両刃 カミソリ 替 刃。 深剃りなら両刃式カミソリ もう5枚刃には戻れない

エコできれいで経済的 ~ 両刃カミソリのシェービング

両刃 カミソリ 替 刃

複数枚の刃が固定されてカセット形式になっているタイプです 写真に写っているのは全て5枚刃仕様。 首振り機構や、刃の土台部分のクッション性など、肌への負担を減らす為のさまざまな工夫が施されています。 いま、カミソリと言えば、このカートリッジ式の方を指すのが一般的です。 替え刃の価格は高価で、5枚刃タイプともなると、1カートリッジあたり200円〜300円ほど。 ホルダーごとに指定された替え刃を選ぶ必要があり、他のメーカーの替え刃を流用することはもちろん不可能です。 頭部に両刃カミソリが格納されている仕組みです。 いまとなっては入手が少し難しい、昔ながらのタイプと言えます。 替え刃の価格は極めて安く、FEATHER社 日本 ブランドでも一枚あたり35円程度。 ダイソーのノーブランド品 韓国製 ならば一枚あたり10円 ! という、驚きのコストパフォーマンス。 なお、驚くべき事に、 両刃カミソリにはメーカーを超えての互換性があり、他のメーカーの刃でも使えます。 ドイツ製高級ホルダーにダイソーの安い刃を取り付けたり、逆に、ダイソーのホルダーにドイツ製の刃を取り付けたり、といった使い方が可能です。 今回選んだホルダーはこちら。 Feather フェザー の両刃カミソリ、その名も「Popular ポピュラー 」です。 替え刃2枚と、プラスチックのケース付き。 パッケージ裏面の。 メタルパーツが多用されており、そこそこ重量があります 35グラム。 カミソリはある程度の重量があった方が、その重みによって安定する事でブレが減り、剃りやすくなります。 ホルダーの柄を回転させる事で、開口部がパカッと開く仕組み。 ちなみに、柄の締め付け具合で刃先の角度を微調整する事が出来ます 好みの剃り味を選べる。 開口部が開いたら、手で刃を取り外せます。 まるで冗談かと思うほどの深剃りです。 剃り終えた肌を触ったときに、まるで歯磨き後の歯のように「キュッキュッ」と音が鳴ります 笑。 ヒゲ剃りした翌朝に洗顔したときに、まだ肌がツルツルで、たいへん驚きました。 しかし、扱いには熟練を要します。 刃にクッション性を持たせる仕組みが備わっていない為に、指先の力が極めてダイレクトに刃先に伝わります。 このため、力の加減が非常に難しく、習熟するまでは 流血必至です。 かなりの 集中力が要求されます。 逆に、クッション性が無いことのメリットもあります。 剃っている時の感触やチリチリ音がダイレクトにハッキリ聞こえる為、剃り具合を感触と耳で確認出来るのです。 満足いくまでどこまでも深剃りを追究出来る感じ。 …両刃カミソリを使ってみた事で、はじめてカートリッジ式カミソリの扱いやすさに気づきました。 カートリッジ式カミソリにはクッション性を持たせる仕組みが備わっており、また、刃が複数ある事によって力が分散される為に、なかなか流血沙汰には成りづらいのですが、一方、両刃カミソリは ちょっとした気の緩みで即・流血です。 まとめると、こんな感じです。 両刃カミソリのメリット• 深剃りを限界まで追究出来る• 替え刃の価格が安く、互換性があるのでどのメーカーの替え刃でも使える• 目詰まりがない 分解掃除が容易 両刃カミソリのデメリット• 流血の可能性が高く、扱いに集中力が必要• 剃るのに時間がかかる なにせ1枚刃なので、3枚刃や5枚刃のカートリッジ式より効率が悪い• ホットタオルで蒸すなどの下準備が必須 刃を当てる角度や力加減に集中する必要があるので、半分寝ぼけているような寝起き状態で使うのは厳しいかも知れません。 夜に風呂に浸かりながら時間をかけて完璧に剃りたい、そんな人に向いているのではないでしょうか。 舶来の高級ホルダーや、シェービングブラシなど、用具を集める喜びみたいなものもあるかも知れませんね。 フランスパンやクレープなどの切れ込み クープ を入れるのに、なんと、両刃カミソリが使われているようです。 切れ味が鋭い為に パン生地を潰す事なく切れ目を入れられるというわけで、パン自作派にとっては常識? なようですが、私は全く知りませんでした。 ホルダー 替え刃 このページで紹介した FEATHER社の「ポピュラー」.

次の

替刃の交換時期を1日でも長ーくしたい方法を考えた

両刃 カミソリ 替 刃

こんにちは、ゼロウェイスト研究家 こびのひびき( hibiki826)です。 いやぁ、ついに令和になりましたね。 新しい時代に突入したことですし、世の中にゼロウェイストを広めるべく発信を加速させていきたいと思います! さて。 突然ですがみなさん、ムダ毛処理ってどうされていますか? また、髭剃りにはどんなアイテムを使ってらっしゃいますか? \全身脱毛でツルツルです!/ \普通に電気シェーバー使ってます/ \見えるところだけ自分で処理してます/ \男は黙ってひげ脱毛/ \野放しですが何か?/ などなど、様々な声が聞こえてきそう。 私はというと、大学時代に少しだけサロンに通ったものの、費用的に全身脱毛は断念。 回数制プランにしたため中途半端にひょろひょろ生えてくるという現状です。 つらい…。 そのため、「そろそろ気になるな」と思った頃に自宅でセルフケアをしているのですが、ふと最近思ったんですよね。 果たしてこのカミソリは人生であと何回刃を交換することになるのだろうかと。 その回数と費用をざっと換算するとなんともバカらしい。 しかもそのたびにゴミが出るという虚しさ。 脱毛をするなり、なんとか方法を考えねばなと検索をしていて出会ったのが両刃カミソリです。 両刃カミソリの歴史は古く、1903年キング・C・ジレットが発売した世界初の替刃式カミソリが原型であるとされています。 薄型で強度がある鋭い両刃を再利用可能なハンドルに取り付けた安全カミソリは、発売後瞬く間に数百万枚以上の替刃の売り上げを達成したのだそう。 1世紀にも及んで愛されているなんて素晴らしいですよね。 ジレットさまさまです。 (より引用) T字カミソリが主流になる前は、ほとんどの男性がこの両刃カミソリを使用していました。 しかし、両刃カミソリは肌を傷つけやすいという理由から多くの男性は次第に安全カミソリに移行していったようです。 なぜなら時代は 脱ブラスチック、そして。 少しでも環境に負担をかけないようにと、世界では様々な商品が続々と生産されています。 両刃カミソリもそんな選択のうちの一つなんです。 そんな中、Instagramで衝撃的な出会いを果たしてしまったんですよね。 それがタイトルにも記載した「 」のカミソリです。 ずっと欲しいなと思っていたBAREAYAのカミソリ。 現在、商品リニューアルに伴いプレオーダー中なのでついに購入! なことはもちろん、オーガニックコットンのポーチ入りなので持ち歩きにも便利。 色も素敵!初めて見たときは「これがカミソリなの?!」と衝撃が走りました。 BAREAYAは、使い捨てカミソリに代わる持続可能な代替品を、現代の女性向けに提供するブランドです。 フランスのエコ擁護団体Marjorieが運営しており、2018年の末に設立されたばかり。 現在は香港を拠点としています。 BAREAYAの代表であるは、 毎年何十億もの使い捨てかみそりが埋め立て地に送られていることや、 両刃カミソリが伝統的に男性によってのみ使用されていることに疑問を持ち、完全にプラスチックフリーでありつつも、美しく機能的で、より多くの女性に一歩を踏み出すきっかけを与える製品を自らの手で作ることを決めたそうです。 なんてかっこいいんでしょう…! そして、素晴らしいのは商品だけではありません。 見てください、この梱包を! BAREAYAの商品は完全にプラスチックを含まずに出荷されるため、箱からテープまで、再利用、堆肥化またはすべてをリサイクルすることができるんです。 全てのプロダクトが本当に美しいですし、無駄がなく、とにかく想いにあふれているんですよね。 肌にも地球にも優しいBAREAYA。 その方が肌も傷つけません。 なければ石鹸を良く泡だてたもので大丈夫。 (ちなみにBAREAYAでは全て工房で手作りされているという天然成分のシェービングバーが入荷していました。 一気に剃るのは禁物。 短いストロークで、少しずつ剃っていきます。 最初は難しいですが、徐々に力加減や角度がつかめると思います。 皮膚もふやけて毛穴が開き、剃りやすくなりますよ。 毛の生えている方向に刃を滑らす。 剃りにくいところは反対の手で皮膚を伸ばすようにすると良し。 そこで、使ってみて感じたメリット・デメリットを思いつく限り率直に書き出してみます。 深剃りすることができるって素敵。 相場は10枚入り500円程度なのでランニングコストが圧倒的に安い。 ちなみにT字カミソリの替刃は一つ300円弱。 きちんとしたものを一度購入すればずっと使うことができちゃいます。 刃が多く付いているものって一度詰まるとお掃除がしにくいですよね。 時短を求めている方や、寝坊をして急いでいる時などには残念ながら向きません。 余裕がある時に使うようにしましょう。 肌が弱いという人は使用後のお手入れも念入りにしなければなりません。 ですが、初めて買うものには不安もありますよね。 そこで、私が実際に使って見た使用感も含め、予想される一般的な疑問や、公式ホームページに載っていたQ&Aをまとめてみました。 ぜひ参考にされてみてくださいね! Q. 性別関係なく使える? もちろんです! BAREAYAは女性のニーズを元に開発されたものだそうですが、男性にも是非ともこの使用感を味わってもらいたいもの。 刃で肌を切ってしまうことはないの? 商品画像を見ていただくとお分かりのとおり、シェーバーから出ている刃はごく一部だけ。 BAREAYAはクローズドコームバーと呼ばれる構造で、刃が肌に直接触れるのを防ぐため、適切に使えば切ることはまずないそう。 替え刃も一枚一枚紙に包まれているので、丁寧に取り出せば安全です。 また、かみそりの刃が正確にセットされていない場合や、替刃が古くなり切れ味が鈍くなった場合は肌を傷つけてしまう場合もあるのでお気を付けください。 カミソリの保管方法は? 使用後はすぐに分解しましょう!それぞれのパーツの水分と皮脂などの汚れを綺麗に拭き取り乾燥させたら、専用の袋や収納場所になおします。 保管はなるべく風通しの良いところにしましょうね! Q. ブレード(刃)の交換時期は? 公式ホームページには、剃り具合が鈍くなったなと感じた時に刃を変えましょうとありました。 通常5〜10程度が目安だそうですが、人によって異なるそうです。 使用後は常にすすぎ、刃とカミソリを乾かすことを忘れなければ数ヶ月〜半年くらいと寿命を最大限に引き伸ばすことができますよ! Q. かみそり本体はどれくらい長く使える? 嬉しいことにBAREAYAの両刃カミソリは良質な真鍮製。 真鍮は耐食性の強い金属のため、滅多に錆びたり腐食することはないそう。 リサイクルもとても簡単とのことで素晴らしい! ただし、水場に長期間置いたままにすると寿命が短くなる可能性があるとのことなので、保管方法で前述したように、使用後はきちんと水気を拭き取り、風通しの良い場所で保管しておくのが最善です。 つまりは きちんと注意して使いさえすれば一生のパートナーということ! Q. どのようにして刃を処分するの? 常識ですが、刃はそのままゴミ箱に捨ててはいけません!廃品回収の人などが処理をする過程で怪我をしてしまうことがないよう紙で包む他、瓶や缶など蓋のできるものにためておきましょう。 両刃タイプなどの全て金属の替刃は「金属類」の分別になることが多いようです。 金属類は、 自治体によって「燃えないゴミ」や「資源ゴミ」などにわかれるようなので、各自治体のホームページなどで確認してくださいね。 顔にも使えるの? 取り扱いに注意は必要ですが、もちろん使えます。 ただし、構造上どうしても刃の部分が見えにくいので、眉毛を整えるのには向きません。 「眉毛がなくなった!」なんてことがないよう、眉毛は専用のものを使ってくださいね。 T字カミソリの替刃が高いからとずっと使っていては、肌をボロボロにしてしまいますよね。 しかも市販の替刃は様々な材質のものが使われているため、きちんとリサイクルされないそうなんです。 環境と肌の両方に害を与える高値商品を買い続けることは全く意味がありません。 皆さんも、上質な道具を使って、ムダ毛処理という日常の行為をワンランク上の時間に変えてみてはいかがでしょうか。 最後に、BAREAYAのカミソリを購入した際に同封されていたリーフレットに乗っていた一文をご紹介します。 "At Bareaya, we believe that small choices can make a big difference. " 小さな選択が、大きな違いを生み出す。 間違いないですね。 みなさんも半永久的に使える両刃カミソリで、使い捨てを少しでも減らしてみませんか? ほんの小さな選択も、集まればきっと大きな変化を生み出せるはずだから。 世界に大幅な遅れを取っている日本にゼロウェイストのムーブメントを起こしたい! 現在の夢は、地球に優しい商品を集めた自分のお店を持つこと。 脳科学学習塾 RAKUTO箕面校 講師。 ---------- (写真=Pixabay).

次の

エコできれいで経済的 ~ 両刃カミソリのシェービング

両刃 カミソリ 替 刃

両刃カミソリの魅力として真っ先に挙げられるのは、なんと言っても「爽快な剃り心地」。 カートリッジ式のT字カミソリや電気シェーバーよりも、ツルツルに深剃りすることができます。 また「コストパフォーマンスの良さ」も見逃せません。 ホルダーを購入すれば、10枚入り500円程度の替刃を交換することで、長く愛用できます。 また互換性があり、ホルダーと異なるメーカーの替刃でも使用可能。 ホルダーを良いものにして、替刃は安価に…ということもできますよ。 そして多くの男性を虜にしているのが「機能美」です。 ホルダーはほとんどが金属製で、ズシリと重たい感触と輝く姿が魅力的。 時間をかけて丁寧に剃る必要がありますが、その手間も含めて上質な道具を使うことの楽しみになります。 髭剃りという日常の行為を、ワンランク上の時間に変えてみませんか? 理容店のような快適な剃り味の両刃カミソリホルダー。 全長約9cmと小ぶりなので、細かな部分もきれいに剃れそうです。 より大きなホルダーと併用しても良いですね。 販売元である日本利器工業は、1867年創業の大老舗メーカー。 資生堂などの製品も製造しており、 日本製のホルダーにこだわりたい方にもぴったりです。 ヘッドは観音開きタイプで、刃の取り替えも簡単。 このシルバーのほか、 ブラックシルバーとブロンズカラーも展開されています。 バスルームのインテリアや、他のヒゲ剃り用品とのコーディネートもできるのが嬉しいですね。 歴史ある日本メーカー製 1000円以下というリーズナブルさ!替刃も2枚付いてくる クロームメッキ仕上げの真鍮ボディで、存在感抜群 無駄のない美しいフォルム。 手抜きしてしまうと肌を傷つけたり、剃り残しを作ってしまったりする原因にもなるので、しっかり押さえておいてくださいね。 まず、剃る前に蒸しタオルでしっかり肌を湿らし、髭を柔らかくしておきましょう。 これによってグッと剃りやすくなります。 また実際に剃る際には、石鹸を泡立てるか、フォームタイプのシェービングクリームを使用してください。 そして刃の角度は30度をキープしましょう。 これらを守り、時間をかけて丁寧に剃れば、きっとツルツルの肌を手に入れられます。 少しだけ早起きして、贅沢なシェービングタイムを味わうのも良いものですよ。 なお、以下の記事では人気のシェービングフォームをご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

次の