テラスハウス やらせ 2ch。 【悲報】テラスハウス、やっぱりやらせだった

◆木村花テラハ問題シーン◆和田アキ子『TVのヤラセを真に受けてSNSで叩くな』 ← じゃあ番組側でフィクションですって表示しろよ

テラスハウス やらせ 2ch

26 5月23日に22歳の若さでこの世を去った女子プロレスラーの木村花さん。 花さんのスマートフォンには、響子さんの証言通り、「やらせ」を裏付けるLINEのメッセージが多数残されていた。 響子さんは、今回告白を決意した理由をこう語る。 「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自*た』というストーリーで片付けられてしまう。 真相は全然違うんです。 彼女はスタッフの指示通り、ヒール役に徹しただけ。 せめて花の名誉を回復してあげたい」 引き金となったのは3月31日にNetflixで配信された第38話「コスチューム事件」だ。 テラスハウスの同居人である小林快さんが共用の洗濯機に入った花さんのプロレス用コスチュームに気付かず、自分の洗濯物と一緒に洗濯し、乾燥させてしまった。 プロレスラーの花さんにとって「命と同じくらい大事」という衣装は、乾燥機で縮み、装着できない状態になってしまう。 住人全員がダイニングルームに集まる中、花さんがコスチュームが縮んだことを明*と、快さんは「ごめん」と謝罪。 彼女は泣きながら「人のこともっと考えて暮らせよ! 」「ナメんのもいいかげんにしろよ」と快さんに詰め寄り、彼のキャップを叩き落とした。 このシーンがNetflixやフジテレビの地上波で放送されると、SNSで〈*〉などの激しいバッシングを受け、花さんは精神的に追い詰められていき、5月23日に自ら命を絶った。 事件後、メディアの取材に初めて応じた響子さんは、亡くなる8日前、花さんから次のように告げられたと証言した。 「5月15日、花と私は祖母の誕生日会を開きました。 その帰り道、私が花を車で送っていると、花が涙を堪えながら話し始めたのです」 そして、花さんはこう語った。 1のことを100にして盛り上げて欲しいって言われて。 コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた。 『いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん』って。 盛り上げなきゃと思ったけど、プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいたの。 スタッフは信用できないよ」 友人に送ったLINEでも、花さんは次のように書いている。 〈自分の仕事道具壊されて、スタッフにカメラの前でキレろって言われて〉 この友人は、「週刊文春」の取材に対して、花さんから「やらせ」問題について何度も相談を受けていたと明かした。 また、炎上シーンの相手となった共演者の小林快さんも花さんから「やらせ」についての電話があったと認めた。 フジテレビに「やらせ」問題について質問すると、「検証作業を進めている最中ですが、ご質問にあるような事実はございません」と答えた。 自殺の5日前の5月18日、地上波のフジテレビで「コスチューム事件」の場面が放送された。 この放送を見た花さんは、友人にこうLINEを送っている。 〈これで炎上して話題になって製作陣は満足かな〉 プロレスを広めるために「テラスハウス」に出演していた花さんが、なぜ*なければならなかったのか。 62 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が27日、MCを務めるフジテレビ系「土曜はナニする!?」(土曜前8・30)に出演。 妻で女優の蒼井優(34)との生活で起こしてしまった、失敗エピソードを語った。 冒頭でゲストのお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(40)から「山ちゃんは、家事やってんの?」と尋ねられ、山里は「全然よ」と答えた。 「良くないと思って、俺もなんかやろうと思って」と洗濯に挑戦したことも告白。 だが「奥さんのすっごい大事なニット、こんなにちっちゃくなっちゃって…」と蒼井のニットを縮ませてしまったことを明かし、石田を「令和でそんな事件起こるの?」と驚かせた。 蒼井は「やろうとしてくれただけでいいから…」と言いながら、縮んでしまったニットを伸ばしていたという。 申し訳なく思った山里はネットで「縮んだニット 復活」と検索。 「ニットにリンスを染み込ませると伸びる」という方法を見つけトライしてみたものの「ただただニットがヌルヌルして終わったわ…」と嘆き、「めちゃくちゃ思い出のニット、やっちゃったんよ…」と後悔の念に駆られていた。 ここ重要だな にゃるこのコメント これは本当ならフジテレビはただでは済まないですよ。 ネット上での誹謗中傷を悪者にして責任逃れをしていたのにテラスハウスで木村さんは台本通り演技していたことが事実ならやらせを否定していたことをどう言い訳する気でしょう。 政治まで巻き込んでネット上での誹謗中傷を規制する法案まで作る事態になってるのにどう責任取るんやろ。 ネットを悪者にして番組擁護していた芸能人も知らん顔では済まないですね。 この事はテレビでほとんど扱われないかもしれませんが絶対追及しなきゃいけないです、業界ぐるみで不祥事隠しは最悪や。

次の

【週間文春】木村花さん母が告白 娘が明かしていた「テラスハウス」の“やらせ” 証拠がLINEに残されていた

テラスハウス やらせ 2ch

5月23日に22歳の若さでこの世を去った女子プロレスラーの木村花さん。 花さんのスマートフォンには、響子さんの証言通り、「やらせ」を裏付けるLINEのメッセージが多数残されていた。 響子さんは、今回告白を決意した理由をこう語る。 「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』というストーリーで片付けられてしまう。 真相は全然違うんです。 彼女はスタッフの指示通り、ヒール役に徹しただけ。 せめて花の名誉を回復してあげたい」 引き金となったのは3月31日にNetflixで配信された第38話「コスチューム事件」だ。 テラスハウスの同居人である小林快さんが共用の洗濯機に入った花さんのプロレス用コスチュームに気付かず、自分の洗濯物と一緒に洗濯し、乾燥させてしまった。 プロレスラーの花さんにとって「命と同じくらい大事」という衣装は、乾燥機で縮み、装着できない状態になってしまう。 住人全員がダイニングルームに集まる中、花さんがコスチュームが縮んだことを明かすと、快さんは「ごめん」と謝罪。 彼女は泣きながら「人のこともっと考えて暮らせよ! 」「ナメんのもいいかげんにしろよ」と快さんに詰め寄り、彼のキャップを叩き落とした。 このシーンがNetflixやフジテレビの地上波で放送されると、SNSで〈死ね〉などの激しいバッシングを受け、花さんは精神的に追い詰められていき、5月23日に自ら命を絶った。 事件後、メディアの取材に初めて応じた響子さんは、亡くなる8日前、花さんから次のように告げられたと証言した。 「5月15日、花と私は祖母の誕生日会を開きました。 その帰り道、私が花を車で送っていると、花が涙を堪えながら話し始めたのです」 そして、花さんはこう語った。 1のことを100にして盛り上げて欲しいって言われて。 コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた。 『いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん』って。 盛り上げなきゃと思ったけど、プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいたの。 スタッフは信用できないよ」 友人に送ったLINEでも、花さんは次のように書いている。 〈自分の仕事道具壊されて、スタッフにカメラの前でキレろって言われて〉 この友人は、「週刊文春」の取材に対して、花さんから「やらせ」問題について何度も相談を受けていたと明かした。 また、炎上シーンの相手となった共演者の小林快さんも花さんから「やらせ」についての電話があったと認めた。 フジテレビに「やらせ」問題について質問すると、「検証作業を進めている最中ですが、ご質問にあるような事実はございません」と答えた。 自殺の5日前の5月18日、地上波のフジテレビで「コスチューム事件」の場面が放送された。 この放送を見た花さんは、友人にこうLINEを送っている。 〈これで炎上して話題になって製作陣は満足かな〉 プロレスを広めるために「テラスハウス」に出演していた花さんが、なぜ死ななければならなかったのか。 妻で女優の蒼井優(34)との生活で起こしてしまった、失敗エピソードを語った。 冒頭でゲストのお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(40)から「山ちゃんは、家事やってんの?」と尋ねられ、山里は「全然よ」と答えた。 「良くないと思って、俺もなんかやろうと思って」と洗濯に挑戦したことも告白。 だが「奥さんのすっごい大事なニット、こんなにちっちゃくなっちゃって…」と蒼井のニットを縮ませてしまったことを明かし、石田を「令和でそんな事件起こるの?」と驚かせた。 蒼井は「やろうとしてくれただけでいいから…」と言いながら、縮んでしまったニットを伸ばしていたという。 申し訳なく思った山里はネットで「縮んだニット 復活」と検索。 「ニットにリンスを染み込ませると伸びる」という方法を見つけトライしてみたものの「ただただニットがヌルヌルして終わったわ…」と嘆き、「めちゃくちゃ思い出のニット、やっちゃったんよ…」と後悔の念に駆られていた。

次の

【週間文春】木村花さん母が告白 娘が明かしていた「テラスハウス」の“やらせ” 証拠がLINEに残されていた

テラスハウス やらせ 2ch

恋をしながら地球を旅するのは、もう無理なのだろうか……。 フジテレビ系の恋愛バラエティー番組『あいのり』が打ち切りの危機にあるという。 「最も大きいのは、新型コロナウイルスの影響です。 男性4人・女性3人の計7人が、ラブワゴンと呼ばれるピンク色の車に乗って世界を旅する。 「旅の中で生まれた恋愛模様を見せていく番組ですね。 意中の異性に日本行きのチケットを渡して告白し、成功すれば晴れて2人で帰国。 失敗すれば1人で帰らなければいけないというシンプルなルールです。 異国の地で生まれる友情や恋愛のリアルさが話題を呼び、視聴者を引きつけました」(テレビ誌ライター) コロナで入国制限がかかった ネットフリックスで全話配信ずみの最新シリーズ『あいのり:African Journey』はすでに撮影が終了しており、次の旅に向け準備しているところにコロナ禍が押し寄せた。 現在は世界中で入国が制限されており、海外ロケは事実上不可能になっている。 かわりに国内で旅をするという案もあったというが……。 「福岡の北九州市や北海道など、まだまだ感染がおさまらない地域があります。 感染者の多い東京からの移動者を受け入れることに好意的ではない地方も多いでしょう。 しかも、ワゴンとはいえ車内に7人が押し込められる形になります。 同じくフジテレビ系で放送されていた、別の恋愛リアリティーショーで起きた事件だ。 「『テラスハウス』の出演者が視聴者からの執拗なバッシングに遭い、自殺に追い込まれてしまいました。 SNSでの出演者への誹謗中傷を完全にストップさせる方法は、今のところありません。 同じ恋愛要素のある番組ですから、似たような問題が起きる可能性も十分にある。 局としても制作会社としても、対応は難しいと考えたようですね。 長い期間、制作されているフジテレビの看板番組ですから終わらせたくなかったようなのですが、上層部の判断で終了を決めたそうです」(フジテレビ関係者) フジテレビに問い合わせたところ、 「すべて事実ではございません」 とのこと。 だが、取材を進めていくと制作スタッフの厳しい現状が聞こえてきた。 「『あいのり』スタッフたちは、直ちに別の企画を立ち上げるように指示を受けているようです。 しかし、その期限は6月末。 企画のメドが立たなければ、『あいのり』チームは解散。 すでに次の就職先を探しているスタッフも少なくないそうです」(前出・フジテレビ関係者) コロナとテラハ問題のダブルパンチ。 ラブワゴンが恋を運ぶところを、また見たいけれど……。 47 ID:koBc8T0U0. 17 ID:lPiksCU00. 00 ID:lrdWy14D0. 87 ID:KuoFsrYv0. 83 ID:q5DzHXXn0. 36 ID:OtD0U03B0. 00 ID:a7XzunvN0. 35 ID:t107iBal0. 55 ID:du4U6D920. 15 ID:PU4AfEjY0. 76 ID:b0p7ybY10. 65 ID:dJLZHIHH0. 28 ID:taTPG34P0. net ウジテレビも解散で問題ないやろ.

次の