写輪眼 コラ。 うちはサスケ

【ナルト】サスケの輪廻眼が強すぎ…開眼した理由や能力

写輪眼 コラ

このページの目次 OPEN• 1.サスケが輪廻眼を開眼したのは何故? 輪廻眼は最強の瞳術とされていますが、その真相は定かではなく「 伝説の瞳術」とまで言われていました。 何故なら、今までの開眼したのは「六道仙人」しかおらず、能力をその目で確かめた者がいなかったからです。 物語が進行していくにつれ、カグヤやマダラ、さらには長門なども開眼していると明らかになり伝説ではなく実在する能力と分かってきます。 サスケは当初、開眼をする素質を持っていませんでしたが、とある経験をすることによって特別に開眼しました。 その経緯について以下からネタバレしていきますので、まだ全容を知らない人は閲覧に注意してください。 サスケは、第四次忍界大戦の終盤にマダラと対決しますが、動きを封じられ胸を貫かれてしまい瀕死の重傷を負います。 その後サスケは精神世界に行き、六道仙人と出会い、 インドラの転生者であることを伝えられたのです。 そこで問答があり、マダラの愚行を止めることができるのはサスケしかいないと判断した六道仙人は、自身の力をサスケに与えました。 そうすることでサスケの左目に輪廻眼が宿る形となり、物語の終盤に最強の瞳術を開眼させ能力を大幅にアップさせることに成功します。 スポンサーリンク 2.サスケの輪廻眼がさらに強化された経緯 サスケが輪廻眼を開眼したのは、精神世界で六道仙人から力を授かるという特異な経験をしたからです。 それだけでなく、サスケは輪廻眼に写輪眼の能力が付与された、「 輪廻写輪眼」という合体技をも習得します。 どうしてサスケだけ、輪廻眼が強化されたのかというと、サスケが死にかけたときカブトによって「千手柱間」の細胞が移植されました。 そこで輪廻眼を得るようになったのですが、元々左目には写輪眼があったので、2つの能力が融合することによって輪廻写輪眼を開眼。 輪廻写輪眼を開眼したのが、物語の終盤であった関係もあり、計り知れない能力を開放し強敵と立ち向かいます。 スポンサーリンク 3.サスケが持つ輪廻眼の能力 ナルトに登場するサスケは、最強の瞳術として知られる「輪廻眼」を開眼して膨大なエネルギーを手に入れることに成功しました。 輪廻眼を開眼することで、以下に挙げるような能力を手に入れることができます。 インドラの矢• 封術吸印• 天手力• 地爆天星• 六道・地爆天星 輪廻眼を手に入れたサスケは、そこに写輪眼が融合されるため天手力という、固有の瞳術を発動可能です。 この状態における、「千鳥」は六道の陰の力を吸収しているので黒くなり、天照もいつも通り使えます。 写輪眼で開眼した、「完成体須佐能乎」が輪廻眼になるとより能力が上昇し、無限月読の幻術に関して無効化が可能。 また、完成体須佐能乎には全尾獣のチャクラを入れることで、インドラのような姿にもなれます。 その力というのは、自然エネルギーを得たナルトと互角になれるほど。 輪廻眼に写輪眼を融合させた、輪廻写輪眼は最強と呼ぶにふさわしい瞳術ですが、 欠点が無い訳ではありません。 唯一の欠点は、万華鏡写輪眼と同じように酷使しすぎると視力が低下し、失明する可能性があります。 使いどころが難しいという欠点が、輪廻写輪眼には存在しているのです。 スポンサーリンク 4.サスケの輪廻眼に対しての謎と考察 ナルトに登場するサスケは、輪廻眼を開眼してから相当な能力アップを実現し、物語で中心的な役割を担いました。 物語開始当初は、主人公・ナルトの仲間であり 切磋琢磨しながら強くなっていったサスケですが、途中からは立ち位置が変わります。 そうした所によって、サスケは輪廻眼を開眼しナルトを超えるほどの能力を手に入れたのです。 サスケの輪廻眼に対しては、以下に挙げるような謎がネット上で噂されているので、考察と併せて紹介しますね。 非常に強い能力を手に入れることに成功し、 無限月読の幻術すら無効化できる切り札として、物語で大きな活躍をします。 終盤で開眼をした訳ですが、どうしてサスケだけ特別扱いを受けているのか、この点について疑問を感じる人は少なくありません。 この点に関する考察として、「強敵を倒すためには仕方がない」というものがあります。 輪廻写輪眼を開眼したのは、第四次忍界大戦の終盤ですから物語の最終部分。 カグヤというラスボスとの対決を制するには、サスケがもっと強くなる必要があるのです。 そのため、サスケだけを特別扱いをするという形で、このような流れになったと考察されています。 術によっては、死者を現世に復活し術者の命令通りに動かすことが可能になるなど、物語の序盤や中盤で 死亡したキャラクターが復活しました。 読者にしてみれば、もう二度と登場しないと思われた人物が登場する設定は、とても嬉しいもの。 そこまでは分かりますが、精神世界と呼ばれる雰囲気がガラリと変わる場所に移動し、意識を持ちながら接触できる点に難しさを感じる人は少なくありません。 その流れで、サスケが精神世界でどうして大筒木一族のチャクラを手に入れることができたのかについて、疑問を感じています。 この点に関する考察として、「見えない世界での繋がりが本当の接触」というものがあります。 ナルトの世界では、精神世界を通して本当の自分を見つけることが多く、世の中で生活をしていると見失いがちな心を手に入れられるのです。 サスケも精神世界で本当の自分を見つけることで、輪廻写輪眼を開眼したと言っても過言ではないでしょう。 まとめ ここでは、 サスケが輪廻眼を開眼した理由や能力などについて紹介していきました。 輪廻眼は六道仙人のチャクラを体内に入れることで開眼し、あり得ないほどの能力を手に入れることができます。 しかもサスケは、写輪眼に輪廻眼が加わった、「輪廻写輪眼」を開眼しており物語に多大な影響を与えたのです。 今後は、サスケの子供が大きな活躍を見せるでしょうから、輪廻眼を持つかどうかを注目しながら追っていきたいですね!.

次の

【ナルト】サスケの輪廻眼が強すぎ…開眼した理由や能力

写輪眼 コラ

概要 『』に登場する架空の能力。 「」とは、血継限界のひとつ。 三大瞳術と呼ばれる特殊な眼球の1つで、、、と確認されている。 その中でもは、最も崇高にして最強の瞳術とされ写輪眼が最終的に辿り着く究極系。 模様は波紋のようで、色は薄い紫色をしている。 、、の輪廻眼はそれに加え、写輪眼の巴模様が入っている。 開眼すると五大性質全て扱える他、六道の術という特殊能力を得る。 開眼者は、、 開眼条件はハゴロモの息子のとの両転生者のチャクラを合わす事である。 勘違いされやすいが 「写輪眼」と「」の細胞を体に宿すことが条件ではない の場合は柱間細胞を取り込むことで老衰による死の直前で開眼し、と長門はマダラの物を移植しただけである。 に登場したは両掌に輪廻眼がある。 輪廻写輪眼 写輪眼の勾玉模様が複数配置された輪廻眼の本来の姿。 写輪眼の力を同時に宿しており、前身となる万華鏡写輪眼の能力を同時に使うことができる(サスケならば天照)。 カグヤ、マダラは赤色をしており、どちらも額に第三の目として開眼している。 後に、はカブトによって柱間細胞の移植による治療を受け、同時にから力を授けられたことで左眼の万華鏡が変化する形で開眼し、瞳術 『天手力』を会得した。 サスケの場合は色は紫色。 ただしチャクラの大量消費により瞳力が弱まると通常の輪廻眼に戻ってしまい、回復するまでは輪廻眼の能力しか使えない。 六道の術 地獄道 あの世から閻魔を思わせる冥府の王を口寄せする「口寄せ・獄閻王」が扱える。 この閻魔も「口寄せ輪廻眼」の影響下にあり、輪廻眼を持ち視覚共有されている。 対象を片手で掴み、問いかけを行い、嘘をついた者は魂を抜き取られる。 抜き取られた魂は閻魔にストックされている。 餓鬼道 チャクラの回路を逆回転させる事で忍術を吸収し、無効化する「封術吸印」という術が使える。 ただし我愛羅の砂、木遁などの「実体のある物質をチャクラで操作する」術、忍具を用いた攻撃、体術、幻術は無効化できない。 畜生道 無尽蔵に口寄せの術が扱える。 固有能力である「口寄せ輪廻眼」により、口寄せした生物に輪廻眼を付与し、さらに外道の術でコントロールすることで手数や視界を確保する。 通常の口寄せは死亡や大きなダメージで解除されるが、1体だけ存在する「増幅口寄せの術」で縛られた動物は「攻撃されると首が増え、その数だけ分裂できる」という特殊な能力を得て、「いくら攻撃しても消えない」という非常に厄介な存在になる。 また、対処法も少ない(術者を倒す、封印術、天照による攻撃)。 修羅道 肉体に絡繰の鎧を口寄せする。 ミサイル、ビーム砲、ロケットパンチとハイテクで、ナルトの世界には存在しないものすら対象となる。 ペインの方は傀儡のように肉体ごと改造されている。 人間道 対象の頭を掴み、体の動きを封じた上で記憶や情報を読みとる「吸魂の術」が使える。 この行動は一瞬で完了し、最終的には魂を抜き取り即死させる。 穢土転生された長門がナルトの腹部にこれを使い魂を抜き取ろうとしたが、ナルトが抵抗したためかなり時間を要し、途中でイタチに妨害された。 なお抜き取られた魂は閻魔に入れられてストックされる。 天道 引力、斥力を操作できる。 ・斥力で対象を吹き飛ばす「神羅天征」 ・引力で対象を引き寄せる「万象天引」 ・引力をもつ黒いチャクラ球を核として周囲を無差別に引き寄せ、封殺や破壊を狙う「地爆天星」 外道 生と死を司り、死者をも蘇らせる。 この能力は術者が生きている必要があり、穢土転生によって再現された偽物の輪廻眼では使えない(黒い棒の生成はできる)。 ・六道の黒い棒を刺して生者なら動きを封じ、死者なら遠隔操作で制御可能になる「外道の術」 ・死者を完全に蘇生させるが、使用すると術者本人が死亡する「外道・輪廻天生の術」 ・尾獣の入れ物を使役する「口寄せ・外道魔像」 輪廻天生の術の場合は蘇生方法が異なっており、長門が使用した場合は地獄道の閻魔から大量の魂を吐き出して死体に入れることで蘇生し、オビトの場合は穢土転生による塵芥の肉体が生身の肉体に変化する事で蘇生した。 固有技 輪墓・辺獄 マダラ専用の瞳術。 見えざる世界「輪墓」に分身を作り出し、攻撃や防御を行う。 分身の戦闘力はマダラ本人に準じ、尾獣を一撃でノックアウトするほど。 基本的に視覚やチャクラによる感知ができず、さらに物理、忍術による干渉も出来ない。 例外的に輪廻眼を開眼していれば視認することができ、六道仙術を会得していれば感知および物理的干渉ができる。 右眼のみだった時は1体だけだったが、両眼が揃った状態では4体に増えた。 ただし、分身が外に出ていられる時間は限られており、それが過ぎると本体に戻り、少しの間使えなくなる。 ゲームではこの分身を用いた攻撃として「煉獄」「天獄」「地獄」が存在。 天手力 サスケの輪廻写輪眼の専用瞳術。 一瞬で任意の空間同士を入れ替える時空間忍術で、予備動作が無く、チャクラ感知でも反応しないが、サスケが視野に入れた対象及び空間でないと発動できないという弱点がある。 なお本編終了後では視界外の一定範囲でも入れ替えられるようになった。 また、同じく本編終了後の外伝ではサスケはこの能力でカグヤの異空間を行き来している。 天之御中 カグヤの輪廻写輪眼の専用瞳術。 自身と周囲の者を異空間に転移させる術。 転移した空間は始球空間、溶岩の海、氷、砂漠、酸の海、超重力の6つの異空間。 ゲームでは溶岩、氷、砂漠の世界に強制的に転移させて各世界で溶岩の海を放つ、砂嵐を巻き起こすと固有の技が扱える。 高御産巣日神 モモシキの両手に埋め込まれた輪廻眼の専用瞳術。 右手で術を吸い込み、左手から威力を増幅した状態で放つ。 餓鬼道と酷似しているが、小説版では木遁をも吸収した。 関連イラスト.

次の

輪廻眼 (りんねがん)とは【ピクシブ百科事典】

写輪眼 コラ

【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww 関連記事 名無しの読者さん 2020-06-23 22:12 ガイが株落としたシーンね、たくさんあるよ ・カッコつけて出てきたが、イタチと鬼鮫を普通に取り逃がす ・戦ってないのに信者に過大評価されてるだけの写輪眼対策という肩書だけの死に設定 笑 ・カカシに助けられなければデイダラの自爆分身でガイ班もろとも死んでいる ・ペイン戦で何もしない(活躍できないため作者が意図的に省いたと思われる) ・オビトの正体を見破れずナルトとアホな解釈でバカを晒す ・マダラに味方の援護ありきで技を当ててもらうも、一瞬で回復され後遺症もなく無駄死に ・リーばかり贔屓して他の二人は放置 ・ネジを死なす、育成能力がアスマ以下 ・どんなタイプの敵とも戦うカカシと違って、都合よく自分の得意分野が 弱点でしかも武器無しで弱体化してる奴としか戦ったことがない 都合のいいバカ信者には目に映らないだけだけどw.

次の