モーション グラフィック ス 作り方。 リボンっぽいモーショングラフィックの作り方

モーショングラフィックステンプレート FAQ

モーション グラフィック ス 作り方

モーショングラフィックスとは、動画である映像表現と、静止画のグラフィックデザインの中間に位置する、もしくはその両方による表現方法である。 CMや映画などにおける動く企業ロゴやニュース番組のテロップ、アプリケーションのユーザーインターフェースなどで使用され、日常で触れる機会の多い映像だ。 そのため、モーショングラフィックスのデザインが洗練されればされるほど、日常の視覚における豊かさは増すことができるはずだなのだ。 だがしかし、モーショングラフィックスを扱えるデザイナーは少ない。 その理由として、学ぶのに敷居が高いというものがある。 モーショングラフィックスにおける図形の動きや変形は、その特性上何がどのように動いているのかを理解するのが難しい。 1つ例をあげてみよう。 このモーション周期表は見てわかる通り、元素周期表をモチーフに作成したものだ。 元素周期表同様に、同族での類似性や、周期での性質の類似などを意識して組み上げている。 ここで周期表について断りを入れておきたいのだが、この「モーション周期表」は「元素周期表」と違い、自然の性質によるものではない。 もともと存在する元素周期表の形に合わせて「モーションの元素」を当てはめたものである。 よって、周期表のように陽子の数によって原子番号が決まっているような厳密なものではない。 元素周期表をモチーフにした理由は、周期表という化学の一般的なモチーフがあることで、 モーショングラフィックになじみが薄い人にとっての学習のハードルを下げる、という効果を期待しているためである。 配列 モーション周期表は、元素周期表になぞらえて、同族(縦列)での類似性を持たせている。 族による類似性は以下の通りである。 1族:オフセット、回転系 2族:変形系 3族:時間操作系 4-8族:特殊 9族:スクリプト系 10族:ワープ系 11族:拡散系 12-13族:ブラー、光系 14族:移動系 15族:回転系 16族:拡縮系 17族:トリミング系 18族:フラクタル系 また、重要な要素、使用頻度の高い要素はなるべく上の周期に配置するようにしている。 モーション周期表の使い方 モーション周期表はモーションへの理解を深めるために作成したものだが、使い方によってはさまざまな使い方ができる。 ・周期表の中から興味のあるモーションを選び、モーションについての理解を深める。 ・順番に全てのモーションをマスターする。 ・作り方がわからないモーションの逆引き辞典として使用する。 ・映像のアイディア帳として、モーションの組み合わせから新しいモーションを作成する。 なお、作成法の例としてAftereffectsを使用することが多くの前提となっているが、他ソフトでも同様の操作ができることがあるため、参考となるはずだ。 また、モーション周期表作成時点でのAftereffectsのバージョンは、AftereffectsCS6を使用している。 連絡先・お問い合わせ E-mail : foxcodex99 gmail. facebook. akamine.

次の

アニメーションするロゴ!?流行りのモーションロゴの作り方とは?

モーション グラフィック ス 作り方

広告や映像制作においてなくてはならないモーショングラフィックスとはどのようなものなのでしょうか。 まずはモーショングラフィックスについて解説します。 だれでも一度は目にしたことがあるほど、多くの場面で活用されていて、映像制作において非常に重要な手法です。 動画と静止画像の中間に位置する表現方法 『モーション』とは動き、『グラフィックス』とは画像や製図といった意味がありますが、モーショングラフィックスは画像に動きを加えた動画などを指します。 テレビ番組やニュースのオープニングや、テレビコマーシャルでよく使われている表現方法です。 グラフィックスだけだと静止画像を意味しますが、そこに動きが加わったもの、つまり動くグラフィックスという意味です。 文字やイラスト、写真などの静止画に動きや音声を加えて表現されます。 モーショングラフィックスのメリット 静止画だけでは伝わりにくいことでも動きを加えることで表現でき、注目を集めることができます。 また、文字を読むことなく記憶に残すといった仕掛けも施すことができ、より訴求力の高いメッセージを送りたい時に役立つ手法です。 静止画は、人が読み込んで積極的に理解しようとしなければ伝わりにくい部分もありますが、動きを加えることによって視覚情報を増やし、もっと受動的に情報が入ってくるようにすることができます。 モーショングラフィックスのメリットは、伝えたいメッセージを分かりやすいものにすることができる点であるといえるでしょう。 モーショングラフィックスの主な用途 モーショングラフィックスの特徴やメリットを活かしてよく使われているのが、テレビCMや電子広告看板、Webサイト上の動画広告などです。 静止画が動くことによって、より多くの人に多くの情報を伝えることができるメリットを活かしています。 限られた時間の中で、できるだけ多くのメッセージを伝え、人々の印象に残す必要があるこれらの媒体では、モーショングラフィックスがとても有効に活用されています。 他に、ニュースのオープニングや番組タイトルなどにもモーショングラフィックが頻繁に使用されます。 タイトル文字に動きを付けることで番組が始まったと知らせ、注目させるよう効果的に使われているのです。 制作のポイント 実際にモーショングラフィックスを作る際、どのような点に気を配ればよいのでしょうか?短い時間でより効果的に伝えるため、より正確に伝えるための、基本的なポイントを紹介します。 ストーリーを考える 例えば、ある企業の商品の広告を作ろうと思った時、見ている人はどのような情報なら興味を持つでしょうか? まず相手に見てもらうために、ストーリーを大切にしましょう。 商品の良い点のほか、他と比べてどこが優れているのかについて、見る人が直感的に理解できるモーショングラフィックスにするために、印象深くわかりやすいストーリーを考えてください。 ストーリー性のないものは人の記憶に残りにくく、せっかく広告を作っても覚えてもらえない作品になってしまいます。 デザインはシンプルに 凝ったデザインやお洒落なデザインも注目を浴びるためには大切な要素ですが、何の広告だったのかわからなかったのでは意味がありません。 主役である商品やタイトルは、シンプルにかつ明確にわかりやすさを考えてデザインしましょう。 モーショングラフィックスは作り込めば作り込むほど過剰になり、肝心の伝えたいポイントがぼやけてしまうことがあります。 派手な表現になりすぎないよう注意するだけでなく、まずは『伝える』ことを第一に考えたシンプルなデザインを考えましょう。 制作に必要な主なスキル モーショングラフィックスを作るために、必要なスキルとはどのようなものでしょうか?基礎的なデザイン知識や理解、デザインのスキルなどを紹介します。 タイポグラフィやアニメーションの理解 タイポグラフィは文字をデザインとして用いる手法で、モーショングラフィックスでは頻繁に使われています。 文字を動かして視認性を高め、より効果的に表示させる手法は、テレビ番組の中でも多く見られます。 文字にモーションを付けるためには、基本的なタイポグラフィへの理解が必要です。 また、2Dを動かして表現するアニメーションも、モーショングラフィックスを魅力的なものにするためになくてはならない要素です。 物の質感や動きをアニメーションで表現する基礎の理解が、モーショングラフィックスを作る際に大いに発揮されます。 グラフィックデザインスキル モーショングラフィックスは映像の分野ですが、静止画であるグラフィックデザインのスキルは必要と言えます。 モーショングラフィックスは静止画を動かすものですから、素材となる静止画のデザインセンスが重要になるのです。 つまり、元々静止画だった素材をモーショングラフィックスにするわけですから、静止画であるグラフィックを自分で作る必要が生じることもあります。 また、モーショングラフィックスをソフトで作成する前に絵コンテを描くことも多く、グラフィックデザインの経験やスキルは非常に重要です。 素材を動かすということは、素材に対する知識が必要となるのです。 3Dデザインスキル 今や毎日のように3Dコンピュータグラフィックス(3DCG)を目にする時代となりました。 モーショングラフィックスにも3Dの表現は多数取り入れられていますから、3DCGのデザインスキルは必須であると言えるでしょう。 文字を回転させる表現ひとつを取っても、3DCGを取り入れることでクオリティが格段に上がることは言うまでもありません。 日進月歩の技術でもあるため、常に最新の情報やスキルの収集を行いましょう。 モーショングラフィックスの勉強方法 モーショングラフィックスには知識やスキルが必要だということがわかりました。 どのような方法で勉強をしたらよいのでしょうか。 具体的な勉強方法を紹介します。 独学で勉強する モーショングラフィックスを学ぶのに、大学や専門学校に行かなければならないということはありません。 すでに仕事をしている場合や、他の分野からの転職・転向の場合など、独学で学んでも映像クリエイターとして独立できる可能性はあります。 独学で学べるサイトも後の部分で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。 スクールや講座に通う 映像を学んでみたいけれど、どこから手を付けてよいかがわからない場合は、スクールや講座に通って学ぶことも有効です。 HLYWD株式会社の『BYND』は、1コース6週間で完結する短期間の映像制作スクールです。 モーショングラフィックスに重要なソフト『After Effects』を重点的に学ぶことができます。 コースによって受講会場が違うため、よく確認してください。 スクール名:BYND• 電話番号:03-6435-9131(BYND事務局)• Alchemyの『After Effects講座~基本操作、モーショングラフィックス~』は、全8回の講座です。 オンライン受講(聴講のみ)が可能なので、地方や時間が合わない人も受講できます。 1回の講座はそれぞれ日曜日に行われるので、平日は仕事をしながらでも参加可能です。 スクール名:Alchemy• 住所:東京都渋谷区上原2-43-7コンフォート上原ビル3F• 電話番号:03-5790-9765• 独学におすすめのサイト モーショングラフィックスを独学で習得するにあたり、おすすめのサイトをご紹介します。 Adobe公式After Effectsベーシックチュートリアル モーショングラフィックスを制作するために、必須とも言えるソフトが『After Effects』です。 まったく知識がないと難しい面もありますが、こちらのチュートリアルサイトでは幅広く機能を学べるコンテンツが充実しています。 Adobe社は、ご存知の通りIllustratorやPhotoshopなどを提供している会社で、クリエイティブサービスの集約である『Creative Cloud』というサービスを開始したことによってAfter Effectsも使いやすくなりました。 グラフィックの定番ソフトであるIllustratorやPhotoshopとの連携もスムーズで、料金も月額制になったため初心者でも入手しやすくなっています。 そのAdobe公式サイトのチュートリアル集で信頼度も高く、初級はもちろん中級以上向けにも実りある内容です。 ソフトに触れたことがない場合は特に、一度目を通しておきましょう。 RedGiant After Effectsを使いこなす上で役立つ、多数のエフェクトやプラグインをダウンロードできるサービスです。 独学で習得するのであれば、無料のベーシックチュートリアルもあるため、多彩なモーショングラフィックスのスキルが学べます。 After Effectsの上級者にも広く活用されており、実際の案件にもよく使用されているサイトです。 AyatoWeb After Effectsの巨匠とも呼ばれる藤井彩人氏のサイトです。 After Effectsにおけるエフェクト効果の制作例や作業の効率化などを紹介しています。 サイト中では入門者に向けたモーショングラフィックの表現技法から目的に合わせたエフェクトのかけ方まで、様々な操作方法が記載されており、読みすすめることで独学でもAfter Effectsを身につけることができるでしょう。 モーショングラフィックスの作り方 それでは、実際のモーショングラフィックスの作り方について、基本的な流れを解説していきます。 ストーリー設定 前述のとおり、モーショングラフィックスにおいてストーリー設定は非常に大切です。 奇をてらうよりも、伝えたいことや訴えたいことを元にストーリーを決めていきましょう。 ストーリーを設定する際にポイントとなるのは、以下の3点です。 視覚情報として直感的にわかる• 記憶に残る• 商品やサービス内容が明確 このような点を意識しながらストーリーを設定すると、わかりやすい表現を作成しやすくなります。 主観的な主張ばかりではなく、常に客観的な目を意識しながら表現方法を考えることを忘れないようにしましょう。 デザインや動作の確認 デザインは、伝えたい商品やサービスのテイストに合った雰囲気のものにします。 例えば、アニメーションだけを使う、3DCGを使って近未来的なテイストにするなど、大枠のテーマを決めましょう。 そこから具体的な動きを決めていく際には、いきなり動かすのではなく、基本的には絵コンテを描きながらデザインを進めていきます。 実際に動画を作ってしまうと、編集や修正は大変な作業になってしまいますので、絵コンテの段階で動きやデザインを詰めておくことが大切です。 動画加工や編集 デザインが完成したら、編集ソフトAfter Effectsなどを使って静止画の素材を取り込み、どのように動かすのか、速度や回転の仕方、方向のほか、移動の仕方など、様々な要素を決めながら加工していきます。 プリセットされたアニメーションやエフェクトがあるので、イメージしているテイストに沿うよう、組み合わせてみましょう。 チュートリアルをいくつか作ってみることで、加工の仕方が理解できます。 動画加工や編集が終了したら、適宜音楽やナレーションを加えていきましょう。 テンプレートのカスタマイズ方法 モーショングラフィックスのテンプレートは、ロイヤリティフリーのものが多くあります。 有料ではありますが、1度の購入で永続的に何度でもどの媒体にでも使用できるライセンスが取得できることが多いです。 テンプレートをAfter Effectsでカスタマイズする方法は以下のとおりです。 テンプレートのライセンスを取得する• 素材を探してダウンロードする• 素材を開いて確認する• テキストやサイズ、フォントなどを加工する 詳しいカスタマイズ方法や、人気のテンプレートが紹介されているサイトがありますので、そちらも併せてご覧ください。 モーショングラフィックスを実際に制作するために活用できる、さまざまなソフトが公開されています。 有料のソフトから無料のソフトまで、有名なソフトを3つ紹介します。 有料ソフトでも、無料お試し期間が利用できるものもありますので、積極的に使ってみましょう。 定番と言えるAfter Effects モーショングラフィックスの制作で広く普及しているのが『After Effects』です。 これは、IllustratorやPhotoshopを提供しているAdobe社のソフトで、これらのソフトとの連携もスムーズに行えるという利点があります。 定番と言えるほど普及しているため、初心者が学ぶための無料サイトも多く公開されており、独学で習得しようとしている人にもおすすめです。 モーショングラフィックスを勉強しようと思っているけれど、どのソフトにしたら良いのか迷っている人は、まずAfter Effectsから習得するとよいでしょう。 体験版なら7日間のお試し期間がありますので、試しに使ってみて購入を検討できます。 ソフト名:After Effects• 価格:月額2480円~(税別)• 公式サイト: 無料で便利なAviUtl モーショングラフィックスを無料で作りたい人におすすめなのが、『AviUtl』です。 動作環境はWindowsのみと限定されていますが、使えるようになると有料ソフトにも劣らないクオリティのモーショングラフィックスが作れるようになります。 「モーショングラフィックスを初めて使うのでお金をかけたくない」ということなら、まずは無料でAviUtlを使ってみましょう。 ソフト名:AviUtl• 価格:無料• 公式サイト: リアルタイム生成が特徴のUnity 元々Unityは複数のプラットフォームで動作できるゲームエンジン(ゲームを作るための開発環境)ですが、モーショングラフィックスを作成することも可能です。 アイデアがすぐに形になり、3Dも扱うことができます。 Personal版であれば無料で使えるため、試すことができるのも嬉しい点です。 ソフト名:Unity• 価格:無料(有料版あり)• 公式サイト:.

次の

MMDモーショントレースのコツや手順、ツールについて解説!

モーション グラフィック ス 作り方

私は学生の頃、海外美大に留学していた経験があります。 以前Twitterで、海外美大ではどのようなカリキュラムだったのか気になる!というコメントをいただきましたので 私が学生時代、どのようにアニメーションやモーショングラフィックスを勉強したかお話しようと思います。 もともとはピクサーに憧れて、アニメーションフィルムの勉強をしようと海外に行ったわけですが、 紆余曲折あってモーショングラフィックスカッコいい!!となり、その勉強をすることにしました。 モーショングラフィックスはデザイン科 どのような勉強をしたかお話する前に、そもそもモーショングラフィックスの授業があるのは、アニメーション科ではなくNew Mediaというデザインのメジャー 専攻 でした。 今ならよくわかりますが、当時はなぜアニメーション科ではなくデザイン科なの?と思っていました。 モーショングラフィックスの基本はデザインである、ということはよくわかっていなかった 当時企業のインハウス映像職が増えており、グラフィックデザインの生徒もモーショングラフィックスの基礎クラスは必修でした。 学校としても動かせるスキルがあったほうが就職に有利、ということだったのでしょう。 周りのグラフィックの子たちはかなり嫌がっていましたが、動いた方が面白いじゃん!というのは映像クリエイターのエゴでしょうか。 私が実際に授業でとったクラスはたった2つだけなのですが、その短い期間でどのように映像と仲良くなれたかお話しします。 モーショングラフィックスクラスのカリキュラム 私の学校では、1週間に1回の授業が全15回、というのが1学期の流れでした。 モーショングラフィックス基礎 After Effects は例えばこんな感じです。 課題に対してこういう表現がしたいから、 このチュートリアルのこういうところは使えるなとか、部分的に抽出して活用していました。 私のチュートリアルは、一つの作品として完結するような動画が多いですが、 なるべく技術的なところとか、必要なところだけを盗んで活用してもらえるといいんじゃないかと思っています。 週の課題で最低限の条件以外に、今回は手書き風、次はロトスコープ、次はキャラクタリスティックにユーモアのあるもの、とか自分なりにやりたいこと・テーマを決めて取り組んでいたので、そのためにはこれを勉強しなきゃ!と毎週必死で、土日も返上してずっと作業していました。 もちろん他のクラスも並行してとっているので、プロジェクトを3つ4つ抱えている、みたいな状態が4ヶ月くらい続きます。 アドレナリンがでているので全く苦でなく、楽しかった。 おかげで早く制作する癖が身についたし、実際社会に出てから、学生時代のゆっくりした時間の流れとのギャップで困ることは少なかったように思います。 最終課題は4週間がっつり時間をかけて、ひとつの作品を本場の流れで制作するという経験ができました。 これも現場では当たり前のことですが、授業でしっかり体験したことで会社での仕事の流れもつかみやすかったです。 独学でもモチベーションが保てるよーという強者は、、基本的には同じやり方で上達できるんじゃないかと思っています。 空想のサービスを考えて、デザインして、そのプロモーション映像を作ってみる。 好きな映画のエンドロールをつくってみる。 友人で商売をやっている人がいたら、無償でもいいからサービス紹介映像をつくってみる。 友人という強制力が働くのでオススメ もちろん上で紹介した課題を実際やってみてもいいと思います。 制作したものを少し時間をおいて見返して、どこが良くてどこがよくなかったか振り返る。 映像のコンセプトを考えて、デザインして、動かして、振り返る。 という一連の流れで1から作品を作ることで、仕事にいきる制作術が身につくのではないかなと思っています。 作ったあと、制作物にフィードバックをくれる人がいるとなお良いです。 ここが独学で1番難しいところではないかと思いますが。。 映像って作ってすぐ満足しがちなんですが、数ヶ月後に見返すとびっくりするくらい違うものに見えたりします。 そういう意味で、自分以外の視点で映像をみてもらうのは非常に重要です。 将来的に作品クリティークできるコミュニティを作れればいいなと思っているんですが、 オンラインスクールでそういうのあったりするのでしょうか?もしあればそこで学ぶのもすごくいいと思います。 まとめ 映像初心者の人はチュートリアルをそのままやるのは導入としていいと思うし、基礎的な操作法も覚えられると思います。 ただ チュートリアルは断片的な知識しか学べません。 技術や手法のヒントを得られるものであり、映像の本質を勉強できるものではないので、 手っ取り早く知らないことを吸収できるツールとして活用してください。 チュートリアル配信者としては、長く視聴してもらうのが一番いいんですけどね・・・笑.

次の