ローソン 台湾 ドーナツ。 【中評価】「本場の

ローソン台湾ドーナツ 食べてみました。

ローソン 台湾 ドーナツ

ローソンで発売の台湾ドーナツについて 2020年5月5日よりローソンで販売されている台湾ドーナツですが、 商品説明としては「 外側はカリカリ、内側はふわふわとした、 2種類の食感を楽しめるドーナツに、練乳味のチョコと粉糖をトッピング。 台湾で食べられている台湾ドーナツをイメージしました。 」とのことです。 この説明だけで絶対美味しいとわかりますね、女子が好きそうなスイーツです! ローソンの台湾ドーナツの値段は120円! ローソンで販売されている 台湾ドーナツのお値段は120円です。 しかも、 税込120円なんです! これはランチの時にちょっと買っちゃおうと思えるお手頃な値段ですよね。 ローソンのプレーンな「ブランドーナツ」はお値段税込100円です。 こちらの写真がブランドーナツ。 続いてこちらが台湾ドーナツです。 20円の差であれば、「今日は〇〇頑張ったし、ご褒美!」として、台湾ドーナツ買っちゃいますね。 この20円という差額がにくい!ローソンさんあっぱれです! ローソンの台湾ドーナツはカロリーは292kcal ドーナツに練乳味のチョコレートと粉糖がたっぷりとかかっている台湾ドーナツ、 カロリー気になりますよね・・? 気になる カロリーは292kcalです! これってどのくらいのカロリーなの?と思う方も多いと思います。 約300kcalと考えたとして、同等のカロリーの食べ物は ・ご飯 2. 5膳 ・コーラ(350ml)2缶 ちょっとカロリー高いかな?と思っちゃいますよね。 もう少し罪悪感の軽い食べ物を出しましょう、 約300kcalの食べ物はポテトチップス 2分の1袋です!(わーパチパチ) ポテトチップス1袋じゃなくて、2分の1袋ってところで罪悪感薄れませんか? この量だとおやつとしての摂取カロリーとしては全然ありですね! そもそも台湾ドーナツってなに? 台湾ドーナツは台北でも2店舗しか販売していない激レアスイーツだった! 台湾ドーナツと聞くと「台湾で売ってるドーナツでしょ?」と想像される方も多いのではないでしょうか、 なんとなんと、「 脆皮鮮奶甜甜圈」というお店で販売しているドーナツで、 台湾台北市の2店舗でしか購入できない、 凄まじく激レアなスイーツでした!! 台湾の店舗では開店前から行列ができるそうです。 ちなみにお店の名前である「 脆皮鮮奶甜甜圈」は日本語に訳すと「クリスピーミルクドーナツ」というそうです。 そんな激レア神の領域スイーツをローソンというコンビニで お手頃の値段でいただけるなんてこれは食べるしかないですね! 台湾ドーナツはドーナツではない新世代スイーツ! とはいえドーナツでしょ。 と感じますが 確かに台湾ドーナツは 生地をカリッと揚げ、そこに大量の粉砂糖をまぶしたもの で通常のドーナツと作り方は一緒なのですが、台湾ドーナツは外のサクッと感と フワッフワの次元が違う。 まるで羽毛のような柔らかさと弾力をしており、 空気を食べているような感覚に陥るらしく、食べた人は「 神の領域」と口にするそうです。 この外サク、中ふわの特徴は作り方に秘訣があり、 一度あげて冷ましたドーナツにバッター液に付けて2度揚げをし、 ローソンの台湾ドーナツを食べた感想について 実際にローソンで販売している台湾ドーナツを食べた方の感想を集めてみました。

次の

ローソンスイーツの台湾ドーナツってなに?カロリーは?調査してみたらすごかった!

ローソン 台湾 ドーナツ

さんの評価 3 ヤマザキ ポイントで購入(価格は120円) 以前に、近所のパン屋さんで台湾ドーナツが売ってあり、 「これは一体なんだろう... 」と不思議に思っていました。 外国の名前が出てくると、急に躊躇してしまう私なので、 ずっと横目で見ていました。。 ドーナツが好きなので、ローソンさんのサイトで説明書きを見て、 食べてみようと思いました。 新しいものなので、不安はありました。 直径約10cmです。 思ったより軽い。 生地は、外側は少々硬めで、中側はパン系ドーナツのふんわりした感じ。 ザクザクしているのは、真ん中の空洞になっている部分辺りの生地で、 それ以外はザクザクではありませんでした。 中側ふんわりは、シュガーレイズドのような感じで、少々パサつきはあるけれど、 私はそんなに気になりませんでした。 練乳風味のチョコがかかっていて、甘くて菓子パンなどでよくある味です。 そして、粉糖がたくさんかかっているんですが、これに関しては、 見た目ほどは甘く感じません。 普通に、ドーナツとしておいしかったです^^ 特に、新しい味、新しい食感、というわけではなく、 例えばヤマザキさんのドーナツステーションで並んでいるような 味だと思いました。 近所のパン屋さんで、台湾ドーナツが復活していたので食べてみました。 ローソンさんのを食べた時、結構普通のドーナツすぎて、台湾ドーナツの 特徴がよく分からなかったので・・・ 全然違いました。 ベースのイーストドーナツは同じですが、周りがカリカリの衣のような 物なんですね。 ドーナツ全体に、衣が被せてあるような感じ。 例えば、揚げパンだったり、子供の頃食べた、食パンの耳を揚げて砂糖をまぶしたものだったり・・・ 私は、どちらかと言うと練乳の味があまり好きじゃないと最近分かったんですが、 今日食べた台湾ドーナツは、説明の札に書いてなかったら練乳だと分からないのです。 練乳のダイレクトな甘さじゃなかったです。 ブームになるのは、分かりました。 今までには食べたことのないドーナツでした。 もしこちらを先に食べていたら、このローソンさんのは、 「台湾ドーナツではないと思います」と書いていたと思います。 名前を付けるなら、 「台湾ドーナツ風練乳掛けドーナツ」という感じです。 本当は画像も載せたいんですが、他のパン屋さんのなので、 控えておきます。。 でも台湾スイーツは人気があるので美味しいのだろうなと想像。 こちらは練乳バターぽいグレーズで洋風テイスト。

次の

【中評価】「本場の

ローソン 台湾 ドーナツ

旅先ではご当地のものを必ず食べるサンキュ!STYLEライターの坂本リエです。 外出自粛が続き、旅行好きには辛い状況ですよね。 よし、今日は台湾に行った気分を味わおう!と早速買ってきました。 原材料と栄養情報はこちら。 1個あたり292kcalとドーナツだったら妥当といったところでしょうか。 砂糖たっぷりの甘~いドーナツ 袋から出すと粉糖のいい香りが。 ふんわりとした食感にザクザクした食感がアクセントになっています。 中になにもはさまってないので物足りないかな?と食べる前は思いましたが、練乳風味のチョコレートが思ったより甘く、これはブラックコーヒーとの相性がピッタリかと思います。 子どもが好きそうな味なので、おやつにだしたら喜びそう。 ただ生地のパサパサ感は否めないので、少し温めるのをおすすめします。 もちもちとした食感になりパサパサは気にならなくなりました! 日本人向けの甘さになってると思うので、台湾ではどうなんだろう?と実際に行きたくなりました。 おうちで台湾に行った気分になってみてはいかがでしょうか? ぜひ食べてみてくださいね。 グルメ、旅行、ライフスタイルとジャンル問わず発信しています。 6歳の娘とおいしいグルメやフォトジニックな場所を探すのが好きです。

次の