ボーイング 株価 予想。 【BA】ボーイングの株価と決算、配当

ボーイングの株価が1/4に急落|株価は戻るのか?債務超過とコロナ影響で業績不透明感が強い

ボーイング 株価 予想

それ以前はいまいちぱっとしない株価チャートです。 事業内容 1916年に設立されたボーイングは、世界最大の民間航空機と防衛・宇宙・セキュリティシステムを製造する企業です。 本社はイリノイ州シカゴにあり、従業員数は米国内と世界65カ国以上に14万5,000人です。 航空機製造においてはヨーロッパのエアバスとの競合になります 民間航空機部門 ボーイング製民間航空機ラインナップは、737/747/767/777/787型機とボーイング・ビジネスジェットで構成されており、新型機として787-10ドリームライナー、737 MAX、そして777Xの開発を進めています。 現在世界中の空を飛行する民間航空機の約半数に当たる1万機がボーイング製です。 貨物機も充実していて、世界の貨物の約90%がボーイング製の貨物機によって運ばれています。 防衛・宇宙・セキュリティ部門 防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)部門は、軍用の固定翼機・回転翼機、衛星システム、有人宇宙船開発、自動運転システムなどの設計、製造、改修、サービス、サポートを行っています。 空中給油機KC-46、AH-64アパッチ・ヘリコプター、702型衛星、商用有人宇宙船CST-100スターライナー、無人潜水艦エコ・ボイジャーなどを扱っています。 ボーイング製品を購入する顧客向けの金融部門があります。 より抜粋。 売上、利益、EPS, 配当 10年分 年度 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 売上 [10億ドル] 66. 4 60. 9 68. 3 64. 3 68. 7 81. 7 86. 6 90. 8 96. 1 94. 6 93. 3 純利益 [10億ドル] 4. 07 2. 67 1. 31 3. 31 4. 02 3. 9 4. 59 5. 45 5. 18 4. 90 8. 19 EPS 5. 26 3. 65 1. 87 4. 46 5. 33 5. 11 5. 96 7. 38 7. 44 7. 61 13. 45 1. 62 1. 68 1. 68 1. 70 1. 81 2. 19 3. 10 3. 82 4. 69 5. 68 EPS: 一株当たり純利益[ドル] より 売り上げや利益は一貫して安定成長とは言えません。 時々、つまづきながらも長期的には伸びてきたといえます。 によると、航空機製造は通常の景気循環株とは異なるそうです。 株主還元 過去5年間で330億ドルを株主に還元してきました。 大丈夫なんでしょうか? 株価評価 PER 25. 9 PSR 2. 23 2018年2月4日時点の数字です。 PERはEPSが極端に低かった、2010年以降では最高値です。 PSR は他の業種と比べると低い方ですが、ボーイングとしてはやはり過去最高値。 事業環境 よると、 短期的には適切な需要があり、長期的に成長の機会がある また• 民間航空機製造は長期にわたり成長する見込み• 安定した利用者数から航空会社も適切な利益を得る• 幅の狭いナローボディ機種への強い需要;堅調なワイドボディ機への需要。 国際的に防衛・宇宙部門への需要は継続•

次の

ボーイング(Boeing Company (The))株価&チャート情報:MONEY BOX

ボーイング 株価 予想

それ以前はいまいちぱっとしない株価チャートです。 事業内容 1916年に設立されたボーイングは、世界最大の民間航空機と防衛・宇宙・セキュリティシステムを製造する企業です。 本社はイリノイ州シカゴにあり、従業員数は米国内と世界65カ国以上に14万5,000人です。 航空機製造においてはヨーロッパのエアバスとの競合になります 民間航空機部門 ボーイング製民間航空機ラインナップは、737/747/767/777/787型機とボーイング・ビジネスジェットで構成されており、新型機として787-10ドリームライナー、737 MAX、そして777Xの開発を進めています。 現在世界中の空を飛行する民間航空機の約半数に当たる1万機がボーイング製です。 貨物機も充実していて、世界の貨物の約90%がボーイング製の貨物機によって運ばれています。 防衛・宇宙・セキュリティ部門 防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)部門は、軍用の固定翼機・回転翼機、衛星システム、有人宇宙船開発、自動運転システムなどの設計、製造、改修、サービス、サポートを行っています。 空中給油機KC-46、AH-64アパッチ・ヘリコプター、702型衛星、商用有人宇宙船CST-100スターライナー、無人潜水艦エコ・ボイジャーなどを扱っています。 ボーイング製品を購入する顧客向けの金融部門があります。 より抜粋。 売上、利益、EPS, 配当 10年分 年度 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 売上 [10億ドル] 66. 4 60. 9 68. 3 64. 3 68. 7 81. 7 86. 6 90. 8 96. 1 94. 6 93. 3 純利益 [10億ドル] 4. 07 2. 67 1. 31 3. 31 4. 02 3. 9 4. 59 5. 45 5. 18 4. 90 8. 19 EPS 5. 26 3. 65 1. 87 4. 46 5. 33 5. 11 5. 96 7. 38 7. 44 7. 61 13. 45 1. 62 1. 68 1. 68 1. 70 1. 81 2. 19 3. 10 3. 82 4. 69 5. 68 EPS: 一株当たり純利益[ドル] より 売り上げや利益は一貫して安定成長とは言えません。 時々、つまづきながらも長期的には伸びてきたといえます。 によると、航空機製造は通常の景気循環株とは異なるそうです。 株主還元 過去5年間で330億ドルを株主に還元してきました。 大丈夫なんでしょうか? 株価評価 PER 25. 9 PSR 2. 23 2018年2月4日時点の数字です。 PERはEPSが極端に低かった、2010年以降では最高値です。 PSR は他の業種と比べると低い方ですが、ボーイングとしてはやはり過去最高値。 事業環境 よると、 短期的には適切な需要があり、長期的に成長の機会がある また• 民間航空機製造は長期にわたり成長する見込み• 安定した利用者数から航空会社も適切な利益を得る• 幅の狭いナローボディ機種への強い需要;堅調なワイドボディ機への需要。 国際的に防衛・宇宙部門への需要は継続•

次の

赤字のボーイングは投資対象として魅力的か: 決算・株価の分析

ボーイング 株価 予想

しぐのるです。 墜落事故で暴落したボーイング株の再浮上は当分先になる見込みだと、 バロンズので出ておりました。 バロンズの記事では、1989年1月と9月に起きた737-400型の死亡事故について触れられておりました。 当時の事故も、当時の最新鋭機の死亡事故で、原因は新鋭機に不慣れなパイロットの操縦ミスが原因とされつつ、以降の同型機にはきっち設計変更がなされていました。 記事では、今現在はネットが発達しているため、投資家は悪いニュースに敏感に反応することから、1989年当時の様な株価の迅速な回復は無いと論じています。 私もこれには同意見で、事故原因の解明が為され、自己の過失がボーイング側にないと証明されない限り、まだボーイング株に手を出すべきではないと考えています。 でも、ボーイングのPERは現在20倍。 割安といえる? バロンズ記事によれば同社のPERはフリーキャッシュフローは今年150憶ドルで、4年後には210億ドルまで増えると予想されています。 人間が大勢死んでいる事故を出したのに、こんな話がされてしまう辺り、 やはり金融の世界は凄まじいと思ってしまいます。 同じく、自社の製品で死亡事故を起こした自動車の安全装備メーカーのTAKATAという企業は、今はもう存在していません。 (事業は中国企業に買収されています) ボーイング737MAX8が起こした事故による死者よりも、もっともっと少ない死者数しかだしておらず、逆にTAKATAの安全装置のおかげで救われた命も大勢いたことでしょう。 ですが、TAKATAはリコールと制裁金の額を支払う事が出来ず、潰れてしまいました。 ボーイングとTAKATAの違いはなんなんでしょうか? 稼ぐ力が違うから?アメリカのトップ企業だから?経営者の能力の差? たしかに、TAKATAは最後まで自社の非を認めませんでした。 経営者の記者会見時、見苦しい言い訳に終始していたのは記憶に新しく、 とてもグローバル企業の経営者には見えませんでした。 最終的には1兆円を超える額のリコールとなり、同社は自動車メーカー各社に債券を肩代わりしてもらい、中国メーカーに買い取られました。 ボーイングが今後どうなるのか、事故の調査がされ、原因が究明され、それがボーイングの過失の場合、リコールとなります。 ここまではTAKATAと同じですね。 しかし、ボーイングの場合はリコールとなる機数もそれほど多くないことから、その費用はTAKATAのそれと比べるとかなり少額になると考えられます。 仮に737MAX8が全く売れなくなったとしても、35%営業キャッシュフローが減るだけです。 (株主にとっては由々しき事態ですが) それに、737MAX8の代替え機といっても、エアバスに発注したからすぐポンと出てくるわけではないことから、航空各社が今後737MAX8を全く買わないという選択肢は考えにくいです。 つまり、ボーイングはこれだけの事故を起こしたにも関わらず、経営を揺るがす事態にはならない為、「現在の株価はPER14倍で割安」という話が早くも出てきてしまうわけです。 そういう意味では、TAKATAとボーイングの違いは、企業規模とビジネスモデルの違いですね。 PER14倍の同社株は今が買い時というのはあながち間違いではないのかもしれません。 iDeCoなので、投資額は微々たるものですが。 こういう買い方なら、アリなのかもしれませんね。 ひゃなばい.

次の