ハッピー デス デイ 着信 音。 「たかなシアター六番街」-【番外編】ハッピー・デス・デイ-

『ハッピー・デス・デイ』のネタバレ解説|批評家も絶賛のループ系ホラーとは?

ハッピー デス デイ 着信 音

・U-NEXT ・TUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music. jp ただ、 dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金 が必要です。 タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 それ以外のサービスであれば、無料お試し期間にハッピー・デス・デイを視聴可能。 ただ、 続編のハッピー・デス・デイ 2Uも合わせて無料期間に視聴したいとなると、選択肢はTSUTAYA TVとmusicjpの2つに絞られます。 どちらで視聴することも可能ですが、吹替でも配信されているのはmusic. jpのみとなります。 登録もカンタンなので、ぜひ今すぐ高画質で視聴してみてください。 「ハッピー・デス・デイ 邦題 」「happy death day」「happy death day 2U」などで検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました… それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。 「ハッピー・デス・デイ」を視聴するならmusic. jp お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込) 作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000 通常ポイント:600 視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン 備考 すべての作品でポイント購入が必要。 ただし、登録時にもらえるポイントが多い music. jp ミュージックドットジェーピー は日本企業が運営する動画配信サービス。 music. jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。 もっとも、 30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。 解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。 ツリーは設定した覚えのない不気味な着信音で目が覚めた。 ここが誰の部屋かも分からないし、二日酔いで頭も痛い。 「やあ、起きたのかい」 見知らぬ男が声をかけてきた。 男はカーターという同じ大学の生徒で、ここは大学寮の彼の部屋だった。 昨日ツリーは飲み過ぎて記憶を無くし、ここで一晩を過ごしていたのだと知る。 自分の家に戻ると、ルームメイトのロリが手作りの誕生日ケーキをくれた。 そこで自分が今日誕生日であることをやっと思いだす。 年上のロリは、いつも母親のように自分に口うるさくて、最近も喧嘩をしたばかり。 ロリが作ったケーキを彼女の目の前でゴミ箱に捨てて、そのまま授業を受けに大学に行った。 大学には不倫をしているグレゴリー・バトラー教授の授業を受けるために来ているようなもの。 医者でもある彼が働いている病院と大学を行き来しながら、2人の時間を楽しんでいた。 今日の夜は、友達が誕生日パーティーを用意してくれていたので、会場へと歩いて向かう道中には誰もいない薄暗いトンネルがあり、ここを通らなければいけないのかと少し不安だ。 周囲を警戒しながらトンネルの中を途中まで歩くと、道の真ん中にオルゴールが置かれていた。 気になったので近づいてみると、不気味なお面を被ったヤツが出てきた! そして、刺された…死んだ… 「ヘーイ!」 「イッツマイバースデー!イッツマイバースデー!イッツマイバースデー!」 不気味な着信音でツリーは目を覚ます。 日付は9月18日だった。 今のは夢だったのか?と呆気にとられつつもまだ心臓がバクバクしている。 「やあ、起きたのかい」 男が声をかけてきた。 この状況、私1度体験してる。。。 ? その後の出来事は全て同じ流れだった。 9月18日の月曜日を繰り返していたのだ。 再びお面の人物に殺され、同じ日を繰り返すという終わらないループにハマってしまった。 殺人ループも4回目を迎えた時、この悪夢から抜け出せる手はないかと、信じてもらえない覚悟でカーターに事情を話し助けを求めた。 状況を飲み込めないカーターだったが、必死に頼んだので協力してくれるようだ。 カーターは、殺されるのを阻止できれば解決するかもしれないと言い、自分を恨んでいて殺す可能性がある人をリストに挙げて犯人を探してみてはどうかと提案した。 今まで好き勝手に生きてきたツリーは、心当たりがいくつもあった。 長く連なったリストを見ながら、1人1人と接触し犯人を見つけるしかないと思った。 だが何度繰り返しても犯人を見つける事は出来なかった。 自分以外の人間の記憶はリセットされるため、近くのカフェでカーターと食事をしながら再度カーターに状況を説明し犯人が見つけられない事を嘆く。 その時、店内のテレビで美人だけを狙い6人の女性を無差別に殺害した連続殺人犯のトゥームズが警察との銃撃戦で大学病院に運ばれたというニュースが流れるのを見かける。 この男が殺人ループの犯人だと確信し、カーターと大学病院へ向かう。 そしてトゥームズと対面したが、彼を倒す前にカーターがトゥームズに殺害されてしまった。 劣勢になりながらも、一瞬の隙をついて拾ったバールでトゥームズを殴り倒し、とどめを刺そうとした…が、いまループが終わればカーターは死んだままになってしまう。 もはやカーターは、自分にとって大切な人なのだ。 ならばやるべき事は1つ。 自分で命を絶つこと。 そして再びカーターの部屋で目覚めた瞬間、真っ先に彼に抱きついた。 大事な人を失う悲しみに気づいたことで、周りへの態度を改め、ロリが作ったケーキもちゃんと受け取った。 そして、今度こそ終わらせてやると意気込みながらトゥームズのいる病院へと向かう。 前もって策を考えていたため、トゥームズを殺すことに成功する。 全てが終わったことに安堵し、家に戻りカーターと2人で楽しく話した。 ロリから貰ったカップケーキを手にしながら、誕生日を祝い素敵な時間を過ごした… 「ハッピー・デス・デイ」のネタバレ 「ヘーイ!イッツマイバースデー!イッツマイバースデー!イッツマイバースデー!」 …殺人ループは終わっていなかった。 でも今回は誰にも殺害されていない。 何が何だか分からなくなるツリー。 混乱しながら家に戻る。 ロリがカップケーキを渡してくる。 ここで気づいた。 今回死んだのはカップケーキを食べたからかもしれない。 リにケーキに毒を入れたか問う。 もちろん否定するロリ。 しかし、一口食べて証明してとツリーに言われると毒殺しようとしたことを認めた。 いくら自分のことを嫌いでも殺す必要がある?と怒りながら問い詰める。 ロリは、グレゴリーと不倫をしていることがどうしても許せなかったという。 ロリはグレゴリーと同じ病院で働く看護師で、彼の事が好きだったのだ。 どちらも引くに引けなくなり、取っ組み合いが始まった。 そして、ロリを窓の外へ突き落とし、ロリは命を落とした。 ロリが毒入りケーキでツリーを殺そうとしていたことから、正当防衛が認められ、また自分の命が助かったため殺人ループからも解放された。 「そろそろ戻るか…」 大学寮のルームメイトであるカーターが、部屋で恋人といちゃつき出して車で寝るハメになっていたライアン。 彼が部屋に戻ると、まだカーターは恋人のツリーといちゃついていました。 勘弁してくれよ…と思いながら、ライアンは大学の研究室へ向かいます。 ライアンは量子化学の研究をしており、今日も仲間達と開発した装置「シシー」の実験を行う予定でした。 が、大学の学部長から突然プロジェクト中止を言い渡されてしまいました。 落ち込むライアン。 仲間達が先に外に出たので、自分も研究室から出ようとすると、なにやら物音が。 音がする場所の扉を開けると、中からマスクをした人物が現れライアンは殺されました。 ・・・ 車の中で目覚めたライアン。 なんてイヤな夢だ…と思ったライアンですが、その後前も経験したような1日が始まります。 まるで同じ1日をずっと繰り返しているような。 そこでライアンは、カーターとツリーにありのままを相談。 すると驚くべきことにツリーが自分も同じ体験をした語るのです。 自分を殺した犯人を見つけ出さない限り、このループは永遠に続くと。 しかし殺された場所に行っても犯人はいません。 解決策を考えるためライアンの研究仲間達とも合流し、タイムループについての話し合いが始まります。 まずはライアンの安全の確保が大事だとし、人が多い大学のバスケチームの試合会場に彼を連れて行くことにしました。 とりあえず安心しながら試合会場にいたライアン達でしたが、いきなり警報が鳴り観客は外に避難することを余儀なくされます。 避難をする人混みの中で、ライアンを狙ったマスクの殺人犯が現れます。 ライアンは、必死で逃げていきますが、殺人犯に捕まってしまいました。 しかし殺人犯がライアンを殺そうとした瞬間、間一髪でツリーとカーターがマスクの男を倒し、ライアンを救出。 気絶した殺人犯のマスクを剥ぎ取ると、それはライアンでした。 彼を研究室に連れ込み事情を聞くと、ライアンが開発した「シシー」によってタイムループの発生と次元の交差が生じ、別次元に存在しているライアンがこの次元に現れたとのこと。 別次元のライアンは、このままだと事態が悪くなる一方だったため、この次元にいるライアンを殺しに来たと言います。 問題を収拾するため、シシーを作動し始めたライアン(殺されかけた方)。 しかし、そこにプロジェクトの中止を言い渡していた学部長が警備員を連れて割り込み、シシーを没収しようとします。 次の瞬間、シシーは強力な光を放ち、ライアンやツリー達は突き飛ばされてしまいました。 「ハッピー・デス・デイ2U」のネタバレ 9月18日月曜日。 スマホの着信音で目が覚めたツリー。 彼女は深い絶望感に打ちひしがれていました。 シシーの暴走のせいで、終わったはずの悪夢が、自分がタイムループしていた時間に再び舞い戻ってきてしまったのです。 タイムループの流れだと今後の予定はこうです。 この日はツリーの誕生日で、ルームメイトのロリが毒を盛ったカップケーキをツリーに渡し殺そうとする… ところが、ロリはケーキを作っていませんでした。 今までのループの流れと違うことに戸惑うツリー。 その後ツリーは、誕生日を祝うためランチの約束をしていた父親のもとに行きました。 レストランに着いたツリーは驚愕。 そこには死んだはずの母親もいたのです。 とても嬉しい出来事でしたが、同時に自分が今までとは違う別の次元に移ってしまったことに気づきました。 タイムループ時に自分以外の記憶はリセットされるため、ツリーは研究室に行き、ライアン達にシシーの暴走が原因であることを1から説明します。 にわかには信じられなかったライアン達でしたが、シシーを正しく作動させるパターンを見つけられれば元の次元に戻れると思うと。 しかし、いくつものパターンを何度も検証しなければいけません。 ツリー以外の記憶はリセットされるため、ツリーは検証の為に何度も自殺をしてループを繰り返すことを余儀なくされます。 そして何度も何度も繰り返し行い、ついにシシーを正しく作動するパターンを見つけました。 これでやっと戻れる。 でも、このまま戻らなければ母親が生きている世界でいられる。 それなら戻らない方が良いとこの次元に残ることにしたツリー。 しかし、シシーを動作させる前に、カーターが事件に巻き込まれ死んでしまいました。 大切な恋人と大切な母親のどちらを選ぶか、ツリーは究極の選択に迫られます。 悩んだ末、ツリーはカーターがいる元の次元に戻ることに決めました。 学部長達がシシーを没収しようと邪魔しに来ますが、なんとかライアンはシシーを正しく作動し、次元の交差を閉じることに成功。 元の次元に戻りカーターに抱きつくツリー。 そこにシシーのタイムループに興味を持った政府が、研究の継続をライアン達に要求しに来ます。 そして研究にはタイムループの実験のための被験者が必要でした。 話を聞いたツリーは閃きます。 最後は、ツリーの友達で二股などをしていたビッチな女性が繰り返し起こるタイムループに絶叫する姿を映して幕を閉じます。

次の

『ハッピー・デス・デイ』: 映画フェイス

ハッピー デス デイ 着信 音

9月18日の朝。 女子大生ツリー(カ・ローテ)は、見知らぬベッドの上で目を覚ました。 どうやら昨晩、見知らぬ男カーター(・ブル)と意気投合し、その勢いで彼の家まで来てしまったらしい。 半ば自分に呆れつつ、苛立ちながら家を飛び出すツリー。 携帯には、険悪な関係にあるから着信が入っている。 今日は、ツリーの誕生日だ。 劣等生のツリーにとって、大学生活は面倒なことばかりだ。 面倒な友人付き合いや、自分に付きまとう男友達。 おせっかいを焼いてくる同居人。 教授の愛人をするのにも疲れた。 今晩もパーティに行かなければならない。 パーティに向かう途中、ツリーは暗い、小さなトンネルにさしかかった。 道の真ん中にはなぜか、「ハッピー・バースデイ」のメロディを奏でるオルゴールがポツンと置かれている。 友人の誰かがイタズラしたのかと考え、暗闇に向かって声をかけるツリー。 しかし返答はない。 代わりに、背後に嫌な気配を感じた。 恐る恐る振り返ると、そこには、子供の顔のお面を被った、体格の良い人物が立っている。 警察を呼ぶと叫ぶツリー。 お面の人物はそそくさとその場を去っていった。 胸をなでおろし、再び歩き出したツリーだったが、お面の人物は突然背後からツリーに襲いかかる。 めった刺しにされ、意識が遠のいていく。 … 時計台の鐘の音。 9月18日の朝。 ツリーは、見覚えのあるベッドの上で目を覚ます。 そこには、見覚えのある男の姿があった。 刺されたはずなのに、「昨日」の記憶ははっきり残っているのに、携帯電話の日付は9月18日を指している。 そして、カーターは、「昨日」と全く同じ言葉をつらつらと話し始める。 … 実をいうと、この映画はアメリカでも公開前(2017年9月17日現在)なのだ。 縁あって試写会に呼んでいただいた。 「ネタバレしないブログ書いてるんですけど今日書いていいですか?」と聞いたところ、OKと許可をもらったので、まあいつも通り書くことにした。 ありがとう、マディソン校映画サークルの皆さん。 主役のツリーを演ずるのはカ・ローテ(『』)。 予告編やストーリーから察しがつくように、ループもの、殺人ものである。 「殺された瞬間、その日の始まりにタイプスリップする。 殺人の謎を解かないと、あなたはこのループから出ることはできない」というのがこの映画の概要だ。 日本のウェブ漫画とかでよくありそうな設定である。 とはいえ、単なるよくある日本映画のではない。 この映画のすごいところは、一見すると完全にサスペンスなスリラー映画を、爆笑必至のコメディ要素と上手く組み合わせ、極上のエンターテインメントとして仕立て上げている点だ。 とにかく笑えるのである。 まず、映画開始からしばらくの間、主人公のツリーはひたすら「嫌なヤツ」として描かれる。 ひたすら無愛想なのだ。 感じの良い青年カーターや、愛人関係にある教授、その他友人たちに対するツリーの態度は、およそ好意の持てるものではない。 「 いやー、こいつ多分、ホラー映画で真っ先に殺されるタイプの女ですわ」と観客に思わせる撮り方をしている。 そして実際殺される。 「 いやー、やっぱりこいつ殺されましたわ」となる。 だけどすぐ蘇ってしまう。 『ハッピー・デス・デイ』は、「 ホラー映画で最初に死にそうな女性が何度も殺され続ける」という、ありそうでなかった設定をうまく組み上げた作品だ。 そして何故か、襲撃シーンが笑えるのだ。 殺人鬼が迫ってくる、緊迫したシーンのはずなのに、殺人鬼はどこが間が抜けている。 殺人シーンのどこかしらに、必ずといっていいほど笑えるポイントを挟んでくる。 何度も何度も繰り返すうちに「殺人鬼…!今度は手間取るな…!」という 謎の共感すら生まれてくる。 ループ設定を活かした笑いも上手い。 内容は伏せるが、中盤でツリーは、カーターと相談し、とある方法で真相を究明することを決意する。 その方法が、「いや、それって確かに正論だけど、それやっちゃっていいの?」と言わずにはいられないやり方なのだ。 その方法をなんだかんだ言って真面目にやり遂げていくツリーの健気さが、これまた可愛くて笑えてしまう。 ループだと分かったあたりで、「 せっかくやし一周くらい楽しむか〜〜〜」といった感じで開放的になるシーンも必見だ。 まとめると、なんというか、かなり緊迫感もあって、サスペンスサスペンスしているにもかかわらず、全体として凄く楽しいエンターテインメント映画だ。 傍から見て悲惨な展開が続いていても、当の主人公たちがあまり気にしていない感じがある。 「まあ次の周で何とかするか〜」みたいな顔をしている。 なので、観客も笑って良い気がしてくる。 笑っちゃっていいか、みたいな、そんな笑いが生まれる。 しかも、笑いだけでは終わらない。 爆笑必至のシーンが終わっていくに連れ、物語は少しずつ深刻さを増していく。 ループを経て少しずつ成長していく主人公と、全く変化しない周囲の状況。 徐々に明らかになる、主人公の過去。 なかなか周囲に対して正直に接せられない主人公が、心を開いていく過程。 『ハッピー・デス・デイ』は、今流行りの脱出系ループものの形式を採用している。 しかしその実、そのテーマは恋人や親子、友人たちとの人間関係の修復、あるいは形成を丁寧に描いた作品であると思う。 思う存分笑って、その上、思った以上にハートウォーミングになって帰れることうけあいだろう。 その意味合いがシーンごとにどのような意味合いを持つのか、よく噛み締めて楽しみたい。

次の

映画『ハッピー・デス・デイ』動画フルを無料で視聴する方法!クスっと笑えるタイムループホラー

ハッピー デス デイ 着信 音

この繰り返しホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。 クリストファー・ランドン監督、ジェシカ・ロース主演の繰り返しホラーのようです。 全体的に普通のホラーになってます。 超常現象は時間が戻る設定のみなのが意外でした。 ジェシカ・ロースはブレイク・ライブリーのイミテーションといった感じ。 微妙に老けた感じがいい。 NBCユニバーサル・エンターテイメント発売のBlu-rayにて。 画質はよいです。 スクイーズ収録のフル表示。 画面サイズはワイド。 上下に黒味あり。 音声は DTS-HD MSTR multi 読み込み中です。 Universalの読み込み中アイコン。 Universal 読み込み中です。 またあのミニオンの免責事項と著作権のアラート。 ムダに凝ってる。 これから御覧頂く予告編はPR映像は全ての国や地域を対象としてものではありませんのアラート。 余計なDVDが付いて高額なソフトなのに予告編が付くのか?頭がおかしいのか? 廉価価格のソフトならまだ我慢出来るが・・・ 予告編『パシフィック・リム: アップライジング』 Pacific Rim: Uprising 2018 予告編『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』 Pitch Perfect 3 2017 Japaneseと一瞬出て読み込み中です。 メニュー画面です。 ようやくたどり着いた。 読み込み中です。 Universal これが途中で繰り返すこの作品のコンセプトに沿ったギャグになってます。 BH Blumhouse Productions タイトル Universal Pictures presents もう本編になってます。 学校の全景で始まります。 主人公のツリーが目を覚ます。 ここはカーターの自室です。 どこで目が覚めたかわからないツリー。 昨夜カーターは酔っ払ったツリーを寝かしつけた。 とっとと部屋から出るツリー。 ルームメイトの金髪アジア系の男が余計なことを言う。 学校内を歩くツリー。 サングラスの男 環境問題の署名を求めるアジア系の女。 スプリンクラー ジープのSUVは盗難防止でクラクションが鳴る。 26時間経過で倒れる男。 壁に62本のビール。 デート1回の男ティムと遭遇するツリー。 女子寮にて。 帰宅するツリー。 玄関前に金髪アジア系の女がいる。 ヘッドホン使用。 リーダー格のダニエルから朝帰りなのかと言われるツリー。 自室にて。 ルームメイトのロリ。 ダニエルの前でニックにベロチューとそんな話題になってます。 今日が誕生日のツリー。 パパから電話が入ってます。 ロリからミニケーキをプレゼントされるツリーですがゴミ箱に捨てる。 講義にて。 グレゴリー・バトラー教授の講義です。 遅れて到着のツリー。 屋外でミーティングにて。 この場を仕切るダニエル。 ココアのベッキー。 カーターが忘れ物のブレスレットを届けにツリーに声を掛ける。 間が悪くてココアを被ってしまうツリー。 デイフィールド大学病院にて。 ルイジアナ州です。 相変わらずパパからの電話に出ないツリー。 ロリは医学生といった感じ。 エレベーターでツリーに説教する。 あまり聞いていないツリー。 グレゴリー先生のオフィスにて。 ここに来たツリーですがもう特別な関係だった。 そんなとこにちょうどグレゴリー先生の夫人が来たりします。 ここはごまかして帰るツリー。 女子寮にて。 自室のツリー。 ダニエルが来て停電になります。 パーティの予定がある。 外にて。 ドレスでパーティに出かけるツリー。 後の方にお面の殺人鬼がもういたりします。 関係ないのか? お面ですがこの大学の応援グッズで多く出回ってます。 通路にて。 真ん中にオルゴールが置いて鳴ってます。 お面男が出現するが警察を呼ぶわよと追っ払うツリー。 いなくなる。 またいきなり現われてお面男にやられるツリー。 目を覚ますツリー。 最初の復帰です。 09:01 パパから着信があります。 カーターは同じ調子です。 その場その場で微妙にやりとりは違う。 この状況は2回目なので頭痛薬の場所を知ってるツリー。 当然前に来たっけ?と聞かれてます。 壁には『今日の残りの人生の最初の日』と貼ってあります。 またルームメイトのアジア系金髪男が登場。 また校内を徒歩で移動のツリー。 同じパターンを繰り返します。 今日は18日月曜日。 ランチ会議 屋外ミーティングです。 女子寮にて。 ロリからもらったミニケーキは捨てないツリー。 でも食べない。 ケーキのロウソクはドアを閉めた勢いで消えた。 そんな感じで微妙にパターンは変わってる。 ランチ会議 屋外ミーティングです。 校内ではお面が売ってます。 またココアを被るツリー。 カーターがブレスレットを返さないなので催促してるツリー。 グレゴリー先生のオフィスにて。 またここに来てるツリー。 話しがあると言い出すツリー。 いつものように奥さんが来て中断してます。 女子寮にて。 ツリーとダニエル。 停電も同じです。 外にて。 ドレス姿で外出のツリー。 お面の男はマイクと呼ばれていたりしますがマジで関係ないキャラみたい。 前回の現場に来たツリー。 戻ります。 パーティ会場の家にて。 ツリーが玄関をノックするが開かない。 ようやくドアが開くとお面男がいたので反射的に殴るツリー。 実はツリーの誕生日なのででサプライズ企画だっとたオチが付きます。 お面男はダニエルのボーイフレンド ニックでした。 パーティにて。 ダニエルと気まずい感じのツリー。 ニックの部屋にて。 ここに入ったツリーはニックを待つ。 いきなり後にお面男がいたがニックでした。 ここはニックの部屋です。 いきなりディスコ状態にしてニック。 ダンスしてます。 電話にダニエルからラインが入りラインバトルするツリー。 背後ではニックがお面男にやられてる。 血まみれ包丁を持ってるお面男。 襲われるツリー。 酔っ払いがドアを開けたが気にせずにドアを閉める。 そんなわけでガラス製水パイプを割った凶器でやられたツリー。 目を覚ますツリー。 2回目の復帰です。 カーターは変わらず。 そりゃそうです。 速攻で部屋から出てるツリー。 またいつものパターンになります。 今回はかなり焦っています。 女子寮の自室にて。 ツリーとロリ。 私はどうかしてると相談するツリー。 そんな感じがカウンセリングになります。 無難な解答になる。 今日はもう生きた2回目だ。 誕生ケーキ。 サプライズパーティ。 わかってる。 ベッキーがバラしたとは意味がわからん。 私は今夜殺されると主張するツリー。 当然冗談だと思ってるロリ。 殺されるけど誰に殺されるのかがわからんとツリー。 ツリーのママの命日の話題になります。 3年前に亡くなった。 今日は休んだ方がいいと言われてそうするツリー。 窓を釘付け。 ドアの前にタンスを置く。 ダニエルが来てドアが開かないと言う。 停電もしてる。 ケーキを食べているツリー。 TVのリモコンを探してます。 誕生日おめでとうのカードを見つけます。 今日を楽しみ明日はない。 いつの間にかTVが電源オフになってます。 オンにすると殺人のニュースをやってます。 クローゼットが開いてるのが気になるツリー。 ハンマーを持って用意はしてます。 確認するとは誰もいない。 怪しい感じが続きます。 で、いつの間にかにお面男がいる。 襲われますがハンマーで反撃してるツリー。 外に逃げようとするが戸締まりを厳重にしたので逃げられない。 そんなわけでやられます。 目を覚ますツリー。 3回目の復帰です。 ヒステリーを起こしたツリーは速攻でカーターの部屋から出てます。 外に出て何だか目立ってるツリー。 裸なのか? カーターの追ってきます。 忘れ物を届けに来てる。 助けてと抱きつくツリー。 食堂にて。 ツリーとカーター。 繰り返しの件は納得してるカーター。 今日は私の誕生日。 特にダニエルのボーイフレンド ニックとベロチューしたし。 ところでカーターはまだツリーとセックスはしていないとのこと。 ルームメイトのライアンのベッドで寝た。 ひどく酔っぱらっていてジャニス・ジョプリンみたい死ぬかと思ったとのこと。 ツリーはセックス抜きなの?あらそうなのと何だか機嫌がよくなってる。 不倫のグレゴリー先生、彼の奥さん。 ティム デート1回のストーカー。 君の命は無限だと言い出すカーター。 これには不機嫌になるツリー。 女子寮にて。 窓から物を投げ捨てるツリー。 それから容疑者ノートを書く。 このリストに従って行動を開始します。 ティムの部屋を除くツリー。 ティムをゲイでした。 これはビックリのツリー。 で、振り向いたらお面男がいてやられるツリー。 また復帰してます。 ステファニーはグレゴリー先生の奥さん。 髪の毛を切って染めて顔を黒く塗って暗視スコープで偵察してるツリー。 そんなところにお面男に襲われて噴水内でやられてます。 また復帰してます。 ダニエルと口論するツリー。 バースデイカードを見つけてアンタがやったのかと取っ組み合いになってます。 道路に倒れ込んだとこにバスが突っ込んで来てやられるツリーとダニエル。 これは不注意だと思う。 また復帰してます。 何故か素っ裸でいつものコースを移動するツリー。 当然注目される。 間違えてベッキーを木製バットで殴打するツリー。 そうしたらお面男に後から木製バットで殴打されるツリー。 退場となります。 また復帰してます。 それはいいけどカーターは以前の記憶はない。 また最初から説明のやり直しになる。 目を回してるツリー。 黒味になります。 病院にて。 入院してるツリー。 またお面男が来てると思ったらカーターです。 普通のお見舞いです。 今日は月曜日。 18日だとカーター。 停電します。 時刻的には自室にいた時間です。 何時に停電するのはわかってるようです。 いつの間にかグレゴリー先生が来てカーターを追っ払う。 レントゲン写真の説明をするグレゴリー先生。 医学的にはツリーはもう死んでる状態。 帰りたがるツリーに病院は安全だよと説得するグレゴリー先生。 飲み物を買ってきてグレゴリー先生を追っ払うツリー。 当然帰るといなくなってる。 その頃ツリーはグレゴリー先生のオフィスにいました。 引き出しを漁ってクルマのキーをゲットするがお面もあったりします。 怪しい。 廊下でグレゴリー先生と遭遇するツリー。 逃げようとしたらお面男が出現してグレゴリー先生がやられます。 走って逃げるツリー。 階段を降りるとそこは駐車場でした。 リモコンキーでクルマを見つけるツリー。 お面男が来たので隠れます。 そんな感じで必死こいて命がけの隠れんぼになってます。 ようやくクルマを見つけて入るツリー。 ドアをロックする。 お面男とクルマの窓ガラスを割ってくる。 何とかクルマをバック発進させるが思い切り他のクルマに衝突してます。 それでも逃げてるツリー。 逃げ切った。 夜の道路にて。 逃走中のツリー。 逃げ切ったと喜んでます。 と思ったらパトカーに止められる。 これは大変。 パトカーにはルイジアナと書かれてます。 ここはルイジアナ州なのか。 パトカーはオッサン警官1人です。 まず免許証と登録証は?となる。 当然免許証を持っていないツリー。 下手な言い訳になってます。 そうなると酒か禁止薬物は?と聞かれるツリー。 発想を転換させるツリー。 酒を薬もやってますと主張する。 そうすれば逮捕されて安全な留置所に入れる。 手錠をかけてと要求してるツリー。 パトカー後席に入る。 ここは内側からロックは外せないはず。 これで一安心と思ったらいきなりクルマに撥ねられる警官。 やったのはお面男です。 これは大変。 ヤケになって顔を見せろと要求するツリー。 何故か自分のクルマに戻ったお面男。 窓からロウソクを出す。 それはパトカーからガソリンが漏れているからです。 ロウソクを落とすお面男。 ガソリンに引火してパトカーは大爆発になります。 これで退場するツリー。 また復帰してます。 アジア系金髪男に女子を侮辱してるアンタは一生オナニーよと罵倒して部屋を出るツリー。 カーターがツリーを追って話しを聞きたがる。 また最初からの説明になるわけです。 繰り返して死ぬと説明するツリー。 スプリンクラー、クルマ盗難警報器、倒れる野球帽の新入生、これを予言してカーターを納得させるツリー。 カフェにて。 ツリーとカーター。 話し込みます。 父親からの電話を無視の話しから自分の父親の話しをするカーター。 ツリーの3年前に亡くなった母親は誕生日が同じだった。 それで一緒に誕生日祝いをしていたわけです。 ツリーが殺される時間は決まってるわけではなく柔軟性があるようです。 それはいいけど段々と殺されやすくなってるツリー。 そんなとこでTVニュースで大学病院から中継ですと入る。 殺人鬼トゥームが入院中。 女性6人を殺人。 何だか被害者達はツリーに似たタイプです。 そんなわけで大学病院に突撃するツリー。 大学病院にて。 非常用の斧をゲットするツリー。 それはいいけど病室のドアの内側が血まみれです。 そっと入るツリーですがもう待ち伏せをされています。 警官はもうやられている。 警官のハンドガンを撃ちまくって逃げるツリー。 巻き添えでナースがやられる。 逃げるツリー。 お面をとるとやはりトゥームでした。 カーターがトゥームをとめる。 ハンドガンで撃とうとするツリー。 作動不良なのか撃てない。 これでカーターがやられて退場となります。 ツリーは逃げます。 鎖でロックされたドアの隙間から逃げる。 小柄な女性なので逃げれた。 追うトゥームはドアに蹴りを入れて開けてる。 鐘楼にて。 病院内に残ってる古い鐘楼です。 待ち伏せしてバールで思い切り殴打するツリー。 ダウンするトゥーム。 ここでツリーはこのままだとカーターが死んだままだと気がつく。 しょうがないのて鐘楼の階段を上るツリー。 気がついたトゥームが追う。 ツリーはまた会いましょうと鐘楼の鐘のロープで首吊り自殺を敢行します。 大学の風景が入ります。 プロローグに戻ってる。 また復帰してます。 目を覚ますツリー。 当然カーターは生きてます。 死んだカーターなら記憶が残ってるのかと思ったらそうでもない。 この世界はツリーが設定してるようです。 枕を借りるツリー。 外に出る。 今度は色々とやってるツリー。 サングラスを無理やり借りる。 断っていた署名を書く。 スプリンクラーはもう出ると予告する。 枕は倒れる男に使う。 ティムには自分を偽わることはないとアドバイスする。 男を見つけなさいとなる。 この『自分を偽るな』はゲイの定番のセリフなんです。 ダニエルには私の本命ボーイフレンドはカーターなのよと宣言するツリー。 ロリには今から改心すると宣言するツリー。 グレゴリー先生の講義に出席してるツリー。 ところでグレゴリー先生は講義と病院の2箇所にいる同一人物でした。 話しの流れでは別人だと思っていたが違います。 グレゴリー先生に別れ話をするツリー。 単位をあげないぞと未練たらたらのグレゴリー先生を無視するツリー。 屋外ミーティングにて。 環境と健康指向のダニエルにココアを浴びせるツリー。 そんなところにカーターが来てます。 いきなりキスをするツリー。 明日説明するわとツリー。 明日があれば・・・。 カフェにて。 待ち合わせのパパ。 ツリーが来ないので帰ろうとする。 しかしツリーか来てました。 ぎこちない雰囲気のパパ。 ママの話しを始めるツリー。 そんな感じでパパと和解したようです。 大事な用事を済ませて自室に帰ったツリー。 今夜の準備をしてます。 腕時計のタイマーを設定をしてます。 どうやら病院の連続殺人犯のトゥームを何とかするつもりのようです。 病院にて。 見張りの警官にナイフを突きつけるツリー。 いきなり大胆になってる。 もう16回死んでると主張するツリー。 面食らってる警官。 警官からハンドガンをゲットするツリー。 警官には応援を呼んでと解放する。 病室内にて。 ベッドに拘束されてるトゥームは寝てる。 ハンドガンを構えて接近するツリー。 目を覚ましたトゥームを撃とうとしたが不発です。 作動不良?、安全装置? トゥームは安全装置だ指摘する。 格闘アクションになりナイフを奪われるてツリー。 そんなとこでタイマーがゼロになります。 そうしたら停電になる。 この隙にツリーは逃げてます。 いよいよハンドガンの安全装置を外して撃ちまくるツリー。 退場となるトゥーム。 それはいいけどこのままではツリーは単なる殺人犯になるのでは? 女子寮にて。 カーターが来てます。 ケーキのロウソクを点ける。 ロウソクを消すと溶暗になります。 目を覚ますツリー。 ここはカーターの部屋です。 そうなるとまた元に戻ってしまったようです。 驚愕するツリー。 そうなると死んだのか? 速攻で女子寮の自室に帰るツリー。 ツリーとロリ。 心を入れ替えても無駄だったと後悔してます。 そうなるのか。 そうなるとどうする。 ロリがケーキを出したとこで何かに気がつくツリー。 私は寝ている間に死んだんだ。 そうなると下手人は? そんなわけでロリに私を殺した?と聞くツリー。 ケーキに毒が入っていた。 何だかロリが犯人のようです。 ケーキを食べてと迫るツリー。 このケーキを警察に証拠物件として提出し調べてもらうと言い出すツリー。 突然を正体を表したロリ。 グレゴリー先生のことです。 あんな男が動機なのかと驚愕するツリー。 そんなことで私を殺すの?と聞く。 それもあるけど真面目なの私と比べてビッチなアンタが憎かったと主張するロリ。 それから格闘アクションになります。 そんなところにノックの音がします。 ダニエルでした。 ここはごまかす。 ロリにケーキを食わせて窓から蹴り出すツリー。 玄関先に転落したロリを見てビックリのアジア系金髪女。 いまだに名前がわからん。 黒味になります。 カフェにて。 TVニュースを見ているツリーとカーター。 インタビューで元々ロリは怪しかったと主張するダニエルが映ってます。 それはないだろと突っ込みを入れたそうなツリーとカーター。 今夜はどこに?とカーター。 何しろ自室で事件があったので寝るとこがないツリー。 ここでブレスレットを返してるカーター。 これは何か意味があるのか? 今回の件は『恋はデジャ・ブ』 Groundhog Day 1993 に似ていると話すカーター。 この映画を全く知らないツリー。 ビル・マーレイも知らない。 目を覚ますツリー。 ここはカーターの部屋です。 また復帰なのか? カーターは何も知らないような感じと思ったら冗談でした。 今日は19日の火曜日さ。 そんな感じでいい仲になってるツリーとカーター。 ルームメイトのアジア系金髪男が来ますが締め出す。 何故かこの部屋には『ゼイリブ』 They Live 1988 のポスターがあります。 あまり関係ないと思うが。 だったら『恋はデジャ・ブ』 Groundhog Day 1993 のポスターだろ。 エンドとなります。 後タイトル Happy Death Day タイトルバックはカラフルなポストカードです。 励みになるのでクリックをお願いします。

次の