中島みゆき セトリ。 中島みゆき オフィシャルサイト

中島みゆき コンサート2020「金沢 1/20~1/21」セットリスト・感想|Lyfe8

中島みゆき セトリ

Index• 【2月26日 大阪】フェスティバルホール 2月26日(水)に大阪・フェスティバルホールにて「中島みゆき2020 ラスト・ツアー「 結果オーライ 」」の大阪公演が行われました。 会場の様子やセットリスト、ファンの感想を見てみましょう。 何かと騒々しい状況ですが、今夜限りのライブを楽しみたいと思います。 滑り込みセーフ😅 — たびざる tabijal 中島みゆき、フェスティバルホールのセットリスト【2月26日 大阪】 第1部 1. 一期一会 2. アザミ嬢のララバイ 3. 悪女 4. 浅い眠り 5. 糸 6. ローリング 7. 流星 8. 最後の女神 9. 齢寿天任せ 第2部 10. 離郷の歌 11. この世に二人だけ 12. ナイトキャップ・スペシャル 13. 宙船 そらふね 14. あたいの夏休み 15. 麦の歌 16. 永遠の嘘をついてくれ 17. 慕情 18. 誕生 アンコール 19. 人生の素人 20. 土用波 21. はじめまして 終演後のファンの感想 中島みゆきコンサート、大阪フェスティバルホール、参加して来ました! もうね、まさにレジェンド!生きる伝説ですね! 猛威をふるっているコロナのため、本日以降の大阪公演は中止になると、みゆきさんより報告がありました。 何かと問題山積みな世の中ですが、皆さん頑張りましょう! — かずみょん🎸KAZUMA🎤 KAZUMA28156369 中島みゆきさんのラストツアー大阪フェスティバルホール初日は奇跡の3列目! 糸でグスン、慕情でグスングスン、、誕生は圧巻でした! T. T — nari narinari1st 中島みゆきのライブ参戦!やっぱ歌唱力半端ない。 CDと変わらん😆 コロナの影響で28日29日は中止やって… Jリーグといいイベント関係は軒並み延期やね… — GOLGO! 豪華すぎる内容、心が痺れました。 数々の歌やみゆきさんの愛あるメッセージに何度も涙が溢れました。 最高に最高のひと時でした。 本当にありがとう💝 — 鈴りん子 RINKO90973656 大阪公演初日、本当に本当に素晴らしかったです。 また、明後日からの4公演はしないとの決断をされたとのことです。 みゆきさんが私たちの前で直接お話されました。 その後のメッセージに、とてもとても愛を感じました。 当選された方を思うと本当に心苦しいですが、安全第一ですもんね。

次の

中島みゆき【福岡1日目】レポ・セトリ 2020/1/29【LIVE in 福岡サンパレス】

中島みゆき セトリ

中島みゆきラストツアー「結果オーライ」初日に参加だー!!!!! 新宿初日セットリスト付き徹底レポート!中島みゆき2020ラスト・ツアー「結果オーライ」東京新宿文化センター公演感想 ・ぼくは「結果オーライ」の初日公演のために世界一周を中断した ・バンコクから新宿文化センターまでの道のり ・中島みゆき初のチケット本人確認システム ・グッズはパンフレットと地域限定トラベルタグを購入 ・(ネタバレ注意)結果オーライ曲目 ・「結果オーライ」は有名曲多数でまさにベストアルバムのような内容 ・「結果オーライ」では2番の省略が多くその分曲数が多かった ・この前ライブで聞いたカブり曲も多かった ・みゆきさんは「流星」や「いまのきもち」がお好き? ・夜会工場Vol. 2で謎の余計な演出として登場した慕情が報われる日 ・ぼくが「結果オーライ」で感動した楽曲たち ・はじめましてで終わりを迎える中島みゆきのラスト・ツアー ・ぼくは「結果オーライ」の初日公演のために世界一周を中断した ぼくは中島みゆきのラスト・ツアー「結果オーライ」の初日公演に参加するために、世界一周の旅を中断して日本へ帰国した。 「結果オーライ」初日公演は東京の新宿文化センターで開催されるので、一緒に「結果オーライ」へ参加予定の東京の友人のお家にお邪魔した。 思えば去年も中島みゆきの新作夜会「リトル・トーキョー」を鑑賞するためにロシア・シベリア鉄道〜ヨーロッパ周遊の旅を中断して日本へと帰国した。 中島みゆきはいつもぼくの世界一周旅行を中断させるパワーを持つのだ。 そしてその結果、ぼくは世界をウロチョロしているとは言えども、世界一周を未だにできずにいる。 別に一周することに執着はないのだが、いったいいつになれば一周できるのだろうと疑わしくは思う。 ・バンコクから新宿文化センターまでの道のり さて、今回の旅はタイ・バンコクから始まり、カンボジア、ベトナム、ラオスと東南アジアを一周し、中国雲南省にバスで入国し、憧れの雲南省、少数民族の貴州省、風光明媚な桂林を経て、福建省廈門へと到着した後、中国大陸からフェリーで行ける台湾の金門島を訪れ、さらには台湾本島まで飛び、カンボジアで友達になった台湾人と香港人の友人と一緒に遊んだ後に、日本の東京へ1月10日に帰国した。 そのまま1日休憩し、1月12日にとうとう中島みゆきのラスト・ツアー「結果オーライ」の初日がやってきた。 ぼくは新宿から近い友人の家に滞在していたので、移動は電車1本で楽だった。 新宿文化センターは初めて行く会場だったので、グーグルマップを見ながらたどり着いた。 ・中島みゆき初のチケット本人確認システム ぼくは開場の1時間30分の14時30分前に到着したが、すでに入場待ちの列は3列目に突入していた。 それでも並んでいる人はいつもより少なく見え、中島みゆきのCD・DVDを買えば先着でもらえるサインももしかしたらもらえるかもと期待した。 開場は予定通り16時ピッタリだった。 今回から中島みゆきコンサートは本人確認制度を導入しているので、入場者は免許証やパスポートなど写真付きの証明書を持参しなければならない。 この本人確認のシステムは初めてなので、スムーズに列が進むのかとか、ちゃんと入れるのかとか結構不安だった。 しかしそんなに心配する必要もなく、入場列の進み具合はいつも通りだったし、写真付きの証明書を見せればすんなり入ることができた。 写真付きの証明書ではないものを提示した人はこれではダメですときちんと言われていたので、本人確認は結構厳密に行われている印象だった。 ・グッズはパンフレットと地域限定トラベルタグを購入 開場1時間半前はやはり結構遅かったらしく、入場後そのままCD・DVD売り場の列へと向かったが、残念ながらサインはもらえなかった。 サイン引換券ははるか前の人で終わっていた。 サインがもらえないのではCD・DVD売り場に用はないので、グッズ販売の列に並んだ。 なんとパンフレットは4400円と書いていた驚いた。 パンフレットってそんな高かったっけ?3000円くらいのイメージだったが、値上げしたのだろうか。 しかし中身はラスト・ツアーのパンフレットらしく、これまでのすべての彼女のツアーの会場や曲目が記されるなど豪華な内容だった。 写真も綺麗! リトル・トーキョーの際は美しい水色のクッションがとてもいい感じだったので買ってしまったが、今回はそんなに欲しいグッズは見当たらない。 しかし地方限定で1人1つ限りの限定トラベルタグが旅人であるぼくの心をとらえたので買ってしまった。 値段も1000円で安い! ・(ネタバレ注意)結果オーライ曲目 1、一期一会(フル) 2、アザミ嬢のララバイ(省略あり) 3、悪女(省略あり) 4、浅い眠り(省略あり) 5、糸(フル) 6、ローリング(省略あり) 7、流星(省略あり) 8、最後の女神(フル) 9、齢寿天任せ(フル) 休憩(20分) 10、離郷の歌(フル) 11、この世に二人だけ(省略あり) 12、ナイトキャップ・スペシャル(省略あり) 13、宙船(省略あり) 14、あたいの夏休み(省略あり) 15、麦の唄(フル) 16、永遠の嘘をついてくれ(省略あり) 17、慕情(フル) 18、誕生(フル) アンコール 19、人生の素人(フル) 20、土用波(フル) 21、はじめまして(フル) ・「結果オーライ」は有名曲多数でまさにベストアルバムのような内容 今回の中島みゆきラスト・ツアー「結果オーライ」の曲目の特徴としては、なんと言っても有名曲が普段より多く散りばめられていることだろう。 今回の曲目には、全国を回るのは最後だからという中島みゆきの心遣いが感じられる。 一期一会、悪女、浅い眠り、糸、最後の女神、離郷の歌、宙船、麦の唄、慕情などの有名曲に加え、デビュー曲のアザミ嬢のララバイ、隠れた名曲と名高い誕生も歌われるという豪華なラインナップである。 まるで中島みゆきのベストアルバムを聞いているかのようなラスト・コンサートだった。 アザミ嬢のララバイについては、彼女が「ツアー」というものをやり始めてから初めて会場で歌った歌であるという説明が添えられ、彼女の「ツアー」としての歴史も感じられるラスト・ツアーだった。 ・「結果オーライ」では2番の省略が多くその分曲数が多かった また別の特徴としては、歌の省略がめちゃくちゃ多いと感じた。 自分の記憶を頼りに上の曲目にフルで歌ったか省略して歌ったかを記したが、数えてみるとフルで歌ったよりも省略バージョンの方が多いようだ。 省略は主として、2番を省略していることが多かった。 おそらく最後のツアーだからなるべくたくさんの曲を歌うために、時間的な都合で省略曲を多くせざるを得なかったのだろうか。 しかし2番を省略されてもそんなに気にならないのが印象的だった。 その部分の歌詞が大好きだったりしたらがっかりしてしまうかもしれないが、その分たくさんの曲を歌ってくれるなら仕方ないかという気持ちだった。 ・この前ライブで聞いたカブり曲も多かった ぼくが感じたのは、あ、これ前もライブで聞いたなという曲が多かったことだ。 それゆえに初めて聞く曲が来ると感動したりするのだが、こんなにも前ライブで聞いたなと思う曲って多いものだろうか。 ぼくが彼女のコンサートに初めて参加したのは2007年の歌旅だった。 そこから2010年は参加せずにそれ以外はすべて参加しているが、中島みゆきのコンサート歴からしたらかなり浅い部類に入るのではないだろうか。 中島みゆきには1975年からの45年の歴史と大量の楽曲があって、ぼくのコンサート歴はたかだか13年なのに、こんなに曲ってカブるものなのだろうか。 今回初めて聞いたのは、悪女、ローリング、齢寿天任せ、離郷の歌、この世に二人だけ、ナイトキャップ・スペシャル、あたいの夏休み、永遠の嘘をついてくれ、慕情、人生の素人、土用波、はじめましてだった。 しかしカブった曲であっても歌い方やアレンジが変わったりするのでまったく新しい曲を聞いているような感覚にもなる。 ライブの歌声は生物であり、その場限りであり、それこそがライブの醍醐味なのだろう。 ・みゆきさんは「流星」や「いまのきもち」がお好き? みゆきさんってこの曲好きなんだなーと誰もが感じた曲もあるだろう。 「流星」なんかは一会でも歌っていた分、またかい!と思った客も多数いると予想される。 アルバム曲のひとつなのにこんなに歌われるなんてとても思い入れがあるのだろうか。 確かに歌詞は日本中を旅しているような感じでツアー感がある。 中島みゆきの中で流星はツアーのテーマ曲なのだろうか。 またこの世に二人だけ、土用波、はじめましてなど、アルバム「いまのきもち」に入れられた曲がすごく多いなと感じた。 あれ限りの謎のセルフカバーアルバム「いまのきもち」の発売当時、彼女は自分が今歌いたい曲を集めたと語っていた記憶があるが、彼女のお気に入り曲は「いまのきもち」が発売された時代から今までずっと変わっていないのではと思わせられる。 ・夜会工場Vol. 2で謎の余計な演出として登場した慕情が報われる日 中島みゆきはかつて夜会工場Vol. 2の途中で、夜会の歌ばかりを歌うコンサートなのにサービスで慕情を歌おうとすると見せかけて、最初の歌い出しだけ歌ってあっけらかんと中断し、客をストレスマックスに陥れたことがあった。 本当にあんな余計な演出は後にも先にも見たことがない。 あの無意味とも思える演出には、どのような意味が込められていたのだろう。 しかしその際に彼女は、コンサートでは全部歌いますので来てくださいと言い放っていた。 時は随分と流れ去りやっとコンサートが巡って来たので、ついに彼女が慕情を歌うのを見られる日がやってきた。 「結果オーライ」のポスターで彼女が握りしめていたのは慕情の楽譜だったので、皆慕情は歌うだろうと予想していたがその通りになった。 まさかツアーのポスターで慕情の楽譜を握りしめているのに、今回の「結果オーライ」でも慕情を歌わなかったらそれこそ本当に客は怒ってしまったことだろう。 慕情はやはりツアーのクライマックス的な位置付けでフルで歌われ、その感動的な歌唱は会場に響き渡っていた。 ・はじめましてで終わりを迎える中島みゆきのラスト・ツアー また、はじめましてで終わったのもとてもよかった。 ラスト・ツアーの終わりなのに「はじめまして」。 かつてオールナイトニッポンの最終回の最後の言葉に「こんばんは、中島みゆきです」と言い放った彼女と何も変わっていないのだと感じた。 彼女にとって、終わりと始まりは同じ意味を持ち、時の流れは円環を巡ってまたぼくたちのもとへ戻って来るのだ。 はじめましての声はとても伸びやかで、ギターを持ったみゆきさんは本当に楽しそうに歌っていた。 楽しそうに、おおらかに、心地よく、そんな様子でコンサートを締めくくってくれたことがとても嬉しかった。

次の

中島みゆき研究所【公演記録|音楽公演|演奏曲─索引】

中島みゆき セトリ

Sponsored Search 中島みゆき コンサート2020 新宿公演 感想まとめ つづいて、 中島みゆき「2020 結果オーライ」 新宿公演 の、ツイッターに寄せられた感想をまとめました。 中島みゆきさんのラストツアー『結果オーライ』初日終わりました。 ラストと銘打ってるだけあってヒット曲多めだけど意外な名曲を歌ったりと涙無しには見られなかった2時間半。 MCも面白かったです。 😊💖 — まるさん bdDrIuxcMzOAcUu 会場の新宿文化センターのメインホールは昨日中島みゆきコンサートで長蛇の列でした。 グッズ販売お目当のファンもとても多かったようです。 — 孤独さん🍀 doradozaemon 「結果オーライ」の中島みゆきさんのサイン色紙を頂きました。 1」が後1人のところで取れなかったのが、悔やまれますわ〜。 本当に良いライブだった。 始まる前の会場の張り詰めるような緊張感、忘れられない。 出てきた時や、あの名曲のイントロが流れた時の静かなどよめきも。 生きてて良かった夜。 徹夜したあの夜の自分が報われた。 今回色々な偶然と行動力が重なってチケットを入手できた。 正直、思うところはたくさんあった。 それもこれも全部中島みゆきの歌のようで、やっぱり新宿、好きだな、と。 初日に新宿を選んでくれてありがとう。 渋谷や池袋にはない縁を感じる場所。

次の