仁王2 大太刀 防具。 [仁王]続・大太刀装備!(修羅用妥協)

【仁王2】ステ振りのコツとおすすめビルド

仁王2 大太刀 防具

もくじ• 大太刀の特徴 大太刀は、 一撃の威力と攻撃範囲の広さが特徴の武器です。 中段は攻撃が弾かれないため、気力削りに非常に有効なので、楽に敵と戦えますね。 ボス戦では上段で、複数の敵とは中段で戦うなど、大太刀は上段と中段の使い分けが肝と言えます。 同時に「剛」も上げていくことで、装備できる重さを増やし、性能の高い重防具を着込みましょう。 被ダメージをかなり抑えることができるので、落命する回数も減らせますよ! 過信は禁物ですけどね 笑 おすすめのステ振り 大太刀は「武」で攻撃力が上がっていくので、「武」に最優先で振っていきます。 次に「剛」に振って、攻撃力と装備できる重さを増やしていきます。 剛はそこまで多くは振らなくてもいいので、武に特化していくイメージで振っていきましょう。 振り方としては、 「体10、勇10」は固定で、「武>>>剛>心」の優先度で振っていきます。 剛と心は、どちらがより欲しいかで優先度を逆転させても良いでしょう。 どんな武技・スキルを習得すべき? 大太刀は上 段と中段の切り替えで戦って行くので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 そもそも、 基本火力が高いので武技が無くても戦って行ける武器ですね! そんな中でもおすすめの武技は、 「釣瓶月」と「雪月花」です。 「釣瓶月」は素早く2回攻撃する武技で、コンボに組み込みやすいのが強み。 コンボに組み込まなくても、単体で使っていて十分に強い武技ですね。 大太刀と言ったら雪月花という声も多い程。 常時発動スキルは、 「葉陰、不動心、斬人剣、武器術の練磨」がおすすめ。 奥義は、条件が整えば 「合撃打ち」がかなり強力です。 まとめ 大太刀はまさに武者って感じの武器なので、世界観には一番合っているように思えますね。 重装備の性能を最も発揮しやすいですし、どうしても被ダメが多くなる方にもおすすめですよ!.

次の

仁王2: 2週目以降の装備厳選まとめ

仁王2 大太刀 防具

初期能力値で装備できる割に揃え効果が優秀で、特に「ガード中の気力回復速度」と「残心の気力回復量」上昇は、初心者に最適な効果です。 太初の侍の鎧よりも攻撃的な効果が多く、4部位で発動する「アムリタ吸収で気力回復増強」は、攻撃時にアムリタを得られるボス戦において強力です。 同じく特典防具の「太初の侍の鎧」よりも重いのが難点ですが、2部位で敵撃破時体力回復の効果が付くため、太初の侍の鎧と組み合わせて重量を調整するのも手です。 妖怪からの被ダメージを僅かながら軽減でき、常世払いで体力が回復するため、初心者におすすめです。 2部位効果は槍専用ですが、4と5部位効果が強力なため、体を上げていればほとんどの武器と相性に良いです。 入手は中盤に可能ですが、クリア後以降の最終装備としても挙げられます。 1つ1つの揃え効果が優秀ながら効果量も高く、中鎧にしては重量が軽いため、どの武器種とも好相性です。 多くの敵から入手できるので厳選しやすく、5部位効果で回復ができるので仙薬の節約も可能です。 重鎧の中でも特に重いものの、頑強さと対物理カットの高さで被撃を物ともしないため、大太刀や斧といった振りが遅い武器と好相性です。 武家「藤堂」に所属すると体力と火力アップが可能 武家の「藤堂」に所属して家紋の加護受けることで、楯無の重さをダメージに、敏捷改善のために振る『剛』を体力に反映させられます。 ダメージ反映は楯無の揃え効果と重複するため、楯無を装備する際は藤堂に所属するのがおすすめです。 攻撃反映 剛 が付いていることで、剛で重量を軽減しながら攻撃力も上げられるのは強力です。 また、斧の「烈火」の持続時間も伸び、かけなおしの手間が減るのも便利です。 0 金吾の中鎧は、攻撃に特化した中鎧防具です。 防御面に乏しい反面、追い討ちと背後ダメージが大きく上昇するので、動きが軽快な武器と好相性です。 入手方法は、ランダムドロップなので厳選が難しいですが、採用しているプレイヤーも多いため、ストーリー終盤や2周目の血刀塚から集めるのがおすすめです。 軽鎧なので防御力は皆無ですが、忍術にはHP0を1回無効かする「変わり身の術」があるので万が一に備えられます。 防具の選び方と重さについて 防具は揃え効果を優先して選択 一部の防具には、同名の部位を必要数装備すると効果を発動する「揃え効果」が備わっています。 特殊効果と同様、効果発揮には必要能力値を満たす必要がありますが、いずれも強力な効果ばかりなので、揃え効果を持つ防具を選びましょう。 防具の重さ 比率 で気力の消費や回避力が変わる 防具には、各部位ごとに「重量」が設けられています。 防具の重量は「敏捷さ」に影響し、走りや回避、気力の回復速度が変動するため、最低でも 敏捷さは『B』以上になるように比率を調整するのがおすすめです。 装備できる重量は「剛」を上げると増加 装備できる重量は、能力値の「剛」を上げると増やせます。 剛は、体力も上昇させるので上げて損はありません。 重鎧であっても敏捷さが高い方が圧倒的に有利なため、敏捷さを調整しながら優先して振るようにしましょう。

次の

【仁王2】最強おすすめビルド【現環境】

仁王2 大太刀 防具

大太刀のステータスの振り方について 大太刀を使う場合、基本的には火力補正の入る 武のステータスに振ることになる。 ただし、武を伸ばしても気力は増えず、体力の上昇も微々たるものなので、同じく火力補正が入る心や剛のステータスにも振っておくことを推奨する。 リーチ、威力に優れた武器だが、攻撃のモーションが長く隙も大きい。 そのため、敵の攻撃を受けてもいいように重鎧を装備する方が立ち回りが安定する。 大太刀の必要ステータスに剛と武があるので、重鎧の装備条件を簡単に満たすことができるのも、相性の良さに拍車をかけている要因だ。 大太刀を使う場合のステータス振り例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 10 10 心 15 25 40 剛 15 20 20 武 26 61 87 技 5 5 5 忍 5 5 5 呪 5 5 5 霊 11 11 20 武器は大太刀のみ、防具は重鎧を前提としたステ振り例。 大太刀の主な対応ステータスは武のため、気力や装備重量を補強するために心や剛にも多少振る必要がある。 心は気力上昇効率がいい15Pまでは早い段階で振っておき、最終的には40Pまでは上げておきたい。 40P以上になると気力の上昇幅が少なるので、武をカンストさせてから上げていくようにしよう。 剛も多くの重鎧が装備可能になる15Pまでは早い段階で振っておきたい。 剛はHPも伸ばせるので、総合的な耐久力は高くなるというメリットもある。 心と剛の準備が終わったら、本格的に武を育てていき火力をガンガン上げよう。 体はHP上昇効率がいい10P止め推奨。 霊は守護霊の効果を解放するために、それなりに育てた方が効率よく進められる。 初期守護霊をそのまま使うのであれば11P(禍斗は10P)で十分。 これ以外の守護霊を使う場合は、欲しい効果が発揮するまで育てよう。 二刀と大太刀は、心と武が共通ステータスになっており、その中でも心をメインで育成したい。 心を育てると気力の最大値も上がるというメリットもある。 あとは、メイン武器の大太刀の火力を上げるために、武にもある程度はステータスを振っておこう。 「信じるのは大太刀のみ!」育成例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 10 10 心 15 15 53 剛 5 5 5 武 37 87 99 技 5 5 5 忍 5 5 5 呪 5 5 5 霊 10 10 10 防具を付けず、 純粋に大太刀の火力だけを追い求めた極端な育成例。 精霊は、攻撃力と気力回復に優れた禍斗を使用。 禍斗の効果を最大限発揮できるように霊に10Pだけステータスを振っておく。 体はHP上昇効率がいい10Pまで、心は気力の上昇効率がいい15P振ればOK。 あとは、武にステータスを全振りして、ひたすら火力を追い求めたい。 武がカンストしたら心を強化していき、さらなる高みを目指そう。 この育成例の場合、 最初に選ぶ守護霊は武が上がる禍斗が適任だ。

次の