タイトリスト 620mb。 タイトリスト アイアンおすすめ7選|価格・スペック徹底比較|ゴルフサプリ

T100、T200、T300、620CB、620MB、タイトリストのアイアン最新情報をまとめました

タイトリスト 620mb

ショットメーカーのための次世代アイアン Tシリーズ(T100、T200、T300)が万人向けモデルだとしたら、新たに登場したもうひとつのアイアンシリーズはタイトリストマニアのために設計されたものだ。 ここでは大がかりなテクノロジーの話は出てこない。 上級者向けのアイアン設計において重視すべきことは、常に同じ見た目の美しさとフィーリングを損なわないこと。 基本的には正確性を求めるゴルファーのための道具である。 620MB アイアン アイアンの極めて優れた打感は、単一鍛造構造と軟鉄1025スチールによって創り出される。 今回、見た目でもっとも変化したことは、ブレードからMBの文字が消えたことだ。 マッスルバックを使う人にとってはMBがあろうがなかろうが関係ない。 トップラインは薄く、オフセットは最小限。 抜けもよい。 とにかくこれは、シンプルさをつきつめたアイアンだ。 Tシリーズ同様、620MBも革新的なデザインで(ロングアイアンではより長いブレード、ショートアイアンはよりコンパクト)、とはいえ、どの番手も「大きい」と形容されるものではない。 とうまく組み合わせられるようフローも考えられている。 ブレードタイプアイアンは、隠れた機能というより、基本的には見たままのクラブであり、ターゲット層はそう広くはない。 「数字(売上)面において占める割合は少なくても、伝統という意味では非常に大きい」と、ジョシュ・タルゲ氏は言う。 「我々は世界のベストプレーヤーたちのアイアンを作っている。 そこで成功しているノウハウがある」。 620MBはその証拠のようなものだ。 620CB アイアン MBと同じく、CBも旧作の精神を受け継ぐものが出来上がった。 単一鍛造の620CBは、クラシックな形と優れた打感、操作性、正確性と引き換えにいくつかのテクノロジーを犠牲にしてでも必要とされるゴルファーのために設計された。 ただし、ツアープレーヤーの中にはCBとAP2の類似性を指摘する声もあったため、タイトリストは620CBをより上級者寄りに設定しなおし、MBとT100の中間あたりのパフォーマンスを目指した。 理にかなった対応である。 前モデルでは3〜7番でタングステンを使ったが、今モデルでは精密鍛造タングステンを使用したのは3〜5番アイアンのみ。 タングステンを取り除くことで、ボールの高さを低く抑え、スピン量を微増させることが可能になった。 今回の設計変更は、ボールを低く抑えたいゴルファーを念頭に置いている。 また、CBは形も改良され、ターフからの抜けもよくなった。 620CBの純正シャフトは、プロジェクトX LX(スチール)およびテンセイホワイトAM2(カーボン)。 純正グリップはゴルフプライドのツアーベルベット360。 620MBも620CBも8月8日よりフィッティング開始。 小売店では8月30日より販売される。 小売価格はスチールシャフトで1本175ドル(8本セットで1,399ドル)。 カーボンは1本187. 50ドル(8本セットで1,499ドル)。

次の

タイトリスト 620 CB アイアン の試打&評価/伝統が継承されています│楽しい GOLF LIFE

タイトリスト 620mb

オグさんです。 今回はタイトリストのアイアン「620 CB」「620 MB」の試打レポートをお送りします。 世界のトップランカーから愛され続ける伝統のブランド「タイトリスト」。 そのトップランカーに向けたアイアンが、この620シリーズです ツアープレイヤーが求めるアイアン 「620 CB」(本稿では以下、CB)は軟鉄鍛造のキャビティバックスタイル、「620 MB」(以下、MB)は同じく軟鉄鍛造のマッスルバックスタイルのアイアンです。 この2つのアイアンは、昔からタイトリストが得意とする分野で、高いコントロール性能を誇り、多くのツアープレイヤーに愛されてきました。 タイトリストはこの2つのモデルをとても大切にしており、時代が変わっても大きな変化をせず、どの時代のプロにも受け入れられるような性能を継承しています。 基本は軟鉄のみを使用した鍛造モデルですが、3番と4番だけはトゥとヒールにタングステンを埋め込み、打点のミスへの許容性を高めています。 バックフェースを削っていますが、削りの部分は浅め。 打感や操作性を低下させないようにし、その範囲での余剰重量を外周に配置しています。 シンプルな形状のキャビティバック。 仕上げも美しく、所有感も高い仕上がりです 620 CB 5 620 CB 7 620 CB 9 小ぶりではありますが、適度な肉付きがされており、構えたときのシャープさをいい意味でなくしています MBと比べると少しだけ大きめに設計されています ソールはヌケを最大限に考えた性能。 操作性のみを追求したモデルと言っても過言ではないでしょう。 マッスルバックだけに重量配分もなく、設計による性能と形状、そして素材によるフィーリングのよさがこのクラブのすべてでしょう。 鈍い光を放つサテン風の仕上げが、所有感を高めてくれる美しいマッスルバック 620 MB 5 620 MB 7 620 MB 9 余分な部分のない小ぶりでシャープな形状。 少しだけ丸みを持たせることで、難しい!という印象を緩和しています 操作性を重視し、芝などの抵抗を少なくするため、極力小さめのフェースになっています ソールはCB同様、シビアなライからでもヌケがいいようにやや丸みを持たせてあります。 これらはツアープロからのフィードバックを参考にして設計されているのだとか 【CB試打】クラブの動きどおりの弾道が出る まずは一般的なゴルファーが比較的手に取りやすいCBから打ってみました。 構えてみると、やや小ぶりなヘッドではありますが、プレッシャーはなくスッと目標に構えられます。 非常にいい顔ですね。 打ってみると、やや重さを感じるとても気持ちがいい打感が伝わってきます。 つかまり性能はニュートラルで、クラブの動きのとおりの弾道がしっかり出てくれます。 この辺はシビアな環境で戦うツアープレイヤーが好むだけあって、非常に使いやすく感じますね。 次に、芯をあえて外して打ってみると、打感はやや硬くなって飛距離も少し落ちる印象ですが、曲がりは少なかったです。 打った後の打感で、どんな弾道になるのかがすぐわかる情報量の多さもこういったアイアンの魅力なのですが、このCBも高い情報伝達性能を持っていました。 ミスしても曲がりが少ないのがCBの長所でしょうか。 それ以外に補正能力と言える部分は持っていません CB・ 7:しっかりとスピンの入った、つかまった弾道。 打ち手の意思をしっかりとボールに反映してくれます 【MB試打】左右、高低の打ち分けがしやすい 続いてMBです。 構えた印象はCBよりもさらにシャープで、剃刀のようです。 ヘッドをしっかりとコントロールできる人は操作性のよさを感じ取れる顔だと思います。 打ってみると、ズシっと手に来る重厚な打感が。 操作性は非常に高く、左右はもちろん、高低の打ち分けもしっかりと操作でき、打っていて楽しくなりました。 まあ、操作性が最優先にされているアイアンですから当たり前といえば当たり前なのですが。 次に、こちらも芯を外して打ってみたのですが、さすがに飛距離は大きくロスします。 ですが個人的には、これは悪くないと思っています。 飛距離ロスは大きく、曲がるときは曲がるのですが、そのミスが致命的なスコアロスにつながらない範囲内に必ず収まってくれるのです。 練習場では当たり外れが大きいアイアンという評価で終わってしまいがちですが、コースでミスしたときに飛んでしまうクラブは「狙ったところではないところに飛んでしまう」わけですから、ケガが大きくなりやすいとも言えます。 そういった意味でMBは結果が出しやすいアイアンだと思います。 また、こういったアイアンを使うことで上達しやすくなるとよく言われますが、その理由はCB同様、情報のフィードバックがしっかりとあるから。 芯を外せば大きく打感が変わり、フェースのどのへんで打ったかなどを感触でわからせてくれます。 クラブ自体に補正能力がなく、スイング通りの弾道が飛んでいくので、正しいスイングをしたか否かが自分でわかるのです。 補正能力のあるクラブは、曲がりや飛距離ロスを軽減してくれる代わりに、そういった情報までも軽減してしまうのです。 普段からマッスルバックアイアンを愛用している私ならではの感想かもしれませんが……マッスルバックアイアンを使用するようになってから、少なくともセカンドOBみたいな大きなミスや、打ってからびっくりするような弾道はなくなりました。 芯でとらえたときの重厚な打感はもう1回味わいたいと思う気持ちよさがあり、芯を外すとフェースのどの辺で打ったかを教えてくれる。 本当にマッスルバックは打っていて楽しいアイアンです MB 7:スピンが多めで操作しやすそうな弾道が打てています。 ボールをコントロールするにはある程度のスピンが必要なのです。 使い手の技術をそのまま弾道に映し出す。 単純に結果だけを求めたい、もしくはスライスや飛距離のバラつきを抑えたいといった明確な目的があるならば、同社であれば「Tシリーズ」などほかのアイアンのほうが使いやすいと感じるでしょう。 CB、MBは、自身のテクニックを使ってボールをコントロールしていくのに適したクラブです。 ミスを含めてボールをコントロールできるので、テクニックを持った人たちには、非常に使いやすいアイアンと言えると思います。 CBとMBの違いは「操作性の幅と、ミスしたときの直進性の違い」でしょうか。 CBは打点のミスに少し強い分、曲がりも少なめで、ミスしたときの曲がりも少なめな印象を受けました。 MBはミスしてもスイング通りの曲がりがボールに反映されるので、あえてボールを曲げていくゴルファーにはMBのほうが安心できるクラブだと言えますね。 最後に、個人的にいいと思うのがセット販売の仕方です。 多くのアイアンは5番からPWまでの6本セットで販売されることが多いのですが、この2製品は3番からラインアップされているにもかかわらず「6番からの5本セット」で売られています。 3番から5番までは単品販売になんですね。 これならセッティングを考える上で、ユーティリティーを多く入れたり、長い番手だけほかのモデルを入れたりと、セッティングを柔軟に考えられます。 特にMBの長い番手は構えただけでプレッシャーを感じてしまう方も多いでしょうからね。 写真:野村知也.

次の

タイトリスト 620 CB アイアン の試打&評価/伝統が継承されています│楽しい GOLF LIFE

タイトリスト 620mb

じょう・しょうじ 1975 年北海道室蘭市出身。 中学生のときに父親の出身地である鹿児島県に帰省し、当地の鹿児島実業高校に入学し、サッカーの技術を磨く。 高校 3 年時には冬の選手権大会でベスト 4 入り。 卒業後は J リーグのジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)に入団し、デビュー戦から 4試合連続ゴールを挙げて注目される。 また、各年代の日本代表としても活躍。 1996 年のアトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」に貢献、A 代表では 1998 年フランス W 杯に出場した。 現在はテレビ解説や、北海道社会人チーム「北海道十勝スカイアース」の統括ゼネラルマネージャーに就いている。 JFA 公認 S 級ライセンス保持。 ゴルフを本格的に始めて 5 年、平均スコアは 85 くらいで、元サッカー選手の仲間とラウンドし、ゴルフ談義で盛り上がっているとのこと。 最近ではサッカーの現場でもゴルフの話題で持ちきりだとか……。 編集N:今回はタイトリストのアイアン、「T100」「620CB」「620MB」です。 城:はい。 まだ、飛び系のアイアンはいらないかな。 うまくなってきたらタイトリストは避けて通れない 編集N:まずは「T100」からお願いします。 これは、まあ、「AP2の後継モデル」っていう説明で理解が早いかと。 ツアープロが求める、操作性と寛容性をバランスさせたアイアンです。 やっぱり、こうでなくちゃタイトリストのアイアンじゃないですよ。 いい顔! 編集N: いきなり引きこまれましたね。 城:やっぱりね、ちょっとゴルフが上達すると、タイトリストのアイアンは避けて通れないと思うんですよ(笑)。 買うか買わないかはともかく、一度は気になる存在なんじゃないかな。 編集N:そうですね。 ゴルフを始めて間もない人が使っているケースはあまりないと思うんですが、徐々にゴルフの深みにはまっていくと、タイトリストのアイアンは絶対に目に入ってきます。 城:で、こういういかにも難しそうな顔したアイアンを使って、打ちこなしてみたくなるっていうのが、ゴルフ界におけるタイトリストの立ち位置だと思いますよ。 T100アイアン 7 T100は思った以上にボールが上がる! 編集N:ここ何代かは、ミスへの寛容性に振ったモデルも出していますが、ゴルフ熱の高い人に響くのは、タイトリストが昔からターゲットとしているプロや上級者向けのモデルですよね。 城:そうそう。 このT100も、小ささがタイトっぽい(笑)。 いい球が出そうなイメージがある。 (T100の7番を打ってみる)おー! 編集N:いかがでしょうか? 城:思った以上にボールが上がりますね。 編集N:タイトリストのサイトによると、AP2ユーザーであったジョーダン・スピースがインバッグしているみたいです。 城:そうなんですか、そうですよね、これいいもん! 編集N:今回は7番と5番をそれぞれお借りしたので、試してみてください。 城:5番って苦手なんですよね〜。 (しぶしぶ、T100の5番を打ってみる) 強めの弾道で飛んでいくT100アイアン 編集N:うわ!200ヤードのネットに突き刺さってるじゃないですか! ここは2階打席ですけど、飛距離は十分ですね……。 城:うおー、やっぱり、イメージより打ちやすいわ! すげえ! 難しそうな顔してるけど、打つとやさしい、ツンデレアイアンですかね(笑)。 これだったら、200ヤード残ってたら迷わず使いますわ。 自信あるし。 実は「CB 714」を使ってたんです 編集N:プレイヤーに自信まで付けさせてくれるという、恐るべきアイアンですね(笑)。 では続いて、「620CB」です。 T100が軟鉄をベースにした複合素材アイアンであるのに対して、これは純粋な軟鉄鍛造モデルです。 タイトリストのCBは代々、キャビティーバックになってはいますがあまりやさしくないというか、マッスルバックにごく少量のやさしさを付加した感じですね。 城:そうそう。 実は僕「CB 714」を使ってたんです。 編集N:いきなりのカミングアウト! そうだったんですか、どおりで、タイトリストのアイアンについてコメントが豊富なはずだ。 城:T100よりも、こっちのほうが顔が薄く見える。 サイズ感やトップブレードの厚みが違うからでしょうね。 (620CBを打つ)これこれ! 音が分厚い。 T100よりも、ズシッてくる感触ですね。 620CBのソールはツアープレイヤーが好む薄い形状をしている 編集N:歴代モデルのユーザーとして、進化したCBはどうお感じになりました? 城:基本的には大きな変化はないですし、タイトリストも大きく変えるつもりもないと思います。 でもさっきのT100と比べると、ボールの食いつきがいいし、押し出せる感じがする。 素材が違うからですかね。 それで、少しですが操作しやすくなっていて、ターゲットとするスキルはCBのほうが上だってことがわかります。 編集N:なるほど。 620CB 7 城:意外にラクなんですよ、このアイアン。 やっぱりいいなあ。 球筋を自由自在に操れる620MB 編集N:歴代CBユーザーも安心ということですね。 では最後、「620MB」をお願いします。 城:うわー、出たよマッスルバック……! 初めは620MBに難色を示していた城さん…… 編集N:あれ、マッスルバックお嫌いでしたっけ? 城:いやー、いいんですけど、どうも食わず嫌いっていうか、あまり積極的には使わない、かな……。 (620MBを打つ) 編集N:どうでしょう? 球の左右高低を意図的に変えて打ち続ける城さん 城:(黙々と打ち続けて)いろんな球が打てる。 思ったところに運べる。 ええー、こんなにカンタンなのかぁ。 編集N:打つ前とは正反対の、ポジティブリアクションですね! 城:ぶっちゃけ、マッスルバックは食わず嫌いでしたが、これ打ってみてわかりました。 ホールや状況によって球筋を変えるのがラクにできるんです、僕でも。 編集N:そこがマッスルバックの利点ですね。 620MB 7 城:ちょっと芯を外すと距離が変わるんで、ミスしたなっていうのが明らかにわかる。 だから、スイングを作っていくにもいいんじゃないですかね。 (と言いながら620MBを打ち続ける城さん) まさに衝撃の出合いでした……! 編集N:さっきから、ずっとMB打ってますけど……? 城:これはね、すごいですよ!(笑) 飛べばいいのかなって思ってゴルフやってきましたけど、それが根底からくつがえされました。 何を求めるかでクラブ選びって変わるんですね。 ゴルフの世界観が変わりましたよ、僕。 食わず嫌いだったマッスルバックの操作性に驚きを隠せない 編集N:そんなに強烈! 城:かっこいいけど、難しいから敬遠してるのはもったいないですね、これ。 5番も打ってみたんですけど、ドローもフェードも、ほぼ思い通りですもん! 今まで5番アイアンなんて林からの脱出用だったんですけど、もったいないことをしていた……。 こういうアイアンで、風を計算しながらボールを操ってグリーンを狙えれば、それが成功しようがしまいが、ゴルフのレベルとか楽しみが何段階も上がる感じがします! 写真:中居中也.

次の