プルームテックプラス 充電 できない。 ELECOMからプルーム・エスを充電できる専用のモバイルバッテリーが発売|YaWasoku

プルームテックが充電できない時の原因と対処法は?保証を受けるには?

プルームテックプラス 充電 できない

スターターキット価格:3,000円• ニコチン・タール:含有• 50パフお知らせ機能:あり• 充電時間約30分• 香り:ほとんどなし プルームテックは、タバコポット以外に リキッドアトマイザーを接続してリキッドを楽しむことができます。 本体は上記の価格ですが、コンビニなどで販売されているMEVIUSなどの タバコポットを購入する必要があります。 カートリッジはAmazonや楽天から購入可能です。 1つのフレーバーのみで販売されているため、さまざまなフレーバーを楽しみたい場合、併せてポットを購入する必要があります。 カートリッジとタバコポットで合計4,000円~5,000円ほどになるでしょう。 吸い口の衛生面が気になる人は マウスピースも購入しておくと、保管の際に重宝します。 プルームテックのタバコポット交換時期は、 「煙りの量が明らかに減った」「味がまったくしない」と感じたタイミングで、タバコポットを交換するようにしましょう。 スターターキット価格:7,870円• 50パフお知らせ機能:なし• 充電時間約45分• 香り:あり IQOSは、 Marlboroなどの「ヒートスティック」と呼ばれる、ショートサイズの紙タバコを先端に取り付けて、高温で加熱して蒸気を吸う加熱式タバコです。 IQOSは芋のような独特な香りと味が特徴的で、1回で約6分間の吸引が楽しめます。 充電する際は、IQOS専用のホルダーに本体をさして充電します。 スターターキットには専用チャージャも含まれますが、 プルームテックと比べてお高めの価格帯です。 また、わりと 頻繁に充電する必要があるため、手間もかかります。 吸い終わったら、本体からヒートスティックを抜きますが、タバコ葉が本体に残ったままになることも多いため、 綿棒でふき取るなどのお手入れが必要です。

次の

ELECOMからプルーム・エスを充電できる専用のモバイルバッテリーが発売|YaWasoku

プルームテックプラス 充電 できない

プルームテックが充電できない時は故障? プルームテック愛用者ならご存知だと思いますが、再度プルームテックの正常時のLEDの点灯による確認をしましょう。 LED の色 充電時 赤色 充電後 白色 交換時 青色点滅 使用可能 青色 では、どのような状態だと故障が疑われるのでしょうか。 ・充電したのに、赤色が点灯する場合 ・使用方法が間違いないのに点灯しない場合 ・バッテリーが持たない ・充電中熱くなる プルームテックの標準使用期間は? お手持ちのプルームテックは購入してから、どのくらい経ちますか? 1日に1箱くらい吸う方であれば、購入してから約1年でバッテリー切れすることがあるようです。 使用・充電回数など個人差はあるものの、 200回~300回充電するとバッテリーの寿命となるようです。 (プルームテック公式サイトより) 充電できない時の対処方法は? プルームテックが、充電できない時は以下を確認してみましょう。 ・USBが規格外のものではないか ・アダプターは専用のものであるか ・充電中に熱を帯びたりしていないか USBやアダプターが専用の物で、確認したにも関わらず充電できない場合は、 バッテリー切れや故障の可能性があります。 スポンサーリンク プルームテックの保証を受けるには? プルームテックの保証を受けるには、購入日から1年です。 プルームテックを購入したら、 JT スモーカーズIDの登録と 購入証明書はきちんと保管しておくことをおすすめいたします。 プルームテックの無料保証規定外の故障については、有償になるので注意が必要です。 保証規定を外れるケースというのは、修理をしようとプルームテックを分解する・改造してある場合です。 このような場合は、新しいものを再度購入する以外に方法はありません。 故障かなと思ったら、サポートセンターにまずは問い合わせしてみましょう。 プルームテック サポートセンター TEL :0120-108-513 受付時間:9:00~22:00まで 休業日:年末年始 保証ために絶対してはいけないこと プルームテックは構造がシンプルで壊れにくい反面、 興味から分解や修理などの衝動に駆られてしまうかもしれません。 このような状態だと、保証は受けられないので再び購入となるのですが、 品薄状態ですのですぐに手に入るか・・・という問題に直面してしまいます。 分解や、専用以外のUSB・アダプター使用はしないほうが良いと言えるのではないでしょうか。 返送方法と代替え品はいつ頃届く? プルームテックのサポートセンターで、故障に至った経緯を説明し保証対象になった場合です。 サポートセンターから、返送キットが送られてきます。 手順通りに返送キットにプルームテック本体・USB・アダプターを梱包します。 梱包が済んだら、早めに書留で送り返します。 地域にもよって異なりますが、約1週間前後で代替え品が送られてきます。 まとめ プルームテックが充電できない場合には、方法をもう一度見直しながら試してみます。 それでも充電ができない場合は、ご自身でバッテリー交換かサポートセンターへ連絡しましょう。 リチウムイオン電池ですので、わからない場合は専門家にお任せしてしまう方が安心です。 保証のための条件も忘れることなく、気持ちの良いタバコを楽しみたいものです。

次の

ploom tech(プルームテック)の悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

プルームテックプラス 充電 できない

モノ系ライターのナックル末吉です。 さて、発売から約2カ月が経とうとしている「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」。 4月1日には、6都府県(宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県)内の約2万店舗のコンビニと、約800店舗のタバコ店での販売開始される予定となっています。 ということで、より入手しやすくなるこのプルーム・テック・プラスについて、改めて紹介してみたいと思います。 Ploom TECHの「強化版」では片付けられない骨太感 とかく同時発売された高温加熱タイプの「Ploom S(プルーム・エス)」に注目が集まりがちですが、なかなかどうしてこのプルーム・テック・プラスも、かなり攻め気味の加熱式タバコデバイスなんですよ。 「所詮、Ploom TECH(プルーム・テック)の強化版なんでしょ?」というのは、完全に素人考えです。 たしかに低温加熱タイプという意味では、プルーム・テックと同じ方式ですが、味わいも爆煙ぶりもデバイスのデザインに漂う骨太感も、無印プルーム・テックや新型のプルーム・エスとはまた違った荒々しさすら感じられます。 まずは、改めてプルーム・テック・プラスのディティールを見て行くことにしましょう。 従来の無印プルーム・テックとの違いを交えて解説します。 ただし、ニコチンなどのたばこ成分はプルーム・テック・プラス専用(右)のほうが濃い目 また、カートリッジの形状は明らかに違います。 無印カートリッジがそのままボディの上半分になるのに対して、専用はボディに内蔵するタイプ。 透明な容器なのでリキッドの量が見やすくなっています。 この専用のたばこカプセルは、1個で約50回ほど吸い込む(パフする)ことができます。 また、カートリッジには、たばこカプセル5個分が使用できる量のリキッドが注入されています。 つまり、1パッケージ(たばこカプセル5個+カートリッジ1個)で250パフ可能ということになります。 では、プルーム・テック・プラスにカートリッジとたばこカプセルを装着してみたいと思います。 これは加熱式タバコ界の傾奇者(かぶきもの)だ!では、実際にプルーム・テック・プラスを喫煙してみます。 喫煙するには、ボタンを3連射。 これでスリープ状態が解除されます。 あとは吸い込むだけ。 軽く、しかしゆっくりと吸い込むことで、リキッドがプツプツと気化されていく感触が指や口を通して伝わってきます。 蒸気の量やフレーバーの濃さが段違い。 深く吸い込まなくても、十分な喫煙感が味わえるほど。 この濃さと味わいであれば、紙巻きタバコを吸っている人や高温加熱タイプを愛用している人でも、大満足とはいかないまでも十分な喫煙感を感じられると思います。 しかも、無印と同じくニオイはほとんどしません。 ただし「爆煙」と言ってもリキッドを気化させた蒸気なのでニオイはほぼ皆無。 プルーム・テック・プラスは、ニオイが少なく起動の待ち時間不要で喫煙できるという低温加熱タイプの特徴と、喫煙の満足感が高いという高温加熱タイプ良いところ取りした製品となっております。 そのうえで、喫煙の満足感でも高温加熱式に引けをとらないとなると、プルーム・テック・プラスは他の製品と比べて明らかに異端な存在。 強いて言うなら加熱式タバコの傾奇者(かぶきもの)と言っても過言ではないでしょう。 そんな傾奇者が、今後の加熱式タバコ界に巻き起こる風雲の中心になるのではないかと筆者はにらんでいます。

次の