ぼく たち の 家族。 <新刊読み物>小手鞠るい、初のSF小説『ぼくたちの緑の星』

ぼくたちの家族

ぼく たち の 家族

140626 117分 脚本・監督は「 」の バラバラになりかかる家族が、母親の脳腫瘍発症をきっかけにまとまって行く過程を丁寧に描いた作品。 よくある話だし、大感動と言う訳ではないが、自分の中ではそれほど期待していなかったせいか、まあまあの作品だった。 かなり無理をしてローンを組み、そして手に入れた立派な邸宅。 東京郊外のではあるが、幸せも手に入れた・・・筈だった若菜家の4人。 それに、少し古いが立派な車もある。 主婦の玲子( )、最近物忘れが激しい。 友達との会話でも、突然、意味のない言葉を口走ったり・・・。 冒頭のシーンはこの原田のドアップである。 シミや皺が丸見えで、かなり残酷! 長男が初孫を授かるというので、さっそく嫁の両親も一緒に「うかい鳥山」で前祝い。 その席でも、嫁の名前を間違えたり、意味のない発言を繰り返し、大失態を演じる玲子。 たまりかねた夫の克明( 長塚京三)は近所の総合病院の脳外科での精密検査に玲子を連れ出す。 そこで告げられた病名は、脳腫瘍。 それもかなりの進行していて、余命いくばくもないとも。 大学生の次男も交え、3人で相談するが、 普段は甘えん坊の次男、俊平( )も、次第に自分が何をすべきかを覚り始め、人間的にも大きな成長を見せる。 長男、浩介( )は仕事も忙しい上に、身重な妻を抱え、重圧がずっしりとのしかかる。 長男としての自覚が強すぎるタイプ。 そう言えば、子供の頃、引きこもりも経験している。 それを思いやる俊平。 これまで割に疎遠だった二人が、緊急事態に直面し、信頼し合い、協力し合って成長していく姿が清々しい。 次男の奔走もあり、やっと引き受けてくれるいい病院が見つかり手術も成功、再び一家に平和が訪れ、笑顔が甦る。 男の子たちって、イザとなると頼りになるねぇ〜。 羨ましい! 53 画像はALLCINEMA on lineから grappatei.

次の

ぼくたちの家族 : 作品情報

ぼく たち の 家族

脳腫瘍で余命僅かと知り、父の克明、長男の浩介、次男の俊平の3人の男が奮闘し、という話です。 最初、母の玲子は自由な女性だなと思うが、雲行きが怪しくなります。 能天気なテンションで色々言うことが変わり、観ていて自分や自分の周りの人がいつか同じようになるかもしれないと思うと不安になってきます。 玲子の家族の男3人はそれぞれの長所、短所があります。 実際にこんな感じの男たちがいそうで面白いです。 その性格から家族に言えないことや恥ずかしいことがあります。 それが玲子のトラブルをきっかけに、それぞれの長所を生かして奮闘します。 お互い言えない微妙な空気や距離感があったり、トラブルがあると助け合ったりするのを観て、これが家族だなと感じました。 浩介の妻の深雪を見ていると女性は現実的だなと思いました。 返信を投稿• 脳腫瘍で余命僅かと知り、父の克明、長男の浩介、次男の俊平の3人の男が奮闘し、という話です。 能天気なテンションで色々言うことが変わり、観ていて自分や自分の周りの人がいつか同じようになるかもしれないと思うと不安になってきます。 実際にこんな感じの男たちがいそうで面白いです。 その性格から家族に言えないことや恥ずかしいことがあります。 お互い言えない微妙な空気や距離感があったり、トラブルがあると助け合ったりするのを観て、これが家族だなと感じました。

次の

ぼくたちの家族

ぼく たち の 家族

脳腫瘍で余命僅かと知り、父の克明、長男の浩介、次男の俊平の3人の男が奮闘し、という話です。 最初、母の玲子は自由な女性だなと思うが、雲行きが怪しくなります。 能天気なテンションで色々言うことが変わり、観ていて自分や自分の周りの人がいつか同じようになるかもしれないと思うと不安になってきます。 玲子の家族の男3人はそれぞれの長所、短所があります。 実際にこんな感じの男たちがいそうで面白いです。 その性格から家族に言えないことや恥ずかしいことがあります。 それが玲子のトラブルをきっかけに、それぞれの長所を生かして奮闘します。 お互い言えない微妙な空気や距離感があったり、トラブルがあると助け合ったりするのを観て、これが家族だなと感じました。 浩介の妻の深雪を見ていると女性は現実的だなと思いました。 返信を投稿• 脳腫瘍で余命僅かと知り、父の克明、長男の浩介、次男の俊平の3人の男が奮闘し、という話です。 能天気なテンションで色々言うことが変わり、観ていて自分や自分の周りの人がいつか同じようになるかもしれないと思うと不安になってきます。 実際にこんな感じの男たちがいそうで面白いです。 その性格から家族に言えないことや恥ずかしいことがあります。 お互い言えない微妙な空気や距離感があったり、トラブルがあると助け合ったりするのを観て、これが家族だなと感じました。

次の