成績 を おさめる 漢字。 第31回 漢字を手放した国々の「成績」

「(優秀な成績)をおさめる」は「修」と「収」どちらが正解?履歴書での書き方

成績 を おさめる 漢字

「収める」とするのが一般的です。 次は以前お答えしたもののコピーですが、参考になさってください。 「おさめる(おさまる)」の異字同訓は次のように使い分けます。 争いが収まる。 効果を収める。 成功を収める。 目録に収める。 国庫に納まる。 税を納める。 注文の品を納める。 痛みが治まる。 領地を治める。 学を修める。 丸くおさめる。 支配する。 身につける」 の意味を表すと言えます。 なお文化庁発行「『ことば』シリーズ29 言葉に関する問答集14」では、ご質問に類似した問題に関 して、次のように結論づけています。 「『優秀な成績をおさめる』場合の『おさめる』は、(努力を重ねた)結果として、望ましい状態・期待 した状態であるところの『優秀な成績』に到達したのだから、『修』ではなく、『収』を用いるのがよいこ とになる。 」 「『学問を修める』のと『成績を収める」』とでは、同じ『おさめる』でも意味が異なる。 それに応じて 漢字を使い分けよ」、ということでしょう。 もっとわかりやすく言い換えれば、「学問を身につけ(修め)て、いい成績を手にした(収めた)。 」 ということですね。

次の

おさめる

成績 を おさめる 漢字

あ行 同訓異義 おさめる• 収める 整理して中に入れる。 手に入れる。 ほか、広く用いる。 「肌着を簞笥 タンス に収める」「全集に収める」「成果を収める」「丸く収める」• 納める きちんと入れるべき所に入れる。 終わりにする。 「税金を納める」「注文の品物を納める」「怒りを胸に納める」「仕事納め」• 「貯蔵」• 修める 学問などを身につける。 行いを正しくする。 「学業を修める」「素行が修まらない」「フランス語を修める」• 研究する。 「専攻」• 治める 乱れを鎮 しず め落ち着かせる。 支配する。 「紛争を治める」「国を治める」「水を治める」• 引き締める。 「収斂 シュウレン 」• 「整理」.

次の

第32回 中国での「成績」、そして漢字圏全体の比較

成績 を おさめる 漢字

韓国での成績評価は、日本と似ているが少し違っていて、「秀」「優」「美」「良」「可」となっている。 かつて、それらのハンコを通知表に押す学校もあったようだ。 むろん、現在では、日本語に訳した成績証明書などを除き、ハングルで「수」「우」「미」「양」「가」という表記に変わってきている。 これは小学校では通知表にも使われていたそうで、「スウミヤンガ」と続けて覚えているそうだ。 ともあれ、なんと成績に「美」があるのだ。 韓国の人にとっては、これは当たり前のことで気にすることもないそうだが、日本人からするとニュアンスがわからない。 留学生の携えてくる高校以降の成績証明を面接などで見ると、やはりハングルで記されている。 ミャンマー辺りの生徒の成績証明書の原物は、どれもクルクルとした模様のように見えてしまい、それらが良いのか悪いのか全く見当が付かないが、ハングルも慣れていなければ、パッと見では優秀なのかどうなのかなかなかつかみにくい。 実際に、現在の韓国の学生は、「秀」や「美」という漢字を知らずに、音だけでそれらを成績の序列としてとらえているケースが多いそうだ。 つまり「美人」や「美醜」の「美」と結びつけず、あたかもドレミのミのようにとらえているのだ。 中学で漢文を習ってはじめて、それらの個々の漢字と意味を知る。 逆にそういった機会がなければ、それは無理もない。 漢字を廃止すれば起こる当然の帰結である。 訓読みを定着させなかったことも、字義の把握を困難にしたという面がある。 この「美」という成績評価は、日本人であれば、「この上なく素晴らしい成績に違いない」などと感じてしまう人も少なくない。 しかし、これが平均か中の下くらいで、あまり芳しいものではないのだ。 「不可」は小学生には酷なので、それをなくすために「美」を加えて、一つずらしたのであろうか。 それにしても一般に知られているように「八方美人」が純粋に褒めことばになるような、一部で「美人大国」などとも称される国である。 中年男性でも整形手術をしないとなかなか出世できないとも報じられる。 ミスコリアでも、第1位(グランプリ)、第2位(準グランプリ)、第3位までが「真」「善」「美」(진 선 미)と表現されており、「美」は意外なことに最高位にはならないようだ。 その「美」が加わって、「良」「可」が1つずれて、「可」は日本でいう「不可」、つまり落第だ。 学校によって違うのかもしれないそうだが、ともあれ日本の女子学生はいう、「「可」が日本でいう「不可」であるというのはなかなかいい。 「不」の字を見るとなんだか気持ちが沈んでしまうので、「不」は成績関連では使わないほうが精神的には良いです」。 ベトナムは、漢字を公用しなくなってから1世紀以上の時を経ているが、成績の表示はどうなっているのだろうか。 ベトナムの知人たちに教えてもらったところ、近年、教育省は大学については以下のように定めたという。 右端は語義、括弧のないものが純粋な漢越語である。 ベトナムでの成績評価語の出自の不揃いは、表音文字で記される言語においては、容易に起こりうることである。 上記の韓国では、まだ漢語にとどまっていたが、ハングルによって原義が忘れられつつあることも生じており、風前の灯火なのであろう。 早稲田大学 社会科学総合学術院 教授。 博士(文学)。 日本のことばと文字について、様々な方面から調査・考察を行う。 早稲田大学 第一文学部(中国文学専修)を卒業、同大学院文学研究科を修了し、文化女子大学 専任講師、国立国語研究所 主任研究官などを務めた。 経済産業省の「JIS漢字」、法務省の「人名用漢字」、文部科学省の「常用漢字」などの制定・改正に携わる。 を受賞。 著書に、『日本の漢字』(岩波新書)、、この連載がもととなった(以上2点 三省堂)、(光文社新書)、『日本人と漢字』(集英社インターナショナル)、編著に(三省堂)などがある。 『漢字の現在』は『漢字的現在』として中国語版が刊行された。 最新刊は、(中公新書)。 おすすめコラム• 2011年12月5日 今まで、「トミイ方式」の目的として 何を集め、どのように整理・分類しておくと、どのような目的に活用できるか ということを、繰り返し、述べてきました。 そして、その延長として […]• google. lyricsmode. html 曲のエピソード 196 […]• lyricsmode. html 曲のエピ […].

次の