盛り上がる クイズ 問題。 高齢者向けレクに使えるクイズ問題20選!介護職員のお助けアイデア

役立つ!宴会で使えるクイズの問題集

盛り上がる クイズ 問題

新郎新婦がどのようないきさつで出会ったのかは、定番のネタですよね。 初めて出会った場所の思い出や初対面の印象なども聞きだせる問題です。 初めて二人で行ったデートの場所も、定番ネタです。 新郎新婦によって初めて二人で行った場所なのか、付き合ってから初めて行った場所なのか、意識の違いが見えてくる場合もあります。 新郎新婦はどこでファーストキスをしたのかを当てる定番クイズですが、クイズ後はそのままキスコールにつなげられます。 新郎新婦はお互いどこに惹かれて好きになったのかというクイズです。 定番ネタですが意外と難しいですよね。 例としては自由回答、または四択クイズなどもおすすめです。 これも定番ネタですが、どちらから告白したかを答えて貰うクイズです。 新郎か新婦かの二択なので答えやすいですね!二人同時に、自然に付き合っていたなども加えれば、四択も可能です。 三択クイズにも使えるネタで、同い年、夫が年上、夫が年下といった選択肢から選んでもらうのもおすすめです。 新郎新婦の血液型を別々に発表し四択クイズにしたり、何型と何型の組み合わせでしょうと、答えを出して貰う形式にもできます。 新郎新婦は何故そのような名前になったのかをクイズにします。 実際その場にいる新郎新婦の両親に答えて貰うのもおすすめです。 自由回答の他、4つ地名を出して四択クイズにするのもいいですね。 地元同士で結婚の他、実はすごく遠いところで生まれていたなど、新郎新婦のプロフィールも知ることができます。 新郎新婦の名前と誕生日を出し、正しい組み合わせを当ててもらうクイズや、春夏秋冬四択にして、どの季節生まれか選んでもらうクイズなどができます。 逆ならありますが、あえて新婦に新郎を抱っこして貰うパターンです。 できる、できないのマルバツクイズがおすすめです。 これは、新婦以外に参列者から女性をランダムで選び、参加して貰うのが盛り上がる形式ですよ!新郎に目隠しをし一人ずつ手を握って新婦を当ててもらいましょう。 どんなに仲のいい新郎新婦でも、時にはかっこ悪いと思ったシーンもありますよね。 新郎は新婦の体でどのパーツが好きなのでしょうか?脚、瞳など定番部位の他に、バストやヒップなどちょっとHな答えも出るかもしれないので、二次会が盛り上がるクイズです。 これは、事前に友人などに幼少期の写真を借りておくのがおすすめです。 四択ほど子供の写真を出して、新郎新婦はどれでしょうか?と選んでもらうクイズです。 まずは「1分以内に言えるお互いの好きなところは?」とクイズを出し、会場に答えて貰います。 これも、先に回数を答えて貰い、実際にその場で抱っこしたままスクワットをすると盛り上がるクイズです。 新郎が新婦に言ったプロポーズの言葉を予想して貰い、実際にその場で再現して貰うと盛り上がります。 回答したら実際にその場でやって貰いましょう。 モノマネが苦手な新郎新婦の場合でも、無茶ぶりをしてユニークなモノマネにチャレンジして貰うのがおすすめです。 自由回答式だと難しい場合もあるので、例題に沿って四択ほど回答を出し、選んで貰うのがおすすめです。 答えを考えたり書いたりする手間もないので、短時間でもサクサク進みますよ! 四択クイズを作る場合は、パワーポイントを使い選択肢のスライドを作り、会場のスクリーンに映し出す形式がおすすめです。 あらかじめパソコン関係が得意な知り合いにお願いして、作って貰ってもいいですね。 例題に応じた回答数のビンゴを作り、正解したら穴をあけるようにして進めるクイズです。 9~25問程度の問題数が必要なので、スムーズに進められるルールで行うのがおすすめです。 ビンゴシートは市販のものも売っているので人数分勝手準備するほか、無料でテンプレートの印刷もできます。 クイズの問題数とビンゴシートの回答数は、間違えないように気を付けてくださいね。 会場の一人ひとりに答えて貰う、オーソドックスな形式です。 全員参加型の場合は、四択クイズやマルバツクイズなど、サクサク進行できるクイズ形式の方がスムーズなのでおすすめですよ! また、全員に答えて貰う意外に、早いもの順で挙手をして答えて貰う形式もあります。 正解を狙いに行くほか、ウケ狙いでユニークな回答を言う人も出てくるので、会場も盛り上がる形式です。 個人戦の全員参加型は、人数が多いとまとめにくいですよね。 そんな時は、一つのテーブルをワンチームにしたチーム戦がおすすめです。 同じテーブルの人同士、協力して答えを出すので盛り上がる形式です。 チーム戦の場合は、あらかじめどのテーブルに何人いるかを把握しておきましょう。 優勝したテーブルの人数分きちんと景品が用意できるよう、一番人数の多いテーブルの数に景品数を合わせておくのがおすすめです。 回答を書く手間がないので、スムーズに進められる定番形式です。 例題の中でもマルかバツか、二択で答えられるクイズを選んでくださいね。 また、新郎新婦参加型クイズも、マルバツにできます。 二次会が盛り上がるクイズですが、長すぎてもだれてしまいます。 大体10問~15問程度の問題数で、20~30分程度にまとめるのがおすすめです。 クイズの景品は、まず優勝者に贈る豪華な賞品、それ以外は全員分に参加賞がおすすめです。 せっかく二次会に参加してくれたので、優勝できなかった人にも、1000円分のギフト券などささやかなプレゼントがあると喜ばれます。 例えば「新郎が浮気をした回数は?」や「新婦が過去に付き合った彼氏の人数は?」など、人によっては不快に感じる内容もあります。 また、下ネタ系も注意が必要です。 例題は新郎新婦、参加者がみんなで楽しめる内容にしましょう! なお、結婚式におすすめの盛り上がる余興は、別の記事でも詳しく紹介しています。 今回はクイズを紹介しましたが、この他にもおすすめの余興があるので、結婚式を盛り上げたい方は是非参考にしてくださいね!.

次の

友達とやると盛り上がるクイズを紹介するよ (論理的クイズ) Vo.3

盛り上がる クイズ 問題

小学生が盛り上がるクイズ。 なるほど三択クイズ問題【10問】 第1問. 第3問. 第4問. 第6問. 第7問. 第9問. 第10問. となり合った県がいちばん多いのは、中部地方(ちゅうぶちほう)の長野県。 新潟県(にいがたけん)、群馬県(ぐんまけん)、埼玉県(さいたまけん)、山梨県(やまなしけん)、静岡県(しずおかけん)、愛知県(あいちけん)、岐阜県(ぎふけん)、富山県(とやまけん)の8県と接しています! 第2問. それぞれ、2人で盤(ばん)をはさんでコマを動かしていくゲーム。 将棋もチェスも、古代インドが発祥(はっしょう)で、中国など東アジアに伝わったものが将棋となり、ヨーロッパに伝わったものがチェスになったといわれています。 第3問. 日食が起きる時間と位置は限られているから、めずらしいのです。 月が太陽側にきた新月(しんげつ)のときだけ、日食は起きます。 日食には、太陽の一部だけが月にかくれる「部分日食(ぶぶんにっしょく)」、太陽が月で全部かくれる「皆既日食(かいきにっしょく)」、月のまわりから太陽がはみだして見える「金環日食(きんかんにっしょく)」の3つある。 第4問. 南は瀬戸内海(せとないかい)、北は日本海(にほんかい)に面しているので、ここを通らずに本州(ほんしゅう)を通ることはできません。 第5問. しかし、月には空気がないので、 ボールに回転を加えて投げても、すべて直球(ちょっきゅう)になってしまう。 月の重力は、地球の6分の1しかないから、体重も軽くなって楽にジャンプできます。 そのうえ、空気のていこうもないから、地球で野球をするときよりも、ボールはよく飛ぶのです。 第6問. この急激(きゅうげき)な気温の原因は、水星には海や大気がないから。 温度をたもっていることができないのです。 第7問. ドナウ川は、ドイツからオーストリア、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、セルビア・モンテネグロ、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ、ウクライナの、なんと計10か国も通って黒海(こっかい)に流れこんでいます。 第8問. これくらい広いと、日本のように時刻が1つというわけにはいきません。 東のはしがちょうど昼のとき、西のはしでは真夜中(まよなか)になってしまいます。 だから同じ時刻を使うのでは、都合が悪いのです。 そのため、ロシアでは、地域によって時刻が11にわかれています。 第9問. その総面積(そうめんせき)から、北海道(ほっかいどう)、本州(ほんしゅう)、四国(しこく)、九州(きゅうしゅう)をのぞいた面積は、約1万5000km2(へいほうキロメートル)にもなるのです。 それに対し、四国の面積は約1万8000km2だから、四国の方が大きい。 第10問. では、九州でいちばん高い山は、というと、九州本土にはなく、鹿児島県の屋久島(やくしま)にあります。 宮之浦岳(みやのうらたけ)という山で、高さは 1936mです。 なお、世界最大級のカルデラ(火山活動でできた大きなくぼ地のこと)で有名な熊本県の阿蘇山は 1592m、多くの登山者でにぎわう大分県の久住山は、 1787m。 まとめ 今回は小学生高学年向けの盛り上がる三択クイズを10問、都道府県や地球についてピックアップしました。 クイズにすることで色んな雑学もスムーズに頭に入ってきますよね。 小学生のうちから色々なクイズを親やお友達と一緒に考えて、楽しみながら知識を身につけましょう。

次の

盛り上がる雑学クイズ問題「アメリカで最も多く存在する苗字は?」|クイズ論〜知的好奇心の塊〜

盛り上がる クイズ 問題

お正月に盛り上がる問題【20問】• 昔はお年玉として「おてだま」をもらっていた。 一方『元旦(がんたん)』とは、1月1日の朝のことを指している為、同じ意味ではありません。 第2問の答え A=〇 年神さまを迎えるために、家の前に飾る「門松」を飾っている期間、つまり、神様がいる期間のことを「松の内」と呼ばれています。 一般に7日までを示しますが、10日の地域もあれば、15日までという地域もあり、地域によって考え方がさまざまです。 第3問の答え A=〇 昔のお年玉は、「おもち」でした。 「年のはじめに神様から魂をわけてもらう」という理由から、おもちが配られていました。 第4問の答え A=〇 「これっぽっちですが…」という意味から、ポチ袋(ほちぶくろ)という名前がつけられました。 第7問の答え A=〇 まず両方の目がまっしろの『だるま』を買って、願いをこめながら片目を黒くぬります。 そして、願いがかなったらもう一つの目をぬります。 良い夢がみれると言われています。 江戸時代には、女の子のいる家庭に縁起が良い贈り物として年の暮れにおくられるようになりました。 第10問の答え A=〇 『どんどやき』とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、正月の松飾り(まつかざり)・注連縄 しめなわ ・書き初め(かきぞめ)などを家々から持ち寄り、に1ヵ所につみ上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。 今では橙(だいだい)ではなく安く手に入るという理由からみかんが代わりにのせられている場合が多いです。 第13問の答え A=〇 昔から赤色は、お祝いの色とされていて、赤い魚の鯛(たい)のは、「めでタイ」ということでお正月にだされています。 第14問の答え A=〇 昔おせち料理は、神様におそなえするものとして「せっく」と呼ばれていましたが、今では「おせち」と呼ばれるようになっています。 どんどやきの火にあたったり、焼い団子もちを食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えがあるのです。 第16問の答え A=〇 にしんは、別名で「かど」とも呼ばれ、「かどの子」がなまって、「数の子」と呼ばれるようになりました。 にしんの卵は5万~10万個もつまっているため、子孫繁栄(しそんはんえい)の願いをこめておせち料理に入れられるようになりました。 一生懸命(いっしょうけんめい)働いて、元気に暮らせるように、という意味がこめられています。 第19問の答え A=〇 えびの姿のように、腰が曲がるまで長生きできますようにという願いから、おせち料理に入れられています。 お正月に食べすぎて、弱ったお腹にとてもいい7種類の草(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)が入ったおかゆのことを言います。

次の