ウォー ゾーン 強 武器。 COD WARZONEのロードアウトを究める。

【CoD:Warzone初心者講座】初心者が覚えるべき基礎を全て解説!|ウォーゾーン

ウォー ゾーン 強 武器

リリース初日でプレイ人口600万人を突破したCoD:WARZONE。 プレイに没頭し、やり込み続けて最高の銃を探しているプレイヤーも多いと思います。 そこで今回はバトロワ内で評価の高い武器を10種類紹介。 海外ではバトロワでの各武器のデータが検証されており、WARZONEで有効な武器がまとめられました。 バトロワではアーマープレートが存在するのでDPS 瞬間火力 の高さが重要視されますが、M4A1の458ソーコム弾などDPSが高くても装弾数が10発なので継戦能力に難がある武器は除外しています。 ロードアウトのオーバーキル+盾も強力ですが今回は除外。 また距離による補正もあり、DPSが高くとも適正距離でなければ効果を発揮できません。 戦闘するエリアにも影響されるのでDPSは基準の1つとして選びましょう。 海外勢は使用するロードアウト構成について AX-50 先に言うとバトロワでのSRとマークスマンのカテゴリーはどれを使っても強いです。 HDRでも良いけどAX-50はわずかに動作が早いのでこちらを選択。 SRの優先順位は高いので見つけたら何でもとっておくのがベスト。 R9-0 2連装ポンプ式ショットガン。 R9-0の特徴はアーマー3枚相手でも最大火力を叩き込めれば2発でダウンを奪える事。 SGなので距離が空いたらどうしようもないけど、出会い頭や室内戦では無敵の強さ。 装弾数も充分なので制圧能力も高め。 3発以上になったらORIGIN12のほうがTTKは良いのでこちらも好みで。 M4A1 高レートと反動制御しやすい万能AR。 マルチでは大人気のM4A1。 取り回しの軽さや反動制御のしやすさで扱いやすさの面では優秀。 拡張マガジンで60発になるのも〇。 DPSの面では平凡で、似た性能を持つRAM7の方が火力が高いのでバトロワでは大人しめの性能になっています。 しかし安定感の高さは変わらずなので迷ったらコレ。 MP5 高威力なSMG。 こちらもマルチで大人気のMP5。 近距離の安定した強さ、拡張マガジンで45発の装弾数など堅実なSMGです。 反動は強め。 DPSは高めで近距離の頼れる相棒ですが、室内戦はショットガンの餌食になりやすいので立ち回りに注意。 MP7 近距離DPSではMP5に劣りますが、高レートでありながら反動制御がしやすく中距離はMP7の方が得意。 装弾数も拡張マガジンで60発になるので、45発のMP5より有利。 バトロワではMP5よりMP7の方が適している部分が多いです。 kilo 平均的で平凡なAR。 M4A1より一回り遅いレートなのでDPSが低いですが、拡張マガジンで100発になるのが最大の魅力。 LMGと違いリロード速度も速いので継戦能力はトップクラス。 反動制御もしやすく安定感に特化した銃。 PKM レート・威力・装弾数と三拍子揃っているLMG。 威力ならMG34の方が優れていますが、PKMは拡張マガジンで200発もの装弾数になります。 更に胴体に当てた場合のDPSも優秀で、攻撃面にかけてはバトロワトップクラスの性能。 まさにモンスター。 LMGは移動速度・ADS速度・リロード速度が劣悪なので取り扱いには注意です。 FAL セミオート系AR。 単発式なので指切り射撃が必要。 FALは胸上と頭のボーナスに優れているので、狙えた場合アーマー3枚の相手でも5発でダウンさせられる高火力が特徴です。 中距離だけでなく遠距離での狙撃にも適していたり、優秀な銃。 しかしセミオートなので狙いづらく、クセが強いので使う人を選ぶ銃でもあります。 AUG 5. 56 5. 56弾を装着しAR化したAUG。 この銃はARとSMGの中でトップのDPSを持っています M4ソーコム弾除く。 56弾は60ラウンドドラムマガジンも有るので装弾数もバッチリ。 攻撃性能は充分でありながらSMGのハンドリングなので、最もバトロワに適していると評価されています。 RAM7 M4A1の発射レートを一回り早くしたAR。 反動もM4A1に似ているので制御しやすく、火力が強化されたような銃。 取り回しはM4A1、火力はRAM7で好みを決めても良いかも。 拡張マガジンは50発なので装弾数も不安は少ないです。 おすすめロードアウトについて 武器レベルの効率的な上げ方 PARKの性能について 降下地点の選び方 初心者向けの基礎講座 おすすめの設定方法のやり方.

次の

【COD WARZONE 強武器】知らないと損!? おすすめの強武器を解説します!【ぐっぴー / Rush Gaming 】【 COD バトロワ 】4k60fps

ウォー ゾーン 強 武器

まずやるべき設定の変更 まず設定を変更しましょう。 オフにしないとやりづらい設定がいくつかあります。 必ず設定を変更しなければいけものを簡単にまとめました。 より細かい説明や他の設定箇所はに書いてあります。 落ちてるアイテムを一回押すだけで拾えるようになります。 (デフォルトは長押し) フィルム粒子 ここは0が安定。 増やすほど画面がザラザラします。 ワールドモーションブラー オンにすると視点を動かした時に景色がブレる。 リアリティは増しますがオフの方が見やすくなります。 ウェポンモーションブラー ワールドモーションブラーの武器版。 動いてるときに武器がブレる。 オフを推奨。 ミニマップ形状 スクエアに変更。 ミニマップの見える範囲が広がる。 タクティカルダッシュ L3(ダッシュボタン)を2回早く押すことでより速いダッシュができる。 1回使ったら少しの間使えない時間が発生します。 初心者には少し難しいですがタクティカルダッシュからジャンプすると飛距離が伸び、飛び出して撃つ時に使うと強いです。 武器マウント 壁際や窓でL2を押しながらR3(近接攻撃)を押すと銃を固定できます。 撃つときの反動が大きく減り、壁際で使うと頭だけ出すので弾が当たりづらくなります。 ロードアウトについて バトロワ中のショップにある8500$で購入できる『ロードアウトドロップマーカー』でロードアウトを使用できます。 8500$は結構高いけど、3人の装備したい武器とパークが手に入るので割と優先して購入していく。 (使いたい武器のレベル上げてアタッチメントを解放していける) パーク(常に発動してる能力)はとても強いですがパークもロードアウトドロップでしか装備出来ないので3人でお金を出し合って買うのがおすすめです。 おすすめパークはで紹介してます! ウォーゾーンの立ち回り方 ウォーゾーン(バトロワ)の立ち回りについて説明します。 立ち回りさえ良ければいくらでも有利な状況を作れので特にここは重要です。 MAPを見る CODシリーズではMAPを見るのがめちゃめちゃ重要です。 銃声がなればそこに赤点として敵の位置が表示されます。 戦闘中も意識してMAPを見るようにすると敵の位置を把握しながら戦えます。 逆に自分が撃てば敵に居場所ばれるということも頭にいれてください。 足音を聞く 近距離の場合は足音で敵の位置を判断します。 特に止まってしゃがんだり伏せて敵を待つと強い。 ただ、味方の足音も敵と同じくらい大きいので聞き分けるのが大変です。 体の右か左を敵のいそうな方向にむけると聞き分けやすくなります。 基本は高所が有利 どのFPSでもそうですが高所にいる方が視界が広がるし、撃ち合いも有利になりやすいです。 例として建物に入ったら二階にいるより屋上に登れないか探してみたり、敵が近いと思ったら階段の上で待つと有利に立ち回れたり。 意識して行動すると自然と出来るようになります。 序盤の立ち回り(漁夫の利) 初心者のうちは名前のない家に降りるのがおすすめ。 敵がいなさそう場所で装備を整えたら名前が付いてる町に移動。 (近くにショップがあったらアーマーを買う) なるべく銃声のするとこに行き戦闘が終わったタイミングで交戦すると勝ちやすくなります。 (これがいわゆる漁夫) 序盤はこんな感じでお金や武器を集めましょう! 落ちてる武器で強いのは? 近距離武器はMP7が反動も少なく40発入ってるのでよく落ちている武器の中なら使いやすいと思います。 アサルトライフルはどれもあんまり変わらないので1本持っておけば問題ないです。 重要なのは適した距離で武器を使うことです。 基本的にはアサルトライフルを持って建物の中や近距離で戦いそうならサブマシンガンなどに持ち変える癖を付けておけば問題ない。 終盤の立ち回り 終盤は常に範囲際で行動するのを心がけます。 理由は後ろから敵に襲われないようにするためと後ろを警戒する必要がなくなるからです。 あとは建物から建物に移動すること。 建物に入らなくても大きな遮蔽物になるので大きく生存率が上がります。 常にアーマーは補充した方がいいです。 後半にUAVを3人持ってるのが理想。 (1人空爆系でもいい) レベルを上げるべき武器とレベルの上げ方 迷ったらM4A1とMP5 どちらも使いやすく強い。 プロの使用率も高いのでこの2つを上げておけば問題なし。 ロードアウトが使えてリスポーン可能なモードなので、気軽に出来て最初はこっちで遊んでみるのもいいかもしれません。 さらに効率のいいレベル上げは下の記事からどうぞ。 まとめ この記事を読んだだけでもウォーゾーンの理解が深まり数ランクレベルアップ出来てると思います。 他にもウォーゾーン関連の記事を書いているのでより詳しいことが知りたいと思ってくれた方は是非読んでみて下さい。

次の

【CoD:Warzone】Shroud(シュラウド)の設定・使用デバイスまとめ【コールオブデューティ ウォーゾーン】|プロうま

ウォー ゾーン 強 武器

857 Vauvan Ash 65 17. 75 Equinox陽 VauvanP VoltP Ember 125 29. 705 Octavia AshP 150 66. 666 Oberon Nezha 175 36. 631 Saryn Rhino 190 38. 612 Inaros 200 40. 599 Excalibur 225 42. 571 OberonP SarynP Wukong RhinoP 275 47. 500 Chroma 350 53. 400 Equinox陰 Nidus Valkyr 600 66. 333 ValkyrP 700 70. 449 Rhino 399 57. 429 Frost 630 67. 240 Valkyr 1260 80. 192 ValkyrP 1470 83. 象徴とされる4番アビリティのExalted Bladeは近接攻撃モードに移行し斬撃を飛ばすことができます。 このアビリティが全てを切り刻むため殲滅力が非常に高くなっています。 2番アビリティのRadial Blindは、高範囲に目くらましをする閃光を放ち敵を一定時間行動不能にします。 この目くらまし状態中に近接攻撃をするとステルスフィニッシャーとなり大ダメージ 最大7倍 を与えることができます。 4番の飛んでいく光刃も近接攻撃なため7倍ダメージが入り非常に強力なコンボとなります。 防衛対象や味方を守るときに目くらましで時間稼ぎができるため、どんな状況でも非常に強力な武器となります。 攻防一体なためどんなミッションでも対応でき、エンドコンテンツでも活躍できるスペックを備えています。 ステルスフィニッシャーは敵に気づかれていない状態のことを示します。 目くらまし状態の場合は強制的にステルスフィニッシャー待機状態になります。 また、近接攻撃する武器 アビリティの場合はフレーム のランク依存で攻撃倍率が変動します。 初心者御用達と言われるほどゲーム入門には適した能力を持っています。 象徴のアビリティは2番のIronSkinで、一定ダメージを無効化し状態異常にならないというバリアが張れます。 また3番のRoarで周囲の味方の火力を上げたり、4番のStompで敵を一時的に行動不能にしたりできます。 このアビリティのため生存能力がずば抜けて高いフレームになっています。 ミッションを選ばず低レベルから超高レベルのエンドコンテンツまで使える汎用性の高いフレームです。 象徴となるアビリティは3番のSnow Globeです。 これは球形の氷の膜を張り外側からの飛び道具を防ぐことができます。 採掘ミッションや防衛ミッションなどでは大活躍します。 また4番のAvalancheは高範囲攻撃し、凍結させて行動不能になり防御力が下がる状態異常を付与します。 他にも1番アビリティは小範囲を凍結させるビームを撃ち、当たった敵を行動不能にします。 このフレームはどのミッションでも汎用で使え、超高レベルミッションでも活躍できます。 爆発は範囲攻撃となり当たった敵はラグドール化する。 リロード速度が遅い点には注意。 生産の要求プラスチドも多いのがネック。 ラグドールとは"ぬいぐるみ"のこと。 キャラクターモデルが重力に逆らわず間接部でぐねぐね色んな方向に動いたりすることをいう。 通常、モデルのモーションは決められているが、気絶や死体となったキャラクターの間接部の動きを物理演算しつづけることで動きを制御し見せる手法である。 射出時の音が無いため敵に気づかれにくい。 またスローイングダガー系は初期極性がrrなためダメージ系modも刺しやすくダメージを伸ばしやすい。 ただし、総弾数の少なさに注意。 そのため変更箇所を追記。 0mの効果が備わっている。 また、コンボカウンターは射撃のヒットがない場合は一定時間が経過後徐々に減っていくようになった。 コンボ持続時間は2秒、Lankaのみ6秒。 以前は一定時間でコンボ0に戻った スナイパーライフルのズーム射撃のコンボは貫通した弾が当たった場合やマルチショットをした場合にその分加算されるため非常に強力となる。 マルチショット弾が外れるとコンボボーナスがマイナスされてしまうため注意。 2発外れたとしても1回の射撃では-1しかされない 武器によりズーム倍率の効果が異なる。 衝撃属性のためダメージが通りづらいと思うかもしれないが、マガジン数と発射速度、リロード速度とバランスがいいため取り回しがしやすい。 チャージ式と弾速があるため使いづらいように見えるかもしれないがそこまでネックにならない。 また、弾が5m貫通しリロードも早いため実際は使いやすい部類に入る。 発射速度をmodで強化すれば非常に使いやすく固まっている敵に対して非常に効果を発揮する。 また属性が電気なため属性操作がしやすいのもよい。 最大チャージ時のみ1mの弾貫通効果がつく。 初期極性もrrなため非常に強い。 クリティカル率とクリティカルダメージを上げればとても強力になりレッドクリティカルも狙えるようになる。 高ダメージになりやすいため、切断状態異常が強く、装甲値持ちの敵に非常に有効。 ただし設計図はStalkerのドロップ入手なため任意では手に入らないことに注意。 しかしドロップ率が高いためいつの間にか入手していることが多く作りやすい武器でもある。 入手にはMR12いることだけがネック。 初期極性がr-rととても優秀。 またクリティカル率と状態異常率のバランスがいいため取り回しがしやすい。 弓が苦手な人にもおすすめ。 シンジケート効果でエネルギー回復でき、感染状態異常 ヘルス半減 がばらまけるため敵が倒しやすくなる。 初期極性が-rとダメージが伸ばしやすい。 そこそこ高いクリティカル率に加え貫通属性なため装甲値持ちに効果的。 ただし強化する場合はフォーマが大量に必要なため注意。 コストと見合ってるかは微妙。 クリティカル率と状態異常がほどよく取り回しもよく使いやすいピストル。 クリティカル率と状態異常が通常版より高くマガジン数も4追加されている。 シンジケート効果でヘルス回復もでき、範囲攻撃でよろけさせることもできるためサブで仕込むには十分な性能を持っている。 リコイルが強いが高いクリティカル率と状態異常率に加え貫通属性なため高レベルの装甲値持ちに非常に効果的。

次の