アナグマ 盛岡。 アナグマってどんな動物?駆除が必要?アナグマの生態と被害まとめ|生活110番ニュース

飼育員にソワソワ ごはんを待つアナグマの圧がすごい

アナグマ 盛岡

9月4日、ツイッターに投稿されたある動物の動画が話題になっている。 それがこちら! 金網に手をかけ、愛くるしい瞳でこちらを見つめているのは、イタチ科の動物、ニホンアナグマ。 アナグマたちが次々に集まってくるこの動画が投稿されると、1週間で再生回数は245万回以上を達成。 投稿したのは、岩手県にある盛岡市動物公園の公式ツイッターだ。 動物園の来園者からは、次のような声が聞かれた。 女性A: ここの飼育員さんがSNSに発信したっていうので、(アナグマを)狙って来たんですけど。 男性A: 僕たちもあれ(アナグマの動画)を見て今日来たので。 女性B: 絶対に来なきゃなと思いました。 自分の目で同じ光景を見ようと、お客さんが続々と来園。 実は今、全国の9割の動物園や水族館が、動物の動画や写真を公式アカウントに投稿している。 (全国動物園・水族館129カ所へのアンケートより) さらに、そのうちの5割は来客数がアップしたとSNSの効果を実感しているという。 (全国動物園・水族館117カ所へのアンケートより) そこでめざましテレビの「ココ調」班は、動物の決定的瞬間がどのようにして撮影されているのかを全国で徹底調査!その撮影の裏側に迫った。 金網の前に集結!キュートすぎるアナグマ 「ココ調」班の藤井弘輝アナウンサーが最初に訪れたのは、あのアナグマの動画を投稿した岩手県の盛岡市動物公園。 アナグマの前には人だかりが!しかし… 藤井弘輝アナウンサー: 動画と大分印象が違うんですけれども…金網の前にいるどころか、寝ています… 投稿されていた映像とは対照的にほとんど動くことなく、中には眠っているアナグマもいた。 金網にくっつくあのかわいらしい姿は、どうやって撮影したのだろうか? アナグマ飼育担当 荒井雄大さん: 夕方に飼育係が近づくと、ご飯の時間だというのがわかってそわそわし始めて、あの行動が見られるんですね あのしぐさは、実はエサを求めて集まってきた決定的瞬間なのだという。 午後3時、運命のエサの時間がやってきた。 3台のカメラを使用し、藤井アナウンサーが実況でアナグマたちの様子を伝えることに。 藤井弘輝アナウンサー: おっと、奥から飼育員の方がバイクに乗って登場しました 藤井弘輝アナウンサー: すると、アナグマたちが一斉に檻の方へと顔をちょこんと覗かせています。 登っていくぞ登っていくぞ!すごい上に登っていく…もう間違いない、これはご飯の時間とわかったのか、あっという間に檻の左端に集まりました!アナグマがまさかの渋滞状態… あの動画と全く同じ「アナグマの壁」の完成! 「ごはんかな?」「早く~」という声が聞こえてきそうな光景に、この瞬間を待ち望んでいたお客さんたちも… 男性A: 動画で見るより迫力ありましたね(笑) 女性B: 見に来られてよかったです。 では、この動画を投稿したきっかけは何なのか? アナグマ飼育担当 荒井雄大さん: 飼育員は見慣れた光景でしたし、常連のお客さんもよく見てる光景だったんですけれど、通りがかったお客さんがすごく喜んで動画や写真を撮っていたので、改めてこんなに皆さんが喜ぶなら、動画を上げてみようかなと 人気の背景には、普段はあまり見ることができないアナグマの素早く動く瞬間を狙った動物園側の工夫があったのだ。 毒舌ツイート&動物たちとの仲睦まじい写真が話題 続いて訪ねたのは、高知県の桂浜水族館。 こちらの公式アカウントでは、マスコットキャラクターのおとどちゃんによる「お前ら人類、聞こえますか?桂浜水族館開館していますよ??45分経つのにノーゲストって人類が滅亡した以外に考えたくないんですけど?????」などの毒舌かつ自虐的な投稿が話題となっている。 さらに話題となっているのが… 男性B: こんなツイートなかなか上がらないですよ 女性C: 見てみたら、ほとんど魚と触れ合っている飼育員さん 女性D: 飼育員さんと生き物たちが愛にあふれている感じとか と、来園者たちが話す投稿がこちら! 顔を近づけて寄り添う飼育員と動物たち。 この仲睦まじい姿が愛くるしいと人気を呼んでいるのだ。 投稿の立て役者は、広報担当の森香央理さん。 このような写真を撮る秘訣は、1人で広報を担っている森さんの声のかけ方にあるようで… 広報担当 森香央理さん: 全力で愛し合ってください! あぁいいね~セクシー!すごいセクシ~ と、「 ドピンクください」と書かれたカンペを出す おとどちゃんと一緒に撮影現場の雰囲気を盛り上げていた。 そして、取材した日に投稿された写真がこちら! 飼育員の頬にキスをするトドとの愛のあふれる1枚。 これを見たユーザーからは、「尊すぎる…」「また行きます!!」と大好評。 決定的瞬間の裏側には、飼育員と動物との距離の近さと愛を映し出す工夫があった。 人気投稿を一挙公開 トド・アザラシ・トラが…!? ここで、いま動物園や水族館の公式アカウントで話題になっている投稿をご紹介! まずは、三重県の伊勢シーパラダイスで撮影された再生回数が約8000回を記録した映像。 体重が660kgを超えるセイウチのヒマワリちゃんの得意技を撮影したものだというが… ヒマワリちゃんの前に男性が立ち、飼育員の呼びかけで観客が「3・2・1!」とカウントすると… ヒマワリちゃんもカウントに合わせ左のひれを大きく振りかぶって、男性のお尻を目がけて 闘魂注入! そう!気合いの足りない男子にはビシッと一発、 喝をたたき込むのがヒマワリちゃんの得意技なのだ。 続いては、京都府の京都水族館。 再生回数75万回以上の動画がこちら。 まるで風船のように水に浮かんでいるのは、メスのゴマフアザラシ、ハマちゃん。 これはお昼寝の最中を捉えたもので、飼育員さんが通りすがりに偶然見つけた貴重な映像だという。 そして、栃木県の那須サファリパークが20万以上の「いいね」を獲得したのは… ベンガルトラのボルタくんが見せた しょんぼり顔! 大好きな池の水を掃除で抜かれた時に見せた奇跡の1枚だった。 地上最速のチーターを捉えろ!写真撮影に密着 最後に向かったのは、静岡県裾野市の富士サファリパーク。 話題となった投稿動画ではクマがお尻を左右に動かして頭を振り、まるでダンスをしているような動きを見せている。 実はこれは、かゆい背中を木でかいている姿なのだが、かわいらしいしぐさが注目を集め、今では80万回以上再生されている。 さらに話題になっているのが、動物たちの野性味あふれる瞬間を撮影した写真のクオリティーの高さだ。 撮影しているのは、広報担当の竹内大介さん。 カメラ経験はなかったが、多くのお客さんに魅力を伝えたいと独学で学び、必死に覚えたという。 撮影に同行させてもらうことになり、この日、写真の主役となる動物について聞いた。 広報担当 竹内大介さん: チーターが全力で走る。 そういった写真を撮ることができます。 一発勝負です。 最高時速約100kmのチーターが走っている瞬間を撮影するのは、サファリパークの中でも最も難しいという。 果たして、躍動感ある写真は撮れるのか? とそこへ、カメラを構える竹内さんの前にチーターが現れた。 ものすごい速さで走ってくるチーターをカメラに収めようと、車内にシャッターの音が響く。 チーターが走り去ると、「はぁ…」とため息をこぼしてうなだれてしまった竹内さん。 少し納得がいっていないようではあるが、渾身のベストショットがこちら! チーターが駆ける瞬間を見事に押さえた躍動感あふれる1枚。 ガッカリする必要のない十分に素晴らしい写真だ。 広報担当 竹内大介さん: 常に動物の(行動的な)姿をご紹介できるわけではないので、こういったSNSやホームページを通じて、動物の魅力をもっともっと伝えていきたいと思っています。 そしてこれは、富士サファリパークで飼育されているアムールトラが水浴びをする瞬間を捉えた写真。 開園直後の9時半頃にトラゾーンの池に向かうと、この写真のような姿を見られる可能性が高いという。 愛くるしい姿と表情で人々を癒やす動物たち。 SNSでお気に入りの投稿を見つけるのはもちろん、水族館や動物園へ実際に動物たちに会いに行ってみると、より一層楽しめそうだ。 (「めざましテレビ」『ココ調』9月11日放送分より) (「めざましテレビ」特設サイトでは、「今日のココ調」など人気コーナーのコンテンツが無料で楽しめます!).

次の

イノシシよりもおいしい? 隠れた人気ジビエ「アナグマ」の味とは

アナグマ 盛岡

アナグマ 食肉目 イタチ科 学 名 Meles 英 名 Badger 分布域 ヨーロッパからアジアの温帯域や日本の本州、四国、九州など 生息環境 主に森林地帯 体 長 44~80cm 程度 尾 長 11~20cm 程度 体 重 5~16kg 程度 アナグマはヨーロッパからアジアにかけての寒帯から温帯域に広く分布していて、国内では北海道を省く、本州・四国・九州に分布している。 平均した体格はヨーロッパのものがもっとも大きく、国内に分布するものはもっとも小さい。 しかし、いずれも体は頑丈で幅広く、全体にずんぐりとした感じがする。 尾は短くて、四肢も太くて短い。 また、四肢にはそれぞれに5本の指を持っているが、前足の爪はとても長い。 毛色は背側が灰褐色や褐色などで、腹部と四肢は黒っぽく、口先から目、耳にかけて暗い縞があり、その間は白っぽい。 一見してに似ているが、タヌキはに属しているが、アナグマはやなど同じに属していて、盲腸はない。 にも似た感じがするが、ハナグマはに属している。 山地から平野部の森林地帯、雑木林、草原、ステップなどに生息し、分布域が広い為、様々な環境に見られる。 主として夜行性の動物で、昼間は巣穴に潜んでいることが多い。 クランと呼ばれる5~6頭程の家族単位で生活し、巣穴は水はけのよい斜面などを利用して、地下2~3mのところにつくられ、乾燥した木の葉などで内部は清潔に保たれている。 大きいものでは長さが50mを超え、時には100m近くになるとも言われている。 入り口も複数設けられていて、幾世代にもわたる多数の集団で生活している。 この他にも単独でやつがいで生活するものの巣穴もあり、これらは家族で使うものよりは小さくて、ふつうは入り口もひとつだけである。 また、アナグマが使わなくなった巣穴をなどが利用することもある。 アナグマは主にミミズや昆虫類などを食べるが、カエルやトカゲ、ヘビなどのほか、モグラやなどの小動物、鳥類など、何でも食べる。 また、雑食性で、果実などの植物食も食べ、果物が豊富にある時期はその割合も多くなり、時にトウモロコシやライ麦畑などを荒らすこともある。 寒い地方に生息するアナグマは、のように冬に穴ごもりをし、大きな雄では秋には30~35kg程にもなる。 暖かい地方のものは冬でも活動するが、寒い時は寝ていることが多い。 アナグマは泳ぎもうまく、小さい時から飼うとよく慣れると言われているが、国内ではアナグマとタヌキの両方をムジナと呼び混同されることが多い。 また、アナグマの毛はあまり上質とは言えず、ブラシなどに使われるが、国内で俗にタヌキ汁と言われるものは、アナグマの肉を使ったものである。 行動範囲はさ地域環境や食糧事情などによって変わるが、平均で1~4k㎡と言われ、肛門腺や尾部下腺からの分泌液、尿などを樹木などにつけて縄張りを主張する。 分泌液を相手の体に擦り付けたりする習性もあるが、これは互いの識別やコミュニケーションの為と考えられている。 ヨーロッパに分布しているアナグマの繁殖期は周年見られ、特に決っていないが、多くは冬の終わりから夏にかけて行われる。 雌雄共に複数のものと交配すると考えられていて、雌はふつうは3~4子、多ければ6子を出産する。 また、受精卵には遅延着床がみられるため、妊娠期間は9~12ヶ月と長い。 生まれたばかりの子どもの体重は70~120g程で、目は開いていない。 ひと月程で目が見えるようになり、雌雄共に1年を過ぎる頃には性成熟すると考えられている。 野生でのは10~15年程度と考えられているが、短いものは6年程度とも言われている。 外敵はなどが挙げられるが、一番の外敵は人間で、害獣として駆除される他、狩猟の対象にもなっている。 アナグマは分布域や生息環境が広いこともあり、国際自然保護連合のレッドリストでは、現在のところ絶滅の恐れが少ないとされているが、地域によっては開発などによる生息地の減少が心配されている。 このほか、国内のニホンアナグマは1亜種とされているが、ヨーロッパアナグマは8亜種、アジアアナグマは5亜種が知られている。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の

フェンスに鈴なりでアピールするアナグマたち「圧がすご過ぎる」と話題

アナグマ 盛岡

「五感を通じて生物を知る」をモットーに各地で珍生物を捕獲しているライター。 生物の面白さを人々に伝え、深く学ぶきっかけとなる文章を書くことを目指す。 著書:「外来魚のレシピ〜捕って、さばいて、食ってみた〜」「深海魚のレシピ〜釣って、拾って、食ってみた〜」 ともに地人書館 「喰ったらヤバいいきもの」(主婦と生活社) 近年、「ジビエ」という言葉をよく耳にするようになった。 狩猟によって得られた鳥獣あるいはその肉を指す、フランス語である。 いずれも家畜の肉には無い、独特の野趣あふれる味を秘めているため、ハンターたのみならず一般の美食家からも広く注目を集めているのだ。 ところで、ジビエの代表的な獣といえば猪、鹿などであるが、さらにその上を行くと言われる隠れた人気ジビエが存在する。 アナグマである。 畑のそばに設置されたかご罠にかかったアナグマ そしてこの冬、近所に住む漁師がかご罠でこのアナグマを獲った。 解体を見学させてもらった上、なんと肉までお裾分けまでゲット!…まあ、初めからこの流れを期待していたのだが。 本記事ではその味をレポートする。 アナグマは雑食性で、かわいい顔をしていながら作物を荒らすこともしばしば。 この個体も獣害の深刻な畑のそばで獲られた。 エサは熟れすぎた果物だったそうだ。 アナグマはイタチ科に属す雑食性の獣である。 日本に生息するのはニホンアナグマ Meles anakuma で、北海道と南西諸島を除く各地に分布している。 イタチ科というと、スレンダーなイメージが強いがアナグマはかなりずんぐりむっくりした体型 短足なのはイタチと同じく で、可愛らしい印象を受ける。 すさまじい量・厚さの脂身! 皮を剥ぐと、肉一面を分厚い脂が覆っている。 ここまで脂が乗るものなのか。 「かわいい!」が「うまそう!」に変わる瞬間だ。 切り分けてもなお強烈に主張してくる脂身。 これを活かした料理に仕立てたい。 アナグマの肉。 鮮やかで深い赤。 というわけで、まずはモモ肉でコンフィを作ることにした。 低温でじっくりと火を通す。 脂身をフライパンで加熱する 黄金色の油が取れた この油と下味をつけた身をジップロックに封入し、低温でじっくりと調理。 アナグマのコンフィ。 独特な脂の甘みは牛や豚では楽しめない味。 タヌキのように臭みがあるのではと心配だったが、しっかり血抜きがなされていたためか、そういったクセはほとんど無い。 脂のやさしい甘みが口に広がる。 なるほど、これは美味い。 抜群だ。 こうした獣肉を食べ慣れていない人でも、抵抗無く楽しめる味である。 とはいえ、牛や豚では代えのきかない味であることはたしか。 すべてはやはりこの良質な脂がキーとなっているのだろう。 一点気になるのは肉の固さ。 市販の畜肉と比べるとかなり歯ごたえがある。 低温調理のコンフィならまだ気にならないのだが、焼肉やグリルで食べるとかなり顎が疲れる。 素人の処理だからというのも理由の一つだろうが。 ではこの歯ごたえを考慮した上でもう一品、シチューを作ってみよう。 作り方は概ねビーフシチューに倣う。 ただ、煮込むほどに尋常でない量の脂が溶け出して浮いてくるので、まめに取り除く必要がある。 煮込むほどに、大量の油がどんどん浮いてくる。 めんどくさがって、あるいは甘い脂を惜しんでこの工程を怠ると、一皿食べきる前に非常にヘヴィーな胃もたれに見舞われることとなる。 アナグマの濃厚なうまみが溶け込んだシチューは、言うまでもなく絶品。 じっくり煮込まれ、程よく脂が落ちたアナグマ肉は口の中でホロホロと繊維に沿ってほぐれる。 まあ、柔らかさでは牛肉にはかなわないのだが、この歯ごたえもいわゆる「野趣」というやつなのだろう。 そもそも、アナグマはジビエの本場、フランスでは名の知れた食材である。 最近では東京にもアナグマ料理を供する店があるそうだ。 こうした事実もアナグマの美味さを裏付けるものだろう。 狩猟免許を持っている方や、これから取得しようと考えている方は、いつかアナグマを狙ってみてほしい。 ハンティングには無縁という方も、ジビエ料理店などのメニューにこの獣の名前を見かけたら、ぜひ試してみてほしいものだ。 8月の初旬の週末、僕は対馬へ渡った。 大陸と九州の中間に位置するこの島ならでは生物たちを求めて。 その数多ある固有種のひとつが本日紹介する「ツシマカブリモドキ Damaster fruhstorfer・・・• 日本最後の秘境、小笠原。 亜熱帯気候と黒潮が生み出す雄大な自然は、陸海を問わず様々な動植物を育む。 しかしその懐深さは、時として招かれざる存在をも許容し、繁栄させてしまうことがある。 たとえば、この緑色・・・• ある日、魚好きの友人から「漁師さんに変なエイを貰った。 正体を知りたい。 とりあえず渡すから、同定できたら好きにしていいよ。 」という連絡が入った。 エイか。 エイは好きだ。 獲るのも見るのも食べるのも。 喜んで・・・• 大阪 神崎川。 この大阪府北部を流れる淀川水系の一級河川で2017年6月にとある情報番組の撮影が行われた。 昨年から何度か現地調査を行う過程で複数匹の個体を目撃したり、実際に釣り上げたと言う方のお話も・・・• アカエイ科のエイの仲間には実に多くの仲間がいる。 どのエイもそれぞれ身体のベースは似ていても、それぞれそのエイしかない特徴がある。 私はまだ見ぬエイを求め、伊豆七島は新島に渡った。 玄関口の横に広がるビ・・・• 東南アジアの干潟に生息する巨大なトビハゼ「ジャイアントマッドスキッパー」。 生態、容貌ともに奇天烈きわまるこの魚を「獲ろう!」と思い立ったきっかけはこの記事である。 半澤聖也「東南アジアの巨大トビハゼ・・・.

次の