オーデコロン 使い方。 オーデコロンの使い方

「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」

オーデコロン 使い方

香水は、香料をアルコールで溶かした液体。 化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンと分類している。 日本では、オーデコロン・オードトワレ・オードパルファム・パルファムを総称して、「香水」と呼ぶことが多い。 日本の薬事法では香水の分類・規制がないため、メーカー毎に呼び分け方に違いもあるが、目安として次のように区別される。 パルファム(パルファン)は、濃度15~30%、持続時間5~7時間。 濃度が高いため小量で効き、香りが長持ちする。 英語で「香水」を意味する「パフューム(perfume)」は、フランス語の「パルファム(parfum)」と同源で、狭義に「香水」といえば「パルファム」を指す。 オードパルファム(オードパルファン)は、濃度10~15%、持続時間5~7時間。 パルファムのように香りに深みがあり、持続時間が長いが、濃度が低いため、価格もパルファムより低く設定されているものが多い。 「eau de parfum」の頭文字から、「EDP」と表記される。 オードトワレは、濃度5~10%、持続時間3~4時間。 濃度が低めで、ほんのり数時間香るため、普段使いに適している。 「eau de toilette」の頭文字から、「EDT」と表記される。 オーデコロンは、濃度2~5%、持続時間1~2時間。 シャワーを浴びた後のような感覚で使ったり、初めて香水を使う場合に適している。 「eau de Cologne」の頭文字から、「EDC」と表記される。 非常に濃度が低いため、オーデコロンと香水(パルファム・オードパルファム・オードトワレの総称として)に分類されることもある。

次の

オーデコロンを長く香らせる付け方のコツを教えてください。最近...

オーデコロン 使い方

パルファン オーデパルファン オーデトワレ オーデコロン の4つの種類に分けられています。 それぞれ香りの強さや持続時間が異なります。 使用したい場面に合わせて使い分けるのがおすすめです。 ・ パルファン(Parfum) 香水の中でも1番香りが強いタイプです。 濃度は15〜30%で、 付けてからの持続時間は約5〜7時間ほどです。 少量をつけるだけでも長時間香りが残ります。 価格的にはパルファンが1番高いとされていますが、その分長く香りを楽しむことができるので付け直しはほとんど必要ありません。 ・オーデパルファン(Eau de Parfum) パルファンの次に高い濃度で持続持続もそこまで変わりませんが、「薄い」という意味の「オーデ」が使われていることから濃度は10〜25%で、 持続時間は約5〜6時間となっています。 その分価格はパルファンよりお手頃です。 ・オーデトワレ(Eau de Toilette) 香りがほんのり香る程度なので普段使いとしてお使いいただけます。 濃度は5〜10%で 持続時間は3〜4時間程度なので、朝つけたらお昼過ぎには香りは少なくなっています。 ・オーデコロン(Eau de Cologne) 香水の中ではもっとも香りが薄く、持続性も低いので価格もお手頃となっています。 香水を初めて使う方や、強い香りが苦手な方におすすめです。 濃度は3〜5%で、 持続時間は約1〜2時間程度です。 香水は時間の経過の中で香りが変わる 香水の香りはさまざまな香料を配合して作られており、大きくわけて 肌につけてすぐの香りで判断している人が多いですが、これは間違い。 香水の本来伝えたい香りが分かる10分後を目安に一度香水選びを見直してみよう ・ラストノート ラストノートはミドルノートの香りが終わってから約12時間程度までの香りのことです。 香水の余韻をほんのりと楽しめるようになっています。 上記の時間は目安となっていて香水によって香りが変化する時間は違います。 ですがこの3種類の香りの変化を知っておくと、つけるタイミングによって香りを調節し楽しむことができますね。 ボディミスト フレグランス とは? ボディミストとはボディフレグランスとも呼ばれていて、香水ほど香りは強くないので強い香りが苦手な方におすすめとなっています。 汗をかいた時などの少し匂いが気になるときの普段使いとしてお使いいただけます。 ただ、 香水と違い持続時間が約1時間ほどと短いのでこまめな付け直しが必要です。 価格も1000円未満で購入できるものもありコスパもよく、日によって香りを変えて楽しみたい方に人気となっています。 また、メーカーによってはアルコールフリーのものもあるので、肌の弱い方でもお使いいただけます。 ボディミストは低価格で手に入り、香水と変わらず香りの種類も豊富なので、世代を問わず様々な年代の方に人気だね ボディミストは乾燥対策ができる 香水は香料が複数配合されて作られているものでしたが、ボディミストは香り成分の他に保湿成分や美容成分が含まれているので、香り付きの化粧水の用な役割で使用できます。 肘や膝、髪の毛などの乾燥が気になる部分に使うと、香りを楽しみながら乾燥ケアをおこなうことができます。 敏感肌の方にも使える ボディミストにはメーカーによってはアルコールフリーや、オーガニック製品を使用しているものが販売されています。 香水はアルコールが含まれているので、今まで使えなかった敏感肌の方にも安心して使用いただけます。 最後は香水、ボディミストの効果的な付け方やポイントをご紹介いたします。 まず、ボディミスト フレグランス ・香水のつける場所ですが [耳の後ろ][手首の内側]というのはよく耳にしますよね。 これは実は香りは体温に反応して香ることが関係しています。 上半身は体温が高く香りがしっかりと香るので、強く香りを楽しみたい方はこの場所がおすすめです。 逆にほんのり香るくらいが好きな方は[足首][膝の裏][脇腹]などの体温の低い下半身の部分につけるのがおすすめです。 ボディミストは香水に比べて効果時間が短いのでこまめに吹きかけることが大切です。 さらにボディミストには美容成分も入っているので、髪や首・肘・膝など乾燥しがちの箇所に付けるのもおすすめです。 香水に比べて面倒にも思えますが、途中で香りを変えたり、汗のにおいが気になる度に強すぎない匂いを付けることができるので大きなメリットでもありますよ。 スポンサーリンク ボディミスト フレグランス と香水の違い・選び方 まとめ いかがでしたでしょうか ? 同じ香りを楽しむ香水とボディミストでも、長く香りを楽しむことができるものや、保湿対策ができるものがあることがわかりましたね。 今回のボディミスト フレグランス ・香水の選びのポイントは.

次の

オーデコロンの使い方

オーデコロン 使い方

A ベストアンサー まず、つけ方ですが 1.No. 1の方と同じで、手首に一吹きして両手首をすり合わせて伸ばし、首筋につける。 私はいつもこのやり方でつけています。 手首や首につけるのは、大きな血管が通っているところにつけると、 体温で香りが漂いやすくなるため、と聞いたことがあります。 2.スプレーを持った腕を斜め上に伸ばし、空中に一吹きしてその下をくぐる。 私はやったことないのですが、こうするとつけすぎず、 服に匂いがこもらなくて良いそうです。 (私は一度お腹につけて、服にこもった匂いで気持ち悪くなったことがあります・笑) ほとんどの香水はスプレー式ですが、量の調節がしにくいので、 スプレーの部分が外せるものや、最初からついていないもの(ミニチュアによくあります)が 良いかも知れません。 また、香りが薄くなったと感じて何度もつけ直すと、実際はその度に香りがきつくなっている、 ということもありますので、気をつけた方が良いと思います。 私のお気に入り香水は、マサキ・マツシマの「mat;」です。 女性用ですが、軽くてやさしい香りなので男性がつけても良いのでは。 お店のサンプルをいろいろと試して、自分やお仕事に合いそうな香りを探してみてください。 きっとそれだけでも楽しいと思いますよ。 まず、つけ方ですが 1.No. 1の方と同じで、手首に一吹きして両手首をすり合わせて伸ばし、首筋につける。 私はいつもこのやり方でつけています。 手首や首につけるのは、大きな血管が通っているところにつけると、 体温で香りが漂いやすくなるため、と聞いたことがあります。 2.スプレーを持った腕を斜め上に伸ばし、空中に一吹きしてその下をくぐる。 私はやったことないのですが、こうするとつけすぎず、 服に匂いがこもらなくて良いそうです。 (私は一度お腹につけて、...

次の