チャレンジ一年生 退会。 うちの子が年少だけどチャレンジ1年生を始めた理由

【家庭学習】チャレンジを退会した4つの理由

チャレンジ一年生 退会

チャレンジの退会手続き チャレンジの退会手続きは、 電話でのみ受付となっています。 講座ごとに電話番号が異なりますので、サポートページで確認するときは、どの講座なのか良く確認して電話をかけましょう。 電話はフリーダイヤルとなっていて、9時から21時まで12時間受付ています。 サポートページでは、「お詫び」としてサポート電話がつながりにくくなっていることがかかれています。 それでも電話でのみ受付ですので、つながるまでかけましょう。 退会の申し込みは、 お届け月の前月の1日までに連絡が必要です。 例えば、7月号から辞めたい場合は、6月1日までに連絡がする必要があります。 退会する予定が事前に決まっている場合は、申込期限を過ぎないように期限を確認して申し込みましょう。 特に、電話がつながりにくいことを考えると、早め早めに連絡したほうが良いでしょう。 一括払いをしていたときは 支払金額がお得になる6か月・12か月の一括払いを利用している人も多いでしょう。 一括払い期間中に解約した場合の支払い済みの代金は、使用した月分までで精算されて、返金されます。 ただし、精算は一括払いの一月分の金額で精算されるわけではありません。 購読した月数によって、次のように変わります。 6か月一括払いまたは、12か月一括払いで5か月以内の購読の場合は、毎月払いの金額で精算されます。 12か月一括払いで、6か月以上の購読の場合は、6か月一括払いの一月分の金額で精算されます。 例えば、4年生4月号から12か月払いで契約すると、49,128円になります。 これを7か月目まで受講し、8か月目から退会するとします。 この場合は6か月一括払いが、26,472円ですので、その一月分4,412円で精算されます。 続けた期間に応じてお得になるので、一括払いができるならば、途中で退会する可能性がある場合でもお得です。 退会時のチャレンジタッチのタブレット チャレンジタッチの場合は、タブレットも一緒に届きますが、このタブレットは退会する場合どうなるのでしょうか。 まず、タブレットは返却する必要はありません。 学習コンテツに関しても、配信された分に関しては退会後も使用することができます。 ただし、コンテンツについては、使用期限があり、基本的には配信された翌年度までしか使用できません。 例えば、4年生の途中で退会した場合は、5年生の3月までしか使用できません。 返却する必要はありませんが、 初めてから6か月未満での退会の場合は、14,800円のタブレット代を請求されます。 また、一度タブレットが届いたあと、退会して再入会する場合はタブレットは届かないので注意が必要です。 ここまでのタブレットの扱いは、退会だけでなく、タッチからオリジナルにコース変更する場合も同様です。 努力賞はどうなる? 退会した場合の努力賞ですが、ポイントが残っていてもそのポイントが失効するわけではありません。 退会後でも、プレゼントと残っているポイントの交換が可能です。 ただし、会員サイトからの交換の申請は、サイトの利用が最終受講月から3か月後の月末までとなりますので、それ以降はカタログの申込用紙を使用して交換するようになります。 まとめ 6か月未満の退会時にチャレンジタッチのタブレット代金がかかることを除けば、退会での請求はありませんし、一括払いでも返金があります。 退会に関する対応については、非常に良心的です。 しかし、実際の退会申し込みが電話のみで、その電話がつながりにくいです。 退会する場合は、できるだけ早く電話をかけるようにしましょう。

次の

1年生準備スタートボックスの先行お届けのご登録|じゃんぷ会員のかた向け| 2020年度チャレンジ1ねんせい

チャレンジ一年生 退会

チャレンジを退会するために電話しました 手続き内容は?理由は聞かれる? 我が家の小学校三年生の息子は、「こどもちゃれんじ baby」からずっとチャレンジをやっていて、三年生からは「進研ゼミ・小学講座のチャレンジタッチ」をやっていました。 受講料は年間一括払いではらっているのですが、年々一括払いの金額が高くなり 小学四年生の年間一括払い受講料は5万円弱!! さすがに高額だなと思うようになってきました。 息子はチャレンジやった?と聞くとやりますが、自らやるほどやる気があるわけではありません。 なんとなく惰性で続けているものに、年間5万円以上払うのはもったいないと思って、息子に「チャレンジこれからも続ける?」と聞くとやめるというのでやめることにしました。 チャレンジ退会のための電話で、どんな手続きをする? 私は携帯電話から電話しました。 電話したのは下記のページに記載されている番号です。 電話をかけるとまず音声ガイダンスにつながり、 ・小学生か小学校入学前か ・キャンペーンの応募か ・オプション教材の解約か、退会か など、いくつかの質問に番号で答えます。 退会手続きの番号を押すと、「オペレーターにおつなぎします」と音声ガイダンスが流れました。 しかしそのあと 、「ただいま混みあっていますいます。 順番におつなぎします」と音声ガイダンスが繰り返し流れ、なかなか電話がつながりません。 その後1分半ほどでオペレーターにつながりました。 オペレーターに、チャレンジを退会したいと伝えると、子どもの名前と 会員番号を聞かれました。 登録確認のためしばらく待つと、今度は本人確認のため子供の生年月日を聞かれました。 やっぱりチャレンジの退会理由を聞かれた! 本人確認がとれると、 「さしつかえなければ退会理由を教えていただけますか?」と言われました。 「本人がやめたいと言ったので」と答えると、先月も先々月も頑張って取り組んでおられますが何かお子様のお気持ちの変化がありましたか」と聞かれます。 チャレンジタッチはネットにつなげてやるものなので、子どもの取り組み状況がわかるようです。 「やめるって言ってるんだから、そこまでつっこまなくても…」と思いましたが、「学校の宿題が多かったり、自主学習をやりたいと言っているので、そちらの方を取り組みたいそうです」と答えました。 すると、「さようでございますか」と言われ、退会の手続きにすすんでくれました。 私は電話で話すのが苦手なので、はやく切りたい気持ちでいっぱいです…。 年間払いだったのできりのいいところで退会することに オペレーターが現在の状況を確認してくれて、二月分から解約できますが、お客様は二月分まで年間一括払いでお支払済みです。 返金したとしても返金額も少なくなってしますので、三月分から解約というのはいかがでしょうか?と聞かれました。 早く電話を終わりにしたい私は、一か月ぶんだけ返金手続きするのも面倒だし、きりのいいところで退会でいいと思い、それでいいですと言いました。 くわしく聞いていませんが、たぶん返金額は数千円だろうし、返金のために銀行の口座番号を教えたり、もしかしたら振込手数料をとられたりするかもしれないし…と思うといろいろ面倒で、それでいいやと思ってしまいました。 ほんとうは少額でも払う必要のないお金なんだから、返金してもらうべきなんでしょうけどね。 最後に連絡事項やアンケートがあり終了 そしてやめたあとも、提出期限までなら赤ペン先生のもんだいや実力診断テストなども出せますよなどの話がありました。 さらに退会後も、役立つ情報をお届けしますので、何かありましたらいつでもご連絡くださいって言ってました。 たぶん、これからもダイレクトメール送りますってことじゃないでしょうか? これからダイレクトメールが不要であれば、この時に「もうダイレクトメールは不要なので送らないでください」と言えばいいんでしょうが、言えませんでした…。 (電話、早く終わりにしたい、としか思っていませんでした) そんな感じで連絡事項が伝えられ、これで退会のお手続きは終わりますが、最後によろしければアンケートにお答えいただけますかと聞かれました。 嫌ですとも言いづらかったので、はいと答えると、中学受験は考えているかと今後、再度進研ゼミを受講する可能性があるかを聞かれました。 オペレーターとの電話はこれで終了でしたが、このあとさらに自動音声による、今回の電話手続きに関するアンケートがありました。 アンケートはオペレーターの対応などの満足度調査でした。 これで、今回のチャレンジを退会するための電話は終了しました。 時間にして、10分強くらいでしたが、電話が苦手な私にはとても長く感じられました。 チャレンジを退会するための電話手続きの内容のまとめ チャレンジを退会するために電話をかけても、なかなかつながらないという話も聞きましたが、私は退会締切日の直前にではなかったせいか、しばらく待てばつながりました。 退会手続きのためには会員番号が必要なので、すぐに言えるように準備しておきましょう。 退会理由はたずねられますが、退会をとめられるようなことはありませんでした。 今後、進研ゼミからのダイレクトメールが不要な場合は、この退会手続きの電話の時にダイレクトメールを送らないで欲しいと伝えるといいと思います。

次の

うちの子が年少だけどチャレンジ1年生を始めた理由

チャレンジ一年生 退会

幼稚園の間は『こどもちゃれんじ』の入退会を繰り返し、 年長の『じゃんぷ』10月号からはずっと続けています。 2人とも、本当にチャレンジが大好きで大好きで、毎月、 「まだ届かないかな。 」 と言っていますし、 教材があるときは、毎朝、登校前にやっています。 支払いは年払いにしているのですが、 最初のうちは大体1カ月あたり3,000円程度なので、 「子どもはチャレンジが好きだし、自分から喜んでやるからいいか。 」 と思ってやらせていました。 自分から進んで学習し、 特に兄の方は自分で丸付けしたり、基本的な学習習慣もついたので、 チャレンジの目的は果たしていると思いますし、感謝もしています。 長時間机に向かうのも苦にならないようで、 他の問題集でも、置いておけば勝手にやってくれるようになりました (好きな教科、算数に限定されますが)。 ところが、4年生の受講費の引き落としを見て驚いたのは、 年額4万円を超えていたことです。 オプション教材も込みにしていたため、総額6万円くらいになっていました。 5年生になると、月払いで5,060円とのことで、 これなら塾へも行ける金額だなと思ったりします。 チャレンジの場合、国語と算数が15日分しかありませんし、 冊子やページの中身も漫画が多くて、 親としてみると内容的には物足りない感じがします。 だからこそ、子どもは喜んでやるのかもしれませんが、 次の5年生になっても続けるべき内容かどうか、迷っています。 皆さんは、いつまでお子さんにやらせましたか? どういうふうになさっていますか? お聞かせください。 チャレンジでなくても、他の教材でも結構です。 兄の方は、性格的にも塾よりも自分でやるほうがいいような気もしています。 我が家は3兄弟皆1年生からずっとチャレンジ派です。 良かった点は、自宅学習の習慣がつきました。 1年生になったら、毎日チャレンジに取り組むのが当たり前という環境にしたので、二男三男も当然やらなくては・・と思っているようです。 次の号が届いても、赤ペン先生を投函してからじゃないと開けられないルールなので、開けたい一心でおわらせますから、溜まることこともありませんでした。 中学になって一度塾にも通いましたが、学校のテストは基本に忠実な進研ゼミのテキストが役にたったようです。 中学は応用問題をどんどんこなしていかなくてはならないので塾通いは必須ですが、基本をしっかり理解していなければ意味がないので、小学校のうちにしっかり基礎勉強のベースをつくっておくのに、チャレンジはとても良い教材でした。 ただ、住んでいる地域によっても、親の考えは変わってきますよね。 お子さんが楽しく学習できる教材みつかるといいですね。

次の