三井 不動産 ロジスティクス パーク。 ロジスティクス|三井不動産

ロジスティクス|三井不動産

三井 不動産 ロジスティクス パーク

本事業は名古屋市が策定した「栄地区グランドビジョン」に基づき、2017年10月に実施された錦通から外堀通までのエリアの整備運営を行う事業者の公募において、当社が2018年2月に事業者として選定され進めてきたものです。 店舗施設については、全国の人気店をはじめ、飲食・物販あわせて約35店舗が出店し、市民の日常的な憩いの場としての役割から、ファッション、スポーツ、グルメ、コミュニケーション、リフレッシュなど多彩なサービスを提供いたします。 本事業を通じて公園の新しい価値を創造し、名古屋の新しいシンボルとして様々な情報発信を行ってまいります。 1 「Hisaya-odori Park」とは、久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の愛称です。 2 Park-PFI制度とは、2017年の都市公園法(1956年法律第79号)改正により新たに設けられた、飲食店、売店等の公園利用者の利便の向上に資する公募対象公園施設の設置と、当該施設から生ずる収益を活用して一般の公園利用者が利用できる園路、広場等の特定公園施設の整備・改修等を一体的に行う者を、公募により選定する「公募設置管理制度」のことを言います。 新型コロナウイルス感染症拡大の状況、政府・自治体からの要請等により、本リリースの内容は変更になる可能性がございます。 変更があった場合は、施設ホームページにてお知らせいたします。 開業に際しては、お客さまならびに従業員の安心と安全の確保を最優先に、感染防止対策を徹底してまいります。 詳細につきましては、追って施設ホームページにてお知らせいたします。 日本最大級のPark-PFI事業による「Hisaya-odori Park」が2020年秋誕生 「Hisaya-odori Park」は、Park-PFI制度と指定管理者制度による持続的な公園運営を行い、公園の質および来園者の利便性の向上を図りながら、これからの公園事業を牽引する存在を目指します。 名古屋初出店舗を含む約35の飲食物販店舗が出店 名古屋市内初出店となる21店舗を含む約35の話題性に富んだ店舗が、来園者のパークライフを一層盛り上げ、さまざまなシーンで楽しい体験をお届けします。 名古屋市の賑わいの拠点である栄の中心に、「Hisaya-odori Park」誕生 古屋市の賑わいの中心である「名古屋駅地区」と「栄地区」、歴史観光の中心である「名古屋城」は、名古屋市を代表する観光拠点となっています。 今後、リニア中央新幹線の開業を2027年 予定 に控え、これら3つのエリアが相乗的に賑わいを創出することが期待されます。 「栄地区」に位置する「Hisaya-odori Park」の開業は、名古屋全体の賑わいをさらに向上させます。 名古屋都心部エリア図 都市基盤を再編した公園の整備方針 久屋大通公園の再生は、栄地区全体へ賑わい効果を波及させるリーディングプロジェクトとなります。 これまで以上に市民や国内外からの観光客が利用しやすい公園とするため、全面的な再整備を行いました。 敷地配置図 クリックするとPDF(669KB)で表示します 文化発信、交流拠点の創出に向けて 「Hisaya-odori Park」は訪れるたびに新たなヒト・モノ・体験・文化に出会い、多様な感性が交わり、新たな価値を生み出すようなコミュニティが創出される場を提供していきます。 また、地域でのアクティビティやイベントと連動することで、公園の賑わいを周辺地域へと波及していきます。 発信性と日常性を併せ持つ4つのゾーン• 名古屋テレビ塔は1954年に日本最初の集約電波塔として建てられ、現在では国の登録有形文化財に指定されている「名古屋の顔」と言える存在です。 コミュニケーションポッド 店舗施設 :コミュニケーションポッドは「Hisaya-odori Park」内の各店舗施設のことを指します。 各店舗は、公園の賑わいを一緒に創るパートナーとして、「救急窓口サポート」「案内サポート」「公園の賑わい創出サポート」のサポートを行います。 変更の場合もございますので、あらかじめご了承ください。

次の

PO[公募増資・売出]:三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)

三井 不動産 ロジスティクス パーク

本事業は名古屋市が策定した「栄地区グランドビジョン」に基づき、2017年10月に実施された錦通から外堀通までのエリアの整備運営を行う事業者の公募において、当社が2018年2月に事業者として選定され進めてきたものです。 店舗施設については、全国の人気店をはじめ、飲食・物販あわせて約35店舗が出店し、市民の日常的な憩いの場としての役割から、ファッション、スポーツ、グルメ、コミュニケーション、リフレッシュなど多彩なサービスを提供いたします。 本事業を通じて公園の新しい価値を創造し、名古屋の新しいシンボルとして様々な情報発信を行ってまいります。 1 「Hisaya-odori Park」とは、久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の愛称です。 2 Park-PFI制度とは、2017年の都市公園法(1956年法律第79号)改正により新たに設けられた、飲食店、売店等の公園利用者の利便の向上に資する公募対象公園施設の設置と、当該施設から生ずる収益を活用して一般の公園利用者が利用できる園路、広場等の特定公園施設の整備・改修等を一体的に行う者を、公募により選定する「公募設置管理制度」のことを言います。 新型コロナウイルス感染症拡大の状況、政府・自治体からの要請等により、本リリースの内容は変更になる可能性がございます。 変更があった場合は、施設ホームページにてお知らせいたします。 開業に際しては、お客さまならびに従業員の安心と安全の確保を最優先に、感染防止対策を徹底してまいります。 詳細につきましては、追って施設ホームページにてお知らせいたします。 日本最大級のPark-PFI事業による「Hisaya-odori Park」が2020年秋誕生 「Hisaya-odori Park」は、Park-PFI制度と指定管理者制度による持続的な公園運営を行い、公園の質および来園者の利便性の向上を図りながら、これからの公園事業を牽引する存在を目指します。 名古屋初出店舗を含む約35の飲食物販店舗が出店 名古屋市内初出店となる21店舗を含む約35の話題性に富んだ店舗が、来園者のパークライフを一層盛り上げ、さまざまなシーンで楽しい体験をお届けします。 名古屋市の賑わいの拠点である栄の中心に、「Hisaya-odori Park」誕生 古屋市の賑わいの中心である「名古屋駅地区」と「栄地区」、歴史観光の中心である「名古屋城」は、名古屋市を代表する観光拠点となっています。 今後、リニア中央新幹線の開業を2027年 予定 に控え、これら3つのエリアが相乗的に賑わいを創出することが期待されます。 「栄地区」に位置する「Hisaya-odori Park」の開業は、名古屋全体の賑わいをさらに向上させます。 名古屋都心部エリア図 都市基盤を再編した公園の整備方針 久屋大通公園の再生は、栄地区全体へ賑わい効果を波及させるリーディングプロジェクトとなります。 これまで以上に市民や国内外からの観光客が利用しやすい公園とするため、全面的な再整備を行いました。 敷地配置図 クリックするとPDF(669KB)で表示します 文化発信、交流拠点の創出に向けて 「Hisaya-odori Park」は訪れるたびに新たなヒト・モノ・体験・文化に出会い、多様な感性が交わり、新たな価値を生み出すようなコミュニティが創出される場を提供していきます。 また、地域でのアクティビティやイベントと連動することで、公園の賑わいを周辺地域へと波及していきます。 発信性と日常性を併せ持つ4つのゾーン• 名古屋テレビ塔は1954年に日本最初の集約電波塔として建てられ、現在では国の登録有形文化財に指定されている「名古屋の顔」と言える存在です。 コミュニケーションポッド 店舗施設 :コミュニケーションポッドは「Hisaya-odori Park」内の各店舗施設のことを指します。 各店舗は、公園の賑わいを一緒に創るパートナーとして、「救急窓口サポート」「案内サポート」「公園の賑わい創出サポート」のサポートを行います。 変更の場合もございますので、あらかじめご了承ください。

次の

日刊建設工業新聞 » 三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)川口Ⅰ 竣工

三井 不動産 ロジスティクス パーク

本事業は名古屋市が策定した「栄地区グランドビジョン」に基づき、2017年10月に実施された錦通から外堀通までのエリアの整備運営を行う事業者の公募において、当社が2018年2月に事業者として選定され進めてきたものです。 店舗施設については、全国の人気店をはじめ、飲食・物販あわせて約35店舗が出店し、市民の日常的な憩いの場としての役割から、ファッション、スポーツ、グルメ、コミュニケーション、リフレッシュなど多彩なサービスを提供いたします。 本事業を通じて公園の新しい価値を創造し、名古屋の新しいシンボルとして様々な情報発信を行ってまいります。 1 「Hisaya-odori Park」とは、久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の愛称です。 2 Park-PFI制度とは、2017年の都市公園法(1956年法律第79号)改正により新たに設けられた、飲食店、売店等の公園利用者の利便の向上に資する公募対象公園施設の設置と、当該施設から生ずる収益を活用して一般の公園利用者が利用できる園路、広場等の特定公園施設の整備・改修等を一体的に行う者を、公募により選定する「公募設置管理制度」のことを言います。 新型コロナウイルス感染症拡大の状況、政府・自治体からの要請等により、本リリースの内容は変更になる可能性がございます。 変更があった場合は、施設ホームページにてお知らせいたします。 開業に際しては、お客さまならびに従業員の安心と安全の確保を最優先に、感染防止対策を徹底してまいります。 詳細につきましては、追って施設ホームページにてお知らせいたします。 日本最大級のPark-PFI事業による「Hisaya-odori Park」が2020年秋誕生 「Hisaya-odori Park」は、Park-PFI制度と指定管理者制度による持続的な公園運営を行い、公園の質および来園者の利便性の向上を図りながら、これからの公園事業を牽引する存在を目指します。 名古屋初出店舗を含む約35の飲食物販店舗が出店 名古屋市内初出店となる21店舗を含む約35の話題性に富んだ店舗が、来園者のパークライフを一層盛り上げ、さまざまなシーンで楽しい体験をお届けします。 名古屋市の賑わいの拠点である栄の中心に、「Hisaya-odori Park」誕生 古屋市の賑わいの中心である「名古屋駅地区」と「栄地区」、歴史観光の中心である「名古屋城」は、名古屋市を代表する観光拠点となっています。 今後、リニア中央新幹線の開業を2027年 予定 に控え、これら3つのエリアが相乗的に賑わいを創出することが期待されます。 「栄地区」に位置する「Hisaya-odori Park」の開業は、名古屋全体の賑わいをさらに向上させます。 名古屋都心部エリア図 都市基盤を再編した公園の整備方針 久屋大通公園の再生は、栄地区全体へ賑わい効果を波及させるリーディングプロジェクトとなります。 これまで以上に市民や国内外からの観光客が利用しやすい公園とするため、全面的な再整備を行いました。 敷地配置図 クリックするとPDF(669KB)で表示します 文化発信、交流拠点の創出に向けて 「Hisaya-odori Park」は訪れるたびに新たなヒト・モノ・体験・文化に出会い、多様な感性が交わり、新たな価値を生み出すようなコミュニティが創出される場を提供していきます。 また、地域でのアクティビティやイベントと連動することで、公園の賑わいを周辺地域へと波及していきます。 発信性と日常性を併せ持つ4つのゾーン• 名古屋テレビ塔は1954年に日本最初の集約電波塔として建てられ、現在では国の登録有形文化財に指定されている「名古屋の顔」と言える存在です。 コミュニケーションポッド 店舗施設 :コミュニケーションポッドは「Hisaya-odori Park」内の各店舗施設のことを指します。 各店舗は、公園の賑わいを一緒に創るパートナーとして、「救急窓口サポート」「案内サポート」「公園の賑わい創出サポート」のサポートを行います。 変更の場合もございますので、あらかじめご了承ください。

次の