トリプル ヨーグルト 効果。 ヨーグルトメーカーで森永乳業のトリプルアタックを作ってみる!

トリプルアタックヨーグルトの効果や成分!レビューもしてみたよ!|ヨーグルト刑事

トリプル ヨーグルト 効果

トリプルアタックヨーグルトの特徴や効果 森永乳業といえば生きて腸まで届くビフィズス菌BB536を配合した「ビヒダス」や、以前にブームになり今でも人気のある「パルテノ」も有名です。 そして今回新しく発売された商品は 「塩分・糖分・脂肪」の3つをケアした「トリプルアタック ヨーグルト」です。 森永の新ブランド「森永プラスオン」 引用元:森永乳業 「トリプルアタック ヨーグルト」は健康に貢献する商品シリーズ『 森永プラスオン』というブランドの新商品第一弾だそうです。 専用のブランドサイトもオープンしていて、 かなり力を入れているのがわかります。 塩分・糖分・脂肪に注目した商品 現代人の食事に多く含まれている「 塩分・糖分・脂肪」に注目を当てた商品となっていて、一度の食事ではなかなかこの3つ全てをケアするのは難しいと言われています。 重度の場合はかなり危険だそうなので、糖質を摂りすぎている方は気をつけたほうがいいかもしれません。 主な成分と効果について トリプルアタックは一般的なヨーグルトとは少し違います。 主な成分• 難消化性デキストリン5. ミルクオリゴ糖1. 難消化性デキストリン 難消化性デキストリンとは水溶性食物繊維の一種で、便秘解消やダイエットなどに利用している方も多いです。 血糖値上昇の抑制、コレステロール上昇抑止、ミネラルの吸収を促進など様々な効果が報告されています。 ミルクオリゴ糖 ミルクに含まれる乳糖を原料とし、正式には『ラクチュロース』と呼ばれ ビフィズス菌を増やす働きがあります。 胃酸に強く消化酵素に分解されることもないので、胃や小腸で吸収されることなく大腸に届き ビフィズス菌のエサになります。 乳たんぱくペプチド MKP タンパク質を分解する過程で生まれ、 生活習慣病の予防、疲労回復や安眠効果など幅広い効果が期待されています。 乳酸菌目的の場合、過度の期待は禁物かも 一般的に機能性ヨーグルトと呼ばれているものは、乳酸菌の整腸作用や免疫活性の効果が期待されていて有名メーカーのものは研究結果なども多く報告されてます。 トリプルアタックの場合は 乳酸菌の数や種類は記載されていないので、に期待するには少し未知数のところがあります。 乳酸菌の効果に期待したい場合は同社のビヒダスや、その他のヨーグルトを食べたほうが良さそうな感じがします。 あくまでも3つの成分 『難消化性デキストリン』 『ミルクオリゴ糖』 『乳たんぱくペプチド』 に加え「 塩・糖・脂」をケアという点が商品の売りみたいですが、正直これもちょっとわかりにくいですね。 たしかに3つをケアしているのはいいと思うんですが、これを飲んだとしても他の食事で「塩分・糖分・脂肪」をいっぱい摂ってしまうと結局意味が無いような気がします。 トリプルアタックヨーグルトの価格や成分表 まずは先に発売された 「 トリプルアタック ドリンクヨーグルト」 価格は128円 税別 「トリプルアタック ドリンクヨーグルト」 内容量 100g 原材料名 乳製品、難消化性デキストリン、ミルクオリゴ糖(ラクチュロース)、乳たんぱくペプチド、希少糖含有シロップ、安定剤(ペクチン)、香料、甘味料(スクラロース) 栄養成分 1本(100g)当たりエネルギー:48kcal、たんぱく質:3. 6g、脂質:0. 3g、炭水化物:12. 0g、糖質:6. 4g、食物繊維:5. 6g、ナトリウム:45mg、カルシウム:110mg アレルギー物質 乳 続いてはカップに入った固形の 「 トリプルアタック ヨーグルト」 価格は128円 税別 「トリプルアタック ヨーグルト」 内容量 100g 原材料名 乳製品、難消化性デキストリン、ミルクオリゴ糖(ラクチュロース)、乳たんぱくペプチド、乳たんぱく質、寒天、希少糖含有シロップ、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK) 栄養成分 1個(100g)当たりエネルギー:49kcal、たんぱく質:3. 8g、脂質:0. 4g、糖質:6. 2g、食物繊維:5. 6g、ナトリウム:43mg、カルシウム:110mg アレルギー物質 乳 原材料や成分はどちらもほぼ一緒なのでどちらのほうが優れているといったようなことはなさそうですね。 トリプルアタックをレビュー|どんな味? 買ってみたのでレビューしていきます。 「 トリプルアタック ドリンクヨーグルト」 やはり見た目はインパクトがありますね。 いかにも効きそうな感じがします。 スーパーなどで見かけると、 この金ピカのボディが やけに目立ちます。 飲んでみたところ、後味にヨーグルトの風味が少し香るような感じがしました。 記述の通り 甘さは控えめで、酸味も多少あり美味しいですね。 甘味料なので砂糖の甘みとはちょっと違った感じがします。 よく甘いものを食べたり飲んだ後って余計におなかが空いたり、のどが渇くことってありませんか? これは 甘さ控えめで一本でそれなりに満足感があったので、その点では食べ過ぎや飲みすぎを抑止するのにいいかもしれません。 「 トリプルアタック ヨーグルト」 結構ガッチリと固まっていて、昔からよくあるヨーグルトみたいな感じですね。 味はドリンクタイプとほとんど変わらなかったんですが、 固形タイプのほうが若干甘いような感じがしました。 こちらも美味しかったですが、手軽に摂取できて飲みやすいのを考えるとドリンクタイプのほうが良さそうな感じはしますね。 まとめ 特徴や成分から健康を重視したヨーグルトだということはわかりましたが、どれくらいの人が興味があるかが気になります。 確かに健康には良さそうですが、他の商品の「生きて腸内まで届く」や「トクホ」を売りにしている商品と比べると少しインパクトに欠けるような気もします。 「 塩・糖・脂」にさらに乳酸菌の効果までバッチリだったらもっと良かったのになぁなんて思ってしまいます。

次の

ヨーグルトメーカーで森永乳業のトリプルアタックを作ってみる!

トリプル ヨーグルト 効果

商品名 希望小売価格 (税別) カロリー 糖質 その他 栄養成分 トリプルヨーグルト 133円 49kcal 6. 0g ミルクオリゴ糖 1. 0g トリプルヨーグルト ドリンクタイプ 133円 48kcal 6. 0g ミルクオリゴ糖 1. 0g 各項目を検証しましたが「トリプルヨーグルト」とそのドリンクタイプである「トリプルヨーグルトドリンクタイプ」に ほとんど差異は見られませんでした。 トリプルヨーグルトかドリンクタイプを飲むのかは お好みで決めていただいて良いでしょう。 ちなみにコカ・コーラ100mlの糖質やカロリーは次のようになっています。 トリプルヨーグルトは機能性表示食品なので特定の効果(機能性)を表示できる 森永乳業の「トリプルヨーグルト」は機能性表示食品です。 機能性表示食品の定義は次の通りです。 事業者の責任において、「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収を抑える」などの科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。 販売の60日前までに安全性及び機能性の根拠に関する情報を消費者庁長官へ届け出ることにより表示できる。 ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない。 より引用 機能性表示食品は特定保健用食品(いわゆるトクホ)とは異なり国による個別審査がなく、 事業者の責任において食品の機能性を表記しています。 森永乳業が消費者庁に提出した書類を元に「トリプルヨーグルト」にどのような効果があるのかを追っていきます。 トリプルヨーグルトの効果3つを検証 森永乳業が消費者庁に提出しているトリプルヨーグルトの効果(機能性)は次の2つです。 高めの血圧(収縮期血圧)をさげる機能• 食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにする機能 血圧・血糖値・中性脂肪の3つに対して効果があるということですね。 内容を見ていきましょう。 トリプルヨーグルトは血圧をさげる効果がある ここからは あなたが森永乳業のトリプルヨーグルトを摂取すれば血圧(収縮期血圧)を下げる効果を得られるかもしれない、というお話をします。 トリプルヨーグルトは血圧をどれだけ下げるのか? 皆さんにとって重要なのは 「トリプルヨーグルトを摂取すればどの程度血圧が下がるのか」ということですよね? トリプルヨーグルトは機能性表示食品ですので、森永乳業は消費者庁に根拠のある資料を提出しています。 その資料は 論文を日本語に訳すと「 高正常血圧またはグレード1高血圧患者におけるカゼイン由来ペプチドMet-Lys-Proの降圧効果」です。 なんか難しい題名つけられてますが内容は簡単です。 論文中で行われた研究は次のとおりです。 被験者:高値血圧患者(収縮期血圧が130-139、または拡張期血圧が80-89)およびグレード1の高血圧患者(収縮期血圧が140-159または拡張期血圧が80-59)120名 被験者を次の2つのグループに分ける• トリペプチドMKPの疑似飼料を摂取するグループ 試験開始前の血圧を基準とし、摂取開始4週目・8週目・12週目の血圧を測定する。 摂取を開始して12週間後(3か月後)の結果は次のようになっています。 薬理と治療vlo. 46 no. 4 2018 529p-537より引用 グラフには 試験開始前の血圧と試験開始3か月後の血圧の差が表記されています。 SBPとは収縮期血圧つまり「上の血圧」で、DBPとは拡張期血圧つまり「下の血圧」ですね。 グラフを見ると収縮期血圧は -5程度、拡張期血圧は -1程度下がっているのがわかります。 血圧が高めのあなたがトリペプチドMKPを含有するトリプルヨーグルトを3カ月飲み続ければ、収縮血圧を5程度下げる効果が期待できる、とうことになりますね。 トリプルヨーグルトに含まれるトリペプチドMKPとは何なのか? 「トリペプチドMKP」について解説します。 MKPというのは3つのアミノ酸「メチオニン」「リジン」「プロリン」の略称です。 この3つのアミノ酸が結合したものが「トリペプチドMKP」です。 アミノ酸の結合方法が「ペプチド結合」、「3」をギリシャ語で「トリ」と言うため、「トリペプチドMKP」という名前になっています。 実は血圧降下作用を持ったペプチド(アミノ酸の集合体)は複数存在し、それらを血圧降下ペプチドと呼びます。 ACE阻害薬と呼ばれる降圧剤(カプトリル・レニベースなど)もこの血圧降下ペプチドの構造を元に開発された医薬品で、森永乳業のトリプルヨーグルトに含まれる トリペプチドMKPが血圧を下げる作用機序は、医薬品のACE阻害薬と同じです。 作用機序を簡略化して説明すると次のようになります・・・が 少し難しいので飛ばしていただいても良いです。 トリプルヨーグルトの公式HPに作用機序が簡単に掲載されていましたので、載せておきます。 より引用 この 血圧降下ペプチドの効果を利用した商品はエーザイからも発売されており、「ヘルケア」と言います。 「ヘルケア」は特定保健用食品(トクホ)ですので国の承認を得て「血圧が高めの方に」という効果効能を謳い販売されています。 トリプルヨーグルトは血糖値と中性脂肪をさげる効果がある 次に森永乳業トリプルヨーグルトに含有される難消化性デキストリンについて考察します。 森永乳業トリプルヨーグルトは「食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」との効果が表記されています。 果たしてトリプルヨーグルトはどのような作用機序でどの程度血糖値や中性脂肪を下げる効果があるのでしょうか? 検証してみました。 トリプルヨーグルトは食後血糖値をどれだけ下げるのか? ここからは あなたが森永乳業のトリプルヨーグルトを摂取すれば食後血糖値を下げる効果を得られるかもしれない、というお話をします。 トリプルヨーグルトがどの程度の効果を示すのかについての論文がありますので、それを元に検証していきます。 研究の内容は次のとおりです。 被験者:健常男性23名 被験者を次のグループに分ける• 難消化性デキストリン4. 8gを含む飲料を摂取するグループ• 難消化性デキストリン4. 8gを含まない疑似飲料を摂取するグループ 午前9時に米飯300gと対照飲料を摂取させ、摂取終了15分,30分,60分,120分後に採血を行う。 要は23名の被験者をグループ分けし、 トリプルヨーグルトを摂取した場合とそうでない場合で、食後の血糖値がどのように変化したかを観測したわけですね。 結果は次のようになっています。 健康・栄養食品研究 Vol. 5 No. 2 2002 「難消化性デキストリン配合緑茶飲料の食後血糖値およびインスリン値に及ぼす影響」34Pより引用 画像を見ていただくと、食後30分後に血糖値のピークを迎え徐々に食事前の血糖値へ戻っていく様子が観察できます。 3つのグラフのうち真ん中のグラフは食後の血糖値が上がりやすい被験者を対象としたものです。 トリプルヨーグルトに含有される難消化性デキストリンは、 特に血糖値が上がりやすい被験者に対して食後血糖値を下げる効果が見られます。 また被験者全体のグラフ(左端)を見ても、疑似飲料を摂取したグループに比較して有意に食後血糖値が低いです。 つまりあなたが トリプルヨーグルトを摂取すれば食後血糖値を下げる効果がある、特に血糖値が上がりやすい体質であればさらに効果的であることが推測できます。 またこの研究ではトリプルヨーグルトを毎食後摂取させる試験を12週にわたり被験者9名に行っておりますが、採血結果による健康被害はみられていません。 長期服用による安全性も問題ないと言えるでしょう。 トリプルヨーグルトは中性脂肪をどれだけ下げるのか? 次にお話するのは あなたがくトリプルヨーグルトを摂取すると食後中性脂肪の上昇を抑えられる可能性がある、とういお話です。 トリプルヨーグルトは食後中性脂肪の上昇をどの程度抑制するのでしょうか? 研究内容は次のとおりです。 被験者12名を次のグループにわける• 難消化性デキストリンを5g含む炭酸飲料を摂取するグループ• 難消化性デキストリンを含まない炭酸飲料を摂取するグループ 午前10時に試験を開始。 高脂質食と対照の炭酸飲料を摂取させ、試験前、0. 5、1、2、3、4、5、6時間後の採決を行う。 要は トリプルヨーグルトを摂取した場合とそうでない場合で、高脂質食を食べた後の中性脂肪がどの程度変化したかを調査したわけです。 結果は次のようになっています。 Jpn Pharmacol Ther 薬理と治療 vol. 37 no. グラフを見ていただければわかるとおり、 ファイバー飲料(難消化性デキストリンを含む炭酸飲料)を一緒に摂取したグループでは食後の中性脂肪値が有意に低いことがわかります。 トリプルヨーグルトに含有される難消化デキストリンとは何なのか? 「難消化性デキストリン」をご存じの方は多いかもしれません。 難消化性デキストリンはアマゾンや楽天などでも販売されていて、購入者レビューが非常高い商品です。 知る人ぞ知る健康食品ですね。 難消化性デキストリンは小腸で糖・脂肪の吸収を抑制することにより、食後の血糖値・中性脂肪の上昇を抑制します。 より引用 食後の血糖値や中性脂肪を制御する意義 そもそも食後の血糖値や中性脂肪値は重要なのかと考える人もいらっしゃるかと思います。 食後の過血糖や中性脂肪の上昇を抑制すべきなのは次のような理由があるからです。 食後の血糖値が健康を害する理由 食後の血糖値を抑制したほうが良い理由がオムロンのHPに掲載されていましたので引用します。 食後の血糖値が高いと、糖尿病の発症リスクが高くなるといわれています。 また、食後高血糖によって活性酸素が産生され、血管が酸化ストレスにさらされてしまうため、動脈硬化のリスクも高くなるとされています。 動脈硬化は、空腹時の血糖値より食後の血糖値が高いことのほうが大きな影響を及ぼすともいわれています。 動脈硬化は高血圧を引き起こすケースが多く、将来的には心筋梗塞や脳卒中という恐ろしい病気を引き起こしかねませんので注意が必要です。 より引用 食後血糖値の上昇は糖尿病リスクや動脈硬化による高血圧、さらには心筋梗塞などの疾病リスクを高めます。 食後の中性脂肪値が健康を害する理由 同じく食後の高中性脂肪を抑制したほうが良い理由は次のとおりです。 食後高脂血症では、この中性脂肪の分解がスムーズに進まず、 レムナントという分解途中の中性脂肪のかたまりが血液中に長くとどまることになります。 これが食後高脂血症の正体です。 なおレムナントにはコレステロールも含まれています。 レムナントが血液中に長くとどまると血管壁に入り込みやすく、その結果コレステロールがたまって動脈硬化を引き起こします。 また、食後の中性脂肪値が高いほど、狭心症や心筋梗塞を引き起こす危険性が高まることもわかっています。 より引用 食後高脂血症は動脈硬化や狭心症・心筋梗塞のリスクを高めるわけですね。 森永乳業トリプルヨーグルトはどこで売っているの? ではトリプルヨーグルトはどこで販売しているのかを確認します。 森永乳業のトリプルヨーグルトはスーパーやコンビニで販売しています。 ですのでコンビニやスーパーの乳酸飲料コーナーを覗いてみてください。 個人的な意見ですが、コンビニにトリプルヨーグルトはあまり売っているのを見かけたことがありません。 どちらかと言えば スーパーの乳製品コーナーで見つけられる可能性がとても高いと思います。 もしスーパーで見つけられなければ、そのスーパーでは取り扱いがない可能性がありますので一度店員さんにご確認お願いします。 もちろんアマゾンや楽天などネットショッピングでも販売していますので利用しても良いでしょう。 トリプルヨーグルトはいつ飲むの?飲むタイミングは? 最後に森永乳業のトリプルヨーグルトはいつ飲めば良いのでしょう? によれば次のような回答が示されています。 お好みに応じてお召し上がりください。 ただし、難消化性デキストリンによる血糖値と中性脂肪への効果は食事と一緒に召し上がっていただく場合に発揮されることが報告されていますので、食事と一緒に召し上がっていただくことをお奨めします。 トリプルヨーグルトに含有される難消化性デキストリンには食後の中性脂肪と血糖値を下げる効果があります。 難消化性デキストリンに関する研究では全て食事と一緒に難消化性デキストリンの摂取が行われていたことからも、 トリプルヨーグルトは必ず食事と一緒に摂取したほうが良いでしょう。 空腹時にトリプルヨーグルトを摂取しても「食後の中性脂肪と血糖値を下げる」という効果が失われる可能性があります。 トリプルヨーグルトよりもお得に「食後の中性脂肪と血糖値を下げる」には 記事をまとめるとトリプルヨーグルトには次のような効果があります。 高めの血圧(収縮期血圧)をさげる機能• 食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにする機能 しかしもしあなたが血圧に何の問題もなく、食後血糖値や中性脂肪だけが気になる方であればトリプルヨーグルトよりもお得な方法があります。 記事の途中で紹介しましたが、市販の難消化性デキストリンは400gで約900円です。 論文の中では1日5gの摂取が行われていましたので、80日間継続摂取できることとなり、 トリプルヨーグルトを毎日飲むよりも圧倒的にコスパが良い商品です。

次の

森永【トリプルヨーグルト】業界初!3つの機能性について表示したヨーグルトを食べてみた

トリプル ヨーグルト 効果

食楽web 季節はもうすぐ夏。 体のラインが気になる季節がやってきました。 GWで溜め込んでしまった脂肪や血糖値をどうにかしたい! と思っている人も多いのでは? そんな人たちの強い味方になりそうな商品が、森永乳業から2019年4月16日(火)に登場しました。 今回発売された「トリプルヨーグルト」は、「高めの血圧を下げる」「食後の血糖値の上昇をおだやかにする」「食後の中性脂肪の上昇をおだやかにする」という3つの機能を持つ業界初となるヨーグルト。 食事と一緒に1日1個食べることで、上記のお悩みの改善が期待できるそう。 一体どんな商品なのか、さっそく試してみました。 パッケージを見てみると「1つの商品で血圧、血糖値、中性脂肪の3つの機能性持ったヨーグルト」の文字が。 一般的に、ヨーグルトといえば、整腸作用で有名な食品。 当然、腸を活性化する効果はあると思いますが、血圧や血糖値まで下げてくれるなんて本当なんでしょうか? 公式ホームページによると、この「トリプルヨーグルト」には、森永乳業が特許を取得した独自の素材「トリペプチドMKP」が含まれており、高めの血圧(収縮期血圧)の原因となる血圧上昇物質を作る酵素の働きをブロックする効果があるのだそうです。 さらに「難消化性デキストリン(食物繊維)」が小腸での糖や脂質の吸収を抑えることで、食後の血糖値、中性脂肪の上昇をおだやかにする働きも期待できるとのこと。 ただ、気になるのは、肝心の味。 健康志向の商品というと、どうしても苦味などが立って、大して美味しくない…なんてことも多いですよね。 というわけで、実際に味を試してみることにします。 その結果… 一口食べてびっくり。 「え、美味しい!」。 苦味どころかほのかな甘さが心地よく、いつまでも食べていたくなるような、後を引く味です。 森永乳業の開発担当者のお話では「毎日、美味しく食べられる味にするために1,000種以上のサンプルを検討し、クセがなくて食べ続けやすい味わいを作りあげました」とのこと。 このスッキリした甘さの正体は、ミルクオリゴ糖。 口当たりが柔らかで、酸味はやや弱め。 そしてミルクのコクがほのかに感じられる味わいです。 ラインナップは、飲むドリンクタイプと食べるタイプの2種類で、どちらも133円(税別)とお手頃な価格。 さらに、全国のスーパーやコンビニなどに置かれているので、手に入りやすいのもいいですね。 これなら毎日食べ続けられそうです。 業界初となる、生活習慣をサポートしてくれる第3のヨーグルト。 夏に向けたボディメンテナンスのお助けアイテムとして、毎日の食事に取り入れてみては?.

次の