麒麟 が くる 土岐。 麒麟がくる|土岐頼芸・ときよりのり(尾美としのり)壮絶な家督争いの果てに道三に国を奪われた鷹の絵を愛した文化人

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」明智光秀・土岐一族ゆかりの地|瑞浪市公式ホームページ

麒麟 が くる 土岐

大河ドラマ麒麟がくる 土岐成頼 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤の舞台は室町時代末期の美濃国。 明智光秀は斎藤利政(道三)に仕える明智家の一門として物語が始まります。 美濃国は代々にわたって守護である土岐氏が支配していましたが、幕府の衰退と共に土岐氏の力は陰り、新しい勢力として台頭してきたのが斎藤利政(道三)でした。 土岐氏が美濃国において力を失ったのは、幕府権威の失墜だけでなく、一族間の熾烈な争いによるところが大きいものがあり、ここでは大河ドラマ「麒麟がくる」以前の土岐氏がいかにして名前だけの君主となっていったのかについて、大河ドラマに登場する土岐頼芸の祖父・土岐成頼の代から紹介していきます。 出典: スポンサーリンク 土岐成頼(しげより) 土岐成頼は嘉吉2年(1442)に足利氏一族の一色義直の弟・義遠の子として生まれたとされますが、他にも土岐氏の支族の子、佐良木光俊の子などの説もあり正確には分かっていません。 康正元年(1455)、美濃守護・土岐持益は、嫡男の持兼が早世したために孫の亀寿丸(持兼の庶子)を後継ぎに考えました。 しかし、この頃すでに実権を握っていた美濃守護代・斎藤利永は「幼君では不安」と反対し、持益を隠居させて一色家から成頼を迎えて守護の座に据えました。 応仁元年(1467年)、応仁の乱が起こると成頼は西軍に属し、兵8,000率いて京に留まりました。 守護留守中の美濃国は守護代・斎藤妙椿(利永の弟)が守っていましたが、美濃の有力国人たちは相次いで東軍側についたため、斎藤妙椿はこれを利用して敵を思わしき者の領地を難癖をつけて強引に没収しました。 これで支配体制を固めた斎藤妙椿の影響力は伊勢、近江、飛騨まで広がり、成頼を操って西軍を動かすほどの存在になったといいます。 文明9年(1477)、応仁の乱が講和になると、成頼は西軍の名目上のトップだった足利義視・義材親子を庇護して美濃に帰国しました。 また、この他にも多くの文化人が京から美濃に流れたため、美濃国は当時最先端の文化を吸収することになりました。 出典: スポンサーリンク 文明12年(1480)、斎藤妙椿が死去すると、2人の甥・斎藤利藤と斎藤妙純の間で後継者争いが起こり、勝者となった斎藤妙純はさらに美濃国の専横を強めていきます。 一方、成頼は長享元年(1487)に第9代将軍・足利義尚による六角高頼征伐が始まると、次は自分が狙われると考えました。 このため成頼は兵を集め、美濃山中に立て籠もりましたが、結局は義尚が死去したことで何も起こることはありませんでした。 明応3年(1494)、成頼は嫡男・政房を廃嫡し、溺愛する四男・元頼に家督を譲ろうとします。 しかし、これに斎藤妙純が反対し、政房を推して成頼に隠居を迫りました。 成頼は斎藤妙純の家臣で「小守護代」と呼ばれた石丸利光や斎藤妙純に追放されていた斎藤利藤と共に『元頼派』を形成して争いましたが、斎藤妙純の前に敗れ、家督は政房に譲られました。 隠居後「宗安」と名乗った成頼は、明応6年(1497)に死去、享年56。

次の

麒麟がくる【土岐頼芸の祖父・土岐成頼】大河ドラマ麒麟がくる以前の美濃、土岐氏、斎藤氏の関係に迫る①

麒麟 が くる 土岐

スポンサーリンク 土岐の鷹 土岐一族と土岐の鷹 美濃国で守護の地位にあった土岐氏一族は武家でありながら代々、和歌・連歌・漢詩・猿楽・絵画などの文化文芸に造詣を深めていました。 このため、土岐一族からは幾つもの書画を書き残す人物が輩出され、特に一族が好んで描いた鷹の絵は「土岐の鷹」として代々伝えられていきました。 土岐一族の中で「土岐の鷹」を得意とした者には、土岐頼忠、土岐頼芸(富景、洞文?)、土岐頼高が挙げられ、全員が武人画家として評価されています。 頼忠が描いた土岐の鷹、「蒼鷹の図」は雅号である「衲正筆」の文字が光によって浮かび上がる隠し落款となっている大変珍しいものです。 一族の中で特に秀でていたとされる頼芸の描いた鷹の絵は珍重され、土岐頼芸の名が「土岐の鷹」の代名詞のようになっています。 また、土岐氏系図上で確認できませんが、同時期に鷹の絵を得意とした一族の画家・土岐冨景、土岐洞文は、頼芸と同一人物と推定されています。 頼芸作としては瑞浪市の開元院所蔵の「鷹の図」、千葉県夷隅町郷土博物館所蔵の「鷹の図」が残っています。 さらに同一人物とされる富景作として「鷹の図」も東京国立博物館に所蔵されています。 頼次はその後、豊臣秀吉に馬廻として仕えたあと、さらに徳川家康に仕えて関ヶ原の戦いに従軍し、徳川幕府が開かれると旗本になりました。 土岐頼高は頼次の次男として生まれ、尾張藩徳川家に仕えて「鷹の図」を残しました。 これまで土岐一族が描いてきた「土岐の鷹」とは全く画風が異なり、鷹の表情が穏やかになっていると感じるのは戦のなくなった江戸時代の時代背景が影響していると考えられます。 出典:.

次の

麒麟がくる|土岐頼純役の俳優は誰?【名前は矢野聖人】|DRAMARC

麒麟 が くる 土岐

『麒麟がくる』では、斎藤道三に毒殺された土岐頼純の肖像画(土岐家の菩提寺「南泉寺」蔵・岐阜県山県市) 大河ドラマ『麒麟がくる』で、本木雅弘演じる斎藤道三に毒殺された美濃守護・土岐頼純。 第3話では、尾美としのり演じる土岐頼芸が登場する。 ドラマの中では、守護とはいえ頼りなさそうな雰囲気が醸し出されているが、土岐家は、源頼光を祖とする名門美濃源氏の後裔である。 美濃守に任ぜられた頼光、頼国親子の子孫が、美濃に土着し、土岐氏を称した。 家祖頼光の弟は、後に源義家、義朝、頼朝を輩出する河内源氏の祖・頼信である。 源平合戦や承久の乱など中世の戦いには必ず名の残る、武家としては名門中の名門一族で、『太平記』の時代には、バサラ大名・土岐頼遠が、足利尊氏に従い、鎌倉幕府倒幕の戦いや南朝方の戦いで功績をあげた。 一方で、酒気帯びの状態で光厳上皇が乗る牛車に対して狼藉をはたらいた罪で、斬首されるという事件を起こしたことでも知られる。 光厳上皇に対して、「院というか。 犬というか。 犬ならば射ておけ」と矢を射たともいわれ、歴戦の功臣であったにもかかわらず極刑に処された。 幸い、土岐家は甥の頼康への承継が許され、美濃だけではなく尾張、伊勢の守護にもつく。 勢力を増したことから、後に、足利義満の「有力守護分断政策」に翻弄され、一族間の争いが続くことになる。 美濃国内では、守護代の斎藤氏や長井氏などの台頭を許すことになり、徐々に勢力が衰えていくのである。 そもそも土岐家は、前述のバサラ大名・頼遠が、『新千載和歌集』などの勅撰和歌集に歌が選ばれるなど、文武両道の一家。 歴代当主も風流人としての側面を輝かせる人物が多かった。 応仁の乱後の不穏な世相の中、美濃に落ちて来た都の公家らとの日常的な交際が、「武門の誇り」をそげ落とすことになったのだろうか、『麒麟がくる』初期の舞台となる天文16年(1547)の段階では、斎藤道三に美濃の実権を奪われた状態にあった。 『麒麟がくる』にも登場する土岐頼芸は、結果的に守護としての土岐家最後の当主となるが、彼もまた風流人であった。 彼の描いた鷹の図は「土岐の鷹」と称されて、その画才を今に伝える。 『麒麟がくる』の舞台は、応仁の乱開戦からすでに約80年。 わが国に武士という勢力が勃興して以来、綿々と紡がれてきた一族終焉の背景には、ひとりの当主の力のみでは抗いがたい時の流れがあったに違いない。 土岐宗家は、頼芸の後、頼次、頼泰と続く流れが、江戸幕府旗本として家名を伝えている。 頼泰の次男で頼芸のひ孫にあたる頼照は、旗本梶川家の養子に入っている。 通称・梶川与惣兵衛。 元禄14年(1701)、江戸城松之廊下で発生した浅野内匠頭による吉良上野介への刃傷の際に、居合わせ、内匠頭を押さえつけた人物。 忠臣蔵のドラマで「殿中でござる」と叫ぶのがそれである。 『麒麟がくる』に登場する土岐頼芸を見る時に、「諸行無常」「盛者必衰」という『平家物語』で示された物ごとの理(ことわり)と、歴史の大河は頼芸の後も脈々と続いているということに、少しだけでも思いを馳せていただきたい。

次の