おぐら チェーン。 【チキン南蛮】宮崎名物「おぐら」さんのチキン南蛮の弁当を食べてみたら、予想以上だった…

おぐらチェーンたくみ

おぐら チェーン

チキン南蛮が有名ですが、ほかにもちゃんぽんなどを含めいろんなメニューがありました。 土曜日の開店前20分ほど行きましたが結構な行列。 でも次々と席に案内していただけ、私は一人でしたが4人用ボックス席に案内してもらえました。 店員さんたちも慣れた様子でとても捌けていました。 もちろんチキン南蛮を注文しましたが、シンプルな見た目よりも、食べ進めるほどにボリュームを感じ、完食した時にはもうお腹がはちきれそうでした。 甘酢とタルタルソースの加減が優しくて美味しかったです。 ここに来るときはお腹ペコペコにしていった方がいいです。 行った時期:2018年3月24日• 混雑具合:やや混んでいた• 滞在時間:1時間未満• 投稿日:2018年6月24日 宮崎名物といって真っ先に頭に浮かぶのは、やっぱりチキン南蛮ですかね。 宮崎〜鹿児島をひとり旅した際、チキン南蛮の有名な店を検索したところ、おぐらがヒットしました。 まず最初におぐらの本店に行ったのですが、お昼の時間内の14時でしたが、材料がなくなったとのことで食べられませんでした。 でも、せっかく来たのだから、あきらめ切れず、スマホで検索したところ、近くにおぐらの瀬頭店があることがわかり、急いで向かいました。 こちらは市内の中心から離れたロードサイドにあることもあり、駐車場がたくさんあります。 早速チキン南蛮を注文しましたが、メニューを見ると、私たちの一般的なチキン南蛮とはイメージが異なり、ソースが卵たっぷりでぽってりしたタルタルソースではなく、さらっとしたタイプのようです。 お肉は胸肉ですが、パサパサ感はなく、かなり大きめでびっくりしましたが、飽きずに結構サラッと食べられました。 地元の方は、こんなのを当たり前のように食べられるんですね。 お値段は1000円くらいとそれほど高くはなく、かなり印象に残りました。 また宮崎を訪れたら、是非食べたい味です。 行った時期:2017年9月10日• 混雑具合:普通• 滞在時間:1時間未満• 投稿日:2017年12月16日.

次の

おぐら 瀬頭店

おぐら チェーン

山形屋の路地裏にある、チキン南蛮発祥のお店「味のおぐらチェーン」の本店。 感動のお店でした。 こんなにおいしいチキン南蛮は初めて。 予想とは違い、胸のチキン南蛮でしたが、胸なのにすごくジューシー。 タルタルソースは、酸味はあまり無く、ジューシーな鶏に負けない、コクたっぷりのクリーミーなソース。 幸せなチキン南蛮です。 一緒にトンカツを注文しましたが、これもまた絶品。 トンカツというよりカツレツっぽいフォルムでしたが、 薄めのトンカツをフォークとナイフで食べる、 まったく違うおいしさがありました。 店内は古きよき洋食屋さん。 少し年配目なウェイトレスさんが、サーブしてくれます。 こういうお店もまた、「外食」の良さを演出してくれますよね。 本当に素敵なお店でした。 コメント 0 いいね 13• 行きたい 6• kenta. yさんの行ったお店•

次の

【味のおぐらチェーン おぐら 瀬頭店】宮崎・青島・日南・洋食全般

おぐら チェーン

とにかくフニャフニャ動いて座り姿勢が定まらない!• 不定形・不安定なので、座るのにも立つのにも、変な体力を使う!• 座っているうちに形が変わって、前傾姿勢に…お腹が圧迫されて気持ちが悪い!• かといって、背中を伸ばすとすごく横柄な感じに!• とにかく食べにくい! この「ビーズクッション」のおかげで、せっかくの美味しい料理が全然楽しめませんでした。 しかも、前述したように「CAFEスタイル(?)」なので、何度も立ったり座ったりしなければなりません。 このシステムとビーズクッションとの相性が最悪。 立ちにくい 座りにくい でも、システム上何度も立たなくちゃいけない もうイライラしっぱなしでした。 ちなみにこのビーズクッション、やたらでかいので横に退けておくこともできません。 だから、小さい子のために椅子はあっても使いにくい。 さらにぼくの座った位置は座敷の端っこだったので、ビーズクッションが通路に溢れ出して他の人への迷惑度アップ。 かといって、フニャフニャなので座敷内に収めることもできず…居心地悪っ!! それから、巨大なビーズクッションのおかげで掃除ができないのか…座敷の床に色々と溢れていて、とても清潔とは思えませんでした。 座敷のテーブル狭い!発注ミスを疑うレベル!.

次の