ウィンドウズ 10 アップグレード 無料。 💻Windows10へ無償アップグレードする方法!Windows7や8を無料でアップグレードしよう

サポート終了のWindows 7から10への無償アップグレード 方法まとめ

ウィンドウズ 10 アップグレード 無料

スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。 Windows の設定です。 「更新とセキュリティ」をクリックします。 左カラムの「ライセンス認証」をクリックします。 「エディション」をみてみると 「Windows 10 Home」になっていますね。 Windows のエディションをアップグレード Windows 10 Pro にアップグレードすると、企業ネットワークへの接続、あるい PC から別の PC へのアクセス、データ暗号化などに役立つ機能が追加されます。 とのことです。 「Microsoft Store に移動」をクリックします。 すると、「Microsoft Store」ウィンドウが表示されるので 「Pro へアップグレードする」をクリックしましょう。 Windows 10 Pro へアップグレードです。 「Home」と「Pro」の機能比較を確認することができます。 アップグレードする場合は「購入」をクリックしましょう。 「PIN」を入力しましょう。 あるいはMicrosoftアカウントのパスワード入力を求められます。 Windows 10 Pro の購入です。 支払い方法を選択し(ここではクレジットカード)、「購入」をクリックします。 Windows 10 Pro のインストールを開始する前にすべてのファイルを保存してください。 「インストール」をクリックします。 すると、次のポップアップが表示されます。 すべてのファイルを保存しましたか? 「はい、アップグレードを開始します」をクリックします。 すると、アップグレードの準備がはじまります。 準備が完了すると PC が再起動し 更新プログラムの構成がはじまります。 Pro の機能が追加されます。 エディションのアップグレードが完了しました。 「アラート」をクリックすると このように「Windows 10 Pro」へアップグレードされたことがわかります。 Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

次の

アップグレード後の Windows 10 再インストールについて

ウィンドウズ 10 アップグレード 無料

無償アップグレード後、Windows 10 の再インストールが必要な場合にどのようにすればよいのかについて、いくつかの質問があることを認識しています。 無償アップグレードの提供に関する基本的な質問と回答は以下の通りです。 Q:Windows 10 に無償アップグレードした後、Windows 10 をクリーンインストールするにはどうすればいいですか? A:無償アップグレードを利用し、一度、あなたのデバイスを Windows 10 にアップグレードして自動オンライン認証を行えば、無償アップグレード提供の期間中および期間終了後に、そのデバイスにアップグレードした時と同じエディションの Windows 10 をクリーンインストール すなわち、メディアからブートして Windows 10 をインストールすること が可能になります。 Windows 10 を購入したり、アップグレード前のバージョンの Windows に戻したりする必要はありません。 どのエディションの Windows にアップグレードできるかは、利用中の Windows 7 または Windows 8. 1 のエディションによって決まると に記載されています。 無償アップグレード利用しアップグレードと自動オンライン認証したデバイスに Windows 10 のクリーンインストールをするには• 適切なエディションの Windows 10 をダウンロードし、USB ドライブ、または DVD にインストールメディアを作成することが可能です。 Windows 10 セットアップ中のプロダクト キーの入力を省略できるようになります。 無償アップグレードを行ったデバイスでは、Windows 10 は自動でオンライン認証されます。 プロダクト キーの入力を省略するオプションは、メディアからブートしセットアップを開始する時のみ有効です。 この自動オンライン認証は、以前に同じエディションの Windows にアップグレードし自動オンライン認証したデバイスでは、Windows 10 クリーンインストール後にシームレスに行われます。 プロダクト キーは必要ありません。 Q:Windows 10 デバイスのハードウェア構成を変更すると、何が起こりますか? A:Windows 10 デバイスのハードウェアの構成を変更した場合 例えば、マザーボードの交換など 、そのデバイスの Windows の再認証が必要になると考えられます。 これは以前のバージョンの Windows Windows 7 や 8. 1 など と同様の動作です。 無償アップグレードでは、このようなハードウェア変更の認証リセットのシナリオは Windows 10 の認証に適用されません。

次の

まだウィンドウズ10に無料アップグレード出来る!

ウィンドウズ 10 アップグレード 無料

今さら、Windows 10に無料でアップグレードしたい 2016年7月29日をもって、Windows 10の無償アップグレードが終了しました。 無料期間内でWindows 10にアップグレードし忘れた人は結構いますよね。 それでは、いまさらWindows 10にアップグレードしたい場合、すでに無料期間は過ぎているので、Windows 10を購入しなくてはいけないでしょうか。 いいえ、実はそうでもありません。 無料期間が過ぎても無料でWindows 8. assistive technologiesを利用している方はWindows10インストーラ(方法1)が必要であり、その他のユーザは、システムバックアップ用ソフトー (方法2)が必要です。 ヒント:アップグレード前にシステムと大事なデータをバックアップしておく アップグレードを行う前、 システムと大事なデータをバックアップしておく事を強くお薦めします。 それは、万が一アップグレードする時にエラーが起こっても、バックアップを取っておけば、データの紛失はありません。 ここでは、 バックアップソフトEaseUS Todo Backupを皆さんにお薦めします。 システムと大切なデータをワンクリックでバックアップできます。 無料版で体験することができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。 Windows 10との互換性を確認するためです。 assistive technologiesユーザーなら、今すぐしましょう。 方法二:システムクロックを変えてからWindows 10にアップグレードする(WinBeta提供) ギックなどのパソコン達人によると、システムクロックを2016年7月29日前の時点に調整したら、Windows 10への無料アップグレードがまた可能となります。 システムクロックを7月28日或いはもっと前の時点に調整します。 アップグレード催促ウィンドウを再アクティブして、アップグレードを開始させます。 Windows 10アップデートをダウンロードしてからインストールします。 しかし、このシステムクロックを変える方法はバッグを利用するので、いつか使えなくなるかもしれません。 方法三:リカバリイメージを利用して無料でWindows 10にアップグレードを行う(EaseUS提供) バックアップソフトを利用して、まずは別のWindows 10インストール済みのパソコンでWindows 10システムイメージを取ってから、現在のパソコンで再度インストールすることでWindows 10への無料アップグレードも実現できます。 EaseUS Todo Backupを使って、別のパソコンでします。 今のアップグレードしたいパソコンでEaseUS Todo Backupをダウンロードし、インストールします。 システムイメージを保存するディスク或いはドライブを今のパソコンに挿入します。 EaseUS Todo Backupを運行して、システムイメージをパソコンで復元します。 cドライブをシステムドライブと指定して、Windows 10をインストールします。 また、EaseUS Todo Backupで搭載されるブータブルディスク機能を利用して、外付けUSBドライブ或いはハードドライブにし、現在のパソコンにインストールするのも可能です。 も提供しているので、試用の上で購入するのもありです。

次の