相撲 かち あげ。 「格下力士もやり返せ」 白鵬“無品格”相撲に専門家がゲキ|格闘技|日刊ゲンダイDIGITAL

白鵬の禁じ手はかちあげだけではないと指摘 汗を拭かず滑らせる?

相撲 かち あげ

12日目の遠藤戦の立ち合いで、肘を相手の顔面に打ち付けるかちあげを見せた横綱に対し、出席した委員の「ほとんど全員」から同様の意見が出たという。 「43回優勝する大横綱だが、名横綱と後世言われるような存在になってほしい」とも述べ、相撲協会に指導するよう要望した。 初日に突然休場した鶴竜については「体調管理は大事。 (けがを)治して、来場所出てほしい」とした。 白鵬は千秋楽から一夜明けた25日の記者会見で、「上位陣が立て続けに休場した中、責任を果たした」などと、休場明けの土俵で見せた復活劇を振り返った。 2日目に早々と土が付き、先行きが心配されたが、立ち合いで相手の裏をかくなど、今場所はこれまで以上に勝ちにこだわる姿勢が目立った。 そんな中、かちあげなどの荒々しい立ち合いは物議を醸した。 「厳しい立ち合い」との指摘を受けた横綱は、「勝たないと生き残れませんから」などと釈明するにとどめた。 前人未到の記録を更新し続ける第一人者は、次なる目標を聞かれると、「(優勝)45回……。 分からないけど50回ですかね」と笑顔で答えていた。

次の

白鵬 の張り差しとカチ上げについて、今回は書かないといけない

相撲 かち あげ

「肘打ちは見ていて後味悪い」 流血戦となった結びの一番。 立ち合い、互いの呼吸が合わずに遠藤がつっかけた。 そして2度目の立ち合い、白鵬は左から張り右肘でかち上げた。 これがまともに遠藤のアゴをとらえた。 白鵬は一度引いたものの、左右の張りで攻勢に出て、遠藤はたまらず土俵に手をついた。 敗れた遠藤は土俵の上で数秒間動けず、鼻からは出血が。 優勝の行方を大きく左右する一番は、荒く激しい相撲だった。 NHKの解説を務めた舞の海氏は、白鵬の立ち合いに関して厳しい言葉を並べた。 「過去の横綱はこういう立ち合いはしなかったですけどね。 このかち上げというか、肘打ちは見ていて後味悪いですね」とストレートに感情を露わにし、本来相撲の技である「かち上げ」を「肘打ち」と表現した。 白鵬は過去に横綱審議委員会から「張り手」と「かち上げ」を注意され、土俵上の振る舞いに関して横綱としての品格を問われたこともある。 角界の頂点に立つ横綱は、全力士の手本となるべき存在。 優勝が目の前に迫っているとはいえ、なりふり構わぬ荒々しい相撲に角界関係者から「反省」を促す声が上がっている。 荒磯親方は「かち上げ」のリスクを指摘 一方で技術的な面でいえば、「かち上げ」は諸刃の剣となる。 NHKで解説を務めた荒磯親方(元横綱稀勢の里)は「(かち上げは)ここにスキができますから、右のわきに。 かち上げした瞬間にそこをうまくついていくということもしっかり頭に遠藤があれば、ここまでまともに食らわなかった」と話し、「かち上げ」をする際に生じるわきの甘さを遠藤がつけなかったことを指摘した。 白鵬は今年9月に日本国籍を取得し、将来的には協会に残って親方として後進の指導にあたるとみられる。 今場所優勝ならば、自身の記録を更新する43度目の優勝となる。 すでに大横綱の称号を得ている白鵬だが、土俵上の振る舞いに関して問題視する関係者は少なくない。 新元号「令和元年」を締めくくる場所となる九州場所。 早ければ13日目にも白鵬の4場所ぶり43度目の優勝が決まる。

次の

白鵬のサポーターはかち上げ対策でいつから?遠藤の流血動画が話題!

相撲 かち あげ

初日から並べていた白星は「9」で止まった。 指定席ともいえる単独トップの座も、7日目からの2日間で終わり、1敗で平幕の碧山(33=春日野)に並ばれた。 無観客開催の静寂な土俵で、このまま独走か…と思われていた優勝争いが、がぜん面白くなってきた。 特に、横からのひじ打ちとも思えるかち上げには、横審がたびたび、苦言を呈し協会側に指導を要請することもあった。 これで慌てた白鵬が押し合いの中で、たまらずはたいてしまった。 阿武咲が保っていた、適度な距離も功を奏し押し出し。 土俵を割った白鵬は、たまらず土俵下を駆け抜け、通常開催ならファンが座っている桟敷席まで助走するほどだった。 白鵬のかち上げが物議を醸した時、相撲経験のある親方衆は白鵬の非を責めるのでなく、その隙を突けずに負けた力士の、ふがいなさを嘆くことが多かった。 かち上げはもろ刃の剣、相手にスキを与えるリスクをはらむ立ち合いの一手-。 それが証明された一番に、協会トップの八角理事長(元横綱北勝海)は「白鵬に勝つには、こんな相撲を取ればいいというお手本」と阿武咲を褒めた上で「かち上げに(白鵬が)行っても(阿武咲が)こんな立ち合いをすれば全然、問題ない」と、かち上げをはね上げた阿武咲の対処法をほめ、その後の展開も「足を送れば白鵬は焦ってはたく。 距離を空けて、しぶとく足を出していた」と評した。 現役時代、かち上げへの対処法は熟知していたことを、同理事長はたびたび口にしていた。 土俵下で幕内後半戦の審判長を務めた審判部の藤島副部長(元大関武双山)も「かち上げに下がらず、下からおっつけていくと(白鵬の上体は)上がるんです。 アレです」と、かち上げを攻略した阿武咲をほめた。 さらに「今まではみな(白鵬に)やられ放題で気持ちで負けていた。 白鵬からすれば一番、嫌な相撲を取られたのではないでしょうか」とこの日の阿武咲のように、ひるまずに立つことを期待した。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 中谷潤人「勇気と元気与えたい」王座決定戦へスパー []• ボクシング [6月11日 2:21]• プロレス [6月10日 23:19]• ボクシング [6月10日 21:01]• 格闘技 [6月10日 20:02]• 格闘技 [6月10日 18:17]• 大相撲 [6月10日 17:26]• 格闘技 [6月10日 13:08]• ボクシング [6月10日 12:01]• プロレス [6月10日 10:00]• 大相撲 [6月10日 9:22]• 大相撲 7月場所の番付発表せず、中止の夏場所の番付通りに []• 大相撲 [6月10日 17:26]• 大相撲 [6月10日 9:22]• 大相撲 [6月10日 9:03]• 大相撲 [6月10日 9:03]• 大相撲 [6月10日 9:03]• 大相撲 [6月10日 9:03]• 大相撲 [6月10日 9:03]• 大相撲 [6月10日 9:02]• 大相撲 [6月10日 9:02]• 大相撲 [6月10日 9:02]• プロレス 真壁刀義「こういう時こそ本領発揮」/連載1 []• プロレス [6月10日 23:19]• プロレス [6月10日 10:00]• プロレス [6月9日 13:14]• プロレス [6月8日 14:51]• バトル [6月8日 8:00]• プロレス [6月8日 0:26]• プロレス [6月7日 0:13]• プロレス [6月6日 23:29]• プロレス [6月6日 13:52]• プロレス [6月6日 13:26]• ボクシング 中谷潤人「勇気と元気与えたい」王座決定戦へスパー []• ボクシング [6月11日 2:21]• ボクシング [6月10日 21:01]• ボクシング [6月10日 12:01]• ボクシング [6月10日 8:41]• ボクシング [6月9日 18:00]• ボクシング [6月8日 11:01]• ボクシング [6月8日 8:30]• ボクシング [6月6日 21:34]• ボクシング [6月6日 21:11]• ボクシング [6月6日 20:59]•

次の