グレイシア 種族 値。 【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

【ポケモン剣盾】グレイシア育成論・厳選・対策

グレイシア 種族 値

典型的な重火力アタッカーの種族値を持ち、剣盾のタイプでは最高の特攻種族値を誇る。 ただし、高水準な防御・特防はHPの低さで相殺され、耐久は並よりは多少硬い程度で、単タイプゆえに耐性も乏しい。 これらの点が重火力アタッカーの「耐えて攻撃」というスタイルと噛み合わず、行動機会の確保に難がある。 ブイズ共通の悩みであるサブウェポンの貧弱さも相俟って、使い勝手はいまひとつ。 肝心の火力も命中安定のれいとうビームをとる場合はゆきふらし持ちのふぶきと比較すると特別優位というわけでもない。 特性はどちらもあられ前提かつ耐久型向きで、グレイシアの耐久・耐性とはミスマッチ気味なことも難点。 第八世代ではめざめるパワーが消滅したが、代わりに念願のフリーズドライを習得し、タイプにも役割が持てるようになった。 現環境ではの復権に加え、タイプはフリーズドライ4倍のや鈍足のなどが占める。 苦手なタイプもや、など氷等倍の複合タイプが人気のため、氷技の一貫を作りやすい。 またダイアイスによって自らあられを降らせやすくなり、特性が発動する機会も増えた。 ダイアイスはふぶきをも上回る火力を持つため強みの特攻も生きやすく、ダイマックスとの相性はまずまず良い。 またウェザーボールも習得したことで、霰以外の天候パでの採用も検討できるようになった。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ゆきがくれ あられ中に確率で攻撃を回避する。 ダイアイスにより、攻撃しながら能動的に発動できるようになり味方や敵の作った霰も利用できるが、素早さが低いので霰の残ターンで道具や技で回避率を確保したくても使いずらい。 かげぶんしんが過去作限定になったのも痛い。 なにより肝心のダイマックス技が必中なため腐りやすいのがネック。 アイスボディ 隠れ特性。 あられ中に定数回復が得られる。 ダイアイスにより、攻撃しながら能動的に発動できるようになったため価値が上昇。 ダイマックス中は耐久が上がることで居座りやすくなるため、試行回数を稼ぎやすく確定数をずらせる見込みも高い。 霰やからぶりほけんとあわせて。 性能安定。 みずタイプに抜群が取れる。 などに4倍。 追加効果が優秀。 サポート用。 アシストパワー 超 20 100 - ダイサイコで威力を確保できる。 ハイパーボイス 無 90 100 身代わり貫通 身代わり対策に。 霰でもメインウェポン級の性能になる。 ミラーコート 超 - 100 優先度-5 特殊技を倍返し。 タスキやチョッキとあわせて。 ゆきがくれとは相性が悪い。 先制技。 タスキ潰しに。 あなをほる 地 80 100 溜め技 ダイマックス枯らしに。 ダイアースとしては、どろかけの方が好相性。 アクアテール 水 90 90 - 今作では唯一の通常水攻撃技。 ダイマックス用。 ダイナックルの方が範囲はあるが、ダブルバトルでない限り自身への恩恵は少ない。 変化技 タイプ 命中 備考 あくび 無 - 流し技。 起点作りや、交代読みで。 あられ 氷 - 特性の発動や、ふぶきとあわせて。 うそなき 悪 100 特殊受けを弱体化。 擬似的に特攻を強化。 ねがいごと 無 - 回復技。 主にサポート用。 まもる 無 - ターン稼ぎに。 あくびやねがいごと、たべのこしとあわせて。 バトンタッチ 無 - 積み技やみがわりとあわせて。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイアイス ふぶき 140 210 天候:霰 メインウェポン。 さらに、やの発動もできる。 フリーズドライやこごえるかぜの効果が失われる点に注意。 れいとうビーム 130 195 フリーズドライ 120 180 こごえるかぜ 110 165 ダイサイコ アシストパワー 130 サイコフィールド 先制技無効化。 居座りたいため不意打ち、影打ち、マッハパンチ無効は有難い。 格闘への打点としても利用できる。 等倍範囲も広いが、追加効果は微妙。 4倍狙いの奇襲にも。 追加効果で特殊耐久上昇。 ダイウォール 変化技 - まもる状態 フェイントで解除されないが、ダメージは受ける 相手のダイマックスターン枯らしに。 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイストリーム アクアテール 130 天候:雨 対炎岩。 みずのはどうは過去作限定。 みずのはどう 110 ダイバーン ウェザーボール 130 天候:晴れ 晴れ限定。 ダイロック ウェザーボール 130 天候:砂嵐 砂嵐限定。 攻撃上昇。 特殊耐久崩し。 物理耐久向上。 フリーズドライがあるので水タイプ、特に足の遅い・に受けを任せているパーティに役割を持てる。 との差別化としてはフリーズドライの威力差とシャドーボール、あくびなどの補助技と防御力の差。 フリーズドライの一貫性の高い現環境では、最大威力のフリーズドライを放てるグレイシアの特攻の高さは特筆に値する。 ダイマックス時の自身の火力も相当なもので、H振りをふぶきでダイマックス貫通で確1と眼を見張るものがある。 これの仮想敵に対してバイバニラは同条件でも確定数がずれるので、差別化には十分な指数差と言える。 バイバニラとの通常時の最大火力の差がどうしても気になる場合は、命中不安を割り切った上でのふぶきの採用もあり。 とはいえ、ダイマックス技で天候が頻繁に塗り替わるせいで、あちらも必中吹雪の安定性が低下しているので、れいとうビームでもさほど問題ない。 また、CS振りは奇襲にはなり得るが、HPに多く振ったほうがバイバニラとの防御の差が生きやすいので基本はHCベースが使いやすい。 65族周辺はアーマーガア、ブラッキーなど上を取れれば交代出しを押し切れる可能性のあるポケモンが多いのでSは要調整。 水に役割が持てるフリドラ、タスキ潰しのつぶて、特殊全般を返り討ちにできるミラコは個人的には必須級。 シャドーボールはバイバニラとの差別化になるがギルガルドが減ったので、ふぶきorれいとうビームの選択になると思う。 対グレイシア 注意すべき点 C130からの一致氷技が脅威。 強力なドラゴン勢を、マルチスケイルやヤチェを貫通して確1にする威力。 タスキも先制技で潰される。 耐久力も並以上で、不一致弱点などの半端な火力では耐えられて反撃される。 特に特殊技はミラーコートで返される恐れもある。 あくび、あまえる、バトンタッチなど、ブイズ特有の豊富な補助技も健在。 対策方法 防御・特防は高いがHPは低い。 回復技もねがいごと程度。 なので、グレイシアより速いポケモンで炎・鋼・岩・格闘の一致技を放てば早急に処理できる。 不一致技で弱点を突く場合は氷技を半減できる水、または同じ氷タイプだと反撃を耐えて2発で倒す流れを作りやすい。 物理アタッカーはあまえる、特殊アタッカーはミラーコートに注意。 水タイプは高耐久ポケモンが多いため後出ししやすいが、フリーズドライには注意。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技02 ネコにこばん 40 100 ノーマル 物理 20 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技15 あなをほる 80 100 じめん 物理 20 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技27 こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15 技29 あまえる - 100 フェアリー 変化 20 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技33 あまごい - - みず 変化 5 技34 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技35 あられ - - こおり 変化 10 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技40 スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技46 ウェザーボール 50 100 ノーマル 特殊 10 技47 うそなき - 100 あく 変化 20 技51 つららばり 25 100 こおり 物理 30 技64 ゆきなだれ 60 100 こおり 物理 10 技67 こおりのキバ 65 95 こおり 物理 15 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技79 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技06 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技31 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技42 ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技85 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 その他.

次の

【ポケモンGO】グレイシアの種族値と覚える技

グレイシア 種族 値

全国 No. 471 グレイシア 分類 : しんせつポケモン タイプ : こおり 高さ : 0. 8 m 重さ : 25. 25倍になる。 あられによるダメージを受けない。 手持ちの先頭にいると、天気があられのときに野生ポケモンが出現しにくくなる。 あられによるダメージを受けない。 グレイシアのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 グレイシアの特徴 【良いところ】• 特攻種族値が高く、タイプ一致の氷技が強力。 特殊エースとして期待したいところです。 素早さが低いため一発受けてから反撃することになりがちですが、そこそこの耐久を持つので一発は攻撃を耐えやすいです。 【悪いところ】• タイプ耐性がほぼなく、耐性を生かした交代出しのチャンスがありません。 バトルに出しにくいため止まりにくくしたいところですが、素早さが低いため全抜きは厳しいです。 バトル序盤~中盤に特定の相手に繰り出すことも難しく、終盤の全抜きエースにもなれません。 安定した活躍を見込みにくいポケモンです。 氷タイプのため、鋼相手を中心に様々なポケモンを呼び寄せます。 グレイシアは覚える攻撃技が少なく、交代読みで使えるのが「めざめるパワー」くらいなのが問題です。 高い特攻を持つとはいえ、相手の交代先にダメージを稼ぎにくいのは特殊エースとして致命的。 BW環境からは、ウルガモスやシャンデラといった強力な炎タイプを呼び寄せてしまうのも逆風です。 BW世代では、夢特性で「アイスボディ」を獲得しました。 「みがわり」を張ることさえ成功すれば、相手はグレイシアに攻撃できずに霰のダメージで倒れます。 特性「アイスボディ」を持つポケモンには、他にやがいます。 トドゼルガは水タイプ複合と高耐久からグレイシアよりも繰り出しやすく、無限まもみがの起点を作りやすいポケモンです。 バイバニラは単氷タイプで繰り出しにくいポケモンですが、グレイシアよりも素早さが高いため無限まもみがをスタートしやすいです。 また、トドゼルガやバイバニラは「ぜったいれいど」を覚えるため、無限まもみが中に手が空いたら一撃必殺技を行動に挟めます。 グレイシアは上記の無限まもみが使いと比べてコンボの始めやすさで劣り、コンボと相性がいい「ぜったいれいど」も覚えません。 「アイスボディ」で無限まもみがに特化するなら、トドゼルガやバイバニラの方が向いています。 氷タイプなのでドラゴンに強いイメージがありますが、ドラゴン技に耐性がないため後出しから勝てるわけではありません。 グレイシアの死に出しからならドラゴンと対峙できますが、相手は警戒して逃げるためドラゴンは狩れません。 火力と攻撃範囲に優れたドラゴンの対策は• ドラゴン技を半減できる鋼タイプをパーティに入れること 以外では無理です。 グレイシアの特性、「ふぶき」の火力、霰ダメージの蓄積を考えると霰状態で使いたくなります。 実際にはユキノオーと組ませると弱点が被りすぎてバランスが悪くなり、技「あられ」で霰を降らせるのはターンのムダなので難しいところです。 ユキノオーと同時使用しないなら関係ありません。 「ゆきがくれ」なら相手の攻撃が外れやすくなり、本来不利な相手に運良く勝てることがあります。 「みがわり」と絡めることもできます。 「アイスボディ」なら「たべのこし」と合わせて回復量を稼げ、「みがわり」を張れる回数も増えます。 バイバニラより高い物理耐久を生かす手もありますが、まもみがのために耐久調整するならトドゼルガの方が向いています。 グレイシアを使うなら高い特攻を生かすことを優先し、まもみがはオマケ程度に考えた方がいいでしょう。 鈍足エースなので一発耐えてから反撃せざるをえないことも多いですが、HPに振るだけで大抵の不一致弱点技を耐えます。 ドラゴン@いのちのたま の「だいもんじ」など、火力UPアイテムを持つ相手には注意。 素早さの調整先は無振りメタグロス抜きなどが挙げられますが、実際のメタグロスは素早さ調整をかけるため抜けません。 無振りメタグロス抜き調整は、同速やバンギラスを抜きやすくするものです。 同速で最メジャーのハッサムやバンギラスも素早さ調整をかけていると抜けるとは限らず、グレイシアが不利です。 素早さ調整をしても抜ける相手が不明確なため、素早さは諦めてHPベースに振った方が汎用性は高まります。 たべのこし : 「ゆきがくれ」「アイスボディ」と相性がいい「みがわり」を出せる回数が増えます。 「アイスボディ」なら無限まもみがもムリではありません。 つららのプレート : メインウェポンの氷技を強める無難アイテム。 「たべのこし」が他のポケモンと重複してしまうときに。 れいとうビーム : メインウェポン。 霰を使わないならこちら。 ふぶき : メインウェポン。 霰前提ならこちら。 グレイシアに加えてユキノオーが必要なのでバランスが悪いですが、火力は高いです。 特にハッサムの4倍弱点を突けます。 エンペルトやヒードランに効果抜群で、炎タイプの弱点も突けます。 ハッサムが狙えなくなることと、鋼ポケモン@ふうせん の無償光臨に注意。 苦手なバンギラスの4倍弱点も突けますが、メジャーな鋼であるハッサムやメタグロスの弱点は突けません。 みがわり : 交代読みで使い、交代先の相手を見てから行動を選択できます。 「ゆきがくれ」「アイスボディ」との相性もよいです。 あくび : 交代読みで様々な相手を牽制できますが、「とんぼがえり」で逃げるハッサムへの効果は薄いです。 牽制できる範囲は広いですが、繰り出しにくいエースのグレイシアが「あくび」だけ使って引っ込む流れは効率が悪いので注意。 本来、繰り出しやすいが火力に欠けるポケモンに向いた技です。 まもる : 特性が「アイスボディ」なら、「みがわり」と組み合わせてまもみができます。 ハッサムに交代読み「あくび」を当て、「とんぼがえり」を「まもる」と相手が眠る効果も。 こおりのつぶて : ガブリアスやボーマンダの4倍弱点を突けます。 体力が減ったドラゴンとのタイマンに。 ミラーコート : 決まれば強力ですが、グレイシアが呼び寄せるのは主に鋼や炎といったタイプの相手。 鋼技は物理攻撃が多く、炎技は耐えられないので使えるチャンスが少ないです。 役割関係.

次の

ポケモン図鑑BW2|グレイシア|ポケモン!ブラック2&ホワイト2(BW2)攻略広場

グレイシア 種族 値

グレイシアの覚える技一覧 レベル技 Lv. 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 基本 - - 20 基本 60 100 25 基本 - - 40 基本 - 100 40 基本 90 85 20 基本 - - 20 基本 40 100 35 基本 60 - 20 基本 120 100 15 基本 - 100 30 基本 55 95 15 基本 - 100 20 5 - 100 15 10 40 100 30 15 - 100 30 20 40 100 30 25 60 100 25 30 65 95 15 35 - - 10 40 70 100 20 45 - 100 20 50 110 70 5 55 140 100 5 教え技 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 20 90 10 過去作でのみ覚えられる技 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 90 90 10 - 85 15 - - 5 40 100 15 40 100 15 おんがえし - 100 20 80 100 15 - - 15 きりふだ - - 5 60 90 10 シグナルビーム 75 100 15 しぜんのめぐみ - 100 15 シンクロノイズ 120 100 15 70 100 15 - 90 10 - - 20 バリアー - - 20 ひみつのちから 70 100 20 - - 20 60 100 20 めざめるパワー 60 100 15 - - 10 やつあたり - 100 20 ゆうわく - 100 20 リフレッシュ - 100 20• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の