スピードテスト ping 測定。 スピードテスト Speed Test

スピードテストPingとJitterの遅延測定も可能!インターネット速度診断

スピードテスト ping 測定

「上り」はアップロード速度• 「下り」はダウンロード速度 を表します。 また、通信速度の単位を「Mbps(メガビーピーエス)」「Gbps(ギガビーピーエス)」と表示し、1Gbpsは1,000Mbps、1Mbpsは1,000Kbpsの単位表示となります。 さらに詳しくは「」を確認してください。 (1)インターネットの快適な速度目安(ダウンロード) インターネットを快適に行うためには、アップロード(上り)より、ダウンロード(下り)の速度が安定していたほうが、(インターネットはダウンロードする行為が多いため)快適といえます。 目安としては以下のダウンロード速度を参照してください。 100Mbps以上 かなり快適に利用できる 50Mbps~99Mbps ・比較的快適 ・数が多い複数台の利用で遅い場合もある 49Mbps~11Mbps ・普通 ・動画視聴に不具合が生じる可能性もある ・インターネットは通常に利用可能 ・皆遅いとTwitterでツイートする速度 11Mbps以下 ・遅い、快適ではない可能性がある ・光回線では皆遅いとTwitterでツイートする速度 現在はダウンロード容量も動画やファイルなど含めて大きいため、上記の速度目安にしてください。 実際には、動画視聴には画質にもよりますが、2~5Mbps(上り)、オンラインゲームでは5Mbps(上り・下り)あれば、快適にインターネットを楽しむことが可能ですが、安定していた場合となり、速度が遅くなった場合は、動画が止まることや、ゲームがカクカク動くなどの障害が出る可能性があります。 (2)Ping値の目安について Ping(ピング)値はオンラインゲームを行う場合に関係してくる値です。 Ping(ピング)値は、数字が小さい方が良く、ミリセカンド(ms)という単位で数値を表します。 さらに詳細は「」を確認してください。 オンラインゲームではアップロードの速度も関係してきます。 Ping(ピング)値の目安は以下の通りです。 非常に快適 1~10ms 快適 11~30ms 普通 31~49ms 快適とは言えない 51~100ms プレイ困難 101ms以上 「 Ping(ピング)値は少ない方が良い!」と覚えておきましょう。 それでは、速度テストを行うスピードテストサイトをご紹介していきます。 スマートフォンでも、PCでも簡単に測定できるので、是非試してみてください。 (3)インターネット速度の計測方法の種類 インターネット速度の計測方法の種類としては、3つあります。 ダウンロード式 ダミーデータをダウンロードして、その結果から測定する方式 (PCなどにダミーデータをダウンロードしなければならない) Flash方式 Adobe Flash Playerを利用して計測する方式 (ダウンロードしてないとFlashが見られないため一昔前の計測方法) HTML5方式 海外では支流の計測方法で、HTML5を利用して計測する方式 スマートフォンなどでも計測することが可能で重宝します 主に、3つのタイプの形式がありますが、どのOSからでも測定できるように、 今回はHTML5方式のスピードテストサイトをご紹介しています。 (4)スピードテストは一つの目安 スピードテストは一つの速度目安としてとらえておきましょう。 なぜなら、スピードテストを実施しているテストサーバーの位置で速度が変わり、以下でご紹介する各スピードテストサイトを利用しても、同じ速度は出ません。 また、利用する環境や時間によっても変わり、関係ないソフトやアプリを消した状態で利用しましょう。 時間や曜日を変えて測定してみましょう。 回線速度を調べる時間や曜日によっても大きく変動するのでご注意ください。 Googleの「インターネット速度テスト」(日本語)• 公式サイト: 「speedtest. net」は、世界中のインターネットプロバイダが自社の速度を測るために利用していることで有名なサイトです。 公式サイトに行き、「GO」のボタンを押すだけで、インターネットや光回線のスピードを確認することが可能です。 ボタンを押してから30秒ぐらいで計測することが可能です。 海外のサイトですが、結果もシンプルに表示されるため、非常に利用しやすいといえます。 3,500を超えるサーバーを利用することも可能で、これ一つでかなり重宝します。 ダウンロードなども不要で(HTML5で表示してくれるの)利用することが可能です。 Speedof. me(海外) 公式サイト: 海外では有名なスピードを計測するテストサイトで、綺麗なグラフックを通じて教えてくれますが、少し見にくいと感じる方も多いのではないでしょうか。 ダウンロード、アップロード、Ping(ピング)値もしっかりと表示されます。 Fast. com(日本語) 公式サイト: クリックしただけで(サイトに行っただけで)、利用しているインターネット速度を計測してくれるシンプルな測定ツールです。 また、Fast. comは、動画視聴サイトのネットフリックスが運営しているスピードテストツールです。 (勝手に測定が始まるので注意しましょう。 ) 「詳細を表示」を押すことで、細かい数値を確認することが可能です。 レイテンシとは、Ping値のことを言った専門用語です。 アンロード済み:ネットワークに他のトラフィックが存在しない際に、要求が出されてから応答が帰ってくるまでのデータの往復時間• ロード済み:ネットワーク上でデータ使用量の多いアプリケーションを使用中の場合における、データの往復時間 インターネットゲームに関するPing値を知りたい場合は 「アンロード済み」のレイテンシを参照しましょう。 速度JP(日本語) 【ご注意点】• 回線速度は「みんなのネット回線」様より、2018年11月時点のデータを算出しています• 速度平均に関しては、目安ととらえてください(実際の平均ではない)• レポート数(回答数)が少ない業者(99件以下)は除外しています 業者 (投稿件数) ダウンロード (下り) アップロード (上り) Ping値 フレッツ光ネクスト (1,464件) 83. 21Mbps 103. 45Mbps 31. 64ms ドコモ光 (1,797件) 89. 08Mbps 124. 49Mbps 29. 3ms ソフトバンク光 (1,662件) 104. 47Mbps 120. 86Mbps 25. 43ms auひかり (1,040件) 158. 57Mbps 136. 82Mbps 21. 8ms NURO光 (430件) 242. 27Mbps 184. 48Mbps 14. 2ms ビッグローブ光 (211件) 110. 0Mbps 150. 62Mbps 25. 14ms OCN光 (131件) 118. 7Mbps 115. 9Mbps 29. 77ms ぷらら光 (124件) 89. 25Mbps 87. 56Mbps 26. 51ms nifty光 (110件) 58. 08Mbps 93. 25Mbps 23. 07ms eo光 (482件) 147. 7Mbps 168. 6Mbps 20. 05ms メガ・エッグ光 (108件) 63. 35Mbps 74. 27Mbps 29. 38ms コミュファ光 (156件) 128. 66Mbps 122. 32Mbps 31. 86ms 当サイトでの回線速度重視でお勧めしている、「」と「」はやはり平均ダウンロード速度やPing値も高いことが分かります。 是非、ご自身に合った光回線を選んでみてください。

次の

スピードテスト Speed Test

スピードテスト ping 測定

Ping値とは「サーバーから返ってくるレスポンスの速さ」「通信のタイムラグ」のこと まずは「 Ping値とは何か?」をおさらいしましょう。 「Ping値(ピン値)」とは、• 「 サーバーから返ってくるレスポンスの速さ」や• 「 通信のタイムラグ」 のことを指します。 日本語では単に「 応答速度」と読んだりします。 Ping値はこのアニメーションの通り、インターネット上の通信相手から応答パケットが帰ってくるまでの「 通信の往復時間」を表すものです。 このため、 数値が小さければ小さいほど快適な通信であると言えます。 Ping値を測定するサイトは「SourceForge Speed Test」がおすすめ このPing値を測定できるサイトは多種多様にありますが、僕が一押ししたい測定サイトは「 SourceForge Speed Test」です。 このSourceForge Speed Testは、以下の2点が非常に優れています。 どんなブラウザ上でも動作する(HTML5)• ping値以外の通信品質基準もオールインワンで取得できる 英語で提供されているサービスですが各種測定パラメータの意味はこのあとで解説していますのでご安心ください。 Ping値の目安は? Ping値や通信速度の目安については以下の表のとおりです。 Ping値は「35ms以内」におさめておくのが一種の目安となります。 ただし、スプラトゥーン2のようなリアルタイム性の求められるオンラインゲームをプレイする場合は、Ping値を「15ms以内」におさめておきたいところです。 【効果小】無線接続(Wi-Fi)から有線接続(LANケーブル)に切り替える 無線接続(Wi-Fi)による接続は、有線接続の場合と比較してPing値の成績が下がる傾向があります。 有線接続と違って 無線接続は生活環境の電波干渉(ノイズ)の影響を受けやすいため、万が一の瞬断も許したくないような大事な通信は、かならず有線接続をするようにしてください。 現在の通信技術だと有線接続用のケーブル(LANケーブル)の性能は、「Cat7」が最も高く、次いで「Cat6a」が高い性能を持ちます。 Cat7の性能を十分に使いこなせる家庭用通信機器はまだ市場に出回っていないため、 家庭で使うパソコンの場合は「Cat6a」ケーブル一択で間違いないでしょう。 国内初の2Gbps回線「NURO光」の通信速度の実測値(平均)をグラフ化しました。 通信速度(Mbps:Mega bit per second) しか計測できません。 しかし上記で紹介するSourceForge Speed Testは、通信速度に加えて以下の通信性能の指標値をオールインワンで計測できるのが強みです。 Ping値• パケットロス• Jitter(ジッター)• Bufferbloat(バッファ ブロート) Ping値 再掲となりますが、 Ping値とは通信の応答速度を評価する数値のことです。 Ping値は専門用語で別名「ラウンドトリップタイム(RTT 」や「レイテンシ(latency)」とも呼びます 単位はミリ秒(ms)で表し、 数値が低ければ低いほど応答速度が速い(タイムラグが少ない)といえます。 IP電話やオンライン対戦ゲームといったリアルタイム性が求められるサービスはPing値が非常に重要です。 回線のping値が高いとオンライン対戦ゲームで プレーヤーキャラの位置情報にズレやラグが生じたり、 IP電話がいっこく堂状態(あれ?声が遅れて聞こえてくるよ?)になって使い物にならなくなります。 パケットロス パケットロスとは、 データ送受信中におけるパケットの消失または破損のことです。 単位は回(Times)で表します。 数値が低ければ低いほど伝送路(回線)が安定しているといえます。 パケットロスの発生確率はおもに通信伝送路の距離が長い場合にあがる傾向があります。 データ送受信中にパケットロスがあると当該パケットの再送が必要となるため、 パケットロスの回数が多くなるほど通信速度は遅くなることになります。 Jitter(ジッター) Jitter(ジッター)とは、 ping値(レイテンシ)のブレ加減のことです。 単位はミリ秒(ms)で表します。 連続する2つのping値にばらつきがあると通信が不安定となるため、 こ の数値も低ければ低いほど接続品質が高く望ましいといえます。 計測されたPing値がたまたま遅かったのか常に遅かったのかを知るにはジッターの値を確認するのが良いでしょう。 Jitter: the measurement of consecutive latency test results. Your ideal jitter result is as close to zero as possible. Buffer Bloat(バッファブロート) Buffer Bloat(バッファブロート)とは、 パケットの送信バッファが過剰となったことにより起こりうる一種のレイテンシのことです。 単位はミリ秒(ms)で表します。 Ping値は行って戻ってくるまでの送受信応答速度ですが、こっちはパケットの優先順位などを含めた 送信の非効率性を測る指標となります。 この数値も低ければ低いほど接続品質が高く望ましいといえます。

次の

Ping値悪化はゲームで致命的! PCやPS4の簡単測定方法|実際の速度は800M以上! NURO光の実測や評判は?

スピードテスト ping 測定

このサイトは日本のサイトではなく海外のサイトです。 日本向け だけ にしているサイトではありません。 ですので、日本のサーバーは海外にある1サーバーにしか過ぎません。 ちなみにこちらも現在、東京サーバーは見れませんので、質問さんだけではなく、それが現在の状況だと思います。 回線テストというのは、サーバーと回線にものすごく負担がかかります。 光回線並の速度を測るには、かなり大きなファィルを用意し、それをダウンロードするテストで、上りもテストするとなると更に負担がかかります。 ソフトダウンロードであれば普通は1人1回ダウンロードすれば済むものの、回線テストとなると気軽に出来て、何回も利用するので、かなりの負担です。 多分、この会社だけでいちいち国毎にサーバーを立てているわけではなく、どこかレンタルして間借りしているのだと思います。 現在、夏休み期間中で、特に日本人は「数値」をものすごく気にするタイプです。 たぶん、かなりの人が利用していて、回線とサーバーにかなり負担をかけているのだと思います。 借りているサーバー先に、負担条件があった場合、それを超えると当然停止されます。 たぶんその状態になってて負担が増加しているので「一時停止」しているのかと「推測」します。 一定期間経って、落ち着いたら復活する... たぶん毎回そういう感じだと思います。 現在はその負担がものすごく多くて、復活しては利用上限を超えて停止、それの繰り返しなのではないでしょうか。 まぁ、やりすぎということです。

次の