ガンプラ 接着 剤。 ガンプラ 接着剤 オススメ

ガンプラ合わせ目消し!無塗装でもワンランク上の仕上がりにするコツ

ガンプラ 接着 剤

しかしプラモデルという構造上、やむを得ず合わせ目消しが必要なキットが存在するのも事実です。 そんな合わせ目を上手に処理する方法を紹介していきたいと思います。 これは背部ビームライフルとモモのパーツです。 左右2パーツで構成されていて、組み上げたブロックの中央部に合わせ目が見えています。 この合わせ目を消すことで、よりリアルに仕上げられます。 最もスタンダードな合わせ目消しの方法は、接着剤を使って合わせ目を消すこと。 通常の接着剤をパーツの両側に塗り、両パーツを押しつけます。 すると接着剤がはみ出してきます。 このはみ出した接着剤がパテの代わりとなり、仮にパーツの合わせ目に隙間が合っても、はみ出した接着剤が隙間を埋める効果を発揮します。 流し込み式の接着剤を使用しても、基本的な作業は同じです。 ただし、流し込み式なので、パーツを先に合わせてから接着剤を使用します。 その後パーツを押し付け、接着剤をはみ出させるのは同じです。 接着剤が乾燥したら、600番程度の紙ヤスリを使用して、このはみ出した接着剤を削っていきます。 両パーツの高さが揃うまでヤスリがけを行うと、合わせ目は消えています。 パーツの成形色や状態によっては、塗装を行わなくても合わせ目がほとんど見えない状態にすることも可能です。 これはスネの写真です。 方法はいたって簡単です。 両パーツの合わせ部分のエッジをカッターナイフでカンナがけを行い、角度を付ければ完了です。 合わせ目のスジ彫り化が終わり、スネパーツと組み合わせたところ。 作業的にはこちらの方が圧倒的に簡単で作業時間の短縮にもつながります。 写真は胸部から頭部にかけてのパーツです。 このブロックはハンブラビの特徴的なデザインと構造をしており、内部にモノアイが仕込まれているので、合わせ目は接着せず、完成後もメンテナンスが可能なようにしておくと便利という考えもあります。 これは「タガネ」という模型用のツールです。 1~2. 0ミリ程度まで、0. 1ミリ刻みで、各種サイズが揃っています。 今回は見えやすいように0. 4ミリの「タガネ」を使用して溝を彫り込んでいきます。 パーツの片側を平らなブロックなどに乗せ、パーツの外周部に「タガネ」を横にスライドさせ、0. 4ミリの段差を彫り込んでいきます。 このとき、ブロックにプラモデルのパーツをぴったりとくっ付け、パーツが浮かないように注意してください。 4ミリ以上の幅広の方が目視しやすく効果的といえます。 逆に0. このように合わせ目のスジ彫り化といっても、その溝の形状で効果や工作法が異なります。 スジ彫りを彫る場所や形状によって、断面形状や太さ(幅)をコントロールして、より美しいスジ彫りを彫り込むように心がけましょう。 後編では、さらに一歩踏み込んだスジ彫りの工作法について説明したいと思います。 関連情報•

次の

ガンプラを綺麗に作る!!合わせ目消しの方法を紹介!!

ガンプラ 接着 剤

LESSON 12 LESSON 12 「ガンプラ接着剤基礎編」(中級者編) ガンプラ接着剤基礎編(中級者編) 量子演算コンピューター「Neal」です。 ここでは中級者編として、ガンプラを本格的に加工・製作するシミュレーション・トレーニングをしていきます。 ガンプラの加工・製作の基礎として、まずは接着剤についての知識を身につけていただきます。 接着剤の扱い方を学ぶことは、ガンプラをあらゆる形に成型することができる第一歩となります。 本格的な扱い方、実技等は次回の「接着剤応用編」で挑んでいただきます。 しっかり気合を入れて行ってください。 あくまで基礎ですので、ここでは高度な技術は使用致しません。 まずは接着剤の用途、種類、性質についてマスターしていきましょう。 トレーニングの指示どおりに行うことで、戦略の幅が広がり、戦場での行動範囲が一気に広がります。 それでは見ていきましょう。 接着剤は有毒 初級編をクリアし、まだ戦える!成長できる!もっと強くなれる! そんな貴方のためのトレーニングとなります。 そこで中級者編の第一弾としてチョイスしたのが、「接着剤の扱い方」についてです。 模型用の接着剤にはどういったものを選べば良いか、どういった役割があるのか、このトレーニングで学んでいきましょう。 まず、覚えて欲しいことは、接着剤は有毒であること。 くどいようですが、よく分からない方はLesson8に戻ってやり直して下さい、このトレーニングを受ける資格がございません。 (*ここでは有害性については詳しく説明致しません、各自で予めクリーンな環境の構築・配慮を行なって下さい。 ) 次世代を担うモデラーには必須です、模型の戦士(ソルジャー)として当然求められるもの(そういう時代)と認識して下さい。 模型の戦士(ソルジャー)として失格。 綺麗に作る・上手に作るだけのモデラーの時代は既に終わった、環境に配慮した模型の楽しみ方も問われる時代なのです。 それでは始めていきましょう。 主力の接着剤は2タイプある 接着剤と聞くと、「あ〜くっつけるんでしょ?」または「貼り付くんでしょ?」 「壊れたパーツを直すのに使うんでしょ?」というイメージかと思います。 その通りでもあるのですが、接着剤は実はすごく奥が深い性質をもっているのです。 ただくっついているだけではないのです。 またどういう接着の仕方をしているのかも学んでおくことが重要になってきます。 そこでまず、主力となる模型用の接着剤には大きく分けて 2タイプ あることを知りましょう。 当然、いろんな接着剤がこの世の中には存在するので2タイプだけとは限りませんが、大きく分けるとこの2つかと思います。 この2つを把握していれば、接着剤を扱ったガンプラ製作において困ることはありません。 後にこの2つのタイプについて詳しく見ていきますので、この2つの違いをしっかり把握していきましょう。 接着には材質が関わってくる ガンプラ(模型用プラスチック)はいくつかの材質でできています。 プラスチックにもいくつもの種類があるのです。 接着剤はその 材質によって接着できる得意・不得意が存在します。 それでは材質にはどんなものがあるのか見ていきましょう。 スチロール樹脂は プラセメント ・ 瞬間接着剤 のどちらも相性が良い。 *ちなみにガンプラの説明書にパーツ一覧が記載されており、どのパーツがどの材質か表示されています。 こちらは強度を上げなければいけない部分、内部パーツや関節などに使用されている硬い素材です。 画像で言うと、 グレーの色をした部分(コクピット部など)で、大型のキットやMGなどのフレームに使用されています。 ABSパーツは ABS専用接着剤(プラセメントの強力タイプ) と相性が良い (*ただし、破損することも多い。。。 このポリパーツはほとんど接着剤で接着させることができないパーツ になります。 *ごく一部の接着剤であれば接着させることもできます。 基本的には、アンテナ類、砲口、関節等のピン軸、各関節やパーツ部の補強等に使用されます。 瞬間接着剤 と相性が良い、各種サイズが出ているので、ある程度揃えておくと安心です。 穴の空いた 「真鍮パイプ」 なども存在します。 プラスチックとは材質が異なるため、プラセメントでは接着できない。 瞬間接着剤 と相性が良い。 弾力性があるため、プラスチックとは材質が異なります。 瞬間接着剤 と相性が良い。 これらのように、接着剤には材質との相性があることを覚えておきましょう。 一度に覚えるのは大変ですので、何度も見返してまずは特徴を知っておきましょう。 瞬間接着剤のメリット・デメリットを見ていきます。 このように、メリットとデメリットが混在しています。 しっかりとこの特徴を掴んでおきましょう。 では次に模型用の瞬間接着剤はどのようなものか実際に見ていきましょう。 *各社メーカーから瞬間接着剤が出ています、機能の差はあれ基本的にはどれも同じ性質のものです。 画像のものは模型ツールで有名なメーカーWAVE(ウェーブ)の商品となります。 どこのメーカーを選んでいただいても結構です。 (使用済みでごめんなさいw) 揮発してしまうことを防ぐために、袋などで密閉されているのがほとんどです。 当然、瞬間接着剤は蓋をしないで放置しておくとすぐに揮発して固まってしまいます。 なるべく空気には触れないようにするなど、取り扱いには十分注意しましょう。 基本的には蓋をして、密閉した袋に入れて保管することになります。 袋や蓋を捨ててしまわないよう注意しましょう。 使用する接着剤の各社からノズルが発売されていますので、そちらを使用しましょう。 画像のは WAVE「Kノズル」 です。 先端が非常に細くなっているので、こういったノズルを何本か必ず用意しておきましょう。 ノズルが付属している場合もありますが、基本的には使い捨てなので、何本もあった方が便利です。 使用する場合は少量つけるようにしましょう、べったりとつけると逆効果です。 小さなパーツの多い戦艦キットなどであれば尚更スケールが小さくなるかと思います。 そういった場合には、ノズルで塗布するのではなく、違うツールを使用します。 グルー・アプリケーター」 です。 材質が接着剤を弾くように出来ています、よって、パテや瞬間接着剤など後から綺麗に剥がすことが可能です。 瞬間接着剤はごく少量の方が真価を発揮しますので、どうも塗りすぎてしまう・・・という方にはオススメです。 *画像には載っていませんが、爪楊枝のように先が鋭利なタイプもあります、便利な商品なので、一つあると心強いです。 とにかく細かいパーツの接着やガレージキットなどには必須になるのが瞬間接着剤です。 ガンプラの改造などにも使用する日がやってくることでしょう。 しかし、その当たり前のことが非常に大事になってきます。 そう、 ただくっつけているだけ(貼り合わせているだけ) なのです。 よって、たいした耐久性を持ち合わせていません。 要するに、脆いのです。 ・・・バカな、瞬間接着剤って強力なんじゃないのか? どんな衝撃にも耐えるんじゃないのか・・・瞬間接着剤って瞬時に接着して強力にくっつくんじゃないのか・・・? もう一度言います、 脆いのです。 いきなり期待ハズレなことを言って申し訳ないのですが、 瞬間接着剤は脆い・・・なぜそんなことが言えるのか、 どうして脆いのか、ガンプラ製作には欠かせない瞬間接着剤、一体どういうものなのかもう少し詳しく探っていきましょう。 とりあえず、プラ板にガンプラのバーニアを瞬間接着剤で貼り付けてみましょう。 一時間ほど乾燥させて様子をみます。 乾燥したので、触ってみます。 *触るだけではこうなりませんので、ご安心下さい(笑) これが瞬間接着剤は脆いの正体です。 一体、なぜ脆いのかさっぱり分からない・・・ということでしょう。 では分かりやすく図にしてみましょう。 それでは真ん中に瞬間接着剤を塗ります。 そして、パーツの表面同士でひかれ合うようにお互いを貼りあわせている状態なのが分かりますね? これが瞬間接着剤のくっついている状態です。 (*あくまでイメージ) パーツの表面同士がしっかりとくっつき合っている状態です。 これが瞬間接着剤の性質です。 要するに、パーツの表面同士は接着されており強いが、横や斜めからの衝撃に弱いという性質をもっているのです。 再び同じように接着させる場合は、どちらも表面を綺麗にヤスリで磨く=剥がれた跡(ノリの部分)を除去する必要があります。 *剥がれた跡がついたままだと接着は出来ないので、表面を綺麗にして再接着しましょう。 一度に覚えるのは大変ですので、まずは概要をさらっと知っておきましょう。 それではプラセメントのメリット・デメリットを見ていきます。 (上から塗装が推奨。 このように、メリットとデメリットが混在しています。 しっかりとこの特徴を掴んでおきましょう。 メーカーは違いますが、類似の クレオス「Mr. セメント プラモデル用接着剤(スチロール樹脂用)」 があります。 要するに、どちらも略して プラセメント と言います(笑) 成分も内容量もほとんど一致しているくらい同じような商品です。 こちらもいわゆるプラセメントとなります。 模型メーカーでは タミヤ から出ていますね、私はなかなか見かけませんが。。。 一般的なスチロール樹脂よりもABSは硬く強固なため、樹脂を溶かす溶剤が強めに作られています。 通常のプラセメントではABSは接着させることが出来ません、ABSにはABS用のプラセメントが必要になるということです。 扱い方はプラセメントとほぼ同様です。 ただし、ABSの接着は難が生じることも少なからずあり、接着させた部分からクラック(ヒビ割れ)などが出来たり、 ABSはパーツに負担のかかる部分が多いため、接着後にパーツが割れてしまう場合もあります。 プラセメントは瞬間接着剤と異なり、速乾性がありません。 乾くまでに数日を要する接着剤です。 まずは貼り合わせるパーツを用意しましょう。 1回だけでなく2回塗り重ねても良いです、垂れない程度にしっかり塗りましょう。 画像は両側に塗布されています、ちょっと見にくいですね。。。 貼りあわせた後、少し上下左右にむにむに動かしてやると接着剤の部分が盛り上がってきます。 画像だとあんまり盛り上がっていないように見えますが、ちゃんと盛り上がっています(笑) 少し盛り上げるのがコツですので、接着剤の部分が凹んでいたり穴(気泡)が出来たりしないようにしましょう。 凹んだり穴(気泡)が出来ている場合は、塗布する量が少ない傾向にあるので、しっかり塗るように心がけましょう。 こうしてぐっっと挟み込むことでしっかりパーツ同士が密着して接着させることができます。 当然、乾くまでに数日を要しますので、すぐに触ったり動かしたりしないこと。 数日後 その後にヤスリがけを行うことで綺麗に合わせ目を消す(ラインは多少残るが一体化している)ことが可能です。 一度接着させてしばらくしてから、また剥がしてみました。 パーツの貼りあわせている部分がドロドロギザギザしているのが分かりますか? これがプラセメントの特徴でして、樹脂によって表面を溶かしているのです。 溶かして、固めて接着しているのです。 *失敗した場合や剥がす場合は、デザインナイフで分割ライン部分を切り開くようにしてパーツを剥がしていきます。 左の画像のような合わせ目がたくさん存在しているキットでも、右の画像のように合わせ目を消して成型することが可能です。 このようにプラセメントを使いこなすと、一気に工作レベルが向上するようになります。 画像のケストレルもプラセメントでの加工が基本になっています。 (*難しいキットですが、基本はプラセメントの繰り返し。 ) 切っては貼り合わせ、切っては貼り合わせる・・・これの繰り返しです。 まず、 くっつけたいAパーツ表面とBパーツ表面のどちらにも塗布して(両方に塗布)、むぎゅーっと貼り合わせます。 これをクリップなどで挟み込み、最低24時間以上、推奨は3日〜5日ほど乾燥させます。 先述したように、プラセメントは完全に硬化するまでに時間のかかる接着剤です。 瞬間接着剤のような速乾性はありません、それらも踏まえて見ていきましょう。 図のように完全に硬化するまではムニャムニャとした状態です。 これはパーツの表面をプラセメントの樹脂によって溶かしている状態です。 言い換えますと、 くっつけ合う表面を溶かして融合させようとしている。 つまり、 一体化させようとしているのです。 瞬間接着剤のようにただ表面同士を貼り合わせるのではなく、パーツ表面自体を一体化させてしまう、というものなのです。 完全硬化後には表面同士が溶かされ融合し、非常に強固な表面パーツになる。 なぜかというと、パーツの表面は溶けて融合し一体化してしまっているからです。 図のように横からの衝撃があろうと、もはや1つのパーツとして溶け出し固まっているため、 ポロリと取れるようなこともありません。 その強度さは、床にパーツを落っことしてもAとBパーツ同士が離れることはないでしょう。 *当然なんらかの形で欠けたり壊れることはあるので無理に叩きつけたりするのはやめましょうw これがプラセメントの接着なのです。 その他の接着剤など 模型用の接着剤には、大きく分けて2つのタイプの接着剤がある。 もう、お分かりですね? 「瞬間接着剤」と「プラセメント」 この2つの特徴はなんとなくで良いので覚えておいてください。 しかし、世の中には他にもたくさん接着剤はあります。 模型用のメーカーだけでなく、工業用の接着剤もたくさんあります。 それでは、他にも使える接着剤はないか簡単に紹介しておきますので見ていきましょう。 セメントS(流し込みタイプ)」、 クレオス「Mr. セメント・リモネン系(流し込みタイプ)オレンジの香り」 (*タミヤからも出ています。 )です。 *実際にどうか分かりませんが、溶け出す感じもあるので、無樹脂?・・・げふんげふん。 プラセメントのようなドロっとした感じはなく、サラサラとした使い心地で比較的速乾性もある接着剤です。 プラセメントと同じような感覚で購入すると使い方がまるで違うため痛い目をみます。 樹脂が含まれていないということは・・・そう、プラセメントの特徴を大きくなくした瞬間接着剤に近いタイプのもの。 でもプラセメントの一面も持っている、 イメージ的には、瞬間接着剤とプラセメントの2つのいいとこ取りしたタイプである。 *毛細血管のように流れこんでいく感じで使用する。 基本的には流し込みやすくなった瞬間接着剤と同じ用途だと思っていただいて結構です。 硬化後は比較的強度はありますが、 プラセメントのように頑強なものではないので要注意です。 ただし、流れ込みすぎてABSのフレームやその他の内部を破損することもあるため、多用は禁物です。 当然、内部にまで染みわたると、もう一度分解ということが困難になることもあるので、 使いドコロを間違えると瞬間接着剤やプラセメントよりも修復は厄介になります。 便利な商品ですが、リスクもあることを理解しておきましょう。 瞬間接着剤タイプのもので、パテのように使ったり、軸を太らせたり、穴埋めに使用したりと、いろいろと使えます。 びっくりするくらい色が黒いのが特徴で、効果時間に余裕があるので位置決めもしやすいです。 ちょっと変わった瞬間接着剤ですね。 硬化後はほんの少し弾性があるので、これを活かした加工(主に補強や小さな穴埋め)なんかにもってこいです。 デザインナイフでも削りやすい素材です。 接着剤のメーカーというと他にも アロンアルファ なども有名ですね、類似のものも多いかと思います。 これらの工業用の接着剤は何がすごいって、ほとんどあらゆるものをくっつけます。 布だろうがゴムだろうが金属だろうがコンクリートだろうが・・・言い出せばキリがないくらい。。。 こういった接着剤もあるのだと覚えておきましょう。 *ただしポリパーツはやはりくっつけることは出来ない。 自作改造(頭部や専用のベースを製作) なので、なんともですが・・・アイプリント(デカール)などの接着等に使用しました。 先ほどのセメダインは硬化後も粘着性(弾力性)のあるタイプの瞬間接着剤で、少し変わっています。 自作のデカールは非常に薄くて脆いので、この薄いデカールを保護するような感じで使用しています。 ちょっとマニアックな瞬間接着剤 ですが自分にあった接着剤を探してみるのも良いかと思いますよ。 セメダインのスーパークリアXシリーズは多用途なのでオススメです。 それと、ついでに。 何度もポリパーツはくっつけることが出来ない、と申して来ましたが、実はこちらの接着剤なら可能とのこと。 シリコンもくっつけることができるとか・・・すいません、使う機会がないため持っていません(笑) 必要な方もいらっしゃるかと思いましたので、一応紹介しておきます(笑) いろいろ探してみると楽しいかもしれません、というか、そのうちもっと高機能な接着剤が出てくるんだろうなぁ。。。 瞬間接着剤の白化を抑えたクリアな接着が可能となります。 ガンプラにはクリアーパーツなど接着させるときに極力白化して欲しくない部分が存在します。 こういったパーツの接着などにはこれらのクリアな接着剤を使用すると良いでしょう。 携帯をデコレートしたり、手芸などにも使われるので女性の方が持っていたりする接着剤です。 瞬間接着剤の部類ですが、速乾性が低いのでしっかり乾燥時間をとること。 瞬間接着剤は速乾性がウリですが、どれもすぐに硬化するものではありません。 このスプレーを使用することで、より素早く硬化させようという非常に便利な商品です。 動いては困る細かな小さなパーツをすぐに接着させたいとか、重力でヘタレてしまう前に接着させたい場合に便利。 腕や足は可動するため合わせ目消しの強度を考えてもそうですし、とりあえず塗装するためにちゃっちゃと作って、 見栄えだけを追求するのは疑問に思います。 (別にいけないわけではないので、自由に作って結構ですが・・・。 ) 安易に瞬間接着剤で作ると当然衝撃に弱く、後にクラック(ヒビ割れや破損)などを引き起こすことも考えられます。 便利な商品ですが、時間短縮や見栄えだけでなく耐久性なども考慮して使用したいところですね。 オークションなどでこういう作り方をしている人がいたら要注意です。 あなたの周りにもやたらと早く造り上げる人・・・いらっしゃいませんか? ガンプラは綺麗な塗装だけが美しいと評価されるものではありません。 「接着剤基礎編」でしたが、いかがでしたでしょうか。 まずは接着剤は大きく分けて2タイプある、そしてそれぞれに特徴があること理解しましょう。 この基礎がいかに重要か、お分かりいただけたのではないでしょうか。 接着剤を理解することは今後のガンプラ工作の行方を左右するものとなります。 さらなる接着剤応用編などは次回でシミュレーション・トレーニングしていきます。 とりあえず、ご自身で見て触って、接着剤がどんなものかを分析してみてください。 このトレーニングの内容があなたの力になるかと思います。 さて、今回の「接着剤基礎編」はここまでです。 さらなるトレーニングはまたの機会に致しましょう。 分からない場合はもう一度読み返してみましょう、 まずは接着剤について知ること(視察・情報の分析)が重要です。 ご感想などありましたら「」のBBSやアンケートなどに書き込んでやって下さい。

次の

【追記あり】久々にガンプラを作ろうとしたら、「プラモデル用液状接着剤」が簡単に買えない代物となってて驚いた……

ガンプラ 接着 剤

1カ所にとどまっていると、そわそわして落ち着かなくなる。 自宅でもつい食事を買いに出かけたくなってしまうのだが、先ほど食事を済ませたばかり。 出かける理由がない。 そこで私は、私を騙すための妙案を実行することにした。 約30年ぶりくらいにプラモデルを作ることにしたのである。 しかもガンプラ! しかもJR東日本とコラボした 「ガンダムJR東日本専用機 Ver. 」である!! ところが肝心のアレがない。 そう 接着剤だ。 フィギュア専門店が多数出店している、東京・中野ブロードウェイのある模型屋さんで話を聞くと、「オタクの聖地」と呼ばれるここ、中野ブロードウェイでも売っていないのだとか。 なんてこった……。 ・接着剤がない とりあえずプラモを買ってきた段階で、接着剤が必要なことはわかっていた。 だが、あえて購入して帰らなかった。 なぜなら、私が子どもの頃は、プラモに接着剤が付属していたからだ。 銀色のチューブに入った接着剤。 安全ピンか何か、先の尖ったモノで封を切り、少しずつ液を小出しにして使うタイプのチューブ。 油断すると、ドバっと出て大変な事態になってしまうアレ。 おそらく30代後半から40オーバーの男性ならよくご存じだと思う。 ところが、プラモを開封してみると、 接着剤がついてない! これも時代の流れか……。 やっぱり接着剤を買ってこないといけないのか。 きっと中野ブロードウェイならあるはずと思い、模型屋に入ると売っていない。 店主に聞くと、ブロードウェイのどこにも売っていないというじゃないか。 あのプラモ用の液状接着剤が……。 店主いわく、近くになると新宿西口のヨドバシカメラのホビー・おもちゃ館にあるのでは? とのことだった。 う~ん、そこまで行くのが面倒くさい。 諦めるか……、いやいや、何でも揃う100円ショップならひょっとしたらあるかも。 ・昔はそこらへんで買えたのに…… いろいろ物色してみたところ、プラモ作りにふさわしそうなヤツがあった。 「強力瞬間接着剤 (ハケ付き)」(110円)。 コレコレ! フタをあけるとハケが付いているヤツ。 ハケなら、パーツの接着面に塗りやすく、接着剤の液だれが少なくてキレイに仕上がる。 昔はどこの街にも小さな模型屋があって、プラモ用接着剤なんて簡単に購入できたのに……。 塗料や薄め液、塗装用の筆の類も手軽に買うことができた。 今はアマゾンなどの通販が主流なのだろうか。 いずれにしても、家でできる楽しみのひとつ。 中高年は昔を思い出し、若い世代には新しい楽しみとして、プラモデルをオススメしたい。 Report・イラスト: Photo:Rocketnews24 【追記】2020年4月7日10時30分 当記事のプラモデルは接着剤不要です。 商品の箱にも接着剤が不要であることが書かれていたにも関わらず、それに気づかず公開してしまいました。 お詫び申し上げます。 (編集部).

次の