ビジネス メール 確認 しま した。 催促メールの書き方例文集。相手に不快感を与えない方法を解説!

ご指摘ありがとうございました。 修正しましたので、確認お願い致しま

ビジネス メール 確認 しま した

書類を送った際や訪問日時、打ち合わせについてなど、ビジネスシーンにおいて確認をするシチュエーションが多々あります。 その際、どのような手段で相手に確認を取るでしょうか。 メールで確認を取ることが多いのではないでしょうか。 この記事では、ビジネスにおける確認メールの書き方や例文について紹介します。 メールの基本構成とは? 確認メールでも普通のメールでも、通常ビジネスメールでは基本の構成があります。 ・宛先 ・メールの件名 ・宛名(会社名、部署名、名字) ・本文(挨拶文、用件本題、締め) ・署名 ビジネスメールでは、上記のような構成で書くことが基本となっており、なるべく端的で丁寧で分かりやすい文章を書くことが大切です。 確認メールは「相手に確認を取る」ことが目的なので、基本構成を元に簡潔に書くようにしましょう。 打ち合わせ日程の確認メールの例文 打ち合わせ日程が未定の場合 現時点では、打ち合わせ日時未定とのことでお間違いないでしょうか。 打ち合わせの日程が決まりましたら、大変恐れ入りますが、事前にご連絡いただけると幸いです。 打ち合わせ日程が決定している場合 次回の打ち合わせは、以下の日程でお間違いないでしょうか。 訪問日程の確認メールの例文 訪問日程の確認をする場合 次回の御社 または弊社 訪問について、以下の日程でお間違いないでしょうか。 訪問日程のリマインドをする場合 先日お約束させて頂きました御社(または弊社)への訪問日が迫ってまいりましたので、ご確認のため連絡いたしました。 ご都合により日程の変更がございましたら、大変お手数ではございますが、前日までにご連絡いただけると幸いです。 説明会につきましては以下が開催日程となっております。 以下ご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 郵便物の送付の確認メール例文 郵送物の送付連絡の例文 先日弊社よりお送りいたしました郵便物の確認のためご連絡いたしました。 以下郵便物の詳細です。 お手元に届きましたらご確認くださいますよう、お願い申し上げます。 郵送物受け取り確認の例文 先日弊社よりお送りいたしました「企業パンフレット」はお手元に届いておりますでしょうか。 お手数ではございますが、弊社までご連絡いただきますようお願い申し上げます。 会議について下記日程のご都合はいかがでしょうか。 会議所要時間は1時間を予定しております。 確認メールを受け取ったときの返信方法 これまでは、確認メールの送信文について紹介しましたが、逆に確認メールを貰うこともあります。 その場合、返信はどのような文章で返すとよいのでしょうか。 一言「問題ありません」では、素っ気なくメールをもらった相手に失礼にあたります。 受信した確認メールの内容にもよりますが、いくつか返信の例文を紹介しますので、参考にして下さい。 確認メールへの返信例文 例文を参考にする場合には、確認メールの内容により適宜変更してください。 以下が例文です。 ・先日頂きましたメール確認いたしました。 問題ございませんのでご連絡申し上げます。 ・メールの内容を確認いたしました。 よろしくお願い申し上げます。 ・御社からの見積書はFAXにて確かに拝受いたしました。 ありがとうございました。 以上が、確認メールへの返信例文です。 メールを確認した旨と内容に問題がないか、メールへのお礼が記載されていることが大切です。 確認メールで気をつけたい敬語やルールとは?.

次の

催促メールの書き方例文集。相手に不快感を与えない方法を解説!

ビジネス メール 確認 しま した

営業、技術、購買、品質保証、クレーム対応等 ビジネス英語メールの例文集を紹介するサイト スポンサードリンク 1 相手を待たせる (確認後、回答します) 例文一覧 > > 1 相手を待たせる (確認後、回答します) 例文一覧 相手のメールにすぐ回答したいが、どうしても即時に回答ができない場合があります。 1 自分に決定権が無い 2 希望・要望への回答 3 自分の専門外、良く分からない 4 不具合・トラブル 5 本日の業務終了 その場合、 つなぎのメールを出し、「とりあえず」相手を安心させ、本来回答すべき内容を確認するまでの時間を稼ぎたいところです。 相手を待たせ、確認後に回答する際、とりあえずメールを返信する場合に使えるビジネス英語メールの実践例文を紹介します。 これらのポイントを設計者と確認させて下さい。 すぐに返事をします。 Dear Mr. X, Thank you for your inquiry. Let me check these points with our engineers. Reverting this matter soon. 私たちはあなたの要求について検討しています。 来週まで待って下さい。 Dear Mr. X, Thank you for your e-mail. We are considering your request. Please wait until next week. あなたの要望を設計者と検討し、回答します。 Dear Mr. X, Duly received your e-mail. We will discuss your request with our engineer and comment back to you. あなたの質問を確認し、次週回答します。 Dear Mr. X, Thank you for your inquiry about XXX-101 We will check your question and get back to you next week. 電話でYさんと交渉後、明日までその機器を発送し、あなたに進捗報告をします。 Dear Mr. X, Thank you for letting me know. After negotiating with Mr. Y over the phone, we will send the equipment by tomorrow and keep you informed about the progress. 私たちのエンジニアと一緒に、この問題を確認させてください。 これらに関する調査のため2〜3日、時間をください。 Dear Mr. X, We are very sorry for the inconvenience. Let me check these problems with our engineers. Please give us a few days to investigate about it. 日本は現在18時で、配送課の担当はすでに本日(金曜日)帰宅しました。 次週まで出荷を待ってください。 Dear Mr. X, Sorry, it is 18:00 in Japan now and our staffs of shipping section already left the office today. So please wait for our shipment until next week. 年末年始の会社休業のため、我々の協力会社と本件をすぐに確認することが難しいです。 1〜2営業日、(回答までの)時間をください。 Dear Mr. X, We are sorry to have kept you waiting. Due to end of and new year holidays, it is difficult for us to check this matter with our subcontractor soon. Please give us 1 or 2 business days. 我々は解決策を見い出すためにこの問題を議論し、数日後に連絡します。 Dear Mr. X, I have passed on this issue to our quality assurance department. We will discuss this issue to find a resolution and get back to you in a few days. 我々はこれらの案件(課題)を我々の設計者とともに確認しているところですが、担当者は現在出張中です。 来週の初めに、彼らがあなたに連絡いたします。 Dear Mr. X, We are so sorry for the delay in responding to your e-mail for quite a long time. We are checking these matters with our engineers but the right person is now on a business trip. They will get back to you in the beginning of next week. 本件、ただいま技術者と一緒に確認中です。 数日後に、折り返しご連絡差し上げます。 Dear Mr. X, We checked your e-mail today since our office was closed from 27th of Apr. to 6th of May for national holiday and company holiday. We are checking this matter with our engineer and get back to you in a few days. 我々の会社は、祝日により10月14日まで休みます。 10月15日、翌営業日に返事をします。 Dear Mr. X, Thank you for your prompt follow-up. Our office will be closed for national holiday until Oct. 14th. We will respond to you next business day, Oct. 15th.

次の

相手を待たせ、確認後回答する場合の例文一覧

ビジネス メール 確認 しま した

「ご確認ください」のビジネスメールでの使い方 ビジネスメールでは、1日に何度か目にすることもある「ご確認ください」について振り返ります。 書き残るメールの言葉は、特に気をつけましょう。 「ご確認ください」が敬語として正しい理由 「ご」・「お」+「~する(ください)」は、この場合には確認をするのは相手なので、尊敬語です。 したがって、この言葉は社外の人や目上の方に対して使っても、失礼ではありません。 しかし、確認を促すフレーズは、もっと丁寧な表現もあります。 そのため、「ご確認ください」が正しい敬語なのか不安に思う方もいるでしょう。 ビジネスメールでの使い方 「ご確認ください」は、よくメールのやり取りをする相手に使いやすい言葉です。 ビジネスメールでよく一番目にする使い方は、添付資料がある時でしょう。 」 「~の上」には、「~した後で」、「~の結果」など順序や前提を示している表現です。 何かをして、反応やなんらかの動作をお願いしたい時に使います。 丁寧で具体的な表現なので、顧客や社外の方、目上の方にも使えますが、「~の上」の後の文章に気をつけましょう。 「ご確認」の同義語と類似語 「ご一読」は、「ご確認」と同じようにビジネスメールで目にしたことだけでなく、会話でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。 「ご査収」も、「ご確認」と同じようにビジネスメールでよく使われます。 会話で耳にすることはほとんどない表現です。 「ご確認ください」と「ご一読ください」の違い 「ご一読」は、相手に文章に目を通してほしい時に使う表現で、ビジネスメールだけでなく口語でも使われます。 堅さはありませんが、ビジネスシーンで誰にでも使える丁寧さがある言葉です。 「ご確認ください」との使い方の違いは、「ご一読ください」は、一通り、またはざっと読んでほしい「文章がある時にだけ」使いましょう。

次の