定盤のDisc2 「25th Year's Eve Live」)の発売日であった。 7月25日、のボーカルとしてに出演したは、ライブの冒頭で「今日のライブは、俺達の大親友だったアベフトシに捧げます。 」と述べた。 演奏・音楽性 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年6月)• 敬愛するミュージシャンは、、、、、、、等。 のやのに影響を受け、主体の曲や3進行の曲を好んだ。 その上、パンクやモッズのニュアンスを混ぜた様なギタースタイルであった [ ]。 アンプはいつも出力最大を基本とし、何がなんでも主役でいようとする自己主張の塊みたいな鬼神だった事も有名。 だが、ヴィンテージアンプを使う為、音は人に優しい。 カッティング奏法やを駆使した演奏を得意とし、同じくカッティングが持ち味のに、その精度を賞賛された [ ]。 ドラムのに「どうなったらあんなにギターが上手くなるんだよ! 」と言わしめた [ ]。 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT時代のインタビューにて、「ミッシェルの曲は、曲が始まってから終わるまで俺のギターソロ」と発言していた [ ]。 ソロ中にフロントピックアップに切り替えてトーンを変えたり、スイッチング奏法を使ったりする。 また、チョーキング、グリッサンドも力強く特徴的であった [ ]。 ピックは中指、人差し指、親指の3本で持つ。 誰かに影響を受けたという訳ではなく、単純にピックが落ちないようにするため [ ]。 ライブにおいては一切使わない。 レコーディングではwonder styleなどの楽曲で、ワウペダルなどのエフェクターを使用していた [ ]。 は持っていない [ ]。 爆音をこよなく愛し、何が何でも目立とうとする超自己顕示欲の強いギタリスト。 その傾向はギアブルース以降顕著で、ボーカルを食い殺し兼ねないようなド派手なフレーズや、抑揚を抑えた超パワー系の曲を弾く。 どちらかというと、ボーカルを際立たせる事よりもボーカルと戦っているような攻撃的な演奏を好む。 あまりにも目立ちすぎる上に凶暴な音楽性の為、ミッシェルガンエレファントに加入するまで自分に合うバンドに巡り会えず、迷走していた。 解散後もあまり他のバンドには参加していない。 その他 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年6月)• たまたま友人の家にあったギターに触れた事が、ギターを購入するきっかけとなった。 最初にギターを持って弾いたコードはEmだった。 寡黙で礼儀正しい。 グループ行動が苦手。 運転免許を持っていなかった。 187cmの長身ながら極端な痩せ型体型であり、黒を基調としたファッションを好む。 「ELECTRIC」というロック系ブランドの服を好んで着ていた。 THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの曲はアベのギターから始まる曲が多いが、ライブではしばしばアベが曲順を間違えて始めてしまうことがあり、しかも本人は気付いていないため、他のメンバーは仕方なくアベに合わせて違う曲を演奏することがあったという。 メンバーはアベに指摘しようにも「顔がイッちゃってる」ため間違いを指摘できず、また、アベ本人も「(みんなが)笑ってるから、俺かっこいい、決まったのかな」と思っていた。 使用機材 [ ] ギター [ ] メインギター、サブギター共にseen 製のテレキャスター・カスタムタイプを愛用。 シャープなに反応する様にと、いずれのギターにも重めの木材をセレクトし、ネックは三角シェイプを好む。 以下に挙げるテレキャスター以外には、・シルバージェット 及び製のギターを所有している。 seen製テレキャスタータイプ(黒のボディに黄色系の柄ピックガード) 下記のテレキャスター・カスタムタイプのギターが製作される以前の極初期に使用していたメインギター。 ボディ・、アルダーボディ・指板、アッシュボディ・ドクロ型入りローズウッド指板の3タイプをオーダーしている。 seen製テレキャスターカスタムタイプ(ナチュラルボディに黒ピックガード) 96年12月のハイタイムツアーよりメインになり、主に『』の頃に使用した初期のメインギター。 「」や「」のPVでも用いられている。 ボディはアッシュ、メイプルネックにローズ指板。 ではネックのジョイントが3点止めだが、彼の使用するモデルでは4点止めとなっている。 ブリッジも、フェンダー製は3セクションのものだが、6セクションのものを採用している。 はフロント・リア共にフェンダー製。 ピックアップセレクタースイッチが通常の「肩」の位置ではなく本来リアトーンのある位置に移設されており、本来フロントトーンの位置にあるツマミがマスタートーンになっている。 これらの仕様は彼の所有する他のテレキャスター・カスタム タイプのギターにもおおよそ共通である。 seen製テレキャスターカスタムタイプ(黒ボディに赤柄ピックガード) 「」や「」などのPVでも用いられている、彼の代名詞とも言えるメインギター。 THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの4thアルバム『』の頃から使用し、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT解散後も等で使用していた。 マスタートーンのノブは使用開始当時はヴォリュームつまみと同じハットノブだったが、途中からドクロ型のものに交換している。 seen製テレキャスターカスタムタイプ(黒ボディにホワイトパール柄ピックガード) 「暴かれた世界」のPVでも使用された後期のメインギター。 seen製テレキャスターデラックスタイプ&カスタムタイプ 2001年頃に製作されたデラックスタイプは、フロント・リアピックアップともにタイプのが搭載されている。 同時期に製作されたカスタムタイプは前述のカスタムタイプと異なり、フロントピックアップはシングルが搭載されている。 ギターアンプ [ ] エフェクターはほとんど使わず、基本的にギターとアンプのみで音作りをしている [ ]。 期 (初期)• sunn Model T• JCM900(後期) 関連書籍 [ ]• アベフトシ THEE MICHELLE GUN ELEPHANT Guitar Magazine Special Feature Series ムック(2010年12月16日、) 初版限定付録 綴じ込みポスター• 2019年7月22日復刻版発売 脚注 [ ].

次の