船戸雄大 親族。 船戸雄大の生い立ちや学歴、出身は?結愛ちゃん虐待事件の概要まとめ

なぜ5歳女児は死んだのか?目黒事件「マスコミが報じなかった真相」(石井 光太)

船戸雄大 親族

コメント一覧 9• 2019年09月07日 12:31• さん 大変な思いをしてこられたのですね。 筆者の友人にも理由もなく父親に殴られて育ち、怒りと絶望感の末に精神を病んでしまった男性がいますし、人間不信というか、とくに異性に対する恐怖心と不信感が拭えないために恋愛も結婚もできないままだという女性もいます。 彼らは他人と一定の距離を置き、表面的な人間関係の構築をすることでどうにか仕事をこなすことはできても、それ以上親密になることには強い抵抗を感じ、心にできた深い傷も癒えることなく苦しみを抱えたままです。 さんが虐待を乗り越え、理性と強い精神力で負の連鎖も断ち切り、立派に子育てをなさったことに心から敬意を表するとともに、結愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。 コメントありがとうございました。 2019年09月07日 11:36• さん 雄大被告は住みづらくなった四国から逃げるように上京し、自分は働かずに優里被告をキャバクラなどで働かせて生活していたようです。 優里被告の前では偉そうにしていても、仕事も探さずに大麻を吸って現実逃避するしかない人間のクズであることは間違いありません。 優里被告の弁護人はすべて雄大被告のせいにする戦略をとっているようですが、満足な食事も与えず、通報もせず、結愛ちゃんを見殺しにした優里被告も同罪であることは間違いありません。 優里被告は前言を翻すなど、嘘の証言をしてでも自分だけは助かろうとしているのかもしれませんが、二人とも可能な範囲での重い刑を科してほしいと思います。 2019年09月07日 11:13• さん お地蔵さまにお参りするなどの優しい思いが私たちの心に自然に湧いてくるのも、たとえ短くとも結愛ちゃんが生きた証ですね。 コメントありがとうございます。 結愛ちゃんの赤ちゃんの頃から5歳になるまでの写真を順番に並べていく作業はとても辛いものでした。 保護施設に残してあげたほうがよかったのではないか、実父が引き取ったほうが幸せだったのではないか、雄大被告が逮捕(2回)されたときに起訴すべきだったのではないかなど、いろいろなことが頭をよぎりました。 児相や警察の対応、法律の壁などに不満もありますし、雄大被告と優里被告には強い怒りを感じますが、今となっては私たちにはどうすることもできません。 結愛ちゃんという女の子が精いっぱい生きたということを思い出してあげることが一番の供養ではないかと思います。 2019年09月07日 01:52• 私は、72歳の設計屋のお爺さんです。 小学校時代から私も父親に、殴るけるの日々を通して育てられました。 母親も殴られていました。 その為、私は小さい頃から、十二指腸潰瘍となり、毎朝激しい胃痛に苛まれました。 お腹をくの字にしなければならない毎日でした。 この病名は、後々社会に出てから、病院で判明されました。 結愛ちゃんも「胃が痛い」と、断末魔の叫び声を発しながら目を閉じ、二度と開けることが無かったと記述されていました。 結愛ちゃんも想像を絶する苦痛の日々を送られたのでしょうね。 可哀想でなりません。 結愛ちゃんは、五歳と思えないほどの確りとした文章で、親に許しを懇願していました。 何も悪いことをしていないのにです。 父親は、鬼にも勝る人間です。 結愛ちゃんを殴った目の周りの黒い輪を見て「ボクサーみたいだ」と、冷笑する態度は、人間では有りません。 結愛ちゃんの文章を読みながら、涙が止まりませんでした。 結愛ちゃんの心痛が、我が身の体験と照らし合わせ、痛いほど心に響くのです。 苦しみを味わった人は、人一倍優しい人間になるとの如く、結愛ちゃんは、清い心を持ちつつ絶命したのですね。 本当に可哀想でなりません。 私は、結婚して、長女、長男と儲けましたが、子供には一度たりとも手を挙げたことは有りませんでした。 自分がその苦しみを痛いほど体験してしているからです。 結愛ちゃんのお墓が、香川県と遠いですが、墓前に手を合わせたい心境です。 安らかに成仏して天国で、子供たちと楽しく遊んで欲しいと願って已みません。 2019年09月06日 21:04• 私も結愛ちゃんのお墓参りしたいです。 歪んでます、しつけだったとは言わせません!極刑にしてください• 2019年09月04日 16:29• ホントにかわいい 心の優しい女の子 心が痛い 心が凍る 飢餓のなかSOSをだしているのじ 近所のひとも警察になぜいわなかったのか 児童相談所も あれほどやせていると 異常なのですから 家にかえしてはいけない ほんとになさけない くやしい かわいそうで 千葉縣の野田市も同様 野田市にあるキッコーマン醤油さえ関係ないけれ買わない 移住する前の 香川県 おきなわ県はなぜに秘密りに警察 区役所 市学校などに伝えておかなかったのですか 親が一番わるいのですが 周囲のひとも かかわりたくないから 観て聴いてみぬふりをして無視をする 香川県のお墓にお花でも供えたいですが 近所のお寺の 六地蔵に安らかにと参拝する• 2018年09月28日 06:50• ほんとうにゆあちゃんがかわいそう。 雄大は絶対にゆるせない。 同じめにあわせたい。 天国でゆっくり休んでね。 たくさん遊んでね。 いっぱい食べてね。 ゆあちゃんのことは、絶対に忘れないからね。 ゆあちゃんのお墓はどこにあるのでしょうか。 お墓まいりに行きたいので、わかる方教えてください。 善通寺市のどこのお寺ですか• 2018年08月22日 19:17• さん こういういたましい事件はもう起きてほしくないですね。 父親はもちろんのこと、母親も許し難い。 結愛ちゃん、ほんとに可愛くて賢い子なのに、なぜこんなむごい仕打ちができるのか理解できませんでしたが、継父が大麻をやっていたという事でなんとなく想像がつきます。 母親のあの見るからに不健康そうな顔、姿にも荒んだ生活ぶりが伺えます。 こういう事件の場合、二人の間の子供(乳児)がいますから、母親は情状酌量で釈放されるように思いますが、性格的にも男性に依存しないと生きてゆけないタイプのようですからおそらく離婚はしないんでしょう。 仮に離婚しても、またすぐに別の男性に引きずられる人生となって、今度は残された下の子も悲惨な人生を送ることになる、そんな気がします。 2018年08月22日 12:58• もう辛すぎる。 このニュース。 見たくないけど見てあげないととも思う。 どうしてこんなに大人がいてあんな小さな子が、何も悪くない天使のゆあちゃんが死ななければいけなかったのか。 まだ5年だよ・・。 生まれ変われると信じたい。

次の

船戸雄大判決懲役13年!生い立ちから、虐待の本当の理由はコレだ! | 今!読みましょう

船戸雄大 親族

東京都目黒区で昨年3月、両親から虐待を受けた船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5つ)=が死亡した事件で、傷害と保護責任者遺棄致死などの罪で起訴された継父の雄大(ゆうだい)被告(34)の裁判員裁判初公判が10月1日、東京地裁で開かれる。 なぜ虐待したのか、法廷での発言が注目される。 元妻・優里被告は懲役8年判決 元妻の優里(ゆり)被告(27)には今月17日、懲役8年の判決が言い渡された。 判決は、雄大被告による心理的DV(ドメスティックバイオレンス)を認める一方、優里被告が「夫の結愛ちゃんへの暴行を容認した」と認定。 ただ、雄大被告による虐待行為の実態は明らかになっていない。 起訴状によると、雄大被告は昨年2月下旬ごろ、結愛ちゃんの顔を多数回殴るなどしてけがをさせたうえ、優里被告と共謀し、結愛ちゃんが極度に衰弱していたのに虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かず、3月2日に肺炎による敗血症で死亡させたとされる。 船戸雄大被告の初公判を前に、東海地方の40代男性会社員はこう願う。 男性は過去に子どもを虐待し、現在はカウンセリングを受けている。 「子どもを痛めつけることの罪深さをしっかりと自覚しなければ、虐待は止められない」と、自分に言い聞かせるように話す。 男性は今年4月まで両親と長女(10)、長男(8つ)の5人暮らしだったが、今はアパートで1人で生活する。 「しつけ」のつもりで子ども2人に手を上げ、見かねた母親が警察に通報、子どもは児童相談所に一時保護された。 よみがえった記憶「父の暴力におびえていた」 児相は1カ月後に一時保護を解除したが、その際、「一緒に暮らさない」「定期的にカウンセリングを受ける」の2つの条件を付けたという。 月2回のカウンセリングで、怒ってしまったときの気持ちを思い出したり、自分の人生を生い立ちから振り返ったりするうちに、自身も幼いころ父親から暴力を振るわれていた記憶がよみがえった。 「父におびえていた。 同じ思いを自分の子どもにさせていたかと思うと、情けなくて…」 「感情のコントロール方法を身に付けたい」 しつけなのだから痛めつけないと伝わらない。 それが思い込みだったと痛感した。 「感情のコントロール方法を身に付けて、また子どもと暮らしたい」。 危機感を持ってカウンセリングを続ける。 「私のように自覚なく虐待をしている親も多いと思う」と男性。 初公判を控えた雄大被告には「結愛ちゃんに何をしてしまったのか、どんな思いで暴行したのか。 法廷で正直に打ち明けることが、他の親の気づきにつながるはずだ」と話した。

次の

なぜ5歳女児は死んだのか?目黒事件「マスコミが報じなかった真相」(石井 光太)

船戸雄大 親族

Contents• 事件の概要 まずは、こんなにも可愛い結愛ちゃんを虐待死させた両親の顔はこれ! 事件は船戸雄大容疑者(33)と妻の優里容疑者(25)が長女の結愛ちゃん(5)に十分な食事を与えなかったうえ、暴行を加えたあとに病院に連れて行かず死亡させたとして、警視庁に逮捕されたものです。 この2人は結愛ちゃんを1月以降、死亡するまで自宅で軟禁状態にしていました。 また、結愛ちゃんは「パパ、ママごめんなさい。 ゆるして」とメモを残して死亡していたのです。 なんと残虐な、また、悲惨な… ネット上では船戸容疑者のFacebookが話題となっています。 結愛ちゃん虐待の現場 このアパートに1月下旬、香川県から引っ越してきたらしいです。 なぜ、香川県から物価の高い東京へ転居したのでしょうか? 結愛ちゃんはここで監禁状態でした。 隣人の声からの虐待実態! < 搬送の様子を見た人> 「(結愛ちゃんの)顔色が完全に血の気がないというか、土色みたいになっていた」 結愛ちゃんは、この時すでに手遅れ状態だったのでしょう。 土気色になるまでほっとくか! また結愛ちゃんは 目黒区に転居して以降、自宅から出たのは1回だけといいます。 <近所の人> Q.5歳の娘さんは? 「知らない、見ていない」(近所の人) Q.見たのは? 「小さい子。 ただ小学校が決まったと聞いたので、上の子もいるんだなと思っていた」 近所の人は結愛ちゃんを見たことがないのです。 両親と弟が3人で 外出する姿が複数回、防犯カメラに写ってはいるのですが、常に結愛ちゃんの存在はありません。 また、真冬にベランダに裸足で長時間放置されたこともあり、足には重度の霜焼けの跡があったことも分かりました。 本当に残虐な酷い親です。 親族や実父は? < 結愛ちゃんの曽祖父> 「(結愛ちゃんは)小さいときによく来た」 Q.どんな感じの子? 「それはもう、かわいい。 とにかく生かして、もうちょっと長生きさせてほしかった。 5年だから」 と曽祖父は話します。 曽祖父の携帯には結愛ちゃんの写真が… 実父を調査しましたが、実父の祖母のコメントなどは紹介されていますが、実父に対しての情報がありませんでした。 詳しい情報が入り次第、追記していきます。 優里容疑者は 結愛ちゃんの実父とは3年前に離婚しています。 2015年に離婚をし、2016年には雄大容疑者と再婚をしていることになります。 優里容疑者は男なしでは生きられないタイプの女性なのですね。 結愛ちゃんの手紙 「もう パパとママに いわれなくても しっかりと じぶんから きょうできないことも あしたは できるようにするから もう おねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします」 結愛ちゃんはひらがなの練習をしていたといいます。 手紙はひらがなで書かれていますが、5歳の子と思えないほどしっかりした文章で、両親に訴えています。 5歳の女の子がこのような手紙を書き、両親に見放されて死んでいったかと思うと胸が詰まり、雄大容疑者と優里容疑者を許せません。 優里容疑者は虐待の実態を知りながらも 「自分の立場が危うくなるのを恐れ、夫に従い 見て見ぬふりをした」 といっています。 実子より男をとった優里容疑者、母親の前に女なのです。 母親になる資格はないと思われます。 結愛ちゃんとこんな時もあったのに… スポンサーリンク ネットの反応 今回の事件はネット上でも熱い意見が多いです。 結愛ちゃんが書いた手紙の内容に、涙が出て来てきてしまう。 他人事なのに、心が締め付けられるのは何故だろうとおもう。 それと共に、親に対する凄い憤りというものを感じる。 そんなに子育てがイヤなら、そんな育て方をするのであれば、もう親を放棄しろ、人間を辞めろ、と強くいいたい。 行政は、もっとしっかりと対応しなければいけない。 市や児童相談所などで対応できないのであれば、警察力を使ってでも子供の命を守ることが大事である。 こういう親の人権なんか配意する必要はない。 時間というものを巻き戻せるのであれば、元気なうちに結愛ちゃん引き取って里親として代わりに育ててあげたいと思う人はきっといる。 結愛ちゃん、あちらの世界では幸せになって下さい。 ご冥福を心より祈っています。 ましてや虐待をされていたのは、自分がお腹を痛めて産んだ子でしょ! いくら若い母親とは言え、子どもの死に至る虐待を放置していい理由にはならない。 我が子よりも性欲を満たしてくれる男に重きを置いて、我が子を死に至らしめた事は、軽蔑だけでは済まない。 それに、継父の虐待で児相が保護をしたのに、継父の逮捕や拘束は無かったのか? もし、現時点の法がその障壁になっているのなら、それこそ法改正をしてでも虐待をする親を逮捕する位の法整備が必要だと思う。 とにかく、罪もない幼い子どもが、親の愛も受けずに命を落とした事が気の毒でならない。 自分のことしか考えず、子供が虐待により亡くなってしまったのは事実。 5歳でこんなしっかりと文字を書ける子がどれだけいるか。 そのノートを見てこいつらは何も思わなかったのか。 人間の心あるのか?本当、こういうニュースを見るたび心が痛む。 どうにかこういった幼い命が救われない事件が起こらないように、国全体が動いて欲しい。 みなさん、雄大容疑者と優里容疑者に対して怒り心頭していますね。 ネット上では船戸容疑者のFacebookが話題となっています。 あまりにも虐待の方法が残酷すぎます。 また、この2人が短い刑で出所し、人生を何喰わぬ顔で過ごすかと思うと怒りが倍増します。 結愛ちゃんはどんなに生きたかったことか。 でなければ、あのような謝罪の手紙を両親に書きません。 船戸雄大、優里容疑者には結愛ちゃんを殺したという重い十字架を背負って一生暮らしてほしいと思います。 スポンサーリンク.

次の