月 ノ 美兎。 【月ノ美兎】ホロにも影響与えちゃうんだよなぁ

月ノ美兎/エピソード

月 ノ 美兎

の配信 「 」。 視聴者から「天才」の語が大量にツイートされていた。 絶賛すぎてびっくりした。 の「ガワ」と「魂」の話を、百物語の土地伝説から流れるように、バーチャルに落とし込んでいる。 なにより、「バーチャル」に対する批評性の芯を持たせつつ、エンタメに昇華している。 いやあ委員長すごいよ。 時期的にも、本当によく切り込んでネタにしたなと。 メモも兼ねて日記書きます。 の魂が入れ替わるまで ことの発端は、本間ひまわりと行った、百物語企画。 視聴者やから集めた百の怪談を読み上げ、ろうそくを消していく。 他のライバーのゲスト出演などもあり、怖くとも和やかに楽しめる内容。 ただ、配信中妙な出来事がいくつか起こり始める。 後半の46分20秒くらいから、のチャンネルで配信しているにも関わらず、突然 本間ひまわりのチャンネルで謎の配信がスタート(は残っていません)。 その後は、 怪談動画を流している最中にも関わらず、トイレのため一時退席。 これには本間ひまわりも動揺。 百物語終了後、と本間ひまわりは、のを増やすために 少女を縛って監禁し、魂を剥がそうとしていたことが判明。 儀式が終了後、の声はいつもと別のものに。 本間ひまわりが話しかけても、挙動不審なまま。 配信はそのまま、終了。 その後、ののツイートに異変が発生。 は独特の、インターネットに精通したネタ寄りのツイートばっかりだったでしょう? こんなに真っ当な発言をするはずがない。 まだ、終わってない。 委員長の魂、どこにいった? それとは別に、 というアカウントが開設され、何者かが助けを訴え始める。 インターネット慣れした文体で、誰もが「だ」と信じた。 これだけだったら、顔も声もわからないのに。 その後、が普段から使っているnoteにアップされた日記で、さらに波紋は広がる。 は様々な落書きやへの好奇心を書いているはずのnoteなのに、この日はまともな女子高生すぎる。 ということは、魂が治らないまま、別の魂がバーチャルな高校に通っているってこと? いや待て、そもそもバーチャルな高校ってなんだ……? 今までが通っていたのは本当に高校なのか? 新たな配信が決定し、発表される。 一体どっちのなのか?……そもそも視聴者が見ていた「」って、なんなんだろう。 魂・身体 謎を残したまま、配信が始まる。 普段委員長がやるんなら「お前ら癒やされろ」くらいのタイトルでしょ? 左が 「の身体に、一般人女性の魂が入り込んだ状態」、右が 「の魂がどこぞのゾンビに定着してしまった状態」。 ここしばらくで、と魂の入れ替え問題が続いていたこともあり、多くの人が反応。 「魂」という表現は、今の界隈で使いやすい単語の一つ。 ざっくりいうと 「声優」「演者」「アクター」「中の人」のこと。 ただ、規定のキャターに自分を寄せて演じる「声優」ではないよ、というのは大前提。 演者本人の素を活かし、と一体化しているというのを強調するために「魂」と名付けた。 そういう意味では、複数人スタッフでを運用している場合は、それらの人もひっくるめて「魂」と呼ぶことも。 「魂がを衣装のように着ている」という認識。 実質「演者」でも意味は間違ってないんだけど、知らない人の混乱を招くため、わかりやすく説明したための単語。 これを、百物語の「人間の魂」そのものに引っ掛けた。 ここで左の「一般人(のガワ)」が「ゾンビ」に質問をする。 本人だったら自分のことがわかるのではないか?と。 最初はわかるはずもないような無茶な質問だったけれども、徐々に、知っていて当たり前のはずの質問に変化。 「ゾンビ」は身体から魂が剥離してしまっているため、「開始の挨拶」のような簡単すぎる質問に答えられなくなる。 最後には、自分の名前すら忘れてしまう。 中でも 「おるやんけ」という、デビュー初期、「OUTLAST」実況でと視聴者の会話の盛り上がりの中で流行したセリフを忘れているシーンは、ちょっとゾクッとする。 あの時のこと、忘れたの? 記憶・設定 「ゾンビ」は自らの魂の器を探すために放浪をはじめます。 そこで見つけたのが。 ライバーの顔イラストと、設定資料。 ここのチョイスがなかなか絶妙。 例えば 鈴谷アキは、 「周囲の人を騙すのが大好きで、あざとい。 性格は腹黒い。 しかし、可愛いから何でも許される。 」というキャター付けの設定がなされていました。 実際は、非常にみんなに優しく気遣いができて、癒やしをあたえる存在。 腹黒設定は残っていません。 鈴谷アキ(の魂)の人柄の良さによって消滅した、「死に設定」として有名な部分です。 最近だと 御伽原江良の外と内の違いは有名。 デビューしたての時の、純清楚を目指していた状態を「江良ちゃん」、今の割り切り開き直りスタイルの大胆なスタイルを「ギバラ」と呼んだりすることも。 なんかこの絵面だけで笑えてしまうのがギバラのいいところ。 のような企業の場合、大体が最初に設定付きを準備して、オーディションを開催する(受かったあとにを作ることもなくはない)。 ではライバーは、設定を遵守して最後まで守らなければいけないかというと、そんなことは、おそらくない。 もちろん会社によるけども。 「ゾンビ」は、貼られているライバーの写真に対して 「キャター」という表現をしていて、ゾワッときた。 魂が入っていない状態なら、そのはいくら見慣れた「」であろうとも、「」本人ではなくて、キャターなのだ。 は、設定を完璧に演じる義務がある「キャター」ではない。 魂やスタッフとが、一番しっくりくる状態で、自由に自らを出しながら活動するのが、・の、今の主流。 は、キャラをすぐさま崩壊させ、 魂がはみ出した状態で、心赴くままに好きな活動をする、という今の思想を真っ先に行った人物の一人。 彼女がそれを忘れて、キャターを演じようとふらふらさまよう様子は、笑えつつもなかなか見ていて辛いものがある。 最後に見つけたのが、親友である 樋口楓と、の顔。 ここで、樋口楓は絵の中から声をあげる。 「お前、みとちゃんじゃないやろ、お前だれや」 樋口楓は、 キャター設定にあるの解説文を否定する。 「高校2年生。 性格はだが根は真面目な学級委員。 本人は頑張っているが少し空回り気味で、よく発言した後で言いすぎたかもと落ち込んだりする。 」というのがの。 しかしは、 学級委員という部分くらいしか今は遵守していない。。 最近は特に、自らの表現手段であることを優先して、「の設定」に囚われすぎないように活動している。 ストリップや競馬に行ってレビューする、という「女子高生」設定を「バーチャルだから」でぶっちぎっているくらいだ。 樋口楓がの魂を引き止めるために行ったのは、 視聴者のコメント欄を参加させて、との思い出、またはのイメージを形にすることだった。 忘却しかけているの魂の記憶そのものは、側に残っている。 それよりも、 視聴者との交流の記憶や、視聴者側が持ったイメージの方がより「」である、という流れだ。 自我とは別の、 自分と視聴者とのやり取りで生まれた「印象」が「」を作る、という表現を、リアルタイムで見せつけた。 「雑草」とか 「ムカデ」とか、最初期のワードがたくさん出てくる。 本人の意思より、そっちが尊重されて、らしさを取り戻していく。 考えてみたら別に「雑草」「ムカデ」は今のとはあまり関係がない。 そもそも「」は見ただけで、好きとは一度も言っていない。 のイメージとは、そういう視聴者による曖昧なもので構成されているのが事実だと、思い知らされる。 「一般人(のガワ)」の元に戻ってきた「ゾンビ」。 彼女は、ネット民が考える 好き勝手な、根も葉もない噂を、一般人にぶつける。 これは事前にゾンビがメールで募集していた 「に対する創作のキモい噂」からひっぱってきたもの。 えげつないものがかなりたくさんあったが、「それでいい」のがだ。 は「ありえないようなひどい噂」すらも、自分の一部としてしまった。 人に見られるあらゆることを、に変えてしまった。 キモければキモいほど、リアル魂ではない、バーチャルな「」の存在そのものに対する強固な支えになっていく。 彼女が「インターネットの子供」として、あらゆるものを吸収して膨れ上がるイメージのモンスターになっていく。 身体を取り戻した、その姿は新たな「にじ3D」で自由に動き回るという、大幅グレードアップしたもの。 おそらく今回の配信は、この「にじ3Dお披露目」だったんだろう。 本人曰く、百物語終了後に思いついて急に作り始めたそうなので、元々考えていたものではないらしい。 バーチャルへの批評性ある構造 ・の身体と魂の関係 入れ替わりの可能性 ・本来の設定と、本人の言動のズレ ・に対するネットの勝手な噂話、インターネット性、真偽と別の像 ・本人とリスナーとの関係性とイメージが、バーチャルな実存を作っていること ・の「キャター」発言 への批評性を、コミカルにまとめた配信だった。 ただ、批評をするために作っているわけじゃないんだろう。 そもそも、重要なはずの一般人女性の魂が戻る部分のディルは、めちゃくちゃ雑。 魂ひっぺがした行為の自業自得感も「委員長だからなあ」で済んでしまっている。 面白いことをやろうとした結果、彼女の思想性がドバドバでてきた、という感じに見える。 00年代のインターネットの遊びじゃないか! これはこれで独立したエンターテインメントなので、余計なことを考えず楽しめる、茶番だ。 ただ、ゲーム部やなどの「魂」と「」の話が大きく話題になっている時期なだけに、色々考えてしまう。 「魂=」でも「=」でもないなら、どれがバーチャルな存在なのか。 これは現段階で最も悩まされている、一筋縄ではいかない問題。 今回はなりの思想の一部が漏れているように感じられる……けれども、それすらも受け手の勝手なイメージ。 ぼくが「はネットやバーチャルについて色々考えていそう」というイメージを持っているから、勝手にこんなことを想像しているだけかもしれない。 興味深いのは、 「周囲の視聴者のイメージが作り上げるバーチャル像」の流れ。 雑草を食べる委員長、というのは確かに初期の1発言であったけれども、エピソードの一つに過ぎない。 けれどもファンの間では、委員長と雑草は切り離せないものになっている。 「の魂」には重要ではないかもしれないけれども、「」のとしては重要な役割をになっている。 最近の面々も、商品キャター化されている。 その際イラストに描かれているのは、「視聴者が抱くライバーのイメージ」だ。 周囲からの見方が、仮想の姿を形成している。 魂の自我と、外部からの見え方によって、培われ組み立てられたバーチャルな命には、別の魂では置き換わることが出来ない。 のに記憶は残っていたが、それだけでは「視聴者のイメージ」が伴わず、「」として実在できなかった、という展開はかなり考える点が大きい。 この考え方は、全てに当てはまるものではない。 は魂の表現手法である、という思想の場合、表現の妨げになりかねない周囲のイメージは、ノイズになってしまう。 それを受け入れるか払拭するかは、バーチャルへの向き合い方によって異なるはずだ。 は、受け入れることで、今の存在になった。 顔よりも声よりも 今回の配信で、声すらなくても「」はイメージで存在できるのが立証されたのは、大きな出来事。 「無名」のツイートと、noteの内容は、本来であれば声も姿もないのだから、誰か別の人が書いたかもしれないと疑っていいはずの文字列。 なのに、そのツイートだけでほとんどの人間が「だ!」と確信したし、noteでは「これはじゃない!」と断定した。 文字列で、バーチャルな存在は作れる。 今回、の身体を取り返すプロジェクトに視聴者が参加したことで、視聴者はバーチャルに干渉した。 配信中での、樋口楓の叱咤激励が印象的。 「クソ雑魚委員長!」 視聴者の中で当たり前になったこの呼名=レッテル。 失礼な単語だ。 でもこの言葉こそが、「」の実在を形作る、重要な要素になっている。 たとえ本人が「クソ雑魚委員長」でなかったとしてもだ。 追記:委員長のネタバラシnoteが熱い。 makaronisan.

次の

月ノ美兎とは (ツキノミトとは) [単語記事]

月 ノ 美兎

エピソード• ミラティブの初配信にてエログロで有名な映画 『ムカデ人間』を見たことがあるかと訊かれて 内容を説明してしまう。 あくまでもリスナーからの質問に答えた流れで述べたのであり、特別に好む作品というわけでもない。 「ムカデ人間のことなんて全然好きじゃないんだからね!」なおでは映画『僕らのミライへ逆回転』を「すっごく面白い」と述べ、映画レビューにも意欲を見せている。 『ムカデ人間』は学校の映画研究部で見たとのこと。 これによりリスナーから「サブカルクソムカデ」という愛称で呼ばれるように。 2018年2月14日の配信にてトラブルのせいで大人しい様子を「借りてきたムカデ」とリスナーに評された。 にはその呼ばれ方を「結構気にいっている」と語った。 2020年4月28日、ニコニコ生放送にて『ムカデ人間』 1 のを行った。 フラッシュゲームを好んでおり、活動初期からしばしば実況プレイしている。 特に有名なのがヨーロッパ企画のゲームである。 なお、ここで言う「ヨーロッパ企画のゲーム」とはヨーロッパ企画のメンバーが制作したゲームだけでなくヨーロッパ企画が主宰した「ゲームムービーフェスティバル」(, )に提出された外部制のゲーム(デイリーポータルZ制作の「眼鏡がないと家に帰るのがコンナンのゲーム」など)を含めたもの。 最初に実況プレイしたのは2018年2月10日のYouTube Liveにおけるでの「名探偵スワ~」• 2020年1月16日のをもってとなった。 パンツマン氏と 実質会食をしている。 においての発言。 食事描写のあるアニメ・漫画などに出てきた料理を再現することを好んでおり、豚汁を料理して食べる動画内のパンツマン氏と同時に自分の作った豚汁を食べたことがあるとのこと。 2018年10月21日のニコニコ町会議にてパンツマン氏とコラボ。 自らをイメージする料理を作ってもらい、サイン付きフライパンをプレゼントされた。 虫料理を食べたことは一度ある。 郷土料理の店で蚕を食べたが、激マズだった。 小学生の頃にはよく雑草を食べていた。 物心が付きたての頃に小学校の校庭の雑草を食べてコンプリートした。 どれが食べられてどれが食べられないのか、という純粋な探求心ゆえの行動である。 クローバーは酸味があっておいしい。 紅葉は激マズで人の食べる物じゃない、とのこと。 ニコカフェ(2018年10月9日~22日)のコラボメニューにこのエピソードを基にした「思い出の雑草パスタ」が並ぶことに。 小学生の高学年に着衣水泳にハマっていた。 家の風呂で水を張って着衣入浴をしていた。 2019年5月17日、着衣入浴配信をした。 布団と机と大きめの額縁を組み合わせてアナログごたつ ? を作ったらしい。 ハロウィンの際には、高校が結構自由な学校 だったこともあって、「 バケツを首から下げて一時間に1回血を吐く」という仮装をしていた。 ちなみに、この時余った血糊を生地に混ぜ込んだクッキーも焼いており、その画像を見た視聴者から「胎児クッキー」と命名された。 この仮装を見た3限の英語の先生が救急車を呼ぼうとした。 未出であったこの情報をネタにした5択クイズが「放課後ニコ生放送局」にて行われた。 視聴者投票の結果は正解であった。 2018年10月26日にお披露目されたハロウィン衣装はこれを再現した「血吐き少女」である。 お披露目の際に中学時代の制服(セーラー服)を仮装に使用したことを明かしている。 2019年5月19日に行われたアイドル部1周年記念ライブに送ったビデオメッセージは、この衣装で収録している。 LINEニュースのどうでもいい情報が大好きで記事のスクショをフォルダにまとめ、月一で選んで待ち受けにしている。 そのスクショでTCGを作りたかったが流石に躊躇した。 現在の待ち受けはホーム画面は• 良い記事があったらメールで寄せてほしいとのこと。 で発表する予定。 ラジオ企画の詳細は• で回線が重く模様替えが出来なくなったストレスを解消するためボイスチェンジャーを使い、キモオタ 本人はイケボだと思っている ボイスでルイズコピペを読み2000の低評価をリスナーに押される その後のロリボで回復した模様。 なお、同配信にてのをリクエストされた後でイキリトネタを披露したことでハジメを不快にさせたものの、をし和解済み。 このイキリトネタはハジメの声真似として行われたのではなく、ハジメの声真似ができなかった直後、次のリクエストに答えて行われたものであることを補足しておく。 では、が放送を見に来ていたことが、リスナーのコメントによって生放送中に発覚。 「クソ雑魚化」と評されるほどひどく動揺しながらも、ミライアカリへの愛を伝えていた。 2018年3月10日 「みとの日」 の配信において瞬間視聴者数22,000人突破。 この配信にてリスナーの制作した「ムカデ人間ゲーム」をプレイする。 同時に「ムカデ人間」がTwitterトレンド入り。 ムカデ人間の公式アカウントは最初何が起きたか把握していなかったため、テレビで放送でもされているのではないかと思ったとのこと。 生まれついての納豆厨を自任する。 そのせいで失敗することも。 2018年3月10日の配信において語ったところによると、ラジオ企画のコーナーの説明の為に、学友がお便りの例として書いた豆腐丼のレシピをみた委員長は、生放送三十分前にそれを作成。 だが、食べている最中に納豆厨の委員長が納豆を追加投入した結果、半分程食されていた豆腐丼は納豆丼と化してしまった。 月ノ美兎はゲロインだったと発覚した瞬間である。 「これ、リアルゲロですよ」• 水戸納豆のCMに出ようと画策し、2018年11月14日、AbemaTVの番組「にじさんじのくじじゅうじ」にて茨城県非公認ご当地キャラ・とコネクションづくりのために共演。 そして12月5日の放送で水戸納豆のCM出演とコラボ商品「美兎納豆」の発売決定が告知された()。 総本舗水戸納豆公式HPにて受付。 2018年3月14日、のホワイトデーライブ中に(自身のYouTubeチャンネルで瞬間視聴者数25,000人超)。 この配信において「わたくしで隠さなきゃモード」と称してゲーム『おえかきの森』のお題を隠そうとしたが、それに用いられたのはなぜか月ノ美兎自身の顔とゲーム「いんかく!」の画像を使ったクソコラ画像であった。 配信中に「移動するお題を隠せない」という欠陥が露呈する( 「わたくし、隠せてない」)も、クソコラ画像を拡大することで強化して克服。 結果として、リスナーたちの祝辞に感謝の言葉で答える彼女の頭上にクソコラ画像が大きく写し出される、という何とも言えない絵面となった。 いわゆる「銀の盾」は2019年6月20日に事務所に届いた。 ディズニーパークではパレードよりアトラクション派。 気にいったアトラクションはマッピングをする()。 2018年3月15日「SOLiVE24ムーン」放送中に「WEATHEROID TypeA Airi」から。 2018年9月20日にコラボ配信が実現。 2019年3月30日に出版されたAiriの著書『お天気お姉さんVTuber ウェザーロイドAiriのソラヨミのススメ。 』にはAiriと月ノ美兎の対談が掲載された。 オーディションのときも猫を被っておらず、ランダムで出されるお題を15分かけて全てやりきったとのこと。 の「エイレーンが銀の盾の代わりに牛糞を受け取る」という展開と、エイレーンが自らと同じく雑草を食べたことで知られているのを踏まえてのネタである。 牛糞ネタはさらにさかのぼれば、に由来する。 でモデルによって赤面顔が違うというのをモイラのモデルを使用して実証した。 いわながCOOがこれについて見解を出している。 あえて本文は出さないので気になった方は読んでほしい• 表情が「上目遣い+にやけ顔」になりやすく(特に中腰スタイルだった初期の配信に多い)、ある種のトレードマークとなっている。 ファンアートでもギャグスタイルの委員長はだいたいこのアヤシイ表情で描かれる。 タイピングの速さにはそこそこ自信がある()。 小学生の頃にタイピングが速すぎて気持ち悪がられ、中学ではわざと力を抑えていた。 小学6年生の時にチャットで1人3役、男一人女二人の三角関係を演出し、いんかと君なる人物をまんまと騙したとのこと。 後に名乗り出たいんかと君は委員長によって本物であることが確認されたが、いんかと君の方は委員長のことをあまり憶えていなかったらしい。 クリオネを踊り食いした。 を参照。 2018年4月15日夜から高熱を出して体調を崩す。 翌日に予定していた第2回放課後ラジオの配信も延期となった。 後に語ったところによると、店で食べた茹で牡蠣にあたってノロウイルスを発症した。 それ以来牡蠣を食べられなくなった。 半年後にも「一番不幸な出来事」としてこの事件を挙げている。 試食コーナーおよび、西野カナのCDにシールを張るライン作業のアルバイトを経験。 「身長が低いせいで未成年だと思われるらしく、夜中に出歩いていた際に年齢確認を受けたことがある」と口走り、中学生だと思われたという意味だと訂正した。 中学生のころに自分が水(氷を含む)属性の能力者であるという妄想をしていた。 技はのべ200ぐらいをノートに書いていた。 技の命名法は「とりあえず武器の名称の前にウォーターをつける」というもの(ウォーターボンバー、ウォータートンファー、ウォーターソードなど)。 プリクラの機械の中の人の物真似が得意で、度々披露する(JK組お花見配信、ヨメミとのコラボ動画)。 みとらじ 5の日直がアップランドが運営する. LIVEのアイドル部に所属する金剛いろはであることが発表された後、2人の共通点が話題となった。 自身もそれを感じていた模様で、日直として誘ったのはそれが理由とのこと。 アイドル部自体がにじさんじと同様2Dで生放送主体である(例外あり)というのもあるが、ゲーム配信である意味神ゲー(クソゲー)をプレイする、笑い方に特徴があるといった点を委員長は挙げていた。 なお、映画好きという点も同じであり、金剛いろはもムカデ人間は視聴済みである。 生肉をレジン加工した代物(通称 「レジン肉」)を制作して腐敗していく様子を観察しようとした。 2019年6月3日に• 、案件先でやたらと台本を「ですわ」口調で書かれてしまうらしい。 2019年2月12日、『アマガミ』を実況配信したことにより「アマガミ」がTwitterのトレンド入り。 来る3月に10周年を控えていた作品であることも作用してか、配信を知らない『アマガミ』ファンがトレンド入りに反応してツイートすることで翌日昼頃までトレンド入りの状態が続いた。 Twitter上では、など、関係者によるツイートも目立った。 なんとアマガミの10周年イベント「創設祭」()が催されることになった。 会期は7月13日- 7月28日9月1日()。 2019年3月22-26日、AbemaTV「にじさんじのくじじゅうじ」特別企画として「アクティブAKIBA バッティングセンター」にてバーチャルピッチャーとなった。 2019年4月28日、ニコニコ超会議出演後に高熱を発して体調を崩す。 29日、インフルエンザと診断される(, )。 AB両方の型に罹ったとのこと。 の冒頭で療養中の様子を語っている。 2019年5月25日、『閃乱カグラ』のスピンオフ作『シノビリフレ』を実況配信。 結果、「シノビリフレ」がTwitterのトレンド入りしたばかりか。 マーベラスの『シノビリフレ』公式サイトにアクセスが殺到し鯖落ち。 果ては飛鳥役の原田ひとみ氏がを事態になった。 にじさんじのライバーのYouTubeチャンネルを全員分登録しており、暇な時にやっている配信をランダムで見たりする。 2019年7月17日、上海に出かけた。 初の海外行きである。 上海行きについては帰国後、にて振り返っている。 19日のイベント「Bilibili Macro Link-Visual Release 2019」(BML)出演のため。 中国のファンからの愛称は「阿委」「兎頭」。 BMLの前にご学友とともに上海ディズニーランドに行った。 渡航前にマネージャーから考えうる危険について注意を受けていたのだが「治安の悪い場所を教えると却って好奇心に駆られて見に行ってしまうのでは」と心配したがマネージャーを口止めしようとした。 いちから株式会社が現地で共同プロデュースしているVituaReal Project所属のライバーたちからプレゼント(サハラ砂漠の砂)や差入れ(「タピオカミルクティーのタピオカ抜き」など)を貰った。 2019年7月20日、ゲームアプリ「ドールズフロントライン」のリリース1周年記念番組に出演。 「」でお世話になった「虚無おじ」ことADの三谷さんと再共演した。 数年前に親戚の3歳くらいの女の子にゴミを食べさせられた。 パン屋の面接で長所を尋ねられて思いつかず「人を嫌いにならないこと」と答えた。 面接は落ちた。 小学生の頃に飼っていた2匹の金魚に受け狙いで「塩焼」と「ムニエル」と名付けていた。 かつて通っていた絵画教室で「吹き戻し」が課題となった際に受け狙いでふざけて描いた絵が先輩や教師から思わぬ好評を受けた。 そのことがきっかけで価値観が変わり、自分でも邪道だと思っていた「おもしろさ」を「正義なのかもしてない」「それでよい」と思うようになった。 「定義は簡単に揺らぐもの」とも述べている。 好きなおにぎりの具は「穿いていない」とのこと。 2019年9月24日にデビューしてから2度目の誕生日を迎えてTwitter上でフォロワーにお祝いへの返礼を述べるなどしていたところ、突如アカウントが消滅 1時45分以前。 生年月日の設定をいじって「13歳未満はTwitterをすることができない」という規定に引っかかってしまったためであることが、のを通して伝えられた。 曰く、ホーム画面に風船を飛ばしたかった、歳を取らないからと生年をデビューした2018年に設定した、とのこと。 同日5時15分までに無事アカウントが復活したが、同日夜の配信では「おかげで風船を見るのが怖くなった」と語りながらも、しっかり配信のネタにしていた。 実はくせっ毛で、普段のストレートヘアは努力によるもの。 虫歯になりやすい体質。 そのうえ虫歯の疑いがあってもなかなか歯医者に行こうとしない。 2020年1月30日には視聴者参加の「マリオカート」で最下位を取ったら歯医者を予約する、という配信をした。 また12月7日に文化放送(地上波)にて放送された特番『文化放送サタデープレミアム にじさんじvs鷲崎健の異次元トークFight!! 』のパーソナリティを鷲崎健とともに務めた。 映像作りの勉強として映画を見るようになった。 元は油絵を描いていたが、それに行き詰っていた時に「テクネ映像の教室展」を見に行って映像を作ってみたくなり、その勉強のために映画を見るようになった、とのこと。 中学2年生くらいまでは家庭でゲームを禁止されていたため、コンシューマーゲームに慣れていない。 他方でパソコンは咎められなかったため、タイピングが速くなり、フラッシュゲームに傾倒した。 小学生時代でも1,2番目に背が低かったらしい。 幼少期はサブカルチャー発信地として有名な下北沢界隈に住んでいた。 2019年12月1日、BS日テレにて放送されたキズナアイMCの特番「のとく番~アイは世界を繋ぐ~2019」内にてVアワード2019「Good Contents賞」を受賞()。 2020年にSACRA MUSIC Sony Music Labels からメジャーデビュー。 2019年12月8日、にて告知(, )。 2019年12月31日に流れたメジャーデビュー告知のには2019年4月1日の配信に登場した怪人物「偽ノ美兎」が出演している。 「にじさんじ」と「ソニー・ミュージックレーベルズ」の共同プロジェクト『しのごの』()に所属するという形である。 2019年12月10日のガチャ配信に向けて用意した軍資金でiTunesカードを買うつもりが間違ってGoogleplayカード 3万3000円分 を買ってしまった。 話し相手として呼んだが自身が引きたい喜多見柚SSRを最初の10連で先に引いてしまい発狂する。 2019年12月中旬にの3人でハワイ旅行に出かけた。 この旅行中にウクレレを購入して練習し、以後の配信で弾き語りを披露している(、、)。 このウクレレは壊れてしまったとのこと(にて発言)• 高校で2か月ほど軽音部に所属していたことがある。 2020年1月9日を最後にメールを閉じ、Googleフォームを使っていくことになった。 個人情報の取り扱いの面からいちからの規則が変わったためである(および冒頭を参照)。 2020年1月19日、リアルイベント「」に出演。 お客さんとの交流コーナーで用いられた自身のパペット(操作していた黒子のADのお母さんの手作り)を貰い受けたので、今後動画などに使ってみたいとのこと。 同年2月4日の配信「」において、このパペットが「パペノ美兎」として登場。 千円札を募金箱に投入する係を務めた。 にて麻酔が効きにくい体質ということが判明。 2020年6月5日、がで2回も配信を切り忘れていたのをとも教え、野良猫に通話をかけた美兎と、ドラム:文野環,ボーカル:月ノ美兎で やりたいことリスト 「死ぬまでにやりたいことリスト」を作っている。 以下、明らかにされたリストの項目を列挙する。 バーチャルライバーとしてやり遂げたいこともリストアップされているが、そうした項目はネタバレを避けるために秘密にしているとのこと。 あんこうを食べる(にて言及。 この時点で未消化)• オーロラをみる(にて言及。 この時点で未消化。 この時点で未消化。 乗馬(未消化。 この時点で未消化。 この時点で未消化。 アイソレーションタンクに入る(、自作イラスト付き。 voreを味わう(、自作イラスト付き。 この時点で未消化。 この時点で未消化。 にて語った。 にて小ネタを語った)• ギャルカフェに行く(、自作イラスト付き。 競馬を見に行く(にて語った)• コンビニ強盗(。 ゲーム配信にあたっての冗談であろう。 同配信にて消化済)• サバイバルゲームに参加(にて語った)• JK組でハワイに行く(、、後者は自作イラストあり。 執事喫茶に行く(、自作イラスト。 上海のディズニーランドに行く(にて語った)• 月ノ美兎として有名になったことで消化済としたとのこと)• ストリップショーを観覧(にて語った。 にて2度目の観覧についても語った)• 断食道場に行ってみる(にて言及。 この時点で未消化。 にて語った。 自作イラスト付き)• 泥パックをやる(にて語った)• この時点で未消化。 にて語った• フグチリを食べる(にて語った)• この時点で未消化。 2019年12月にハワイの海で泳いだことで消化済みとしたと思われる)• ロボットレストランに行く(、自作イラスト付き。 初出は?) での発言による。 KAI-YOUのインタビューより。 大阪・箕面の名産「もみじの天ぷら」は製造工程で一年間塩漬けしてあくをとるとのこと()。 を参照。 を参照。 を参照。 この顛末は。 エイレーンは貧乏ゆえに、月ノ美兎は幼いころの探求心ゆえに、という違いはあるのだが。 数日前に行われたホワイトデーJKコラボでもやらかしている。 初出は際の場繋ぎトーク。 初出はか。 でも語っている。 両足に付けた器具から水を噴射して海上浮遊(ジェットブレード・フライボードの類か。 ) 高級な苺 vorarephilia(丸呑みフェティシズム)の意。

次の

月ノ美兎/エピソード

月 ノ 美兎

ホラーやちょいグロ系のゲーム実況や ボイスチェンジャーを使ってのセリフリクエストといった内容の動画をYouTubeに投稿しています。 16歳の高校2年生で、映画研究部に所属、身長151cmで誕生日は9月24日という設定です。 ツンデレだが根は真面目な学級委員長。 本人は頑張っているが少し空回り気味で、よく発言した後で言いすぎたかもと落ち込んだりする性格だと公式プロフィールに書かれています。 かわいい顔をしていますが、「 クソ雑魚パンチ」など少々汚い言葉を使うことも(笑) バーチャルYouTuberとして活躍中の月ノ美兎の中の人(声優)が特定されました。 月ノ美兎の中の人は、 新発田実月花です。 【悲報】大人気バーチャルライバーにじさんじの月ノ美兎、本名と住所と大学と性癖と顔面と裏垢と過去の勤務先すべてが完全に特定されオワコンへw — 新発田美月花 KG5H8brT2pWR3Ig 素顔を特定されたとして、自身の Twitterにて素顔を公開しています。 月ノ美兎の中の人「新発田実月花」の本名・年齢・身長は? メイドカフェ・メイド喫茶【】であずきんぐとして活躍していた頃の月ノ美兎です。 本名:新発田実月花(しばたみづか)• 年齢:21歳(?)• 身長:151cm(?) 一見ネット上での名前かと思われがちな「新発田実月花」という名前は本名でした。 とても珍しい名前ですよね! 初見で「しばたみづか」と読める人はいないでしょうね 笑 寸胴犬という新発田実月花のTwitterをみてみると、2016年に大学入学とありました。 新発田実月花は2018年に「にじさんじ」内で行われた公式バーチャルライバーの声優オーディションで選ばれたことで、月ノ美兎の中の人を担当することになったと言います。

次の