スケボー トラック。 人気スケートブランド トラック(TRUCK)カタログ

デッキにトラックを装備しよう!〜SK8

スケボー トラック

前足は進行方向に向ける。 前足を進行方向にむける事で、身体がしっかりと正面を向き重心を前足に置くことができます。 前足に全体重を乗せる プッシュで一番重要な部分です。 前足に全体重を乗せる感覚を掴めば、プッシュは格段に上達します! 前足に全体重を乗せる練習は「片足で乗り続ける」です。 最初はゆっくりのスピードで、前足だけでバランスを保ってください。 これをやるだけで前足に全体重を乗せる感覚を掴めるので、プッシュが格段に上達しますよ! 足元を見るとバランスを崩します プッシュ中、足元を見て移動してるとバランスを崩します。 理由は、足元を見るとスピード感覚が分からなくなり重心が安定しなくなるからです。 凄くゆっくり滑っていても、足元を見ていると速い感覚に思えてしまいます。 逆に進行方向を見ていれば、速いスピードでも遅く感じ重心の位置を安定させやすいです。 進行方向を見て、スピードに対して重心位置のを見つける事が大事です。 プッシュが安定しない理由はトラックにもある 初心者がスケボーを始める時ありがちなのが、古くなった板を人から貰う事です。 板自体がちゃんとしていれば問題無いんですが、中には「滑れるけど、上達できない」板を使っている人も多く見られます。 トラックのキングピンが緩んでいる トラックのキングピンとは、トラックの柔らかさを調整するボルトです。 これが緩んでいると、板に乗ったときグニャグニャになり安定してプッシュが出来ません。 トラックを見れば分かるので、グニャグニャしてる板なら専用器具で締め直しましょう。 トラックが傾いて固定されている トラックが傾いて固定されていると、真っ直ぐ進みません。 そんな板を乗っていても絶対上手くなりませんよ。 実際僕も、友人からスケボーを貰い始めました。 不運にもトラックが傾いて固定されていました笑 真っ直ぐに進めないので、最初プッシュも満足に出来ず成長も全くしませんでした笑 真っ直ぐ進んでいるのに、板が曲がっていく時は一度スケボーショップに見せてみましょう。 ちゃんとした板で練習すれば成長速度も大きく変わってきます。 結論:楽しく滑っていればプッシュなんて上達する まぁ結論として「プッシュを練習するぞ!」みたいな感じで練習するんではなく、友達と遊びながら滑っていれば自然と上達してきますよ。 上手くなりたい!こればかり考えていると本来のスケボーの「遊び」を忘れてしまい、競技になってしまいます。 あと最後に。 道具だけは、正常の物を使いましょう。 オススメはスケボーショップに行って購入すると良いですよ。

次の

スケボーのトラック人気おすすめ10選!メーカーによる違いを解説!!

スケボー トラック

トラックを選ぶ際のポイント トラックを選ぶ際は基本的に下記がポイントになります。 トラックの幅• トラックの高さ• ホイールベース それでは1つずつ解説していきます。 ) トラックの幅 取り付けるデッキの幅に合うトラックを選びましょう。 ストリートで使用するトラックの ハンガー幅は大体140mm前後のサイズが平均的ですので、 デッキの横幅とトラックの アクスル 幅が同じくらいになるものを選ぶのがベターです。 デッキの幅 7. 5インチ〜7. 75インチまでの一般的なサイズの場合は特に気にしなくても大丈夫ですが、 それより細いデッキや太いデッキの場合はトラックサイズをきちんと確認しましょう。 目安として、トラックにウィールを取り付け、デッキに組んでボードを横に向けて立てても倒れなければOK! トラックの高さ トラックの高さは一般的に HI(ハイ)と LOW(ロウ)とに分かれます。 自分のしたいスケートスタイルに合わせて高さを選びましょう。 HIの場合 スピードの速い大きなサイズのウィールをつける事ができます。 車高が上がるのでテールと地面との距離が遠くなり、オーリーなどのトリックで高く飛ぶ事ができます。 LOWの場合 車高が低くなり安定感が増します。 オーリーやフリップなどテールを弾くトリックを仕掛けるとき、車高が低いのでテールと地面との距離が近いので弱い力でも弾くことができます。 自分のスケートスタイルが「これ」といって決まっていないという方には安定感のあるLOWトラックをオススメします。 ホイールベース スケートを始めたばかりの人は少し聞きなれない言葉だと思いますが、前のウィールから後ろのウィールまでの距離のことを ホイールベースといいます。 車でいう前輪と後輪の距離と同じ感覚でイメージすると分りやすいと思いますが、この距離が広いほうが安定感が増し、短い方がテールのふみ心地が軽くなります。 同じデッキでも選ぶメーカーやトラックの種類によってホイールベースが変わります。 好みにもよりますが、一般的には、• 31インチより短いデッキにはホイールベースが広めのトラック• 31インチ以上の長さのデッキにはホイールベースが狭めのトラック といった感じで選ぶとバランスが良くなります。 まだスケートを始めたばかりの方は長めのデッキでもホイールベースが広めのトラックを選ぶとグッと安定感が増します。 また、トラックは中心の キングピンの締め方を調節する事で、 ターン性を増したり、安定性を強化したりすることも出来ます。 例) 路面がフラット(平ら)でスラローム、サーフスケート等の場合は キングピンを緩めて 【 ターン性の強化】 オーリーなどトリックを練習する際やダウンヒルなどの加速 重視の場所ではキングピンをきつく閉めて【 安定性の強化】 自分にあったスケートスタイルに応じて調節しましょう。

次の

スケートボード トラックの選び方とは?人気のトラックブランドをご紹介!

スケボー トラック

トラックの高さ 冒頭でも説明したようにトラックにはHiとLowという2種類の高さがあります。 HIとLOという表記はトラックの車高の高さを表します。 トラックの高さについて簡単に説明するとデッキの先端と地面との距離が変わることによって得られる効果が違ってきます。 スケボーのトラックを選ぶ時にハイとローどっちが良いのか?について詳しくみていきましょう。 Hi(ハイ)のトラックについて hiのトラックについて説明します。 hiには3つのポイントがあります。 テール先端から地面までの距離が長くなるため、高いオーリーがしやすくなる• 車高が高くなるので、55mmくらいまでの大きな口径のウィール(タイヤ)が装着できる• トラックの可動域が広く、クイックにターンがしやすくなる Low(ロー)のトラックについて それではloのトラックではどうなのか?3つのポイントをみてみましょう。 ターン性能が若干落ちるが安定感が高い• テール先端から地面までの距離が短くなるため、弱い力でもテールが蹴れる• 車高が低いので、53mmくらいまでの小さめのウィールが装着できる ハイとローのトラックどちらを選べば良いのか 結論から言うと 初心者の場合は安定感もあり、オーリーの練習に適したLow(ロー)のトラックを購入されることをおすすめします。 ハイとローのトラックについて説明したように、Hiにするとデッキの先端から地面までの距離が長くなるので、高いオーリーがしやすくなります。 ただし車高が高くなるのでテールを弾く力がLowのトラックよりも強い力が必要となってきます。 逆にLowのトラックは弾く力が弱くてもテールが蹴れるのでオーリーがしやすいです。 安定感もあるローのトラックで慣れてきたらハイのトラックを使ってみたりするのが良いかと思います。 『』で紹介したライザーパッドを使って気軽に高さを調節をしてみるのもおすすめです。 ざっと書きましたがトラックの高さ選びで迷ったらLowのトラックを使ってみることをおすすめします。

次の