液晶 タブレット。 とにかく安い液晶タブレット(液タブ)人気おすすめ10選!OS搭載ワコム製品も紹介

ペンタブ、液タブ、板タブ

液晶 タブレット

まずは液タブ 液晶タブレット について知ろう! ここでは液タブの基本情報について解説していきます。 以下の項目に沿って解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。 液タブとは?• 液タブの価格帯• 液タブはこんな方におすすめ! 液タブとは? 液タブとは 専用のペンを直接液晶の上に置いて使うタイプの描画ツールで、画面上にそのまま線を描いたり、 お絵かきや3Dモデリングをしたりといったことができるものです。 基本的には液タブ自身をパソコンに接続してもう1つのディスプレイといった形で使用しますが、最近ではワコムから OS搭載型の、パソコン不要のタイプの液タブも出てきています。 液タブの価格帯 液タブの価格帯は 3万円〜30万円程度となっています。 価格帯によって異なってくるのは サイズ、筆圧、遅延の大小などで、特に筆圧や遅延の大小で描画の際の感覚がかなり変わっていきます。 筆圧の段階が大きければ大きいほど、また遅延が小さければ小さいほど値段が高くなっていきます。 またサイズも価格によって比例して大きくなる傾向にあり、 一番小さいサイズでは13インチ程度、紙で例えるとA4用紙ほどの大きさになります。 液タブはこんな方におすすめ! 液タブは 今までアナログで絵を描いてきたが、これからデジタルで書きたい、またタブレット等で直接絵を描いていたが、もっとこだわって絵を描いてみたい、といった方におすすめです。 液タブは 画面に向かって直接筆を走らせるのが最大の特徴の一つです。 これはアナログで描いていたのと同じような体制で書くため、違和感をあまり感じずにデジタルに移行することができます。 また遅延や筆圧も一般的なタブレットよりも性能がいいため、 紙と似たような感覚で絵を書くことができます。 安い液タブを選ぶ際の注意点 ここでは安い液タブを選ぶ際の注意点を解説していきます。 安さにこだわって液タブを購入しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。 サイズに注意しよう!• 筆圧に注意しよう!• 遅延に注意しよう! サイズに注意しよう! 液タブは基本的にパソコン等とセットで使うため、 現在のパソコンを使用しているスペースにプラスで場所を取ります。 しっかりと液タブをおけるスペースがあるかどうか確認してください。 また液晶という構造上、 液晶のサイズに比例して値段が高くなってしまうため、どうしても安い液タブは液晶画面が小さくなってしまいます。 更に液タブのサイズはファンクションキーや周りの縁のサイズも入れた値のため、実際の作業領域は 表記されたサイズよりも小さくなってしまいます。 ここも注意するべきポイントです。 筆圧に注意しよう! 筆圧とは 液タブがどれくらいの感度で筆を読み取れるかということになります。 液タブの場合、筆圧レベルは 8192、4096、2048、1024といった段階で下がっていき、先程も説明したとおり筆圧レベルが高いほど値段が上がっていきます。 そのため安い液タブを選ぶと筆圧の選択肢が少なくなってしまう、ということになってしまうのです。 どれくらいの筆圧の感度を使用するかは書く絵のレベルによって変わってきますが、 趣味程度であれば2048段階ある液タブを選べば問題ないでしょう。 応答速度に注意しよう! 応答速度とは、液晶が今の色から次の色に変わるまでに どの程度時間が経過するかを示したものです。 液タブの場合は実際に自分がペンを動かしてから液晶に筆跡が残るまで どのくらいタイムラグがあるかを示した値となります。 この値が小さければ小さいほど色を塗ったり線を引いたりといったペンの動きと画面の表示の速さのズレが出てくることになります。 小さいものでは1ms等の機種もありますが、すごく速くなければいけないというほどではありません。 25ms程度あればそれほど問題ないでしょう。 とにかく安い液タブ人気おすすめ10選! ここではとにかく安い液タブを10選紹介していきます! サイズや筆圧など、さまざまなスペック・値段の液タブを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。 Parblo Coast10 10. 1インチ グラフィックモニター.

次の

液晶タブレットってなに?選ぶポイントとおすすめの製品8選を解説

液晶 タブレット

オンラインを対面に近づけるには オンラインでのセミナーや打ち合わせで考えているのは、「対面に近づけることができるか」。 もちろんオンラインのメリットもありますが、対面でのセミナー・打ち合わせに劣る部分があるのも事実です。 その1つとして、目の前でささっと手書きできるかどうかというのがあります。 セミナーならホワイトボード、打ち合わせなら、タブレット iPad にペンで書くことがありました。 (紙とペンを持ち歩かないので) 同じようなことをやるなら、オンラインでも 、iPad を使って手書きする方法があります。 手書きできるiPad でオンラインセミナーや打ち合わせをすることもできますし、Zoomで iPad の画面を画面共有することもできるのです。 しかしながら、パソコンを使いながらパソコン上の画面に手書きしたいということもありましたし 、iPad に 画面共有でつなぐ手間も多少なりともあります。 手書きだけならいいのですが、スライドをメインにセミナーをしながら、手書きに切り替えるというのはなかなかやりにくいものです。 ペン対応の Windows パソコンを使えば、画面上に手書きができるので同じようなことができるでしょう。 ただその場合、使うパソコンが限定されてしまいますし、さらにはパソコンの画面に手書きをするのはなかなか大変なものです。 Surface Pro、Surface Laptop、Surface Bookなどを持っていたときにも、それは感じました。 タブレットのような使い方ができる機種もありますが、そうしてしまうとキーボードが使いにくいということもあります。 今はペン対応ではない VAIO SX14、そして MacBook Air (Apple は iPad があるのでパソコンをペン対応にはしないでしょう)を使っていることもあり、Wacomの液晶タブレットを導入しました。 漫画やイラストは好きですが、描けるわけではない私にとっては、性能が高すぎてコスパが悪いものともいえます。 しかしながら、オンラインセミナーや打ち合わせで手書きをするという用途 としては、抜群に使いやすく、そして、その「オンライン」の機会が増えている今(そして今後も)、元は取れているかなと。 私が買ったのはWacomの液晶タブレット Cintiq 16というもの。 66,000円ほどで、15. 6インチの画面。 iPad の最大の12. 9インチより大きく、 iPad で最も高いもの12万円よりは安いという価格帯です。 パソコンとは USB ケーブルと HDMI ケーブルでつなぎます。 Wacom Cintiq 16でパワポへ手書き たとえばパワポのスライドショーをタブレットに映し出し、そこに手書きすることができ、文字も結構かけるのです。 Office(Excel、Word、パワポ)は手書きできる機能があります。 (だからこそMicrosoftのサービスはペン対応なのです)。 手書きしたもの(インク注釈)はそのまま保存することもできますし、保存したくないのであれば一括して消すこともできます。 セミナーではそのスライドを後で使うこともあるので消すことが多いのですが、セミナー中の書き込みもそのままにしてセミナー後に送るということもできるでしょう。 Wacom Cintiq 16でExcelに手書き Excel にもこうやって手書きできるのですが、リボンやメニューには手書きができません。 もしリボン(メニュー)の解説をするなら、スクリーンショットを撮ってこのような感じで手書きするとよいでしょう。 Wacom Cintiq 16でPDFに手書き iPad でよくやっている PDF への手書きもできます。 ただ、Adobe PDF に線や丸程度は書けるのですが、文字を書くのはうまくいきません。 ネットで調べても解決先は出てこず、Wacomの方とチャットでやり取りをしても、結局理由はわかりませんでした。 (Wacomのペンタブレット Intuosでも同様です) そこで、Windows で PDF に書き込むのであれば Microsoft Edge を使っています。 ただし、 Microsoft Edge の新しいもの(Chromeベース)だと、手書きができません。 元のMicrosoft Edgeに戻すのであれば、新しい Microsoftをアンインストールしましょう。 PDFで原稿チェック、税務申告書チェックもできます。 iPadにDropbox経由で移してやっていましたが、パソコン上でできるのは大きなメリットです。 しかもより大きな画面で。 (今はiPadPro11インチを使っています) ペーパーレスを目指していて、iPadをお持ちじゃない方は、液晶タブレットを買うのも手かと。 ただ、それなりに大きいのですが。 (持ち運びをしない今、そして今後の状況も液晶タブレットを買った理由の1つです) こういったスクリーンショットに書き込むこともできます。 Microsoft Edge はブラウザーですので、ブラウザの画面に書き込むこともでき、WordPressブログ入門セミナーでも使っていました。 Macだと、プレビューに書けますし、Adobe Acrobat にも書くことができます。 Wacom Cintiq 16でホワイトボードに手書き オンライン会話ツールZoomにも、ホワイトボードの機能があり画面共有すれば自由に書き込むことができます。 ただ自分だけが書き込むのであれば、消しゴム機能が使える Microsoft の純正のホワイトボードが便利です。 (ペンの頭が消しゴムになっています。 Zoomのホワイトボードでは使えません) ホワイトボードにはこういったものを書いてあり。 [インクを図形に変換]という機能をオンにすると。 手書きした四角や丸、三角をきれいな図形にしてくれます。 また、[インクをテーブルに変換]をオンにすると、まず四角を描いて、線をいて、+とーで、行と列を増やしたり減らしたりして、表をつくることもできるのです。 表をつくって、その中に書き込むこともできます。 ルーラー(定規)という機能も便利で、定規を当てて、まっすぐな線を引くこともできます。 (定規は2本指ドラッグで動かします) 線が多少曲がっていても問題はないのですが、まっすぐだと見やすくなるでしょう。 こういった書き込みもできます。 また、時には、ご質問(先に送っていただいてもその場でもかまいません)を貼り付けて、そこに手書きすることも多いです。 (画像の質問は例です) ペンの書き味 ペンの書き味としては iPad Pro を超えているからと。 Cintiq 16は性能的にも筆圧レベルが8196で iPad Pro で推定される1024を凌駕します。 Microsoft の Surface だと4096。 Cintiq 16より安いはWacom Oneは、4096で、付属するペンも違います。 Wacom Cintiq 16付属のPro Pen2は、電源が必要なく、充電しなくてもいいのも便利です。 もちろんイラストも描けます。 まあこんな感じで。 iPad で最大の12. 9インチよりも大きい15. 6インチということもあり、気持ちよく描けます。 娘には、iPad Proでも絵を描いてもらっていますが、Wacom Cintiq 16のほうが楽しいのか、こっちでよく書きたがります。 液晶タブレットは、単体では使えず、パソコンと繋ぐ必要があります。 これもiPad Proとの違いです。 娘が絵を描いているときは、パソコンが使えないという……。 そんなときは、Macで仕事をすすめています。 (WindowでもMacでも使えますが、だいたい、WindowsのVAIO SX14にWacom Cintiq 16をつないでいます。 ) Cintiq を買うと、Clip Studio(クリスタ)という漫画やイラストを書くソフトも付いてくるので、ちょっと描いてみようかなと思っているところです。 本を読み進めながら、やっています。 そして、液晶タブレットはデュアルディスプレイとしても使えるのです。 液晶タブレットはデュアルディスプレイとしても使える Wacom Cintiq 16は、パソコン上の画面を表示できるので、15. 6インチのデュアルディスプレイとして使えます。 書く(描く)だけならいいのですが、デュアルディスプレイとして使うのであればちょっと使いにくいでしょう。 角度を調整すればデュアルディスプレイとして十分使えるようになるのです。 またオンラインセミナーや打ち合わせでも、多少角度があったほうが使いやすいので、欠かせないかなと。 Amazon で8800円と高いのですが。 パソコン本体に書き込むのではなく別のディスプレイに書き込めるというのはSurfaceにもできないことで、便利です。 キーボードもそのまま使えますし。 元々入っているフィルムが傷つくことがあり、張り替えることができないということなので、保護フィルムを貼りました。 この保護フィルムだと1枚交換できるので失敗した場合も安心です。 (1枚追加でお願いしました)。 デュアルディスプレイとして使うなら、タッチできるとよりよいのですが(書くときも)、タッチできる液晶タブレット Cintiq Pro 16だと18万円。 12万円差は大きいなと……。 他にも違いはあるのですが。 もっと大きなディスプレイでタッチできるものだと、32インチで40万円。 漫画イラスト、絵を書いて柱の1つになるぐらいなら、買いたいところですが。 なお、液晶タブレット(液タブ)に対して、板タブというものもあります。 (1万円ほど) WacomのIntuosで、以前試してみましたが、なかなか書くのは難しく……。 画面を見ながら、板の上でペンを走らせるのは、それなりの練習(センス?)がいります。 線くらいなら引けるようになりましたが。 絵を描かないとしても、液晶タブレットは便利ですので、今回の記事のような使い方をしたいのであれば、ぜひ試してみていただければ。 新メルマガの創刊日でもあったので、朝のうちに予約してセミナー中に配信しました。 夜はオンラインヨガで、ビールヨガ。 ビール瓶(缶)を持ちながらのヨガで、重みがあると、さらに負荷がかかります。 終わったらそのビールを飲むというコースで、楽しいので次回も予約しました。 たまたま休憩中でしたが。 一緒に探していた、空気入れがあったのです。 以前、アンパンマンミュージアムで買った、アンパンマンたちの風船をふくらませるため、空気入れを探していました。 よほどうれしかったのでしょう。 買ったときみたいに浮きませんが、ふくらませると十分使えます。 この写真の頃、2018年9月8日、1歳半で、はじめてのアンパンマンミュージアムでした。 井ノ上 陽一(いのうえ よういち) 「ひとりしごと」=雇われない雇わない生き方を、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング ひとり社長 ・ひとり税理士 ・アイアンマン スイム3. 8km、バイク180. 2km、ラン42. 日課は1日1新、ブログ。 2007年7月9日以来、日毎日更新中。 1972年12月18日 大阪生まれ。 宮崎育ち東京在住。 娘3歳3ヶ月。

次の

液晶ペンタブレットWacom Cintiq Proの接続方法と製品の違い |ワコムタブレットサイト|Wacom

液晶 タブレット

最初に結論を言ってしまうと、「絵を描く」という明確な使用目的があるなら、おすすめしたいのは液晶ペンタブレットです。 それを納得してもらうために、まずはタブレットPCについて説明しましょう。 一昔前、タブレットPCが世に出た時の評価は決して良くはありませんでした。 当時はタブレットと呼ぶのはためらわれるほど分厚く、重い物しかなく、それに加えて発熱もひどく、バッテリーも持たなかったからです。 ですが、現在のタブレットPCは驚くほどスマートで軽量、高速でありながら長時間使えるようになり、さらに安価になりました。 そうなると、「10万円前後の液晶ペンタブレットを買うより、同じような値段のタブレットPCを買った方が便利」と考える人が出てくるのは自然な流れと言えるでしょう。  タブレットPCでできること これに対し、液晶ペンタブレットは使う時に必ず他のPCが必要になり、絵を描くという目的以外には使えません。 ですが、そのことが逆にメリットとも言えるのです。 確かにタブレットPCは単独で動作させることができますが、裏返せばそれは「常に単独で動く状態を維持しなければいけない」ということでもあります。 つまり、「こまめなアップデート」「万全のウィルス対策」「慎重なネット閲覧」といった注意が必要となります。 もし急にOSが起動しなくなってしまえば、 たとえ予備のPCがあってもマウスとキーボードだけで絵を描くのは困難でしょうから、 そこで作業がストップしてしまう、という大きなリスクがあるのです。 ですが、液晶ペンタブレットを使っていれば、万が一PCにトラブルが起きたとしても、予備のPCにつなぐだけで即座に作業が再開できます。 また、故障ではなく今使っているPCの性能に不満が出てきた時も、PCだけを買い替えれば、同じようにつなぎかえるだけで使えます。 万能ナイフは本当に万能か もちろん、そうした深刻なトラブルが起きないように、普段から使用するソフトを厳選し、絵を描く以外のことはなるべくしないようにする、という考え方もあるでしょう。 ですが、それでは「いろいろなことができる」というメリットも無くなってしまいます。 缶切りや栓抜き、その他いろいろなツールをまとめたナイフより、ごく普通のナイフの方が便利に使える、という状況は現実にはよくあります。 タブレットもこれと同じです。 液晶ペンタブレットを買うか、タブレットPCを買うか迷ったなら、まず「自分が本当に欲しいのは万能ナイフなのか」ということを考えてみてください。 まとめ 「空いた時間に片手間で絵を描きたい」というレベルなら、いろいろな使い方ができるタブレットPCの購入を考えてみるのも良いでしょう。 ですが、プロを目指していたり、あるいはすでにプロとして活動していて、タブレットPCの管理に手間と時間を取られたり、トラブルが起きた時に作業が止まってしまうことを避けたい場合には、やはり液晶ペンタブレットの方がおすすめと言えるでしょう。

次の