テレアポ トーク スクリプト。 其の7 アポが取れるテレアポトーク テレアポ職人の秘伝の技

【効果抜群】テレアポのトーク例を集めました!

テレアポ トーク スクリプト

電話をかけ続けても、なかなか思ったようにテレアポが取れずにお悩みの方も多いのではないでしょうか。 大変だと思われがちなテレアポですが、良いトークスクリプトがあればアポ獲得率が大幅に改善することもあります。 そこで今回は、テレアポが取れるトークスクリプト5選を紹介します。 テレアポの最初の掴み(アプローチ)に使えるトークスクリプト テレアポの 最初に自社の会社名と商品やサービスの説明 をしていませんか? 電話を受けた相手は、いわゆる「営業電話」だと判断し、電話をすぐに切ってしまうでしょう。 そうならないためには、 テレアポの最初に自社の商品やサービスによって得られる相手の利益を話すトークスクリプトを作りましょう。 まずは、 テレアポを行う相手にとってのメリット・ベネフィットを伝えて 、興味を持ってもらいましょう。 そうすることで、こちらの話にも耳を傾けてくれるようになります。 テレアポで電話を取り次いでもらうときに使えるトークスクリプト テレアポを取るときに重要なのが、 誰にアポを取るか です。 テレアポの先には商談および成約があることを考えると、 決裁・決定権を持つ人にアポを取ることが重要になってきます。 従って、テレアポの際に決定権を持つ人に電話を取り次いでもらうようなトークスクリプトを作成する必要があります。 <良くないテレアポトークスクリプト> 新規営業の営業リスト作成の責任者の方お願い致します。 テレアポで決定権を持つ人にアポを取るトークスクリプトの3つのポイント ここでは、以下の3つのポイントを押さえてトークスクリプトを作りましょう。 「担当者」ではなく、決定権を持つ「責任者」もしくは「社長」に取り次いでもらう• 自社の商品やサービスをピンポイントで担当している責任者に取り次いでもらう• テレアポで相手に話をさせるとき(ヒアリング)に使えるトークスクリプト テレアポで自社の商品・サービスをアピールするには、 テレアポ相手のニーズや課題を把握する 必要があります。 そこで、ヒアリング・質問を行うことで相手に積極的に話してもらえるようなトークスクリプトを作りましょう。 <良くないテレアポトークスクリプト> 営業リストを自社で作成されている多くの企業様から、労力がかかるとか、時間がかかるとか、その割に質が低いなどといったお悩みを聞くことが多いのですが、御社はどのようなことにお困りですか? テレアポでのヒアリングの際には、例示したトークスクリプトのように 相手が悩んでいることをいくつか言ってみましょう。 アポイントの見込みのある相手であった場合、課題に気付き話をしてくれる可能性が高くなります。 その話してくれた課題を解決するために、自社の商品やサービスを紹介すると興味を持ってもらうことができます。 テレアポで商品やサービスの説明をするときに使えるトークスクリプト 相手のニーズや課題を把握した上で、自社の商品やサービスの提案に移ります。 この段階のテレアポで重要なのは、 商品やサービスの説明をしすぎないようなトークスクリプトを使う ことです。 なぜらなら、テレアポで商品やサービスを理解してもらうことは非常に困難であり、テレアポで説明を終えてしまうと商談を行う必要がなくなってしまうからです。 <良くないテレアポトークスクリプト>.

次の

アポ獲得率を改善しよう|テレアポトークスクリプトの作り方と例文を紹介

テレアポ トーク スクリプト

電話をかけ続けても、なかなか思ったようにテレアポが取れずにお悩みの方も多いのではないでしょうか。 大変だと思われがちなテレアポですが、良いトークスクリプトがあればアポ獲得率が大幅に改善することもあります。 そこで今回は、テレアポが取れるトークスクリプト5選を紹介します。 テレアポの最初の掴み(アプローチ)に使えるトークスクリプト テレアポの 最初に自社の会社名と商品やサービスの説明 をしていませんか? 電話を受けた相手は、いわゆる「営業電話」だと判断し、電話をすぐに切ってしまうでしょう。 そうならないためには、 テレアポの最初に自社の商品やサービスによって得られる相手の利益を話すトークスクリプトを作りましょう。 まずは、 テレアポを行う相手にとってのメリット・ベネフィットを伝えて 、興味を持ってもらいましょう。 そうすることで、こちらの話にも耳を傾けてくれるようになります。 テレアポで電話を取り次いでもらうときに使えるトークスクリプト テレアポを取るときに重要なのが、 誰にアポを取るか です。 テレアポの先には商談および成約があることを考えると、 決裁・決定権を持つ人にアポを取ることが重要になってきます。 従って、テレアポの際に決定権を持つ人に電話を取り次いでもらうようなトークスクリプトを作成する必要があります。 <良くないテレアポトークスクリプト> 新規営業の営業リスト作成の責任者の方お願い致します。 テレアポで決定権を持つ人にアポを取るトークスクリプトの3つのポイント ここでは、以下の3つのポイントを押さえてトークスクリプトを作りましょう。 「担当者」ではなく、決定権を持つ「責任者」もしくは「社長」に取り次いでもらう• 自社の商品やサービスをピンポイントで担当している責任者に取り次いでもらう• テレアポで相手に話をさせるとき(ヒアリング)に使えるトークスクリプト テレアポで自社の商品・サービスをアピールするには、 テレアポ相手のニーズや課題を把握する 必要があります。 そこで、ヒアリング・質問を行うことで相手に積極的に話してもらえるようなトークスクリプトを作りましょう。 <良くないテレアポトークスクリプト> 営業リストを自社で作成されている多くの企業様から、労力がかかるとか、時間がかかるとか、その割に質が低いなどといったお悩みを聞くことが多いのですが、御社はどのようなことにお困りですか? テレアポでのヒアリングの際には、例示したトークスクリプトのように 相手が悩んでいることをいくつか言ってみましょう。 アポイントの見込みのある相手であった場合、課題に気付き話をしてくれる可能性が高くなります。 その話してくれた課題を解決するために、自社の商品やサービスを紹介すると興味を持ってもらうことができます。 テレアポで商品やサービスの説明をするときに使えるトークスクリプト 相手のニーズや課題を把握した上で、自社の商品やサービスの提案に移ります。 この段階のテレアポで重要なのは、 商品やサービスの説明をしすぎないようなトークスクリプトを使う ことです。 なぜらなら、テレアポで商品やサービスを理解してもらうことは非常に困難であり、テレアポで説明を終えてしまうと商談を行う必要がなくなってしまうからです。 <良くないテレアポトークスクリプト>.

次の

【テレアポの極意】成果が出るトークスクリプトの使い方と話し方の使い方と話し方

テレアポ トーク スクリプト

法人営業のテレアポで成功するコツ 法人に向けての営業のアポで成功するコツはは、まず1番は 決済者に向けてのアポをとることです。 しかし、会社の規模によっては決済者は社長ではなく専務や常務など、社長に話をするためにはまず担当者と話してからという会社もあります。 担当者が社長に伝えなければいけないなど、イレギュラーの場合もあるので架電する時に会社の規模を確認しておくといいですね。 個人的にですが、やはり大企業よりも中小企業のほうがアポはとりやすいです。 家電数を増やすことも大事ですが、法人にむけて営業をする場合は架電先を選んでアポが取れやすい中小企業に優先的に架電して行くのも大事ですよ! テレアポでフロント突破するには? では、テレアポでフロントを突破するにはどうすればいいのでしょうか? 営業をされる側の会社で働いてみると気がつくのですが、予想以上に営業電話はかかってきます! なので、受付もベテラン受付だと営業電話なれしていて当たり前のように断ってきます。 1日にたくさんの営業電話がかかってきていると、毎回話を聞いている訳にもいかないので当たり前ですよね・・・ そんな中で、受付を突破して決済者に繋いでもらうにはこの電話は社長に繋がないといけない!と思わすことです。 つまり、受付だけでは判断出来ないと思ってもらうことですね。 そう思ってもらうためのコツは大きく3つあります。 ・既存感を出すこと ・社長がいる時間を聞くこと ・受付には詳しく話しすぎないこと 既存感を出す まず簡単な方法として、社長と既に知り合い、またはすでに付き合いがあると思ってもらう方法があります。 社長を呼び出す時に「社長様をお願いします。 」 というのではなく「〇〇様をお願いします。 」 と社長の名前を調べて名前を呼ぶだけでも効果があります。 社長がいる時間を聞く 次に社長が社内にいる時間を聞き出す方法です。 たとえば、午前中に電話をして社長が不在だった場合、何時頃だと社内にいるかを聞き出します。 このときなるべく明確に時間を聞き出しておくほうがいいですね。 夕方と言われた場合、「夕方17時頃ならいらっしゃいますか?」とこちらから時間を聞いてみたりして社長が社内にいる時間を聞き出します。 そして、その時間になったらもう一度架電して、「夕方17時頃だと〇〇様お手隙だとお伺いしたのですが・・・」と受付に伝えることで、既存感を出すことができ受付も社長と約束があるのかな?と思って社長に繋いでくれやすくなります。 受付には詳しく話しすぎない 最後のポイントは、受付には詳しく話し過ぎないことです。 言い方は悪いですが、受付は受付でしかないので詳しく話したところで時間の無駄になってしまいます。 用件を隠すのは怪しくなってしまうので、隠すのではなく概要をちょっとだけ話す程度におさめておきます。 中には用件を聞いてくる受付もいますが、ここで営業トークをしてしまうと営業電話だ!と判断されてカットされてしまう場合がほとんどなのでなるべく詳しい話はせずに社長と直接話したい旨を伝えるといいですね。 受付は営業電話なら断らないと!と思っている場合がほとんどなので、受付に営業トークをしたところで断ってやろう。 としか思われません。 受付にはなるべく簡潔に用件を伝えるようにしましょう。 受付突破のトークスクリプト さて、ここまで受付突破のコツをご紹介してきましたが、実際にどのようなトークをすればよいのか、具体的なトークスクリプト(台本)をご紹介します! 午前中(1回目に電話した時間)もお電話させていただいて、その時17時(聞き出した時間)ならお手隙とお伺いしたので、改めさせてもらったのですが〇〇(社長)様お手隙でょうか? と、社長と約束があるのかな?と思って貰えるように伝えます。 とにかく、法人への電話営業で大事なことは ・社長とすでに知り合いだと思ってもらう ・この話は社長に聞いてもらわないといけないと思ってもらう この2つです。 初めて電話する企業の場合でも、あきらかに初めましてではなくあたかも何度が社長とは話したことがあるかのように接してみましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今日は法人に向けたテレアポでの難関、受付を突破するコツについてご紹介しました。 ということで今日の内容はここまでになります。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 また別の記事でもテレアポや営業のコツについてご紹介しているので、お時間あればあわせて読んでみてください。

次の