オグリ。 本水使い、左右同時宙乗り、大スペクタクルの超大作活劇 スーパー歌舞伎Ⅱ『新版 オグリ』いよいよ開幕

埼玉幸手 無垢の家具専門店 ファニチャー小栗

オグリ

概要 [ ] 江戸時代より「」を中心にやなどの題材として人気を博してきた「」の物語を題材に、「」第1作である『』を手掛けたの書き下ろしにより舞台化した。 架空の人物である 藤原正清が死後の前で大立回りを演じ、重い病に侵された姿で現世に蘇り、の導きで熊野を目指すことになるである。 スーパー歌舞伎屈指の人気作である。 小栗判官を題材とした歌舞伎作品では、12年初演の「姫競双葉絵草紙(ひめくらべ ふたばえぞうし) 」(近松徳三・奈河篤助=作)を底本として「小栗判官譚(おぐりはんがんものがたり)」を外題とする作品群や、監修による「小栗判官車街道(おぐりはんがんくるまかいどう)」(1974年初演)などがあり、「小栗判官もの」「小栗もの 」などと通称されている。 三代目市川猿之助(現・)による演出・出演作品にも、本作とは別にらの「當流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん)」を自身による演出・構成およびの脚本・演出により再構成した「當世流小栗判官(とうりゅうおぐりはんがん)」(1983年初演 )があり、本作とともにに選出されている(『當世流小栗判官』はそれ以前ににも選ばれている)。 スタッフ [ ] が書き下ろした戯曲を基にと両名が監修を加え、三代目猿之助自らが台本・演出・美術監督を務めた。 またこの作品は、現在ではの社長を務める金井勇一郎がからの帰国後はじめて手掛けた仕事(舞台装置)である。 衣装デザインはが手掛けた。 音楽は作曲でが担当した。 米国でミュージカル「」のフライングディレクターを務めていたがワイヤーアクションを使った見得の監修をしている。 スタッフ(初演時)• 作:梅原猛• 監修:戸部銀作・奈河彰輔• 台本・演出・美術監督:市川猿之助• 装置:朝倉摂• 舞台技術:金井俊一郎• 照明:吉井澄雄• 音楽:長澤勝俊、• 振付:藤間勘紫乃、藤間勘吉郎• 衣装デザイン:毛利臣男 (出典 ) 展開 [ ] 梅原猛による原作は1991年にから単独で、()、2003年にも「梅原猛著作集19 戯曲集」として「ヤマトタケル」や「オオクニヌシ」と共に収録されから()出版されている。 主役である藤原正清のちに小栗判官と遊行上人を猿之助とによる交互出演で勤め、『 』での使用量を上回る本水の使用、新橋演舞場初の左右同時両宙乗り など、最新の技術を駆使して壮大なスケールで描く。 なお、遊行上人は先代猿之助主演時には四代目猿之助の父であるが演じていた役である。 四代目猿之助は「『ワンピース』の次に何をしようかと悩んだとき、ふと思ったのが『オグリ』だった」と述べている。 『オグリ』は舞台全体に鏡を使った演出が大当たりしたが、本来三代目猿之助(猿翁)はを使った演出を構想していたものが予算的な制約から代替したものだったという。 現在では技術の進歩で猿翁の構想に近いものができるため「30年先をいっていたおじの発想を、私が叶えることができるんだと思い、ぜひこれはやりたい」と、演目を決めたという。 初演版の「オグリ」との違いについて、脚本の横内謙介は「初演の『オグリ』は、先代(猿翁)がお弟子さんたちと共に戦い抜き、オグリの身体の中に世界を描くイメージでしたが、当代の猿之助さんは仲間の中の自分を大切にしていて、大きな世界の中にオグリが生きているイメージ。 そういったところをポイントに物語を立ち上げていきたい」と語っており、大きく内容が変わることがアナウンスされている。 原作:• 脚本:• 演出:/• スーパーバイザー:• 美術:堀尾幸男• 照明:原田保• 音楽:• 作調:• 衣装:• ヘアデザイン:宮内宏明• 映像:• 音響:藤本和憲• 振付:• 同:穴井豪• 特殊効果:田中義彦• 歌舞伎美人(かぶきびと). 2019年8月6日. 2019年9月3日閲覧。 スーパー歌舞伎上演記録 (文:「スーパー歌舞伎の二十八年」『演劇界』2014年5月号)• えんぶの情報サイト 演劇キック. えんぶ 2019年4月28日. 2019年9月2日閲覧。 エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2019年8月23日. 2019年9月4日閲覧。 エンタメ特化型情報メディア スパイス イープラス. 2019年7月31日. 2019年9月4日閲覧。 2019年8月1日. 2019年9月4日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

【クックドア】オグリ(東京都)

オグリ

オグリ 〒121-0823 東京都足立区伊興4丁目1-24 営業時間 [平日] 17:30〜24:00 [日祝日] 17:00〜24:00 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 ?¥4,000〜¥4,999 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「オグリ」近くの施設情報.

次の

スーパー歌舞伎Ⅱ『新版 オグリ』

オグリ

藤原正清後に小栗判官、遊行上人(交互出演) 市川 猿之助 藤原正清後に小栗判官、遊行上人(交互出演)中村 隼人 坂東 新悟 市川 男寅 中村 玉太郎 中村 福之助 市川 笑也 市川 男女蔵 市川 笑三郎 市川 寿猿 市川 弘太郎 市川 右近 市村 竹松 市川 猿弥 市川 門之助 石橋 正次 下村 青 髙橋 洋 嘉島 典俊 浅野 和之 隼人君と猿之助さんのWキャスト。 ここでは発表されてないがワンピースの仲間達も出演する。 市瀬秀和さん、ダンサーで振付師の穴井豪さんが自身のSNSでそれぞれ発信してくれている。 猿之助さんの仲間は多彩で多才な人達だ。 花形はみっくん 坂東巳之助 けんけん 尾上右近 が卒業でワンピース再演から参加の新悟ちゃん、男寅ちゃん、玉太郎君、福之助君とピカピカの若手が参加だ。 新悟ちゃんは少しお兄さんだが、彼らが二ヶ月間でどれだけ成長するのかとても楽しみだ。 キャストの配役が早く知りたいところ。 大阪からの遠征組としては足代をできるだけ抑えて通いたい。 もう通うつもりになってる自分が怖い。 猿之助さんの圧を軽く受け流し爆発的な熱量で芝居をあげる浅野さんは最高。 青さんも出演だからこの二人はWキャスト? 「夜明けの停車場」の石橋正次さん?って二度も三度も名前を確認してしまった。 息子の正高君は猿之助さんと仲良くしているみたいだが、お父さんとはどんな繋がり?私の世代の青春のスターが猿之助さんと同じ座組で出演されるだけでも愉しい。 ニナガワ・スタジオ出身の高橋洋さんとは4度の蜷川作品で知り合ったのか?同じプロダクションで知り合ったのかな?などと猿之助さんの人脈も色々想像してしまう。 そしてこのお二方もWキャストだったりしてとか妄想がひろがる。 ワンピース同様に楽しい舞台を目指すと雑誌のインタビューで話してる。 タンバリンつかえるかなぁ。 それとも新グッズ? 小栗判官として出演しない回は、オグリの人生のキーパーソンである遊行上人(ゆぎょうしょうにん)を演じる事も発表された。 猿翁さん 三代目猿之助 がオグリを演じた時は猿之助さんのお父様段四郎さんが演じられたお役。 親子二代で同じ役を演じるのは感慨深い。 隼人君と全く同じ役をWキャストで怨じるとは隼人君の試練は半端ない事だろう。 2015年4月平成27年の「雪之丞変化」で闇太郎の子分丑三ツの次郎として出演した隼人君22才の頃。 初日はハラハラ、中日はあれ?立ち姿が決まるようになってる。 千穐楽は闇太郎を本気で慕う子分になってる。 若手花形の急成長を目の当たりにした舞台だった。 それとなく注目しているといつの間にかNARUTOではダブル主演、テレビ時代劇で主演と人気者街道をまっしぐらの隼人君。 今回の主演のWキャストは彼にとっても観客である私にとっても試金石。 はーオグリを何回観たいと思えるのだろう。 猿遊行上人を何度観たくなるのだろう。 猿之助さんの悪徳美坊主ぶりは2016年7月「柳陰澤蛍火」護寺院隆光で証明済み。 襲名後初のテレビドラマ「信長のシェフ」でも石山本願寺の僧侶・顕如役でも美しさを発揮してたっけ。 今回はオグリの人生に絡む大切なお役。 まだ観ぬ上人はどんな方だろうと思いを馳せてしまう。 巡業は今月末の横須賀で終わり、納涼歌舞伎二部のお稽古に入る。 弥次喜多も始まっても無いのに「オグリ」に胸躍る思いを止められない。

次の