モンタージュ 漫画。 モンタージュとは

モンタージュとは

モンタージュ 漫画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 総合的画力は高いと思われる。 軍艦島を扱った部分がスパイスとなっていた。 主人公が誰も信じられないところから始まる導入が良い。 モンタージュと言うタイトルが、事件に関わる悲しい登場人物たちの実態 実生活 のなさを思わせ、緊張感と悲壮感を感じさせる。 【悪い点】 漫画として面白くない。 リアリズムの世界でありながら、リアリティーが全くない。 創作されたストーリーを追いかけ、作家自らが終始つじつまを合わせる展開が印象として強かった。 複雑な人間関係を描く為に描写は常に説明的なっているにも関わらず、リアリティーのある魅力的な人物が描けていないので結局何も面白味がなく、結果的にストーリーすらドラマチックに入って来ない。 特に女性に対する認識が浅く、全く豊かに描けていない。 主人公がただただ悲劇的で、読んでいてストレス。 時代背景とは別に、センスが古い。 取材で補えない部分が全て浅く、著しい創作力不足を感じた。 愛や人生の価値観がテーマなのは分かるが、色々とご都合が良すぎて全く伝わって来ない。 【総合評価】 本当につまらなかった。 つまらない推理小説を義務感で最後まで読んでしまった時と同じ感覚。 『嫌い』ではなく、酷く『つまらない』。 肝心なところが浅はかで極めて雑。 強いて言えば『まあまあ』と言う最低評価。 画力もそれなりに高く、事件を扱ったストーリーは良いのに全く楽しめないのが不思議。 多くのファンも居られるだろうし、最後まで読んでその意味も理解出来るが、私の評価は10段階で3点止まりである。 日本犯罪史上もっとも有名といっても過言ではない「三億円事件」を題材にしたサスペンス。 私が生まれるよりもずっと前に時効を迎えていながら現在もドラマなどで題材になることも多く 日本人ならばこの設定だけで少なからず興味が沸いてしまうでしょう 【良い点】 ・題材の扱い方 三億円事件を題材にした作品はそれなりに多くて 未解決事件なだけに作品ごとに異なる展開と事件の裏側がどう創作されるかが見所になるのですが 本作はそこにきちんとオリジナリティがあり、安易に扱ってはいません 【悪い点】 ・少し長い 全19巻。 近年の漫画は長期連載の傾向が強いため単純には長いと言いにくいのですが 緊迫感こそが大事なサスペンスには長いです。 初期の緊張感がすさまじかっただけに それを維持できていたとはいえませんでした 主に沖縄編 【総合評価】 間違いなくおもしろいんですが、あと一歩の構成力が圧倒的に足りていません。 入り組んだ複雑な事件模様なものの、登場人物たちは信念に基づいて一貫した行動をとっていました。 確かに練ったストーリーは組めています しかし構成が「出来ている」だけで「上手」ではないんですよね。 というのも連載では定期的にインパクトのあるヒキが必要になってきますが、そちらの演出を重視しているため 物語の細部に丁寧さが感じられず そこまで期待してしまうのは良く出来ている証明でもありますが 全体を通してみると筋こそ通っていても雑な部分も多く、特にヤマトの最後の決断は、、、うーん。 難解です 漫画でサスペンスはやはりテンションを維持するのが難しいな。 と再認識させられた作品ですね。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

モンタージュ三億円事件奇譚(漫画)の結末のネタバレ!

モンタージュ 漫画

モンタージュ三億円事件奇譚とは? モンタージュ三億円事件奇譚とは、渡辺潤先生の作品です。 大規模な捜査が行われたが、7年後に時効を迎えました……。 そして時は流れ現代。 1人の少年が瀕死の老刑事に「おまえの父親は、三億円事件の犯人だ」と告げられます。 運命の輪に巻き込まれた少年は、三億円事件の謎を明らかにできるのか…? 列島縦断クライムサスペンスが今始まります。 そんなこの作品は、サスペンス好きにはたまらない作品となっており、ストーリーものが好きな人にもおすすめの作品となっております。 ある日老刑事に告げられた一言により、その後の人生を大きく狂わされることになるのですが・・・? ・ 雄大・・・大和の実の父親であり、あの三億円事件の主犯格であった男です。 院内では、カミナリ族の噂で持ちきりだったようです。 怖いね、という和子に、自分たちには関係ないさ、という雄大。 場面は変わって、雄大と和子がお祝いされています。 そこにいたのは望月と響子。 四人はとても楽しそうに話しています。 保と連絡を取りたい、と言っている雄大に、最近保はカミナリ族と絡み出している、と心配そうに話す望月。 一方、時は進み、和子のお腹はどんどん大きくなりました。 しかし、町のカミナリ族の抗争に巻き込まれてしまった和子は、お腹の子を産んで死亡してしまいます。 そのことで雄大は並々ならぬ想いを抱えます。 道行く人々を睨みつけて歩く大和。 当時巡査部長だった沢田は、大和に謝っています。 和子にぶつかった捜査員かカミナリ族のどちらかを特定することもできなかったと言います。 仕方ないさ、という雄大。 その雄大の瞳には、復讐の炎が灯っていました。 沢田は何かを雄大と話すと、少し時間をくれ、とその場を去ります。 後日雄大とカフェで再会した沢田は、雄大の希望を叶えることができるぞ、といいます。 そうして、現金輸送車を強奪することが決まります。 沢田いわく、これは警察も容認したようでした。 一体なぜ容認したのか、それは、過激派を一斉に淘汰するためということでした。 これは正義だ、という沢田。 沢田は雄大、望月、響子、保と協力してこの計画を実行することにします。 こうして、計画に向けて準備するメンバーたち。 準備が進む中、沢田は課長の須黒と話しています。 事件を終えたら関係者は殺せと言われる沢田。 その言葉にショックを受ける沢田でした。 そうしていよいよ計画当日になりました。 沢田は雄大に引き返すなら今だ、と言います。 そう、沢田は自分の手で仲間たちを殺したくないのです。 しかし、雄大はそんな沢田を見て何かを思うも、いまさら引き返せない、というのでした。 そうして別々の場所へと移動する彼ら。 雄大は計画を実行しながら「無意味なこともわかってる、ぼくはただ小さな幸せを求めていただけ、だけどそれはもう叶わない…」と考えています。 僕の人生は今日で終わりだ、と決め、白バイ隊員の格好に身を包む雄大。 そうして金を奪い、小屋へと避難する雄大と望月。 事前に沢田から言われていた通り、小屋で待機しているとそこに須黒と沢田がやってきます。 銃を向けられる雄大と望月。 「私が今回の件をすべて取り仕切っている須黒だ。 あとは、君たちさえ完全に消えてくれれば、この一帯の、いや、日本の治安は守られるといっていいだろう。 尽力に感謝するよ。 」という須黒。 「騙したのか!沢田さんよぉ~!!!」という望月。 沢田は望月を撃ちます。 撃たれ、倒れる望月。 「死ぬのは俺だけでよかったんだぁ!!!」と叫ぶ雄大。 沢田は雄大を撃ちます。 何発も撃った結果、須黒は満足して帰ります。 後に目を覚ます雄大。 望月は撃たれ、わずかに息はしていますが、ここのままでは助からないと言います。 「すまなかった…。 望月を撃つつもりはなかった…。 」という沢田。 雄大はとてもショックを受けますが、このお金は貰ってもいいよね、といいます。 そうして闇医者を探し、望月を治療させる、と言います。 もう会うことはないね、といって沢田と離れる雄大。 雄大はその後整形し、戸籍を買って鳴海と名乗るようになったのでした。 「そして剣道の師範として息子のいる施設に出入りし、近くで見守る生活をおこなった」と言う現在の雄大。 「三億円事件のことはよくわかったよ」という大和。 「次は母さんのことを教えて。 」という大和。 大和の母、恵里との出会いを語る雄大。 40代を越えての出産、その無理がたたって、恵里は大和を産んで死亡してしまいました。 話を聞けてよかった、といって大和は自分の首にカッターナイフを当てます。 迷うことなくカッターナイフで自分の首を切る大和。 慌てて止めに入る雄大でしたが、その手はもう遅かったのでした。 さらに、雄大は血を吐き出します。 「し、死ぬのは俺だけでよかったんだ!」と、雄大はあの時のセリフをまた言いました。 「俺幸せだよ」という大和。 そして・・・。 この後衝撃のクライマックスへと続きます。 そんな時に是非利用して欲しいのが U-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。 ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね! そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると 600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも読めてしまうんです。 ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。 さらに、結末もしっかりと筋が通っていて、納得のいくいい結末が描かれていたと思います。 今までの伏線が回収されていくラストは、とても良いものでしたね。 そんなこの作品は、サスペンス好きにはたまらない作品となっており、ストーリーものが好きな人にもおすすめの作品となっております。

次の

モンタージュとは

モンタージュ 漫画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 総合的画力は高いと思われる。 軍艦島を扱った部分がスパイスとなっていた。 主人公が誰も信じられないところから始まる導入が良い。 モンタージュと言うタイトルが、事件に関わる悲しい登場人物たちの実態 実生活 のなさを思わせ、緊張感と悲壮感を感じさせる。 【悪い点】 漫画として面白くない。 リアリズムの世界でありながら、リアリティーが全くない。 創作されたストーリーを追いかけ、作家自らが終始つじつまを合わせる展開が印象として強かった。 複雑な人間関係を描く為に描写は常に説明的なっているにも関わらず、リアリティーのある魅力的な人物が描けていないので結局何も面白味がなく、結果的にストーリーすらドラマチックに入って来ない。 特に女性に対する認識が浅く、全く豊かに描けていない。 主人公がただただ悲劇的で、読んでいてストレス。 時代背景とは別に、センスが古い。 取材で補えない部分が全て浅く、著しい創作力不足を感じた。 愛や人生の価値観がテーマなのは分かるが、色々とご都合が良すぎて全く伝わって来ない。 【総合評価】 本当につまらなかった。 つまらない推理小説を義務感で最後まで読んでしまった時と同じ感覚。 『嫌い』ではなく、酷く『つまらない』。 肝心なところが浅はかで極めて雑。 強いて言えば『まあまあ』と言う最低評価。 画力もそれなりに高く、事件を扱ったストーリーは良いのに全く楽しめないのが不思議。 多くのファンも居られるだろうし、最後まで読んでその意味も理解出来るが、私の評価は10段階で3点止まりである。 日本犯罪史上もっとも有名といっても過言ではない「三億円事件」を題材にしたサスペンス。 私が生まれるよりもずっと前に時効を迎えていながら現在もドラマなどで題材になることも多く 日本人ならばこの設定だけで少なからず興味が沸いてしまうでしょう 【良い点】 ・題材の扱い方 三億円事件を題材にした作品はそれなりに多くて 未解決事件なだけに作品ごとに異なる展開と事件の裏側がどう創作されるかが見所になるのですが 本作はそこにきちんとオリジナリティがあり、安易に扱ってはいません 【悪い点】 ・少し長い 全19巻。 近年の漫画は長期連載の傾向が強いため単純には長いと言いにくいのですが 緊迫感こそが大事なサスペンスには長いです。 初期の緊張感がすさまじかっただけに それを維持できていたとはいえませんでした 主に沖縄編 【総合評価】 間違いなくおもしろいんですが、あと一歩の構成力が圧倒的に足りていません。 入り組んだ複雑な事件模様なものの、登場人物たちは信念に基づいて一貫した行動をとっていました。 確かに練ったストーリーは組めています しかし構成が「出来ている」だけで「上手」ではないんですよね。 というのも連載では定期的にインパクトのあるヒキが必要になってきますが、そちらの演出を重視しているため 物語の細部に丁寧さが感じられず そこまで期待してしまうのは良く出来ている証明でもありますが 全体を通してみると筋こそ通っていても雑な部分も多く、特にヤマトの最後の決断は、、、うーん。 難解です 漫画でサスペンスはやはりテンションを維持するのが難しいな。 と再認識させられた作品ですね。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の