ハンコ 注射 跡。 娘のハンコ注射(BCG)痕が消えないどころか大きくなってる!? │ Sui彩日記

小島瑠璃子がノースリーブで二の腕全開 「ハンコ注射の痕」にファン反応 (2019年4月9日)

ハンコ 注射 跡

BCGとは BCGはBacillus(細菌、病原菌) Calmette(カルメット)Guerin(ゲラン)の略です。 フランスのカルメットとゲランが開発した、結核菌を牛で培養し、弱毒化した結核予防のための生菌ワクチン。 結核は少し前までは日本では「亡国病」と言われるほど多い、深刻な病気でした。 その時と比べ減ってきたとはいえ、いまだに罹患する人も多いのです。 (人口10万人あたりの患者数、約14人の「中まん延国」) 現在日本での接種は、ワクチンを肌表面に塗り、9本の針を上から2箇所押して、ワクチンを体内に入れる方法がとられています。 そして予防効果は10〜15年くらいということです。 つまり、BCGを受けていたら大丈夫というわけではなく、体が弱っていたりすると 結核になる可能性はあります。 <参照元> 三人の子供の接種跡 生後3〜6ヶ月の間に接種させることが推奨されていて、三人とも生後3〜4ヶ月の時に受けました。 (現在では定期予防接種は1歳まで。 推奨期間は生後5〜8ヶ月の間) 痕にならないといいな・・・ と思ったものの、集団接種の会場では流れ作業のように上腕にされます。 その後赤く腫れましたが、特に化膿するということもなかったと思います。 ちなみに真っ赤に腫れて膿んでくると(コッホ現象)、接種の前に結核菌に感染していたという指標になるそうです。 <長女> 15歳の写真です。 大きくはなっていますが、色自体はそこまでは目立ちません。 <次女> 13歳の時の写真です。 この時は7cmちょっとでしたが、それから1年たってさらに大きくなっています(トップ画像)。 <長男> 7歳の時の写真です。 かなり腕の上の方に接種されているので、9歳の今7. 5cmくらいの大きさになりましたが、ティーシャツでも袖で隠れそうです。 次女が特に跡がはっきりしていて、半袖などではかなり目立ちます。 兄弟姉妹でも体質が違い、次女は 傷が治りにくい体質なのでしょう。 違う場所に打てないのか? ネットなどで調べると「跡になるのが嫌だから、ほかの場所に接種できないか」という人が、けっこういるんですね。 実は接種場所は 「上腕の外側中央に接種すること」と厚生省公衆衛生局長通知で決まっているそうです。 たとえば肩などはケロイドになりやすいらしい・・。 実はBCGは、以前は皮下注射だったのですが、その時にケロイド状に傷が残る人が増えたので、今のハンコ型に変わったらしいのです。 傷が残りにくく(次女はがっちり残っていますが・・・)、医者も失敗なく素早く接種できる場所ということで、あの位置に決まったのでしょうね。 ・・・が、 足の裏に接種させた、という人もいるようです。 その場合はもちろん自費で、もし何かあったときの保証は受けられません。 (たとえば副反応その他で、国を訴えたりすることはできない) しかもそういう対応をしてもらえるかは、お医者さん次第なんでしょう。 それからBCGを接種する際、子供の体質がケロイド体質の場合はお医者さんと相談してください、ということらしいのですが、生後8ヶ月くらいまでの間に打つんですから、そういう体質かどうかはなかなかわからないですよね・・・。 また、先天性免疫不全症の赤ちゃんは、生ワクチンを接種すると危険だそうです。 ところで長男は 腕の上の方なので、今のところ半袖だと見えないんですよ。 赤ちゃんの腕は小さいので、数センチの差でだいぶ変わってきますよね。 でも、やっぱり接種した時よりはずいぶん広がっています。 じゃあどうしたら目立たなくなるのか? 「BCGの跡をなくす方法」も調べたのですが、だいたい「成長するにつれ、薄くなります」や「消えますよ」という意見ばかり。 結局気になるなら、レーザー治療や手術したら?という情報しかありませんでした。 試しにこの薬を塗ってみることにしましたが、かなりの凸凹なので、やはりきれいにはならないでしょうね。 BCG予防接種はなくなる?でも「新型コロナウィルスに効果あるかも」という報告が・・・。 実は今、新しいBCGのワクチンが開発されている最中らしいのですが、実用化されるのはまだまだ先のようです。 しかしそれ以前に、 結核の患者数が少なくなってきた欧米諸国などは、BCG予防接種を行っていないところが多いです。 アメリカに日本人が渡航した場合、予防接種の結果の結核陽性反応が現れると結核菌の保菌者と見なされ、服薬やレントゲンなどの義務が課せられるそうなので、注意しておいた方がいいかもしれません。 また、このハンコ注射は他の国ではメジャーではないので、 虐待や傷という認識をされるのはかなり有名な話。 実はinstagramにこの写真をアップしたら、海外の人から驚かれました。 香港で子供にBCG接種した友人は、あのハンコ注射型ではないので、跡はほとんど目立たないと言っていましたね。 でも日本でも、効果の有効性やリスクなどを考えた上で、 BCG接種の中止が検討されているようです。 日本の中でも結核の危険性があまりない地域だと、もともと10〜15年しか予防接種の効果がないそうなので、一生残るかもしれないBCGの接種を全員に接種するというのは、確かに検討の余地はあるかもしれません。 しかし、世界中が新型コロナウィルス感染の脅威にさらされている今、 「BCGの予防接種が効果あるかも」というニュースがありました!.

次の

小島瑠璃子がノースリーブで二の腕全開 「ハンコ注射の痕」にファン反応 (2019年4月9日)

ハンコ 注射 跡

BCGとは BCGはBacillus(細菌、病原菌) Calmette(カルメット)Guerin(ゲラン)の略です。 フランスのカルメットとゲランが開発した、結核菌を牛で培養し、弱毒化した結核予防のための生菌ワクチン。 結核は少し前までは日本では「亡国病」と言われるほど多い、深刻な病気でした。 その時と比べ減ってきたとはいえ、いまだに罹患する人も多いのです。 (人口10万人あたりの患者数、約14人の「中まん延国」) 現在日本での接種は、ワクチンを肌表面に塗り、9本の針を上から2箇所押して、ワクチンを体内に入れる方法がとられています。 そして予防効果は10〜15年くらいということです。 つまり、BCGを受けていたら大丈夫というわけではなく、体が弱っていたりすると 結核になる可能性はあります。 <参照元> 三人の子供の接種跡 生後3〜6ヶ月の間に接種させることが推奨されていて、三人とも生後3〜4ヶ月の時に受けました。 (現在では定期予防接種は1歳まで。 推奨期間は生後5〜8ヶ月の間) 痕にならないといいな・・・ と思ったものの、集団接種の会場では流れ作業のように上腕にされます。 その後赤く腫れましたが、特に化膿するということもなかったと思います。 ちなみに真っ赤に腫れて膿んでくると(コッホ現象)、接種の前に結核菌に感染していたという指標になるそうです。 <長女> 15歳の写真です。 大きくはなっていますが、色自体はそこまでは目立ちません。 <次女> 13歳の時の写真です。 この時は7cmちょっとでしたが、それから1年たってさらに大きくなっています(トップ画像)。 <長男> 7歳の時の写真です。 かなり腕の上の方に接種されているので、9歳の今7. 5cmくらいの大きさになりましたが、ティーシャツでも袖で隠れそうです。 次女が特に跡がはっきりしていて、半袖などではかなり目立ちます。 兄弟姉妹でも体質が違い、次女は 傷が治りにくい体質なのでしょう。 違う場所に打てないのか? ネットなどで調べると「跡になるのが嫌だから、ほかの場所に接種できないか」という人が、けっこういるんですね。 実は接種場所は 「上腕の外側中央に接種すること」と厚生省公衆衛生局長通知で決まっているそうです。 たとえば肩などはケロイドになりやすいらしい・・。 実はBCGは、以前は皮下注射だったのですが、その時にケロイド状に傷が残る人が増えたので、今のハンコ型に変わったらしいのです。 傷が残りにくく(次女はがっちり残っていますが・・・)、医者も失敗なく素早く接種できる場所ということで、あの位置に決まったのでしょうね。 ・・・が、 足の裏に接種させた、という人もいるようです。 その場合はもちろん自費で、もし何かあったときの保証は受けられません。 (たとえば副反応その他で、国を訴えたりすることはできない) しかもそういう対応をしてもらえるかは、お医者さん次第なんでしょう。 それからBCGを接種する際、子供の体質がケロイド体質の場合はお医者さんと相談してください、ということらしいのですが、生後8ヶ月くらいまでの間に打つんですから、そういう体質かどうかはなかなかわからないですよね・・・。 また、先天性免疫不全症の赤ちゃんは、生ワクチンを接種すると危険だそうです。 ところで長男は 腕の上の方なので、今のところ半袖だと見えないんですよ。 赤ちゃんの腕は小さいので、数センチの差でだいぶ変わってきますよね。 でも、やっぱり接種した時よりはずいぶん広がっています。 じゃあどうしたら目立たなくなるのか? 「BCGの跡をなくす方法」も調べたのですが、だいたい「成長するにつれ、薄くなります」や「消えますよ」という意見ばかり。 結局気になるなら、レーザー治療や手術したら?という情報しかありませんでした。 試しにこの薬を塗ってみることにしましたが、かなりの凸凹なので、やはりきれいにはならないでしょうね。 BCG予防接種はなくなる?でも「新型コロナウィルスに効果あるかも」という報告が・・・。 実は今、新しいBCGのワクチンが開発されている最中らしいのですが、実用化されるのはまだまだ先のようです。 しかしそれ以前に、 結核の患者数が少なくなってきた欧米諸国などは、BCG予防接種を行っていないところが多いです。 アメリカに日本人が渡航した場合、予防接種の結果の結核陽性反応が現れると結核菌の保菌者と見なされ、服薬やレントゲンなどの義務が課せられるそうなので、注意しておいた方がいいかもしれません。 また、このハンコ注射は他の国ではメジャーではないので、 虐待や傷という認識をされるのはかなり有名な話。 実はinstagramにこの写真をアップしたら、海外の人から驚かれました。 香港で子供にBCG接種した友人は、あのハンコ注射型ではないので、跡はほとんど目立たないと言っていましたね。 でも日本でも、効果の有効性やリスクなどを考えた上で、 BCG接種の中止が検討されているようです。 日本の中でも結核の危険性があまりない地域だと、もともと10〜15年しか予防接種の効果がないそうなので、一生残るかもしれないBCGの接種を全員に接種するというのは、確かに検討の余地はあるかもしれません。 しかし、世界中が新型コロナウィルス感染の脅威にさらされている今、 「BCGの予防接種が効果あるかも」というニュースがありました!.

次の

はんこ注射の理由・意味は?跡がある人ない人の違いは?

ハンコ 注射 跡

BCG陥没跡をレーザーなどで薄くすることは可能?費用はどのくらい?• 20代• 私はBCG(ハンコ注射)陥没跡に悩んでいます。 夏などタンクトップを着たいときにBCG跡が気になりなかなか好きな服が着れません。 傷跡を切除して縫う方法では、完全に傷跡が消えないと知りました。 そこでレーザーなどを使い完全に消えなくとも薄くすることは可能でしょうか? 腕なので手術して変な傷跡がつくのが怖いです。 もし、レーザー等ができるのならば費用はどのぐらいかかりますか? 最悪手術も考えていますがこの大きさですと費用も大きくなると考えています。 また、傷跡も酷く… そちらの費用も含めてご回答のほどよろしくお願い致します。 こんにちは、A CLINIC YOKOHAMA副院長の柴田と申します。 BCG痕についてですが、レーザーで行うのであればフラクショナルレーザーと呼ばれる、皮膚に細かく穴をあけるレーザーが向いています。 細かい穴を等間隔で開けていき、空いた穴が治癒することで肌の段差を徐々に平らにしていくイメージの施術です。 ただ、1回の照射では面積としては10%程度の皮膚にしか当たらないため、複数回の施術が必要になります。 また腫れやざらつきなどのダウンタイムも1週間ほどあるため、気軽に受けられる施術とは言いづらいです。 手術をするのであれば、皮膚を大きく切り取り縫い合わせるよりも、1か所ずつくりぬく方法であれば傷痕は大きくはなりませんが、腕は傷の治りの悪い部分でありケロイドのリスクも0ではないです。 またその方の傷の治りやすさにもよりどこまできれいに治るかも変わってくるので、人によってはあまり改善はないかもしれません。 施術料金に関してはクリニックによりかなり異なるので、一度クリニックでご相談いただくとよろしいかと思います。

次の