奥二重 アイライン。 これで、失敗しない!アイラインの引き方のコツ【一重・二重・奥二重】|MINE(マイン)

奥二重だとアイラインが目立たず見えない悩みを解決

奥二重 アイライン

私は昔からぱっちり二重の方を見ると、可愛らしいな~、羨ましいな~という目で彼女たちを見ていました。 そんな私は生まれてからずっと奥二重で、写真なんかに写ると目が線のようになっているのがとても悩みでした。 しかしメイクをするようになってからは目が大きいね、可愛い目だねと言われることが多くなり、メイクの力って本当に凄いんだなと実感しています。 今回は私のように目の細さで悩む女性に、目細工やアイプチを使わなくてもできる大きな目になるメイクを紹介していきたいと思います。 最近は、アイプチやアイテープなどたくさんの二重アイテムが出てきています。 そこで、二重にせずともメイクで目を大きく見せる方法、また元の奥二重を活かして奥二重美人になる方法を教えたいと思います。 奥二重のアイメイク 二重ほどはっきりしてはいないけど、一応目じりにかけては二重に見えるという奥二重。 ちょっとうらやましがられることもあるけれど、それなりにアイメイクで悩むという方はいませんか? 二重メイクや一重メイクの動画はたくさんあるのに、奥二重のメイクはそれより量が少ないかも。 ここでは、私も実践している奥二重専用のメイク方法をご紹介していきます! 奥二重の悩みは、せっかくキレイにしたアイメイクがもろもろ「埋没」してしまうことではないでしょうか。 例えばアイライナー。 キレイに引いたのに、目を開けると二重幅と重なってほとんどみえなくなっていたという失敗も多いです。 目を閉じるととても素敵なのですが、出来上がってから気づくパターンですね。 じゃあアイライナーなし!?というのも心もとない。 私のアイメイクはこれを回避できます。 また、アイシャドウも埋没してしまうことはありませんか? 目をつむってアイシャドウを載せている時には良い感じなのに、やっぱり目を開くと「あれ!?どこいった!?」状態に・・・。 奥二重のしわに合った方法でメイクをすれば、目元のキラキラが寝ている時だけになるということもありません。 これらは全部忘れましょう。 体験談です。 また、20代の方には寒色系はおすすめできません。 おばさんっぽくも見えます。 そこでメイク初心者でも簡単な ナチュラルなブラウン系を使用してみてください。 グラデーションもいいですが、2色までにしましょう。 ここで注意ですが、鏡を何回もチェックし、少しずつ中間色を足していきましょう。 目尻にのせるアイシャドウはチップがおすすめです。 この目尻のアイシャドウが結構重要です。 目を大きくさせるのも小さくさせるのもここです。 濃いブラウンといっても黒に近いものはおすすめできません。 逆に小さく見えます。 肌の色とアイシャドウがパキっとわかれてしまう部分は指などで馴染ませてください。 目が小さい、細いと感じる方におすすめしたいシャドウの色があります。 それば暗めのブラウン、ブラウン、明るいブラウンです。 でも明るさなんて人それぞれだし、どれを選んでいいかわかりませんよね。 そしてこんな感じのシャドウの中で一番明るい色をアイホール全体に塗ります。 そのあと次に明るい色を黒目の上部分だけにぬっていきます。 このとき黒目の上の瞼にだけぬると、おかしな感じになるのですが後で伸ばせるのでそのままにしておきましょう。 そしてその次に暗い色を目尻の上の瞼にポンと置きます。 ここら辺になってくるとかなり濃い色なので、少し手に付けて軽く押さえるだけで色が付きます。 そしてそのまま全体を指でなじませていきます。 するとパッと見、目頭から目尻にかけて徐々に暗い色になっていっていると思います。 それで正解です! よくシャドウの暗い色で目を囲ってしまう方もいるのですが、実は目が細い、目が小さいと悩む方が目を暗い色で囲ってしまうと範囲を強調してしまうので余計に目が小さく見えてしまうんです。 それに比べ、先ほどのように目尻の上の瞼に暗い色を置くことで、目尻はもう終わっているのに、まだ続きがあるような錯覚を起こさせ目が大きく見えます。 ポイント! アイシャドウは、まず目を閉じて埋没してしまうエリアを探し、眉毛の下、埋没しない当たりの目尻側を中心につけたら、目を何回か開いてみてチェックをします。 その後、ぼかすようにして瞼の上にも軽く付けます。 これでグラデーションをするのもキレイでおすすめですよ。 このアイラインも気を付けることがあって、それは引き方と色です。 引き方は目の上全体を引くのではなく、目じりと黒目の上だけに書いていきます。 この時目の上だけに線を書くのではなく4ミリほど目からはみ出て書くようにしましょう。 そうすることで目を横に大きく見せる事ができます。 そして黒目の上だけ、ラインを書き足すことで目をクリっとした印象にすることができます。 次は色ですがアイラインの色って何色を使えばいいか分からないですよね。 おすすめなのは、 瞳の色に合わせる事です。 よくブラウンの目の人が目を大きく見せるために黒いラインを入れているのですが、それは逆に目とラインの色が違うことで違和感をうみ、より目を強調させてしまうので自分の瞳にあった色を選ぶほうがいいです! 私は濃すぎないメイクが好きなので、こんな風にナチュラルに大きく見える目を作るようにしています。 私がよく参考にしている人がいて、それは渡辺直美さんです。 あの方は全体的に濃い色を使われているのですが、メイクのやり方は私が先ほど書いたものとほとんど一緒です。 あの方も化粧をしていないときは目が細く見えますが、メイクをばっちりすることで目が大きくなっていますよね。 なのでメイクしているときに分からなくなった方は渡辺直美さんの写真などをみながらやってみるといいと思います! ポイント! アイライナーは、まつ毛の上に引くと奥二重では意味がなくなってしまいます。 そのため、引くべきはズバリ「まつ毛とまつ毛の間」!引くというよりは、まつ毛とまつ毛の間を埋めていくというイメージですね。 全くアイライナーを引かないと目力がなくなってしまいますが、この方法なら非常にナチュラルで、しかし目力はある目元になります。 下まつ毛の間は個人的には埋めない方が感じが良いと思うのですが、引くのであれば目尻のみにしておくと良いでしょう。 まつ毛の間をアイライナーで埋められたら、目尻では二重幅が広くなるので、垂れ目でも跳ね上げでも、好きなようにまつ毛の上にラインを引いてみましょう。 これで自然なアイライナーが完成です! 最初はまつ毛とまつ毛を埋めるようにするのは難しいと思ったのですが、毎日メイクをしている女性なら結構簡単にできるはずです。 私は今ではすっかりこのメイク方法が日常的になり、自分の奥二重が好きになりました。 二重幅が消えないので一重に見えないですし、それを活かしたメイクができるのでナチュラルで評判も良いのです。 もっとしっかりメイクしたい!という方には向かないかもしれませんが、ナチュラルメイクを目指すならおすすめしたいですね。 奥二重は、一重とも二重とも違うアイメイクの悩みを抱えています。 その確たるもの、「埋没」回避方法はいかがでしたか?我流なので、ここから更に自分の目元に合う方法を開発してみてもらえるとより魅力的な目元になるでしょう。 私も動画の真似から入ったので、そこから自分流にしていくのは効果的です。 他の方のアドバイスも参考になります。 アイラインはブラックでも茶色でもOKですが、落ちにくいものにしましょう。 奥二重の人は重なっている部分の瞼が擦れることでアイラインがとっても落ちやすいです。 目尻をナチュラルなブラウン、まつげの間ははっきりとブラックというように色をわけてナチュラルメイクをしても可愛いです。 ここでのポイントはまつ毛の間を埋めることです。 あくまでも奥二重を利用するので、瞼には載せないよう気を付けましょう。 私は奥二重なのでぱっちり二重の方にはとてもうらやましさがあり憧れます。 どちらかというと一重や奥二重の方は少しお顔がきりっとつんとしたイメージが強いです。 それに比べてぱっちり二重というだけで目元に優しさや甘さが出て特だなと感じます。 このような一重や奥二重の方が少しでもぱっちり二重の方が持つ柔らかな印象に近づけるように普段のメイクに工夫を付け足していくことが重要です。 このメイク方法がおすすめの理由 やはりぱっちり二重の方はもうその時点で目に力があるので、簡単でシンプルなメイクだとすっぴんメイクといったナチュラルさを持て、逆にラメや濃いシャドウを使えば目元がさらにぱっちりとしてお顔は十分に映えます。 ですが、一重や奥二重の方がぱっちり二重の方と同じようなメイクをしてしまうと目元を余計きつく見せてしまうことがあります。 こういった方は普段のメイクに何点か工夫を付け足してくことできりっとした印象を柔らかくあたたかなかわいいイメージを持つことができます。 メイク方法 ずばり私個人の考えですが、一重や奥二重の方は顔全体に工夫を施すことで印象が変わってきます。 まず使用するベースの化粧品はマットタイプのものを選ぶと良いです。 はじめにお肌には青や緑の入ったカラーコントロールベースの下地を使うと肌に明るさや透明感がでてそれだけでもお肌がきれいに見えます。 アイシャドウ そして一番重要なのは 目元です。 アイシャドウはラメがあるキラキラしたものを使用してしまうと目元が膨張したように余計きつく見えてしまいます。 アイシャドウにはマットタイプを使用し、塗る範囲も瞼全体には塗らずアイラインを引く部分にだけ塗っていきます。 アイライン 一重さん、奥二重さんは、目の縦幅が少ないのがお悩みですよね。 二重のりで二重を作って縦幅を出すこともできますが、二重のりの使い方も難しいもの。 でもちょっとしたアイラインの使い方で、目の縦幅を出して、丸い目に見せることができますよ。 しかも1分で終わります!二重のりを使うよりも手早くできる!アイラインを入れるだけで、たった1分で丸い目を作りましょう。 用意するものは、アイライナーだけ!• はっきりとラインを入れたいときは、ブラウンのペンシル状ジェルアイライナーを使います。 ナチュラルに見せたいときは、二重ライン&涙袋ラインに使える薄ブラウンのアイライナーを使います。 使い方 下まぶたの黒目の下に、まつげの隙間を埋めるようにラインを入れます。 「下まぶたにもアイラインを入れると、顔がキツく見えない?」と不安かもしれませんが、ラインを引く長さが1〜2cmととっても短いので、大丈夫です! ラインの長さが短いので、ゆっくりラインを引いても1分で終わる!まつげの隙間に点を描くようにラインを入れると、不自然にならずに仕上がりますよ! ちょっとラインが太くなってしまったときは、綿棒でぼかしましょう! 黒いアイライナーは避けること 黒いアイライナーしか持っていないけど、代用できる?という疑問が湧いてきそうですよね。 黒いアイライナーを使うのは、ちょっと避けましょう! ここで黒いアイライナーを使ってしまうと、線引いてますよね?という感じが出過ぎてしまって、不自然な仕上がりになります。 黒のアイライナーには、目が小さく見えてしまうというがっかりする効果も…。 「黒い服には引き締め効果がある」って言いますよね。 実は目もとも同じ。 黒いラインで目を囲むと、逆に目が小さく見えてしまうんです。 黒ではなくブラウンのアイライナーを使うことで、目を大きく見せましょう! ちょっとオシャレにしたいときは、カラーアイライナーを使いましょう!線を引く範囲が狭いので、カラーアイライナーに抵抗がある方でも気軽に使えますよ!濃いめのピンクやボルドーなど、ちょっと奇抜な色にもチャレンジしやすい! 二重のりを使っている方は、目がぱっちりと開くので、上側には目を大きく見せることができていますよね。 下まぶたにラインを入れると、下側にも目を大きく見せることができちゃいますよ。 目を大きく見せるためには、下まぶたにも注目してメイクすることがとっても大事!!下まぶたにもちょんちょんとラインを入れるだけで、あなたの目はさらに大きくなりますよ。 たった1分で終わるアイラインを入れて、パッチリ目に見せちゃいましょう! ポイント 前述したように、アイラインは黒よりかは茶色を使うと柔らかいイメージになります。 線を引くという感じではなくまつげの間を埋める感じで薄く引いていくのがポイントです。 これだけでやわらかいイメージがだいぶついてきます。 私もメイク初心者の頃は何も知識がなく、アイシャドウはラメがたくさん入ったものを瞼全体に塗りアイラインも黒で太く引いていました。 それが一番ぱっちり二重に近づくのではと勝手に考えていたからです。 ですが、ある時ぱっちり二重の友人とツーショット写真を撮りそれを見たときにはじめて間違ったメイクをしていると気づきました。 目元がとても腫れぼったく見えていたのです。 そこからネットで一重や奥二重タイプの目元メイクを個人で勉強しました。 そこで至ったのがパーツごとに工夫を施していくことです。 チークも血色の良いマットタイプをにっこり笑ったときに盛り上がる部分に塗るだけでアクセントがでます。 また全体的にマット感を出しすぎたなと思う時はプルプル感がでるリップを塗ると愛嬌が増します。 腫れぼったい場合は上瞼にマスカラがつきやすくなります。 また、マスカラはボリュームよりもロングのものを使用がオススメです。 下まつ毛はぜったいにマスカラをしましょう。 上まつ毛がナチュラルな分、下まつ毛は目尻の方はしっかりと塗ります。 これらをすることで写真映りがよくなり、不自然な二重やケバいメイクに見られないため、話しかけやすい印象を与えます。 ポイントは下瞼へのアイシャドウ、アイラインでまつ毛の隙間を埋める、下まつ毛にもマスカラです。 初心者の方でもやりやすいメイク方法です。 比べてしまうわけではないですが、目元はやはり人それぞれです。 自分の目のタイプを少しでも把握することで使用する化粧品も変わりますし、いまお伝えした工夫を施すだけでメイクの映え方が見違えてきますのでぜひお試し下さい。 アイメイク関連記事:.

次の

【奥二重のアイメイク術】アイシャドウの選び方・塗り方など解説

奥二重 アイライン

【奥二重のアイラインのポイント】 ・まつげの間をしっかり埋める ・アイラインで二重幅を埋めない ・目の際に細くアイラインを入れて目尻に向かって太くする 上気のポイントを踏まえながら、手順に沿ってアイラインの引き方を説明していきます。 今回はを使用していますが、基本的な手順はペンシル(ジェル)タイプでも同じです。 自分にとって描きやすいアイライナーで試してみてくださいね。 一気に引かずに少しずつ動かすのがコツです! ポイントは 力を加えないこと!筆先を押しあてるときは先端だけにすると、奥二重さんも失敗せずに太さを調整しやすくなります。 奥二重さんの場合、目頭についたアイラインが特ににじみやすいと感じる方が多いはず。 細く引いてもどうしてもにじんでしまうときには、目頭部分にはアイラインを引かないのも1つの方法です。 3.目尻にのみ、少し太めにアイラインを描き足す あまりはね上げず目尻の延長線上に引くのが自然にみえるポイントです。 お好みで2~3mm伸ばしてもOK。 4.まつげの間がアイラインで埋まっているかを確認し、足りない部分は描き足す 5.目を開けたときに、まつげの間が埋まっていて二重幅にかぶっていなければ完成 より目元を大きく見せたい奥二重さんは、下まぶたの目尻3分の1の部分に、 茶色 系のアイライナーかアイシャドウを入れてみましょう。 自然と目元を大きく見せることができます。 下まぶたに黒のアイライナーやアイシャドウを使用するときつい印象になりがちなので、やわらかな印象を演出したい時は茶色系がおすすめです! 2.奥二重のアイライン|落ちにくくするための方法 アイラインがにじみやすい奥二重さん。 目周りが黒くなってしまう「パンダ目」はおも大変です。 そこでこの章では、アイラインがにじんだとき、落ちてしまったときの対策方法をご紹介します。 【奥二重】アイラインの落ち対策|パウダーをのせてサラサラに 奥二重さんのアイライナーがにじみやすい主な原因は、二重幅が狭い傾向にあるためまばたきによってアイラインが目元の油分(スキンケアやメイクアイテムの成分、過剰な油分など)と混ざり合って、まぶたにつくことだと考えられます。 メイクを行う前は、目元の過剰な油分をおさえるために、フェイスパウダーなどをのせましょう。 【奥二重】アイラインが落ちてしまったら きちんと奥二重用の対策をしていても、ときにはがにじんでしまうこともあります。 そんなときの化粧直し方法をご紹介します。 パンダ目は、軽い状態であれば綿棒でなぞるだけで簡単にオフできます。 目元が真っ黒になってしまった場合は、を付けた綿棒で軽くまぶたをなぞって、黒くなってしまった部分を落としてください。 その後、リキッドを少量つけた綿棒で、メイクが取れてしまった部分に薄く伸ばし、上からフェイスパウダーを目元にのせましょう。 このひと手間で、メイク直後のようなきれいな状態に直すことができます! 極細で短めの筆が特徴的な、の筆ペンタイプのリキッドアイライナーです。 落ちにくくにじみやすい。 ブラックとブラウンの2色展開でどんなにも違和感なくなじんでくれます! 使う前にはキャップをしたまま2~3回軽く振ってから使用するのがおすすめ。 振ってあげることで、筆先にしっかりとインクが行きわたり、一回で美しくはっきりとしたラインを引けます。 描き心地を追求した筆先で、奥二重の方でも引きたいラインをしっかりと引くことができます。 55ml 価格:1,600円(税抜) カラー:全5色(トゥルーブラック・ダークブラウン・ベイビーブラウン・バーガンディブラウン・グレージュブラウン) 保湿成分:リンゴ果実培養細胞エキス・ヒアルロン酸Na・パンテノール・センチフォリアバラ花エキス・センブリエキス 汗やに強く、お湯でオフできるラブライナーのリキッドアイライナー! にじみにくく、落ちにくいので、さらに発色をキープしてくれます。 全5色展開ですが、奥二重の方にはダークブラウンやグレージュブラウンがおすすめです! 0. 1mmの極細筆なので、目のキワの細い部分も、目尻の跳ね上げラインも思うがまま!ウォータープルーフなのにお湯で簡単にオフ。 あえて重量感を持たせたアルミボトルによって、手ブレを防いで安定したアイラインを引くことができます。 07g 価格:1,000円(税抜) カラー:全2色(01 漆黒ブラック・02 ダークブラウン) 保湿成分:ヒアルロン酸・コラーゲン・パンテノール・カツミレエキス 1. 5mmの極細芯で、細かい部分にも思うままのアイラインが引けるヒロインライナーのジェルペンシル。 奥二重の方には、黒よりもキツイ印象にならず、茶色よりもくっきりとした目元に仕上がる02 ダークブラウンがおすすめです。 5㎜のジェル芯はやわらかく、繊細なラインも太めのラインもスルスルと簡単に引くことができます。 目元にラインを引いた瞬間素早く定着し、にじみにくいので、美しいラインを持続させてくれます!まぶたにうつらず、こすれにも強いです。 65mmの極細芯、とってもやわらかなテクスチャーで自由自在に描けるペンシル。 肌あたりが非常にやさしいので、するするなめらかに目元をくっきりと演出します。 奥二重の方の日常使いに最適なダークブラウンのほか、ネイビーやカーキなどのカラーバリエーションもあります。 軽い力でしっかりと引くことができるので、目のキワや目尻の跳ね上げラインなど、どんなラインも思うがままに引くことができます。 奥二重の方でも扱いやすい1. 5mmの極細芯です。 汗・水・涙に強いウォータープルーフ&皮脂・こすれに強いスマッジプルーフなので、にじみにくいアイライナーをお探しの方にもおすすめです! カラーは肌になじみやすい3色展開!手持ちのアイシャドウに合わせても浮かないので、その日の印象に応じてさまざまなカラーを楽しむのも良いかと思います。 5.奥二重のアイメイク|アイライン以外のポイント 最後に、アイラインの引き方とともにチェックしておきたい奥二重のアイメイクのポイントをご紹介します。 ぜひ合わせて意識してみてくださいね。 具体的なポイントは以下のとおりです。 【奥二重のアイシャドウのポイント】 ・上まぶたのパールは入れ方注意 ・万能カラーは薄いブラウン ・ミディアムカラーは目を開けたときに見える位置まで ・締め色の入れすぎに注意 ・涙袋にをオン 関連記事でくわしく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

次の

アイラインの引き方講座!一重さんも二重さんも!目力UPの基本と最旬テクニック

奥二重 アイライン

二重の幅が狭い、いわゆる「奥二重」の人、メイクで悩んでいませんか? 特に悩まされるのがアイラインの引き方。 目の形に沿って書いてみても、目を開いてしまえばまぶたのお肉で隠れて全く見えないんですよね。 実は私自身も奥二重でとても悩んでいました。 本当は流行りのナチュラルメイクがしたいのに、アイライナーで目を縁取ってしまうことで、目元がキツく見えてしまい、写真を撮られると切れ長に見えてしまうのです。 幅のある綺麗な二重だったら、気分に合わせて柔らかい雰囲気もクールな雰囲気も楽しめるんですよね… もうアイラインしなくていいかなとも思いました。 しかしないとないで目力がなくなり寂しい印象に。 ただ、どのサイトにも奥二重さん用のアイラインの引き方に特化したサイトは見つかりませんでした。 そこで今回は【ぱっちりナチュラル系】と【クールビューティー系】の2種類に分けて、奥二重の奥二重による奥二重のための「アイラインの引き方」をご紹介したいと思います! 目次• アイラインを引く?引かない?奥二重でもアイラインを引く目的とは? どうせアイラインが隠れてしまうなら、アイライン引かなくてもいいかな…なんて思っていませんか?でも、アイラインには大きな役割が二つあります。 密度のあるまつげにみせる• 瞳(黒目)を大きくみせる つけまつげやエクステ、マスカラなどのまつげを増やすメイク、瞳を黒く縁取って瞳を大きく魅せるカラーコンタクトがあるように、まつげや瞳は目元の印象を左右する重要なポイントです。 アイラインにもまつげや瞳に変化を出す効果があるので、「アイラインをひかない」のはアイメイクのバリエーションを減らしてしまうのと同じこと! 奥二重のためのアイライン引き方で、いつもと同じ目元に変化を出してみませんか? 【写真付き!】奥二重さんが目指す、系統別メイク術! ぱっちりナチュラル系 目は大きく魅せたいけど、化粧をしてるのが丸わかりするようなメイクは嫌! そんな方におすすめの、まるでノーメイクのようなナチュラルなのにぱっちり目になれるアイラインの引き方です! ぱっちりナチュラル系アイラインの引き方• まぶたを上に引っ張る。 アイラインはまつげのキワ、ぎりぎりの部分に出来るだけ細く引きます。 細く目尻から1~2㎜線を延ばします。 目を開けて、アイラインが目頭から目尻までつながっているか確認します。 二重幅にかぶらずに引けていたらぱっちりナチュラルアイの完成! ぱっちりナチュラル系アイラインのポイント• まつげとまつげの間を埋めるように引く!• できるだけ細く引く!• 今日は柔らかい印象にしたい!という日の為にブラウン系のアイライナーを持っておくと便利です。 ぱっちりナチュラル系美人芸能人!• 綾瀬はるか• 多部未華子• 広末涼子 どの方も美人だけれどバリバリメイク!のイメージはないですよね。 ぱっちりナチュラル系アイラインで、 まるでメイクをしていないのにかわいらしい目元を手に入れてくださいね! クールビューティー系 目元はきゅっと締めたい!でもゴテゴテにはしたくない… きつくなりすぎない、クールビューティーな目元になれるアイラインの引き方です! クールビューティー系アイラインの引き方• 目頭を内側に向かって軽く引っ張る• 目の中央から目尻に向かってまっすぐ引く• 目尻からアイラインの間の三角の部分を塗りつぶす• シャドウで塗りつぶした部分をぼかしてクールビューティーアイの完成! クールビューティー系アイラインのポイント• ラインは大胆に引く!• 塗りつぶした部分がなじむ様にぼかす!• 目尻に向かって少し太くする! クールビューティー系におすすめのアイライナー クールビューティー系のアイラインにおすすめなのは、くっきりはっきりラインが引ける黒のリキッドタイプがおすすめ! 目尻にぼかしを入れるために、黒、ダークブラウンのシャドウも必須です。 実は、クールビューティー系アイメイクは今流行りのオルチャンメイク!イマドキ女子のアイメイクならこれで決まりですね。 クールビューティー系美人芸能人!• 水原希子• 黒木メイサ• 吉高由里子 キリっとした目元が美しい美人の方々はみなクールビューティー系アイメイク。 ふわっとした印象とは対照的なカッコイイ女子を目指すなら是非試してみてくださいね! 【種類別】アイライナーの使い方の基礎! アイライナーと一言で言っても、ペンシル、リキッドなど様々な種類がありますよね。 でも、なんとなく使っている…なんて方も多いのではないでしょうか? 思い通りのアイラインを引くためには、その特徴や使い方を知っておくことも大切です! リキッドタイプ リキッドタイプは筆ペンタイプのものがほとんど。 くっきりはっきりアイラインを引きたいときにお勧めです。 細いラインも太いラインも、力の入れ方で自由自在に引けるので、様々なタイプのアイメイクで活躍します。 また、完全に乾いてしまえばにじんだり伸びてしまったりしにくいので、メイク崩れもしにくいアイライナーです。 ただし、はっきりとしたラインになるので柔らかい印象にしたいときのアイライナーには不向きです。 ペンシルタイプ 初心者の方も使いやすいのがペンシルタイプです。 ラインをしっかり出したい、でも印象は柔らかくしたい、そんな時にはペンシルタイプがお勧め!ぼかしてなじませるのも簡単なので、失敗しちゃった!なんて時もささっとぼかせば形になります。 ただし、滲みやすい、発色があまりよくない、という面もありますので、シャドウとの合わせ方、滲まないような下地作りも重要になってきます。 パウダータイプ アイシャドウのようなパウダータイプのアイライナーの最大の魅力は、美しい発色と色のバリエーションの多さです。 いつもと違うイメージの目元にしたいときに大活躍します!お気に入りの色を一色持っておくのもおすすめです。 パウダータイプは通常のアイライナーとして使うよりも、ぼかしや影を加えて目を大きくみせる効果の高いアイライナーです。 ジェルタイプ ジェルタイプはリキッドタイプよりもマット感の強いアイライナーです。 リキッドタイプよりも更に滲みにくく、化粧崩れもしにくいので、細くラインを引きたい奥二重の方に特におすすめのアイライナーです。 ただ、乾くのがとても早いので失敗は厳禁。 初めて使う場合には、固さや発色を確認するためにも手の甲などに試してみるのもいいかもしれませんね。 アイライン以外のメイク道具でぱっちり目になるコツ! アイラインはアイメイクでとても重要なポイントですが、アイシャドウやアイプチも目元の印象を決めるのにとても重要! 効果的な使い方で、ぱっちり目を手に入れましょう! 奥二重でもぱっちり目になれるアイシャドウのコツ! アイシャドウは色の濃淡が分かれていますが、いつも何となく塗ってしまっていませんか? 何となく塗ってもグラデーションになりますが、目の形に合わせて塗ることでより目を大きく魅せることが出来ます。 奥二重のアイシャドウの塗り方• 一番明るい色をアイホール全体、涙袋に塗ります• 一番濃い色をまぶたにそって目尻まで塗ります• で塗った濃い色の上に2番目に濃い色、3番目に濃い色を塗りグラーデーションを作ります• 目尻に一番濃い色を細く入れ、2. で塗ったラインと重ねます• グラデーションの部分を指でなじませます 奥二重のアイシャドウのポイント• 二重の重なる部分にカラーが埋もれない様にグラデーションを作る!• 一色ずつ丁寧にのせる!• パール系よりもマット系を使えばでもたつかない! 奥二重でもぱっちり目になれるアイプチのコツ! 一重を二重にできるアイプチ!奥二重の私には必要ない…なんて思っていませんか? 実は、奥二重の人でもアイプチを使えば、くっきり二重のぱっちり目になれちゃうんです! 奥二重のアイプチの仕方• 二重を作るラインを決める• 決めたラインにアイプチを塗る• 指の甲で瞼の下から上に押し上げる• 乾いたらそっと指を離す 奥二重のアイプチのポイント• つけまつげ・マスカラで元の二重を隠す&デカ目効果!• 二重の部分は肌に近いカラーやシャドウで隠す!• 幅が太くなりすぎない様にする! メイク落ち防止!パンダ目対策3つのコツ! アイメイクで一番恐れていることはメイク崩れですよね。 ラインが消えてしまった!パンダ目になってしまった!など、アイメイクのメイク崩れの悩みは尽きません。 そこで、アイメイク落ちを防止できる3つのコツをご紹介します! 1. 目元の油分はアイメイク前にオフする! アイラインやアイシャドウが滲んでしまうのは、目元の水分や油分が原因であることがほとんどです。 保湿や下地などを塗りすぎてしまってはいませんか?余計な油分があることで、瞬きの度にアイメイクと混ざり合い、滲んでしまいます。 保湿や下地を済ませた後はパウダーで油分を抑えるなどして目元に油分が残らないようにしましょう! 2. このひと手間でメイク直しの時間も短くできますよ! 3. パンダ目になってしまったら…?! アイメイクがにじんでパンダ目になってしまたら、黒くなってしまった部分をめん棒を使ってオフしましょう! めん棒に乳液やリップクリームなどをつけて滲んでしまった部分をこするとオフできます。 オフできたらファンデーション、パウダーで整え、必要であればアイラインを引き直せばメイク直しは完了です。

次の