さらざんまい レオ マブ。 【さらざんまい考察】世界構造をド直球に考えてみた【上空に浮かぶ吾妻橋】

さらざんまいのレオマブ・アニメ・リアタイが話題

さらざんまい レオ マブ

11皿目のレオマブ登場場面は少ないものの、これまでの不明点がいくつか回収されたのと、今後の展開についても示唆的なところがあった。 前回までと同様、ネタバレと妄想をまき散らしていきたい。 解釈違いも大いにあると思うが、ご容赦願いたい。 1.復活したレオマブから考える「ア」 待望のレオマブ復活である。 復活までの経緯をおさらいしておこう。 悠の過去消去を食い止めるため、カズキが悠と最初にであった過去に戻り、ミサンガを渡そうとする3人。 その際、黒ケッピとケッピが対峙。 3人のことをカワウソ(概念:ゾンビポジション)が妨害する。 それをさらに食い止めるのが、ケッピ体内から復活したレオマブである。 前回レオマブ消滅時に残った標章がケッピから排出され、軍服姿のレオマブが復活。 「欲望を手放すな!」と言いつつ、幼カズキ(=ゴール)への道を拓く。 このときの二人は手をつないでいる。 これだけで大満足なのだが、2皿目の伏線回収であることを確認しておきたい。 2皿目の花やしきで、花やしきスタッフが 「つないだ手は愛の証、決して離されませんよう!」 と叫んでいたのを覚えておいでだろうか。 これで前回までの考察がつながった…と私は個人的に大変胸アツだったのだが、やはりレオマブは、 欲望と「胸の痛み(絶望)」を経由して、「愛」でつながったわけである。 序盤の二人はこんな不自然な、触れているようで触れていないような手の置き方をしていた。 やはり互いに「つながりたい」欲望を抱えながら、言えずにいたのだろう。 絶妙な距離感と不安定さである。 それに比べて今回の恋人つなぎの安定感たるや… これが「愛」…「愛」なのだ。 レオマブにとって理想的な救済ラストで涙が止まらない。 (ちょっと落ち着いたほうがいい) さて、肝心の 「ア」である。 レオマブが道をひらく際、「ア」の光を集めて、それによって道を照らしていることがわかる。 レオマブは今や二人で 「愛によるつながり」を体現する存在である。 彼らがまとう光なら、それは「愛」でしかない。 そして愛のちからで、欲望はつながり、明日を招来する。 「アス」につながる「アイ」なのだ。 「ア」は愛であり、明日(未来)である。 2.先駆者としてのレオマブ これまでさんざん考察されていると思うが一応。 レオマブは前史も含めて、 カズキたち三人の先駆者的位置づけにあると思うのである。 逆に、レオマブは彼らを見て「かつての自分」を見せつけられているようで、心の痛い部分をかきむしられてもいる。 いくつか確認していこう。 この場面、レオマブももちろん立ち会っている。 そしてマブは 「助けを呼べ…まだ間に合うかもしれない」と以下の表情で言うのである。 今思えば、マブにとっては、蘇生時にカワウソに言った 「私はレオが嫌いです」 の真逆の現象が目の前に繰り広げられているのだ。 エンタはマブが隠してしまった「つながりたい」欲望を表明できている。 それができなかった自分への後悔がよぎったから、思わず「個人の感情」で「助けを呼べ」と言ってしまったのだ。 この時、 レオは希望の皿を奪取できたことに夢中で、マブの変化に気が付いていない。 かつてレオはマブにかばわれ、マブを蘇生させることをカワウソに願った。 それはマブとのつながりを保持するためだったにもかかわらず、マブは蘇生後つながりを断つように「嫌い」と言ったのである。 一方的につながりたくても、つながれないんだ…孤独なんだ…とレオは苦い記憶を反芻する。 このカズキとエンタの様子を見た直後、マブに遭遇し「お前は俺のマブじゃない…!」と言い放つレオの切なさよ。 このように、 レオマブは先んじてカズキたちの展開を経験しているのだが、それは微妙にずれていく。 ずれを突き付けられるたび、レオマブの心は荒れる。 そして痛む。 しかし、それがあったからこそ、彼らは「愛」に到達できた。 レオマブにとって、カズキたちとのつながりは必要なものであり、ある意味 「希望」だったともいえるかもしれない。 もちろん、カズキたちより先に「愛」に到達できたからこそ、レオマブは幼少カズキへの道を照らせたのである。 互いに「つながり」の障害になっていたレオマブとカズキ陣営だが、最後には相互扶助できたのは大変よろこばしいことだ。 3.サラとレオマブの関係は? 軍服レオマブは、ケッピ王子復活時に二人に傅いている。 まあサラがケッピの「カップルゥ~」なのだから、そうなるだろう。 サラは王妃になるわけなのだから… これまで、スピンオフ漫画「ふたりはさらざんまい(以下ふたさら)」とのつながりがかなり考察されてきたと思うのだが、私なりになんとか納得できそうなものを考えてみた。 かなり苦しい。 飛ばしてもらって構わない。 サラはレオマブを監視していたといい、彼らが黒ケッピ幽閉犯だとケッピに報告する。 もしも、もしもだ。 「ふたさら」の後の場面がコレなのだとしたら、 サラは記憶を喪失しているとしか思えない。 育ての親を忘却しているのだ。 すると… 『竹取物語』をなぞっているとも言えるか。 サラ救出のためにケッピもレオマブも地上に降りてきたのだとしたら、つじつまが合うか。 割れていたサラの皿がそれぞれ王冠になるのである。 そして戴冠した二人はくっついて、「ア」の星座(=おそらく河童王国)に帰っていく。 (ちなみにこの時、最初の大きな流れ星がケピサラ、そのあと2つの流れ星が行くので、これがレオマブだと思われる) 皿は「生命の器」だとすれば、生命の器の片割れを持つケピサラがひとつになったことで、新世代の河童が誕生する暗喩かもしれない。 これもまたもしも、もしもだが。 「ふたさら」が本編終了後の時間軸なのだとしたら、ケピサラの子供が「ふたさら」におけるサラで…という可能性もあるのだろうか。 しかしそうするとレオマブがサラを知らないことの説明が難しい。 「ふたさら」のレオマブはカワウソの使い走りをしてる感じもないので、やはり時間軸は離れていると思うのだが…うーん 結論としてはよくわからない。 DVD特典のドラマCDの解釈や、コメンタリーを待ちたい。 とりあえず 軍服レオマブが最高だ。 それだけは強調しておきたい。 4.「かいそう」から考える、カズキたちに起こったこと レオマブの結末を考えるにあたり、カズキたちが最終回で辿った道のりを無視するわけにはいかない。 かなり難解なのだが、なんとか考えてみよう。 さて、1皿目を思い出しておきたい。 この世界には、現実フィールドの裏側に「欲望フィールド」があり、それは河童化することにより到達できるものであった。 それに加えて、今回は 過去改変のためのフィールドが出てきた(白黒:過去/カラー:現在) その設定から「未来漏洩」するターンを考えてみよう。 「これからおこります」という表示とともに、3時間前からカウントダウン。 未来と言いつつ、それは白黒から始まる。 そして、最後にカズキが「もう会いたくない!」と言い捨てるところはカラーで終わるのである。 カウントダウンもゼロになる。 つまりこれは「未来」といいつつ、 現在につながる「未来」なのではないかと思うのである。 現在というのは、吾妻橋の上で3人が倒れている、あのシーンではないかと思う。 対比するとなかなかおもしろい。 (図らずも、春河の事故に対するカズキの贖罪がここで達成されたのかもしれないが、ラストシーンで空を見上げる春河の傍らに車いすがないので、事故自体なかったことになる?) また、吾妻橋の上で転がる三人の周りには、警察が。 これが乱闘事件としてカウントされるのならば、 悠がエンタを負傷させたとして、数年間少年院に入っていてもしくはない。 この 「未来漏洩」したあと、河童状態の3人は水中から地上に上がる。 吾妻橋の3人の周りには、大量の水。 なんども出てくる「かいそう」のシーンが水中なのは、この暗喩だったのか。 つまり 彼らが見た「未来」とは、ミサンガを手にした幼少カズキが見た「未来」である。 そして少年院から出てきた悠のターン。 蕎麦久は健在。 悠はそこには戻らず「俺の人生は終わった」として川に飛び込む。 そこに来るのがカズキとエンタ。 二人の服装に注意したい。 制服のネクタイの色が変わっている。 つまり高校生になっている。 少なくとも2年…いや3年たっている?再び彼らは陸上に上がる。 今度こそ「かいそう」を終えた彼らは、真実「未来」へと歩みだすということではないのか。 う~ん。 欲望と現実フィールドが表裏一体ならあり得ると思うのだが。 また、悠が川に飛び込んだのに「 海藻」にならなかったのは、「 回想」でつながった友人とのきずながあったから…ということかもしれない。 5.「車夫」になるレオマブ それそろ長すぎるので自重したいが、最後にこれだけは。 レオマブ最終カットである、 「車夫」場面。 ご褒美ご褒美ただのご褒美なのだが、一応どういうことなのか考えておきたい。 さて、思い出したいのは、 欲望フィールドにカズキたちを誘う際のケッピである。 そう、彼もまた車を引いていた… 人力車は欲望フィールドと現実世界をつなぐものだと仮定しよう。 そして、項目2でも述べたが、レオマブは最後の欲望フィールドでカワウソの闇を「愛」の光で切り裂き、カズキたちを幼少カズキ(=ゴール)のもとへと導いた。 その結果、カズキたちは水中の「かいそう」をくぐりぬけ、現実世界の吾妻橋に戻れている。 いろんな意味で彼らを「つないで」いる。 レオマブが来ている法被は「かっぱ屋」の名前が書かれている。 笠はなんとなく河童のお皿にも思える。 二人が立つのは、浅草寺の門の前。 ケッピの時と条件的にはほぼ同じである。 カワウソの呪縛から解放され、河童に戻ったレオマブは、 ケッピ王子がしていた「欲望フィールドと現実フィールドをつなぐ」役割を委譲されたのではないか。 欲望には希望と絶望が融合し、それがつながり、愛を生む…ということなら、人は欲望を手放せないし、欲望フィールドは失われない。 河童になる可能性だってずっとあり続ける。 そして河童側としても、しりこだまエネルギーはある程度搾取しなければ絶滅である。 現実フィールドと欲望フィールドは表裏一体、持ちつ持たれつなのだ。 一連の出来事で私が改めて思ったのは、希望と絶望のバランスが大切なのだということ。 希望だけでも生きていけない、絶望だけでも生きていけないということをこのアニメは言いたかったのではないか。 それを体験して「愛」を獲得したレオマブがその門番をし続けるというのは、大変良い結末だと思うのだがいかがだろうか。 希望の皿の上位互換である。 もちろん河童は人類の味方とはならないが(だってエネルギー源なんだから)、バランスはとっていけそうではないか。 欲望希望絶望がまざった「愛」の方が、ただの欲望よりエネルギー源としてうま味が多そうだし。 何が言いたいかというと、 「愛」で繋がったレオマブは、誰かの「愛」も繋いで、「明日」にも繋いでいくと……そういうことじゃないかと思うのである。 「愛」か「欲望」か、じゃない。 欲望も絶望も含めて「愛」なんだから。 そうすると続編に関しても、欲望と絶望の均衡が崩れて、何かしらが起きれば…というところでもあるので、我々視聴者の希望もつながったといえるか(誰がうまいこと言えと…) だいぶ長くなってしまった。 言いたいことは言えた気がする。 まさに欲望のままに書き散らした。 後悔はしていない。 11皿目でカワウソ(cv黒田さん)まで歌ってくださったこと、レオマブに軍服を着せてくださったこと、手をつながせてくれたこと、最後が離別エンドではなく 共存救済エンドだったこと。 いろいろな方に感謝したい。 良いものを見せてもらった。 DVDBOX、予約しました。 長文にお付き合いいただきありがとうございました!.

次の

さらざんまいへのメッセージ

さらざんまい レオ マブ

今回は「さらざんまい」の世界構造についてです! さらざんまいの世界観として、• 人間の生きる「表の世界」• カッパ、カパゾンビのいる「裏の世界」 「表・裏、二つの世界があり相互に影響し合っている」という話は、前回の記事でした通りですが……。 第四皿の情報にて、ようやく世界構造の全容が解き明かせました(おそらく)! 少々長いですが、おつきあいくださいませ! 【追記】以下、4話(第四皿)までの情報で作成したため、情報の取りこぼしが発生しております。 不完全な内容であることをご理解ください!• 4話のレオマブがいた場所=太鼓 「そもそも太鼓って何?」というところから。 太鼓とは、 【引用】さらざんまい第四皿 これです。 もはや、お馴染みの「欲望搾取!」時に登場するものですね。 そして、4話のレオマブがいた謎空間がこちら。 【引用】さらざんまい第四皿 ここが太鼓の上(正確には、ちょい内側)ではないか?と思う理由として、以下が考えられます。 4皿のレオマブの背景。 なんかライトの下に線が見えるなーと思ってたんだけど、これは綱か?綱といえば、しめ縄か、土俵か。 等間隔に並ぶ謎の線(【引用】さらざんまい第四皿) 「太鼓 内側」で検索していただくとわかるのですが、 太鼓の内側には木彫りの模様が掘られているようです。 安松町 太鼓新調完成お披露目会(その1)ページより引用 こちらの画像がわかりやすいかと思います。 ) どうやら、この彫り方は、祭太鼓で使われるもののよう…。 【網状鱗彫(あみじょううろこぼり)】低音が響き、まつりに使う太鼓におすすめ。 より引用 こちらの画像だと、より分かりやすいかと思います。 【引用】さらざんまい第四皿 さらざんまいの太鼓は、浅草の「」がモデルと言われております。 残念ながら、で用いる太鼓に「網状鱗彫」が施されているのかはわかりませんでした。 とはいえ…• ライトの下の木彫りらしき模様が見られるということ• 画鋲のようなライトの並び方も「欲望搾取」時と同じ そのため、太鼓ではないか?と推測できます。 しかし「 太鼓であれば手前の方にも画鋲が見えるのでは?」と思ったため、上記の「欲望搾取!」の場面の太鼓と重ねてみました。 【引用】さらざんまい第四皿 ピンクの線がライトの上に描かれている孤の部分です。 重ねてみると「手前の画鋲は見えない」ため、これに関しては問題ないな…と。 しかし、カワウソ印の太鼓表面が剥がされているせいか、レオマブは内部に食い込んだ位置にいますね。 だからこそ、 太鼓の内側が見えるのでしょう。 【4話の描写】が浮かんでいる 4話(第四皿)のこのシーン。 【引用】さらざんまい第四皿 …の少し前です。 ケッピが欲望を消化したことにより、写真の中の蕎麦谷ゆで男が姿を消します。 【引用】さらざんまい第四皿 その後に奇妙な描写がありました。 【引用】さらざんまい第四皿 ここ、ここです! この後「カメラが上へと移動し、玲央と真武のいる謎空間が映る」という描写があります。 動画でご覧いただくとわかると思うのですが、ここ、違和感しかないんです。 問題なのは「 水面にが写っている」という点。 街の上に巨大ながあるんです。 地図と照らし合わせると、この辺り。 【引用】 具体的な航空写真はこちらです。 4皿でのレオマブ直前のシーン。 水面と思わしきところに映り込んでいる場所を特定しました。 なぜか北と南が反対…なんか意味があるのかな。 決め手は右側のX橋 仮称 です。 ご指摘、改めて感謝申し上げます。 ) ひとまず、ここまでの情報をまとめると、• レオマブは太鼓の上にいた。 太鼓の上に「のみ」が写り込んでいる。 というか、こんな回りくどい説明はいりません。 オープニングを見てください! 一瞬です! 【世界構造を解き明かす鍵】 オープニングのここを狂ったように見てください! ・のみが「浮かんでいる」 ・どう見ても「太鼓の内側」 ・ソイヤァ=内部 これらを鑑みると世界構造が明らかになります。 いろいろ情報が多いため、考察記事出します。 ここを気が狂ったように繰り返せば分かると思いますが、 【引用】さらざんまい第二皿 これとまったく同じですね。 同じなんです! スローでみていただくと、画面が上にフェードアウトする際に上記画像における天井(仮にそう呼びます)と同じものが見えるかと思います。 問題はこれが、何を意味するのか。 「のみ見える」というところが、ポイントです。 一時、私はこれを「の周囲の世界」がある…もしや、上空にもう一つ同じ世界がある!?と早とちりしました。 【ボツ案】二つの世界が向かい合っている説 ・の上に水面がある ・その水面の上にが写り込んでいる 以上二点から「浅草上空にもう一つ世界がある?(画像2枚目)」を考えてみたが、別の情報と照らし合わせると矛盾する点が多すぎたためボツに。 カワウソイヤァが行われているのは内部 でも述べた通り、カワウソイヤァの背景との内部は類似しています。 レオマブがソイヤしているところっての中だね。 【引用】さらざんまい第四皿 そして、落下した先で、辿り着く水面が、カワウソイヤァのラスト「ソイヤァ!」。 皆様お馴染み、心臓を掴み取る場面ですね。 【引用】さらざんまい第二皿 ここをご覧いただくと分かる通り、水面に「光の線」がジグザグに交差し、魔法陣のようになっています。 中央部の青い円の中で、この ジグザグが細かくなっている、という点がポイントです。 要するに… これ「の写り込みでは?」と。 つまり、 を降り切った場所で「ソイヤァ!」しているのではないでしょうか? 位置としては、上図の通りです。 さらざんまいの世界構造 ……ここまで説明してきましたが、大切なのは、これらが何を意味するか。 レオマブが4話でいた場所 =太鼓の上 =ソイヤァラスト =の最終落下地点 =太鼓の中にが浮かんでいる これらがイコールとなるには、 「決戦場のは宙に浮いている巨大な橋」であって、現実のではない。 つまり世界構造が次のようになっていると予想できます。 さらざんまい世界構造 あと、こちら。 橋に水面が写っていますね。 水面が橋に写り込んでいる(【引用】さらざんまい第二皿) 思えば、雷門とそれ自体が不自然に距離があります。 カパゾンビや、カッパになった一希たちの導線が気になったので、位置関係をまとめてみた。 雷門、、交番の位置関係が正しくおけるのはこの道しかない。 カパゾンビの落下が最後まで描かれない• 人力車で向かう理由• 「雷門」の後、歌に入るため「への到着を見ていない」 何故、疑問に思わなかったのか…。 要するに結論は「 上空にが浮かんでいて、決戦場はその場所」ということです。 とりあえず、本日はここまで! 第五皿の放送楽しみですね! いよいよ一稀と春河の謎が明らかになるのでしょうか? 新しい情報の開示が待ちきれません。 何をどう取りこぼしているかというと、5話(第五皿)エンディング後の 「交番のシーン」。 「メンテナンス云々」も考えていかなければならない内容なのですが(当方、純粋にアニメのみで考察を進めたいという意図から小説未読勢です)、レオマブ上昇後、交番とドッキングした…というのが問題です。 ここですねぇ…。 こちら、一旦「宿題」といたします。 この辺踏まえ、後々、再考察させていただきます。 また新たに分かり次第、やブログにて共有いたします。 不完全な内容で申し訳ありません。

次の

さらざんまいへのメッセージ

さらざんまい レオ マブ

「さらざんまい」よりレオとマブのリングが登場! 「さらざんまい」より、レオとマブをイメージしたギメルリングが登場。 使いやすいシンプルなシルバーリングは2つのリングが1つになったギメルリング仕様。 別添のネックレスチェーンに通して使えばネックレスとしてもお使い頂けます。 , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ,LTD. ,LTD. ,LTD. ,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. All rights reserved. ,LTD. , LTD. All Rights Reserved. ,LTD. ,LTD. TOKYO,JAPAN L APPROVAL NO. All rights reserved. ,LTD. ,LTD. , LTD. ,LTD. ,LTD. All rights reserved. ,LTD. All Rights Reserved. , LTD. All Rights Reserved.

次の