ご ぶり ん ず 卓球。 10何年ぶりに卓球をしたら、地獄だった!

太田康仁ブログ

ご ぶり ん ず 卓球

斎藤工と窪塚洋介が「Indeed(インディード)」の新CM「卓球」篇に登場。 斎藤さんのオシャレな職場に、昼休み中に遊びに来たという設定で、窪塚さんが17年ぶりに卓球を披露! まるで映画『ピンポン』の名シーンを彷彿とさせるような躍動感のある姿に、斎藤さんが大感激していた。 斎藤さん&窪塚さん&池内博之と、沢尻エリカ&二階堂ふみ&泉里香、それぞれキャリアが異なる仲良し男性3人組と女性3人組の6人を中心に、日常生活の中で仕事について考えたり、新しい発見や気づきを得たりする姿をストーリー仕立てで描く本CMシリーズ。 「卓球」篇は、ヨースケ(窪塚さん)が「いくぞ!くらえっ!」と意気込みながらダイナミックなサーブを繰り出し、たくみ(斎藤さん)が応戦するシーンからスタート。 2人の闘いは熱を帯び、まるで卓球映画のワンシーンのような、躍動感のある打ち合いが繰り広げられていく。 たくみが甲高い不思議な声を出しながら返球するも、ヨースケは「おりゃっ!」と全力のスマッシュ、「どんなもんじゃーい!」とガッツポーズをしてドヤ顔を見せつけている。 窪塚さんは、前回のCM撮影と同様にカジュアルかつ自然体な服装で現れると、「卓球できるかな。 一番苦手だ(笑)。 球なし(CGを使った)ピンポンは得意なんだけどな(笑)」と監督と冗談交じりに談笑し、窪塚さんの卓球姿を心待ちにしていたスタッフたちの笑いを誘う。 懐かしい」と声が上がると「昔より(サーブが)全然入ってないですけどね」と苦笑い。 シーンが進むにつれて、カメラが回っていないときもサーブの素振りをしたり、フォームを確認したりするなど、ストイックな一面を見せた。 スーツ姿の斎藤さんとのラリーシーンでは、窪塚さんのアクロバティックなスマッシュに、斎藤さんが甲高い驚きの声をあげて「すごい勢い!CGみたい!」と絶賛。 窪塚さんは「ま、アウトだったけどね(笑)」と、会話でも軽妙なラリーを繰り広げた。 「卓球姿の窪塚さんを見られたのがめちゃくちゃ貴重でした」と、撮影を終えた斎藤さんは興奮気味。 そうは言いながらも、窪塚さんは「だんだんやっているうちに思い出してきちゃって、声がデカくなってきたかなというのはありました」とふり返り、「懐かしかった。 あれぶり(17年ぶり)だったので懐かしかったです」とコメント。 斎藤さんも「何度も観ていて、最近も映画番組で取り上げた作品でした。 窪塚さんは点ではなく、線の人です」と語り、窪塚さんは「グッと来るね」と応じていた。 Indeed 新CM「卓球」篇は9月17日(火)よりオンエア。 《text:cinemacafe. net》.

次の

卓球動画検索サイト|卓球丼大盛

ご ぶり ん ず 卓球

アーカイブ• 106• 123• 124• 241• 124• 111• 108• 136• 101• 116• 108• 131• 155• 169• 137• 142• 120• 147• 141• 164• 175• 162• 143• 100• 120• 108• 121• 117• 130• 154• 153• 135• 100• 128• 109• 128• 156• 114• 252•

次の

太田康仁ブログ

ご ぶり ん ず 卓球

最近、卓球は完全に「観るだけ」になっていた。 だが、 10ウン年ぶりにまた卓球をはじめた。 都内のある卓球スクールで汗を流した。 そうしたら・・・なかなかの地獄を見た。 とにかく、あまりにも体や手がイメージ通りに動いてくれないのだ。 ボールを面で合わせる技術は、ちょっと練習すれば何とかまた出来るようになった。 フォア打ちやハーフボレー。 ぎこちなさやコースどりの悪さは隠せないが、どうにかラリーを続ける事は出来る。 しかし、スマッシュは別。 「もらった!」というチャンスボールで、尽くラケットを空を切り、情けない苦笑いを浮かべてお茶を濁すばかりの惨状に。 スマッシュは、振れば入る打法という認識で、学生時代はラクに出来ていた。 それすら出来なくなった事が情けなくなり、このまま熊と一緒に冬眠したい心情に。 とにかく、出来なくなるのはボールを「点」で捉える事。 ドライブや、下回転サーブなどの、回転をかける打法だ。 結果、ラケットのサイドで打球してしまい、大きく上部へ大ホームランを打つか、 練習相手の方のボディか顔面を強襲し、平謝りに追われる事となる。 回転をかけるサーブのスイングも、ボールでは無く、空中に居る微生物を打球してしまう有様。 3球に1球がサーブミスという、昭和枯れすすきのBGMが似合うあまりの事に、励ましの声を浴びる始末。 さらにスイングスピードがてきめんに落ちるので、 ドライブに回転があまりかからず、打ったドライブが相手のコートへ虹をかけてくれず、オーバーミスを乱発。 例え入っても、ループドライブがネットの上をゆっくりと大きく超える、本当のループ状のドライブになる。 それと、スピードボールへの反応ができなくなる。 前は前陣で返していたボールも、一発スピードドライブを打たれたらほぼお手上げ、という情けなさ。 反応しても、それをブロックするために適切な角度にラケットが出ないので、十中八九オーバーミスになるという惨状。 また、サイドへ切れるボールにフットワークが追いつかない。 無意識にフットワークで追い付いていたボールでも、気がついたら、あと一歩届かずノータッチエースを喰らいまくる惨劇に遭うのだ。 (それか、ボールが来る遥か内側にラケットを出してしまい、ノータッチエースをされるという謎のミスを乱発) しかし私以外にも、練習相手の方は多かれ少なかれ学生時代の自分のプレーを取り戻せず、面食らっていて、 ダブルス練習試合では「攻めた方が負ける」という禅問答のような熾烈な泥仕合が繰り広げられた。 「皆、学生時代なら、あのチャンスボールは十中八九決めてたんだろうなぁ…」 というボールを続々とネット&オーバーミスし、 「アレッ!」「おかしいなぁ~」「ア~」「すいません」という、阿鼻叫喚の声を挙げていた。 そういう形でやった卓球は、楽しさ半分、こんなはずじゃなかった半分。 楽しいという気持ちは残ったが、こんなに、あまりにも色々出来なくなっている自分に呆然としている形。 (そもそも学生時代からそんなに強くなかったのに) しかし「楽しさ」を「こんなはずじゃなかった」が上回った時、また卓球場へ行き、 もう少し上手くなって、今度は思い切り卓球を楽しみたいと思う。

次の