行政書士 おすすめ テキスト。 行政書士テキストの人気おすすめランキング20選【2020年最新版】

行政書士試験おすすめ入門テキストまとめ

行政書士 おすすめ テキスト

行政書士試験対策 テキスト選びの ポイント5選• テキストと問題集はセットで購入した方が学習効率が高い• テキストと問題集は同じ出版社 シリーズ を選ぶと相性が良い• 法改正に対応したテキスト・問題集であることは必須• 適度な図表・イラストで法律の概念がイメージしやすい事• 出版社のWEBページで各種改定情報がチェックできる事 テキストは必ず 対になる問題集がセットとなっています。 基礎的な問題集から、「過去問・記述式・肢別・重要論点」など、出題内容やジャンルに特化した問題集がラインナップされていますので、学習進捗にあわせてステップアップしていくと良いでしょう。 テキストと問題集は各出版社でシリーズ化されていますので、 同一出版社の同じシリーズで統一するほうが良いでしょう。 テキストと問題集は内容がリンクしているため、他のシリーズを購入してしまうと関連性が切れてしまいます。 また、行政書士試験範囲にかかる 法改正には必ず対応しているテキストを選ぶのもポイントです。 法改正については、書籍の帯 おび に大きく記載されていたり、改版情報に記載されていますので必ずチェックしましょう。 本ページに記載しているテキストや問題集は、 2020年度対応版となります。 テキストの内容は改定等が度々行われるため、ご購入の際は念の為 対応年度やシリーズをチェックするようにお願い致します。 Amazonの場合は 書籍の中身をオンラインで確認できるものもあり、 アイコンが付与されていますので、内容をチェックしてみましょう。 合格革命 行政書士シリーズの 特徴一覧• テキストは全ページカラーでみやすさ重視• 程よいイラスト・図表の利用でスタイリッシュな編集• レベル別の側注で重要なポイントがわかり易い• 赤シート対応で暗記・反復学習に威力を発揮• 行政書士資格指導歴30年以上を誇る、資格の学校TACのノウハウが詰まった良書と位置づける事が出来るでしょう。 「基本的テキスト」は全ページカラー印刷で、必要な情報が整然と記載されており、過度な演出は無く全体的にスタイリッシュな印象です。 図解がしっかりしているので、登場人物 会社・団体等も含めて の 位置関係は把握しやすいと思います。 学習単元の冒頭では「ガイダンス」形式でこれから学習する内容の概念整理が行われており、出題傾向の情報も表記されているので、学習目的をはっきりさせてからスタート出来ると思います。 学習単元毎に実際の 重要判例の解説も細かく記載されているので、現実に即した形で「今何のための勉強をしているのか」学習の意図がより伝わりやすいと思います。 随所に確認テストが散りばめられているので、簡易的なアウトプットで知識の定着を図る配慮も見られます。 本書は 側注 ページ右側の情報 が充実しており、「よくある質問・引っかけ・受験テクニック・記述対策」等の記述が随所に見られます。 テキスト本文に全ての情報を納めるのではなく、「ちなみに?」「その意図は?」「どういうこと?」と考えた時に側注を見る事になるので、 自分で考えながら・咀嚼しながら進める事が出来る点が優れていると思います。 アウトプット用書籍 問題集 については「基本テキスト」の参照ページが付いていますので、相互の関連性がわかり易い配慮がなされています。 書籍の中身を チラ見で確認 合格革命 行政書士 基本テキスト 合格革命 行政書士 基本問題集 勉強しなければいけない量が半端ないし、それに比例して本の厚さも分厚すぎる。 評判の良いカラー印刷だが、私は初学者には逆効果だと思う。 どうしてもカラーの部分に目が行くので、テキストをよく読み込むためには1色刷りのほうがいいと思う。 なので、この本は、概観するあるいは、総復習用だと思う。 細かく書かれていて、見やすいとは思うけれど、まず行政書士を取り、そこから社労士や税理士のキャリアアップを目指す方には勧めない。 カラー刷りのテキストで取れるのは社労士までで、税理士以上の資格では法律を読み込まねばいけないので、カラーで多色刷りのテキストはほぼないし、あっても使えないというのが常識。 合格革命 行政書士シリーズの 総評 売れ筋のシリーズだけに評判は賛否両論ありますが、 物量の割に頭に入りやすいという意見もありますので、充実した側注や図表が効果的に用いられたテキストと言えるでしょう。 基本問題集の他、肢別過去問・記述式・多肢選択式問題集もラインナップされているので、出題形式毎のアウトプットもこなすことが出来るので、初学者向けの参考書として バランスが取れたシリーズだと思います。 いきなり基本テキストを読んでも良くわからないという方は、合格革命 行政書士シリーズでは、概要理解向けの「スタートダッシュ」も用意されていますので、基本テキストに入る前の入門編として活用出来ると思います。 弱点として分冊出来ない点を挙げている方が結構いらっしゃったので、通勤・通学中の学習を検討している方は携帯性の観点からこの点だけは要注意ですね。 みんなが欲しかった! シリーズの 特徴一覧• フルカラーの総合テキスト• 本試験レベルの問題をWebに収録、スマホでアクセス• 複雑な相関関係をイラスト・図表で整理• 六法は赤シート対応で暗記に最適• 行政書士資格本としての使い勝手No. 1 書籍名称 書籍リンク みんなが欲しかった! 行政書士 合格へのはじめの一歩 2020年度 みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 2020年度 みんなが欲しかった! 行政書士の問題集 2020年度 みんなが欲しかった! 行政書士の判例集 2020年度 みんなが欲しかった! 行政書士の40字記述式問題集 2020年度 みんなが欲しかった! 行政書士の肢別問題集 2020年度 みんなが欲しかった! 行政書士の5年過去問題集 2020年度 みんなが欲しかった! 行政書士の最重要論点150 2020年度 みんなが欲しかった! 初学者寄りにシフトして硬さを取り除き、分冊などにより テキストとしての使い勝手を向上させている点が両者の違いとして挙げられるでしょう。 テキストは抑えめな色調のフルカラー印刷なので、長時間の学習でも疲れにくく板書形式でポイントがまとめられているので、要点がわかり易い編集です。 市販の行政書士対策本として 見やすさは文句なくNo. 1だと思います。 側注にポイント解説の形で度々記載されるアドバイスが、理解を助けると思います。 TACの行政書士講座を担当する講師がテキストを執筆していますので、的を得た実践的な情報がカラー印刷でコンパクトにまとまった良書と言えるでしょう。 シリーズ全てを揃えると8種類にも登るボリュームですので、アウトプット面の懸念も少ないと思います。 問題集は赤シート対応・テキストとのリンク情報も記載されているので、シリーズ通して 相互の関連性が密な部分も評価出来ます。 書籍の中身を チラ見で確認 みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 みんなが欲しかった! 行政書士の問題集 行政書士の初学者にありがちな「どう学習を進めるべきか」という悩みをすっきり解消してくれるテキストです。 このテキストは巻頭で多くのページを割いて効率的な学習方法や学習のアドバイスを詳細に掲載しており、初学者でも迷わずに効率的な学習方法を理解できるように構成されています。 このテキストは5冊の分冊に分かれていますが、その分冊の巻頭にもそれぞれ過去10年間の出題履歴の一覧表があり、出題傾向に合わせた学習がしやすいようになっています。 テキスト本文はイラストや図解が満載の板書や専門用語や本番の試験での注意点などを掲載した丁寧な側注があり、頭に入りやすいように工夫されています。 側注には2周目以降に読むことを想定した項目もあり、繰り返し読む学習法にも対応しています。 このテキストは行政書士の初学者に向いているといえます。 この教科書は色があり、紙自体の色も白過ぎず、茶色過ぎずとかなり読みやすくしっかりと勉強をする人に向けて、「これだったら読みやすいだろう」「わかりやすいだろう」ということがしっかり考えられて作られた教科書だと言えます。 ただ、そうしたわかりやすさや見やすさに重点を置いている分、用いていて「足りない」と思う所はかなりあると言わざるを得ません。 それを全て象徴しているのが「索引の少なさ」です。 様々な単語が出てくる民法ですら1ページとちょっと試験の根幹を占める行政法にいたっては1ページにも満たない。 問題集などでよくわからなかった部分を教科書で勉強しようと思っても索引に単語がないことはザラにありますし、あったとしても3行ほどで終わることがあるため、この1冊のみで合格するのは難しいと言わざるを得ません。 索引項目が少ない・入っている判例が少ない。 六法も最初は入っていてありがたいとおもったが、民法ですら省略されまくりで、条文で逐一確認したい方はけっきょく六法買わなきゃならない。 というのがいまいちな点。 いい点としては、図が多用されていて見やすい、とっつきやすい。 横の解説も口語でわかりやすい。 余白が多いので、自分でどんどん書き足していける。 あと、分冊にするとじみーな冊子になるので、人前でもひっぱりだしやすい。 サイズも手ごろ。 みんなが欲しかった! シリーズの 総評 みんなが欲しかったシリーズのFP ファイナンシャル・プランナー 版は、FP資格本ではベストセラー書籍です。 FPは行政書士に負けず劣らず広い出題範囲を持った資格試験なので、FPの資格本で培った 広い出題範囲をテキストにうまくまとめるノウハウを、行政書士の資格本へ転用したと言った所でしょうか。 行政書士版のみんなが欲しかったシリーズについても、FP版の著者である滝沢ななみ氏が編集に協力していますので、情報がコンパクトにまとめられていると思います。 このようなノウハウの転用が利くのは大手資格学校ならではだと思います。 「初学者向け」で取り組みやすい点が口コミでも評価されており、少しでも 気軽に・楽しくをモットーにしている方にお勧め出来るシリーズだと思います。 本シリーズのテキストでは、学習内容が見開き1ページで完結するのが特徴です。 1つの学習内容がスパッ!と切れるので、ダラダラせず学習を スモールステップで区切る事が出来る点が評価できます。 アウトプット面では「基本問題集・過去問題集・40字記述式・多肢選択式問題集」に加え、 本試験直前期には模擬試験3回分迄ラインナップされるので、相当充実したカリキュラムを敷いています。 テキストは黒・青の2色刷りなので華美な装飾はありませんが、行政書士試験の出題範囲を「淡々」と表現しており、スタンダード且つ学習量的にも漏れのない 王道的な資格本と表現するのが正しいと思います。 コンパクト六法は分冊可能なので、テキストと照らし合わせて学習することが可能です。 コンパクト六法では、 重要法令をピックアップして収録しているので、フルスペックの六法を読み解くよりも使い勝手は良いと思います。 書籍の中身を チラ見で確認 出る順行政書士 合格基本書 出る順行政書士 基本問題集 内容としては正に「基本書」。 高校の公民レベルで「そもそも憲法とは」みたいなところから、法運用のポイントまで実に丁寧に説明してある。 基本といっても、この内容を完全にマスターすれば合格はグッと確実になるので、まずは丁寧に理解して覚えることをおススメしたい。 紙面は知的な雰囲気で黒と青の二色刷り。 ちょっとカタめの印象をうける構成だけど、内容からしてカタめの試験なので、むしろ合っているのかな。 ミニ六法が付いているので、分冊して使うのが前提。 「ミニ」とはいっても勉強の最後まで十分にカバーできる内容なので、まずはこれを手に入れて完全にマスターするところから始めよう。 同じシリーズで「基本問題集」というのがあって、この問題とリンクできるようになっている。 これがなかなか便利なので、併せて活用する事をおススメしたい。 この行政書士のテキストは、巻末に別冊としてついているコンパクト六法を切り離して使えるようになっていて、試験出題範囲の法律を直接確認しながら学習が進められるのがとても便利です。 テキスト本文でも巻頭で最近の行政書士試験全般の出題傾向の概要とその対策を述べているほか、出題科目を解説した各章の冒頭でそれぞれの科目の出題傾向の一覧表を確認できます。 すき間時間でも効率的に学習が進められるよう、見開き2ページで1レッスンが完結していたり、レッスンごとに講師が学習を理解するためのポイントを側注でアドバイスしているのも好感が持てます。 全体的に丁寧な作りですので、初学者も安心して手にできるテキストだと思います。 でる順シリーズ行政書士の基本書。 黒・青の2色刷りで見開きで1項目ごとに記述されていて読みやすいです。 すべての項目が見開き2ページ構成なのでキリが良いのですが、逆に「流れ」がわかりにくいのとページにまとめるために重要なものがこぼれ落ちている感はややあります。 今年度から巻末に取外し可能な行政書士六法がつきました。 条文のみで判例等は載っていませんがこれがあるとないとではかなり違います。 黒1色刷りですが間違いなく利便性が向上しました。 一応過去問 何年の何番 へのリンクはありますが、本書から同じシリーズへの連携感は希薄。 逆に問題集・過去問集からの本書へのリンクがあるので揃えたほうが学習ははかどりそうです。 「出る順」とか「これだけ」という類の資格試験参考書は、試験に受かることだけを目的とした実利的な対策本であり、資格取得後に必要となる本来の知識が身につくのかという印象があります。 実際に本書でも過去の出題傾向とか、何年に出題されたという注釈が多く記されています。 総合的な内容とすると行政書士に求められる内容が的確に解説され、表や図式を交えて解り易く編集されているので参考書としては充分ですし、知っていて当然の大切な事柄だからこそ試験で問われる頻度も高いのですが…ちょっと切り口というか、アピールポイントが直接的すぎる感じがしました。 出る順行政書士シリーズの 総評 学習内容が見開き1ページで完結するので頭の整理は付きやすいのですが、1ページに情報を詰める関係上遊びが少なくやや硬めの表現となっている印象です。 資格本としての要件は満たしているので問題ないのですが、好き嫌いが分かれる点だと思います。 とまあ若干ぶっきらぼうなところはあるものの、内容は充実していますので真摯に行政書士の学習に向き合いたい方は、余計な情報や遊びがない分集中して取り組む事が出来るワークブックとして機能すると思います。 分冊出来る六法は口コミ的にも高評価なので、コレを目的に本シリーズをチョイスしている方もいらっしゃるようです。 テキストは赤シート対応していないので、解答が気になって仕方が無い方は注意が必要です。 うかる! テキストは「入門ゼミ」と「総合テキスト」が別冊で存在しており、初学者の方は「入門ゼミ」からスタートするのが良いと思います。 入門ゼミでは全体像をおさえる事で、今自分がどの位置にいるのかを明確化出来るようにしています。 ガイダンスでは、本試験を見据えた具体的な学習プランや学習進捗表も掲載しており、独学の最大の弱点であるスケジュール管理を厚くする事で 途中挫折防止する配慮が評価出来ます。 「総合テキスト」は、重要な語句は赤シート対応しており、別冊で 「ハンディ行政書士試験六法」が付いていますので使い勝手が良いと思います。 図表も多用されていますし、チャプター毎の重要度表記もありますので、テキストに必要な要件はしっかり満たしていると思います。 一問一答式の確認問題が各所に配置されており、すぐに簡易アウトプットを行う事で 「理解した気になった」を防止する配慮も見られます。 また、本試験レベルの問題をWebから スマホからアクセス可能としており、幅広いコンテンツ作りに取り組んでいる点が評価できると思います。 マルチデバイスを利用したスキマ時間の活用は、学習時間確保の観点から非常に重要です。 民法は独学でも理解しやすい内容と思う。 ただし内容的は全体的に基本的な部分しか書いていない気がする。 行政法は今全体の中のどこ部分を勉強しているのかを見失いがちな感じの構成だと思う。 うかる!行政書士シリーズの 総評 出版元である伊藤塾は、資格講座を開講しており実績・信頼があります。 資格講座のカリキュラムや流れを、独学向けのテキストに そのまま本シリーズに組み込んだような印象を受けます。 ちなみに「うかる!行政書士シリーズ」は、通信講座のも採用している教材なので、クオリティの高さが伺えます。 テキストは2019年度からフルカラー対応しておりとっつきやすさは上昇しましたが、内容的に 資格講座の洗練されたテキストの位置づけだと思いますので、初学者にとってはやや難しいと感じる部分もあるようです。 学習経験のある方やテキスト買い替えをご検討の方は、選択肢に入れておくべきクオリティの高いシリーズだと思います。 基礎力スポット強化向け補助教材 参考書 ここでは行政書士試験対策本とは異なり、法律の学習の観点で 個別で活用する補助教材をラインナップしてみました。 法律の学習経験の乏しい方は、活用する事で 行政書士の学習にブーストを掛ける事が出来ると思います。 行政書士試験対策本は試験に合格させるための内容に注力しているため、 「ここもうちょい詳しく!」「理屈が良くわからない・・・」と言ったシーンに直面する事もあります。 得点を取るために 「こういうモノなんだ!」と割り切れる方は良いですが、補助教材で予備知識を含めてしっかり抑えておくと記憶に残りやすいですし、それこそ合格後の実務に於いて差が出ると言って良いでしょう。 法律の条文はそもそも意味する所が理解できない点が大変ネックですが、本書は法律を効率よく読み解くためのノウハウ本として、行政書士の資格対策へ本格的に取り組む前段階として ワンクッションおくのに適した書籍だと思います。 本書は法律全般の読み解き方の書籍なので、法律の知識ゼロの方・行政書士の学習をされている方以外でも広く対応出来る法律入門の良書です。 各単元ごとに行政書士試験・公務員試験等に出題された過去問も収録されているので、学習内容のアウトプットにも役立つ構成です。 解説では何処かで聞いた事のある名前や人物が登場してきますので、感情移入しやすいと思います。 補助教材と考えるとかなリのボリュームを有していますので、民法関連で困ったときのバイブル的な使い方も出来ると思います。 行政書試験の得点源である「行政法」に特化した書籍も別途用意されているので、セットで活用しても良いでしょう。 テキストがなかなか選べず困っている方へ! 一昔前はモノクロのテキストでひたすら孤独と戦う資格学習が主流でしたが、カラー刷りやイラスト・図表を凝らしたわかり易いテキストが登場しており、 独学での取り組み易さは飛躍的に向上しています。 特定行政書士の登場に始まり、行政書士を取り巻く環境は近年活気づいており、呼応するように資格対策本も趣向を凝らした内容に変化しており、出版各社から相当な数がラインナップされています。 嬉しい半面、今度は 「多すぎて選べない!」という悩みはつきものです。 当サイトでは、 自分に合ったテキストを選ぶための記事をご用意しています。 ごく基本的な事ですが、それだけに 見落としがちな部分があると思いますので、是非ご一読の上テキスト選びの参考にして頂ければと思います。 資格の学習はストイックに独学でコツコツ進めるのが昔ながらのセオリーではありますが、行政書士程の難関資格であれば、 講義が受講可能な資格講座の受講を検討される方も多いと思いますし、資格学校の持つ 強力なノウハウを活用したいとお考えの方も多いでしょう。 資格講座は講義を受ける事が可能である点が最大のストロングポイントですが、独学では解決できない疑問を質問したり、学習システムによる進捗管理などのサポートにより、 高い学習効率を実現出来るのもメリットの一つです。 WEB型の通信講座であれば高度なe-Learningを活用出来る講座も存在しており、スマホで問題集に取り組んだり講義を視聴したり出来ますので、 時間の有効活用の面で大変優れたツールとなります。 ただ、資格講座は割と高価な印象があるかと思います。 しかし、近年は通信講座・あるいはWEB特化型講座の登場によって、 安価な受講料でスタート出来る講座も多数存在しています。 講義・オリジナルテキスト付きにもかかわらず、 市販のシリーズ物の参考書一式と遜色無い程の低価格を実現している講座も存在します。 安価でクオリティの高い資格講座を以下の記事でまとめていますので、あわせて検討してみては如何でしょうか。

次の

行政書士オススメテキスト[5冊紹介する]

行政書士 おすすめ テキスト

「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」の特徴・おすすめな点 「何を、どの順序で検討していけばいいのか」がはっきりと書いてある この特徴が、行政書士試験の直前期にわざわざ購入してまでこの本を読んだ理由です。 本屋で何気なく手に取ったのですが、パラパラと見ただけでもとてもよく出来ているのが分かり、「これは試験までにひと通り読んでおきたいな」と思いました。 例えば、民法の債権総論の補償のところでは、• 要式性、保証債務の範囲を考える• 主たる債務、保証人どちらについて生じた事由なのかを考える• もう一つ例を挙げると、債権者代位権の要件検討では• 被保全債権が金銭債権の場合、無資力かどうか• 債務者が権利行使してるかどうか• 弁済期に達しているかどうか、達していなければ裁判上の代位・保存行為に当たるかどうか• 一身専属権・差押禁止債権かどうか このように順番に検討していきます。 私はこの本を読み始めたのは行政書士試験直前だったので、上記の知識はもう全て知っている状態でしたが、この本の記述のように具体的に「これとこれとこれを検討して…」というようには考えてなかったです。 問題を解く時はとりあえず選択肢を見て、頭の中にあるバラバラの知識のどれに当てはまるかどうかで判定していたので、解法の鉄則を読むことで頭の中の知識がかなり整理された感じになり、スッキリしたのを覚えています。 予め問題で聞かれることをパターンとして全て押さえておくような感じですかね。 例えば選択肢に弁済期に達していないという記述を見つけたら、「どうせ裁判上の代位・保存行為に当たる行為が書いてあるんでしょ?…あ、あった」みたいな感じです。 暗記しておくべき民法と行政法の条文・判例知識等のまとめ図表が豊富 「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」にはたくさんの暗記用のまとめ図表が載っています。 似てる事項の比較の図表やなどもありますので、知識があやふやになりやすい部分もしっかりと意識して潰していくことが出来ます。 いくつか例を挙げると、• 不動産物権変動と第三者の整理• 代価弁済と抵当権消滅請求の比較• 共有と法定地上権の成立の可否 などです。 もちろん他にもたくさんありますよ。 取消し前の第三者との関係でも制限行為能力によるのか、詐欺によるのか、強迫によるのかで第三者との関係は少し変わってきますよね。 これをテキスト通読のみでしっかり意識して区別するのは結構難しいのではないでしょうか(私はこのサイトのまとめ記事にして覚えました)。 このようなややこしい知識もバッチリまとめの図表が載っているので比較して覚えることが出来ます。 他には、共有と法定地上権の成立の可否などは土地が共有なのか建物が共有なのか、土地建物両方が共有なのかで法定地上権が成立するのかどうかを理解しておかないといけませんよね。 私も最初はかなりこんがらがりました。 個人的に「やめてくれー」と思いながら暗記したのは「通知義務と求償関係」ですね。 受託のない保証人ならどっちも不要」など、ちゃんと覚えておかないといけません。 こういった「テキストを通読するだけではちょっと区別して覚えるのが大変な暗記事項」がまとまっていますので、ある程度科目の全体を勉強した後は、この本に載っている図表の知識をまずは完璧にするという勉強の仕方もアリだと思います。 Advertisement 実際の行政書士試験、司法試験、司法書士試験、国家2種公務員の過去問とオリジナル問題で知識を使う練習が出来る 「解法の鉄則」「まとめ図表」で学んだことを、実際の行政書士試験の過去問はもちろん、旧司法試験、司法試験、司法書士試験、国家2種公務員試験とオリジナル問題ですぐ練習出来るのがありがたいですね。 司法試験の過去問と聞くと驚く人もいるかもしれませんが、あくまでも行政書士試験対策、解法スキルのマスターのための問題ですので安心して下さい。 この解説がかなり分かりやすいです。 「解法の鉄則」で学んだ要件と検討順序で問題を解いていくのですが、問題を解く時の頭の使い方、思考の順序をたどることが出来るのでとても勉強になりました。 解法の鉄則を読んで検討順序を理解しただけでは、実際に解く時に「あれ?どうだっけ」となってしまうので、しっかりと要件に当てはまっているか、検討順序が正しいかを確認しながら問題を解いてみるのは大切だと思います。 問題で練習することで知識の強化ももちろん図れます。 「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」の使い方・覚え方 とにかく、「本の解説に書いてる頭の働かせ方・知識の使い方で問題を解いてみる(検討してみる)」ということが大切だと思います。 解法の鉄則、図表を読む• 設問を読む• すぐに解説を読む• もう一度設問を読み、解説と同じ考え方で正誤の判定が出来るかチェック• 覚えたい図表には付箋を貼り、毎日目を通す このように使っていました。 設問は自力で解かなくても良いと思います。 問題を読んだら即解説を読んで、伊藤塾の平林先生の解き方・頭の使い方を知り、すぐに自分でも試してみると良いと思います。 「暗記した知識を有効に使うとはこういうことなんだろうなぁ」と結構感動しました。 私は最初から順番に読んでいきましたが、自分の苦手な範囲から読み始めても良いと思います。 Advertisement 最後に 「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」はかなりおすすめ出来る民法・行政法のテキストです。 問題を解いている時の頭の働かせ方、考える順序を示してくれる本はあまりないと思いますので、一度読んでみて下さい。 解説が詳しいのでいつ始めても効果はあると思いますが、個人的にはテキストを一通り読み終わって過去問演習に入る前にやるのがおすすめですね。 自分の頭の中の知識が整理されると思います。 この本にもっと早く出会っていれば、あんなに行政書士の民法には苦戦しなかっただろうなぁ…笑 私の行政書士試験の受験体験記 178点不合格、234点合格体験記の両方アリ 、おすすめテキスト・勉強計画などは「」をどうぞ。 Advertisement 関連する記事• 2019. 03 おかげさまで、平成30年度行政書士試験に合格することが出来ました。 (択一式182点、記述式52点、合計234点) 前回の記事「行政書士試験 行政法のお[…]• 2019. 16 行政書士試験には法令、一般知識ともに基準点が設けられていて、それを下回ると足切りになってしまいます。 私もそうでしたが、行政書士試験の受験生には「法令で[…]• 2019. 13 私は行政書士試験の過去問集は1年目(178点不合格)にLECの『出る順行政書士 ウォーク問過去問題集』、2年目(234点合格)に『合格革命 行政書士 […]• 2019. 24 今までたくさん行政書士試験の対策について記事を書きましたが、行政法・民法の記述式の対策についての記事がないのを疑問に思っている人もいるかもしれません。 […].

次の

【行政書士試験】独学で失敗しないおすすめのテキスト・問題集

行政書士 おすすめ テキスト

行政書士を勉強するのにおすすめのテキストとは? 行政書士を独学で勉強しようと思っている人は、まずテキストを選ぶところから始まりますよね。 しかし、どのテキストを選べばいいか迷ってしまう人も多いでしょう。 そこで、ここでは 行政書士試験の合格率や難易度、行政書士試験のおすすめテキスト、テキストの選び方、行政書士試験の勉強方法についてご紹介します。 行政書士を独学で勉強しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 「ミイダス」で行政書士資格を活かせる職場からのスカウトを待ってみよう 行政書士の資格を取るなら、それをしっかり評価してくれる会社で働きたいですよね。 そう思ったときに使える 「ミイダス」は、待っているだけで転職のチャンスがある無料サービスです。 プロフィールを入力していくと、あなたの市場価値診断(想定年収診断)ができて、そのあとは あなたの市場価値を認めてくれた企業からスカウトが届く仕組みになっています。 行政書士試験の合格率や難易度 行政書士の試験を受ける際に、合格率を知っておきたいですよね。 また、行政書士試験の難易度が気になる人も多いでしょう。 そこで、ここでは行政書士試験の合格率や難易度についてご紹介します。 しかし、基準をクリアすることで必ず合格できるので、独学でも学力をつければ合格できる資格です。 行政書士の近年の合格率 行政書士資格の試験の合格率は、 年度によって変わりますが平均して約1割です。 比較的難しい試験だといえます。 2020年1月29日に最新の合格率が出ましたが、前年より低い数値となりました。 行政書士の試験は、定められている合格基準をクリアすることができれば、必ず合格ができます。 そのため、受験者数が何人だとしても関係はありません。 また、行政書士には受験資格が特にないので、誰でも受験することができます。 その分合格率が低くなっているとも言えるでしょう。 年度 合格率 2019年 11. 5% 2018年 12. 7% 2017年 15. 7% 2016年 9. 95% 2015年 13. 1% 行政書士の独学難易度 行政書士の試験は出題範囲が広いので、出題範囲の学習を終わらせるのに長い時間がかかってしまいます。 そのため、独学で勉強をするのは難易度が高いと言えるでしょう。 行政書士に合格するための 標準学習時間は500時間と言われています。 試験日までに残された時間から逆算して、1ヶ月、1日単位でどれくらい勉強時間を確保すればいいのか設定すると良いでしょう。 独学で必要になる費用はテキスト代のみですが、どのくらいテキストを購入するかによって個人差があるでしょう。 また、スクール通学する場合は、 入学金が約3万円、授業料が17万円から20万円ほどかかります。 そして、 通信講座は6万円から7万円くらいで受講することができます。 勉強の仕方 独学 約20,000~40,000円 スクール通学 約200,000~230,000円 通信講座受講 約60,000~70,000円 行政書士試験のおすすめテキスト 行政書士の試験に向けて独学で勉強するにあたって、テキスト選びが重要となりますよね。 しかし、テキストにはたくさんの種類があるので、どれを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。 そこで、ここでは行政書士試験のためのおすすめテキストをご紹介します。 行政書士の試験対策をするためには、 基本テキストや要点整理テキストに加えて、政治・経済・社会のテキストや六法のテキストも必要となります。 また、口コミなどでも人気があります。 各テーマごとに「確認テスト」があるので、アウトプットもしながらテキストを読む進めることができます。 また、図や表が豊富なので、見やすいテキストとなっています。 しかし、このテキストは法の解説が淡白な部分があるので、十分に理解できない可能性もあるでしょう。 また、 各テーマごとに例題として過去問が掲載されています。 また、憲法の判例はイラストで図解もしており、争点をイメージしやすいでしょう。 こちらのテキストは、図や表、イラストが豊富でカラフルなので、見ていて楽しいです。 しかし、丁寧な解説がないので、基礎的な知識を持っている人向けのテキストかもしれません。 各テーマごとに「確認ミニテスト」があるので、 自分がどれだけ理解しているかを確認しながら進めることができるでしょう。 図やイラストが多いテキストですが、フルカラーのテキストに比べると読みやすさは劣っています。 こちらのテキストは、さらっと読み切ってから過去問の演習をして知識を身につけていくという勉強法に向いていると言えます。 そのため、 これから自分が学ぶことを把握した上で学習を進めることができるでしょう。 また、チャプターごとに重要度も記載されています。 そのため、自分の中でメリハリをつけて勉強をすることができます。 チャプターの最後には「ファイナルチェック」という項目があり、インプットした後にアウトプットすることができます。 しかし、公務員試験や司法試験など、 行政法が試験科目となっている試験を受ける人たちにとってわかりやすいテキストとなっています。 行政法の成り立ちや全体像を知ることができるでしょう。 また、行政書士の試験では、行政法の配点は300点中112点という高い配点となっています。 そのため、行政法に特化した勉強をするテキストとして最適でしょう。 ページ数は400ページ以上ありますが、読みやすくわかりやすいので、1日で読めてしまいます。 行政書士の試験科目には、政治・経済・社会の科目があるので、 苦手意識のある人は、このテキストで苦手を克服することがおすすめです。 このテキストを読むことで、政治・経済・社会に興味を持つきっかけになるかもしれません。 おすすめは、こちらの択一六法です。 条文や要件、判例が網羅されており、読みやすくまとめられています。 過去問マークがあるので、過去に出題された問題が一目でわかるようになっています。 また、行政法については、個人情報保護法まで記載されています。 行政書士試験で出る一般知識の対策としても使えるテキストでしょう。 テキストの上手な選び方 行政書士のテキストを購入する時は、自分に合ったテキストを選びたいですよね。 しかし、どんなテキストが自分に合っているのかわからないこともあるでしょう。 では、 上手にテキストを選ぶポイントはどのようなものがあるのでしょうか。 そこで、ここでは自分に合ったテキストの選び方についてご紹介します。 書店などで、一度テキストの中身を見てから購入すると良いでしょう。 パラパラとめくって見やすいものを選ぶ テキストをパラパラとめくって自分が見やすいと感じるテキストを選ぶべきでしょう。 フルカラーで図やイラストが多いテキストが見やすいと感じる人や、2色刷りのテキストの方が見やすいと感じる人など、人それぞれです。 そのため、 一度テキストの中を見てみて読みやすいと感じるテキストにしましょう。 読みづらいと感じるテキストを買っても、勉強を続けることが苦痛になってしまいます。 資格のテキストではなく法律の参考書から選ぶ 行政書士の試験を受けるために、独学で勉強をするためには、 法律の参考書を購入することもおすすめです。 書店へ足を運び、法律のコーナーへ行くと、憲法や民法の参考書がたくさんあります。 その中から、以下の参考書を選ぶと良いでしょう。 法律の基礎知識• 行政法• 会社法 それから、資格のコーナーで過去問と問題集、そして判例集を選びます。 かなりの量になりますが、わかりやすいテキストはスラスラと読み進められます。 文章だけでなく図・表・イラストがあってわかりやすいものを選ぶ 法令の解説など、行政書士のための参考書は難解であることが多いです。 そのため、文字ばかりでなく、 図や表、が多いテキストを選ぶと良いでしょう。 わかりやすさを優先するべきですが、文章のみで理解することは大変です。 図や表の使われ方もチェックします。 また、イラストやマンガを使っているテキストもあるので、一度テキストを見て確認しましょう。 余白があり書き込むことができるものを選ぶ テキストに余白が多い方が、自分の書き込みをすることができますよね。 また、ページいっぱいに文字があるようなテキストは、見ていて目が疲れてしまいます。 そのため、 テキストに余白があり書き込むことができるものを選ぶと良いでしょう。 また、1色・2色刷りのテキストよりも、5色くらい使われているテキストや、フルカラーのものの方が目を疲れさせないのでおすすめです。 問題の量や並べ方などがバランスの良い構成のテキストを選ぶ 行政書士の試験を受けるにあたり、過去問に取り組むことは必要不可欠と言えるでしょう。 また、過去問は数年分は必要となります。 そして、試験問題を年度ごとに並べてあるものや、科目ごとに並べてあるものがあるので、 自分がやりやすいと感じるものを選びましょう。 また、解説の量や質も大切なので、 解説が充実しているものを選ぶと良いです。 薄いテキストを選ぶ 資格の勉強を始める時に、初心者の方は分厚いテキストを選びがちです。 試験問題に対応できるように、広い範囲を網羅しているテキストがいいと思い、分厚いテキストを選ぶ人が多いのですが、これは間違いです。 量の多いテキストは最後まで読むのに時間がかかってしまうので、内容を理解することも難しくなってしまいます。 薄いテキストを選ぶことで、何度も読む込むことができるでしょう。 科目ごとに独立しているテキストを選ぶ 行政書士の試験には、いくつかの科目があります。 そのため、すべての科目が1冊にまとまっているテキストの方が便利だと思う人もいるでしょう。 しかし、科目ごとに独立しているテキストの方がおすすめです。 行政書士の試験は科目が多いので、テキストを1冊にまとめるには無理があります。 そのため、 科目ごとに分かれているテキストを選ぶことで、試験内容を網羅できるでしょう。 六法は行政書士試験専用のものを選ぶ 行政書士の試験を受けるにあたり、六法のテキストも持っておくと良いでしょう。 そこで、 六法のテキストは行政書士試験専用のもので、過去の出題例が載っているものを選ぶことがおすすめです。 実務で使用するような六法よりも、行政書士試験専用の六法の方が、見やすく、読みやすいものが多いです。 行政書士試験専用の六法であれば、過去の出題例が載っているでしょう。 重要な条文がわかるようになっているので、役に立ちます。 判例集はコンパクトなものを選ぶ 行政書士の試験を受けるためには、判例集も一冊持っておくと良いでしょう。 判例集を選ぶときは、 邪魔にならない小さめで軽いものがおすすめです。 いつでも簡単に持ち運びできるものなら、スキマ時間を利用して勉強することができます。 判例集の中身は、どのテキストもだいたい同じで、書き方に違いがあっても、重要な判例からマイナーな判例まで網羅されているはずです。 中古のテキストよりも新品のテキストがおすすめ テキストを購入する時に、中古のものを買うことで費用を抑えることができますよね。 しかし、中古だと、古いテキストの場合は法改正など、 最新の情報が記載されていない場合があります。 また、前の持ち主が書き込みをしていたり、汚れてしまっている場合もあるでしょう。 そのため、書店などで売っている新品のテキストを購入することがおすすめです。 行政書士試験の勉強方法 行政書士試験は表のようなスケジュールを立てて勉強しましょう。 行政書士試験の勉強をする際は、 テキストは最低3周 はすることがおすすめです。 そこで、ここでは行政書士試験の勉強方法や、その時期にやることについてご紹介します。 行政書士の勉強を試験日までに終わらせるためには、事前に勉強のスケジュールを組むことが大切です。 時期 やるべきこと 5月/試験180日前 テキスト初回の学習をスタートさせる 7月/試験120日前 テキストを読み込む・過去問に目を通す 8月/試験90日前 テキスト2周目をスタートさせる 9月/試験60日前 テキスト3周目をスタートさせる 10月/試験30日前 過去問の取り組む まずはとにかくテキストを読み込む 行政書士の勉強を始める時は、まずはテキストを読み込みます。 最低でも3回は通読できるように計画を立てましょう。 始めてテキストを読む時は、なかなか理解できないかもしれません。 しかし、内容が理解できなくてもとにかく最初から最後まで読み通しましょう。 テキストの1周目では、たくさん書き込んでいくことで、後々思い出すきっかけになります。 テキストの全体を把握したら過去問に目を通す テキストを通読したら、次に過去問に目を通しましょう。 まだ解けない問題もあるでしょう。 無理に解こうとせずに、 行政書士の試験にどんな問題が出ているか把握することが大切です。 過去問に目を通すことで、テキストの中でどの部分が頻出箇所なのかわかってくるようになります。 そのため、テキストを2周、3周した時に、効率的に読み込むことができるようになるでしょう。 テキスト2周目で暗記を定着させる テキスト2周目では、暗記を定着させるようにしましょう。 テキストの書き込みを見ることで、その頃の記憶を思い出すことができるので、最初にテキストを読み込んだ時に、たくさん自分の書き込みを増やすことが大切です。 書き込みの一つ一つが当時の記憶を呼び起こすきっかけになるでしょう。 テキストの2周目では、最初に勉強をした時の記憶を思い出して、暗記を定着させることが大切です。 テキスト3周目で暗記できていない部分を克服する テキストの3周目では、 暗記できていない部分を克服する期間にしましょう。 テキストを読み込んでいくうちに、自分が暗記できていない部分が見えてくるはずです。 そして、過去問で解けない部分を明らかにして、テキストに戻ることを繰り返します。 また、頻繁に間違える問題があれば、あとから見直した時にすぐわかるように、チェックを入れておくと良いです。 本番直前は自分の弱点をおさらいする 行政書士の試験直前は、これまでの総復習をして自分の弱点をおさらいする時期にしましょう。 問題集を見直して、 自分がよく間違えた問題に取り組みます。 そして、自分が暗記できているかの最終確認もしましょう。 一通り理解すれば、自分がなんとなくで覚えていた部分も明らかになるでしょう。 そこで、暗記できていない部分やうろ覚えの部分があれば、この時期に克服します。 テキストを活用し行政書士試験の合格を目指そう ここでは、行政書士試験の合格率や難易度、行政書士試験のおすすめテキスト、テキストの選び方、行政書士試験の勉強方法についてご紹介しました。 行政書士の勉強をする時は、まずテキストを選ぶところから始まります。 たくさんのテキストを買うよりも、 同じテキストを何周もすることが大切です。 自分に合ったテキストを選んで、効率的に勉強を進めることで行政書士の試験に合格できるでしょう。 関連記事.

次の