三井生命保険 評価。 三井生命保険の口コミ|評判の良い生命保険を徹底比較

【評価S】三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」デメリットと評価

三井生命保険 評価

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は雑誌の評価が高めです。 雑誌で保険特集があると、必ず上位にランキングされるほど評価されてます。 その理由は特約(オプション)の種類の多さと質の高さ。 3大疾病を幅広く保障するオプションもあれば、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションもあります。 また、短期の入院も日帰り入院からきっちり保障。 現在発売されている医療保険のなかではトップクラスかなぁという印象です。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」ここがポイント• 保険料は平均的です。 高くはありません。 女性特有の疾病や出産・妊娠を手厚く保障するオプションがあります。 不妊治療でさえも保障されます。 3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)を幅広く保障するオプションがあります。 入院したら必ず一時金が支給されます。 日帰り入院でも一時金支給です。 毎月支払う保険料。 もちろん保険料の安い医療保険が良い医療保険です。 しかし、保険料が安くて保障が手薄だったら意味ありません。 大切なのは保険料と保障内容のバランスです。 特約(オプション)の種類。 例えば、がんの保障を手厚くするオプション、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションといったように、必要と感じるオプションを手頃な保険料でつけられるかがポイントです。 まずはざっと概要を書いておきます。 上の2点について、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の概要と評価は以下のとおりです。 30歳の月額保険料 (入院給付金1万円、保険料支払期間終身) 男性:3,288円 女性:3,498円 評価B 40歳の月額保険料 (入院給付金1万円、保険料支払期間終身) 男性:4,128円 女性:3,798円 基本保障 (取り外しできない保障) 【入院給付金】 入院につき1日3000円~20,000円から選択。 外来:入院給付金の5倍が支給。 外来:入院給付金の5倍が支給。 【放射線治療給付金】 放射線治療1回につき入院給付金の10倍 【集中治療給付金】 集中治療室(ICU)管理1回につき入院給付金の20倍 評価S 特約(オプション) (取り外しできる保障) 【先進医療特約】 先進医療の技術料実費と旅費実費が支給されます。 【通院給付特約】 通院1日につき、入院給付金と同額が支給されます。 【ガン診断給付特約】 がんと診断(2回目以降は入院)された場合に一時金が支給されます。 【ガン治療通院給付特約】 通院1日につき、入院給付金と同額が支給されます。 【抗ガン剤治療給付特約】 抗がん剤治療を受けた月に一時金が支給されます。 【三大疾病入院一時給付特約】 三大疾病で入院した場合に一時金が支給されます。 【終身介護保障特約】 所定の介護状態、認知症介護状態になった場合に一時金が支給されます。 【女性疾病給付特約】 所定の女性特有の疾病で入院、もしくは手術等を行った場合に一時金が支給されます。 【女性サポート給付金付ガン診断給付特約】 出産、不妊治療、ガンと診断されたときに一時金が支給されます。 【新保険料払込免除特約】 がんと診断、もしくは心疾患・脳血管疾患で入院した場合に以降の保険料支払いが免除されます。 保険料はほぼ平均的で、オプションの豊富さと質の高さは他社の医療保険を圧倒しています。 特に、出産と不妊治療を保障する医療保険は珍しいです。 これから結婚・出産を控える若い女性にとっては魅力的な医療保険です。 また、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は改定を重ねており、保障内容が手厚くなっています。 後出しじゃんけんだけあって、他社の医療保険かなり研究して開発されています。 医療保険選びで迷ったら、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を軸に比較検討してみるのがおすすめです。 医療保険の相談は保険ショップで。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の基本情報 まずは基本情報を一覧にしました。 他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。 保険の種類 【医療保険】 ・病気やケガに備える保険です。 ・貯蓄性はありません。 支払った保険料は掛け捨てです。 ・保険料が値上がりすることはありません。 入院給付金 入院につき1日3000円~20,000円から選択。 外来:入院給付金の5倍が支給。 外来:入院給付金の5倍が支給。 1回の入院で入院給付金が支給される限度日数 30日間・60日間・120日間から選択可能。 保障期間通算で入院給付金が支給される限度日数 1,095日間 保険料を支払う期間 15歳まで~75歳まで(5歳刻みで選択可能)、79歳、終身 保険料を支払う回数 月払・半年払・年払 保険料を支払う方法 ・口座振替 ・クレジットカード払 保障される期間 終身 加入方法 対面 健康相談サービス あり 【三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」】保障内容を評価します。 医療保険を選ぶ際には大切なのは、当たり前ですが保障内容です。 特に重要なのが特約(オプション)の種類。 基本保障は生命保険各社同じような内容になるんですけど、特色が出るのが特約です。 どんな特約があるか、自分の好み(?)に合う特約があるかっていうのが医療保険を選ぶ大きなポイントです。 【基本保障】入院給付金・手術給付金・放射線治療給付金・ 集中治療給付金 基本保障は取り外しができません。 契約したら絶対についてくる保障です。 医療保険としてはオーソドックスなタイプです。 入院・手術に対する保障が基本保障になっています。 名称 支給額 支給条件 入院給付金 入院につき1日3000円~20,000円から選択。 外来:入院給付金の5倍が支給。 外来:入院給付金の5倍が支給。 手術を受けたとき。 入院・手術の保障は他社の医療保険と同水準です。 悪くありません。 日帰り入院といった短期の入院や、比較的に入院が長引く8大疾病にも対応できる点が特徴です。 デフォルトで日帰り入院でも必ず5日分の入院保障。 初期入院10日給付特則(オプション)をつけると日帰り入院から入院10日目まで一律10日分の入院給付金を支給。 8大疾病入院無制限給付特則(オプション)をつけると8大疾病が入院日数無制限保障に。 つまり、 ケガでも病気でも入院すれば必ず一時金が支給されます。 他社だと5日以内の短期入院は保障対象外となることもあるのですが、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」はしっかり保障。 最近は入院が短期化しているので、この点は安心でしょう。 比較的入院が長引きそうな疾病(特に脳血管疾患は長引きます)は入院日数無制限保障とすることもできます。 こういうキメ細かい保障が雑誌で高評価を得る要因なんでしょう。 また、珍しいのは放射線治療と集中治療(ICU)に対する保障が基本保障に含まれている点です。 保障内容は以下のとおり。 支給額 支給条件 放射線治療 1回につき入院給付金の10倍 放射線治療、温熱療法を受けたとき。 集中治療 1回につき入院給付金の20倍 集中治療室(ICU)管理を受けたとき。 ICUの利用料金ってけっこう高いんです。 ICUそのものの利用料も高いんですけど、人工呼吸器等の機器利用料も積み重なるとかなりの高額になります(を使えば上限は決まってきます)。 集中治療の保障を基本保障に含んでいる点も評価できますね。 【重要です】 先進医療特約 特約名 支給額 支給条件 先進医療特約 ・保障期間通算で2,000万円までの技術料。 ・交通費、宿泊費の実費支給。 先進医療を受けた場合。 先進医療保障は他社の医療保険と同水準です。 先進医療は健康保険適用外です。 なので、先進医療を受けるためには、けっこうな大金が必要となることもありますが、その医療費実費を保障してくれるのが先進医療特約です。 基本的には医療保険に入るならつけておいた方がいい特約です(2,000万円まで保障してくれます)。 交通費、宿泊費の実費支給されるとありますが、先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。 地方にお住まいの方には、交通費・宿泊費が支給されるのは助かりますよね。 しかし、他社の医療保険では交通費・宿泊費ではなく一時金が支給されるタイプもあります。 一時金の方が使い勝手はよいでしょう。 実費の場合は手続きが面倒というデメリットがあります…。 【重要です】 通院給付特約 特約名 支給額 支給条件 通院給付特約 通院1日につき、入院給付金と同額。 通院した場合。 現在は入院を極力短期間にして、自宅療養と通院で治療する病院が増えています。 通院保障の優先度は高めです。 保障される条件は以下のとおり。 無制限に通院が保障されるわけではありません。 退院の翌日から180日以内の通院が保障対象。 入院1回につき30日間の通院が保障対象。 保障期間通じて1,095日限度。 通院保障については他社の医療保険と同等です。 悪くはないのですが、後述する「ガン治療通院給付特約」と同時にはつけられません。 どちらか一方のみ選択できます。 じゃあどちらを選ぶか?という話になりますが、それはこのあと書きます。 【重要です】 ガン治療通院給付特約 特約名 支給額 支給条件 ガン治療通院給付特約 通院1日につき、入院給付金と同額。 がんで通院した場合。 ガン治療通院給付特約は他社の医療保険より保障が手厚いです。 「ガン治療通院給付特約」が優れているのは。 がんと診断されてから5年間、回数無制限で通院給付金を受け取れるという点です。 最近のがん治療は入院を短期化し、自宅療養で通院しながら治療していく傾向にあります。 周囲を見渡しても、働きながら、通院しながら、長期間がん治療を継続する方が多くはないでしょうか。 5年です。 5年あれば、なんとかなりそうな、もしくはあきらめがつきそうな気になりませんか? 5年間に渡って面倒をみてくれる医療保険はなかなかありません。 他社の医療保険の通院保障を下記リンク先にまとめています。 一度ご確認ください。 上述のとおりなのですが、どちらをつけらたらいいのか迷いますよね。 特約保険料を比較すると以下のとおりです。 保険料が高いのは通院給付特約です。 では、通院給付特約とガン治療通院給付特約のどちらをつけたら良いかですが、これはやはり個人の価値観や健康状態によりますよね。 あえて言えば、僕ならやはり5年間無制限で保障を受けられるガン治療通院給付特約にします。 ガンは長期間の通院が必要となり、収入が激減することもあり得ます。 退院後180日間・支払限度日数30日しか保障してくれない通院給付特約じゃあちょっと頼りないかも…。 ということで、例えガンだけ保障対象であったとしても、5年間無制限保障のガン治療通院給付特約の方が安心できますよね。 【そこそこ重要です】ガン診断給付特約 特約名 支給額 支給条件 ガン診断給付特約 100万円 (1年に1回を限度に無制限支給) 【1回目】 始めてがんと診断されたとき。 【2回目以降】 再発、転移等により1年以上経過して入院したとき。 まず、良い点とイマイチな点をまとめておきます。 【GOOD】支給間隔が1年に1回(他社は2年に1回の場合あり)。 【GOOD】上皮内がんも保障対象。 【BAD】2回目以降の一時金支給条件が入院。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」のガン診断給付特約は1年に1回支給されるので、再発・転移に強いです。 他社は2年に1回支給となることもあり、再発・転移を繰り返す可能性があるガンとしてはちょっと物足りないです。 1年に1回支給は安心できる保障でしょう。 しかし、2回目以降は入院が条件となります。 通院での治療だと一時金を受け取ることができません。 この点はデメリットです。 とはいっても、他社の医療保険も2回目以降の支給条件は入院であることが多く、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」だけのデメリットではありません。 平均的です。 がん保険の中には、1年に1回診断だけで一時金が支給される保障もあったりします。 詳しくは下記リンク先をご参照。 メリットがデメリットを上回っています。 【補足】上皮内がんってなに? 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」で保障対象となっている上皮内がんですが、聞いたことないですよね。 引用します。 上皮内新生物は、がん細胞が、上皮と間質を隔てる膜(基底膜[きていまく])を破って広がっていない状態です。 そのため、基本的には手術でとることが可能で、転移がほとんどないと考えられています。 上皮内新生物が悪性化し、基底膜を越えて浸潤した場合に、一般的な「がん」になります。 引用: つまり、転移する可能性が低く、サッと手術で切ってしまえば、完治が見込めるガンのことですね。 軽度のがんなので、保障対象外にしている医療保険もあるのですが、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は保障対象です。 がんに関しては保障の範囲が広いと言えます。 上皮内がんを気にする必要があるのは特に女性です。 乳がんだと上皮内がんであっても、通常のがんと同じ治療が必要となるケースがあります。 【重要ではありません】抗ガン剤治療給付特約 特約名 支給額 支給条件 抗ガン剤治療給付特約 月10万円 抗がん剤治療を受けた月に支給。 抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。 手術でがんを切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。 手術でがんを切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。 1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。 長引くのは2のケースですね。 2のケースだと働くこともままならず、収入減もあり得ます。 さらに、抗がん剤治療はなかなかのお値段。 の満額まで使い切ることも考えられます。 ガン診断給付特約でまとまった金額を確保できていれば、抗ガン剤治療給付特約はそこまで重要ではありませんが、気になる方はつけておいてもよいでしょう。 ちなみに、抗ガン剤治療給付特約をつけたとしても、保険料は月数百円上がる程度です。 そこまで高くありません。 【そこそこ重要です】三大疾病入院一時給付特約 特約名 支給額 支給条件 三大疾病入院一時給付特約 50万円 (1年に1回を限度に無制限支給) 【1回目】 がん、心疾患、脳血管疾患で入院したとき。 【2回目】 再発等で1年以上経過して入院したとき。 ガン診断給付特約の保障範囲を3大疾病にまで拡大したのが三大疾病入院一時給付特約です。 他社と比較し、以下の点で保障範囲が広くなっています。 【GOOD】心筋梗塞・脳梗塞だけでなく、幅広い心疾患・脳血管疾患を保障対象にしていること。 【GOOD】1年毎に一時金を受け取れること。 他社の医療保険は心筋梗塞・脳梗塞のみ保障対象になっていることが多く、心疾患・脳血管疾患の一部しか保障対象にならないことがあります。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は幅広く心疾患・脳血管疾患を保障対象としています。 また、他社の医療保険は2年に1回しか一時金が支給されないことが多いです。 2年は長いですよね。 がんで再発・転移を繰り返した際に、 「あ、次は2年後で!2年間がんばって!」 ってあっさり言われたらガン悪化しますよ。 その点、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は1年に1回支給されます。 なんとかやっていける間隔ですよね。 保障内容は悪くなく、つけておいても良いオプションです。 【重要ではありません】新保険料払込免除特約 特約名 支給額 支給条件 新保険料払込免除特約 保険料の支払いが免除される。 (保障は継続する) ・がんと診断されたとき。 ・心疾患、脳血管疾患で入院したとき。 保険料払込免除特約は、よくCMで見る「以降の保険料は頂きません!」っていう特約です。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は特約をつけまくると保険料が上がります。 保険料の支払いが免除されると確かに嬉しいのですが、保険料払込免除特約は有料です。 つければ毎月支払う保険料があがります。 保障内容としては秀逸です。 他社と差が出るのは心疾患・脳血管疾患の保障ですが、心筋梗塞・脳卒中に限定せず、幅広い心疾患・脳血管疾患を保障対象としています。 まあでも、保険料を上げてまで保険料払込免除特約をつけるかは微妙なところですよね。 個人的には保険料払込免除特約は毎月支払う保険料が1万円を超えることもある終身保険だけ有効だと感じています。 【保障が手厚いです】女性疾病給付特約・女性サポート給付金付ガン診断給付特約 特約名 支給額 支給条件 女性疾病給付特約 入院:女性疾病入院給付金を設定 入院中手術:女性疾病入院給付金の10倍 外来手術:女性疾病入院給付金の5倍 特定手術:女性疾病入院給付金の30倍 放射線治療:女性疾病入院給付金の10倍 所定の女性特有の疾病で入院、もしくは手術等を行った場合。 女性サポート給付金付ガン診断給付特約 出産:5万円~ 不妊治療:2. 5万円~ ガン:50万円 ・出産したとき。 ・不妊治療を受けたとき。 ・ガンと診断されたとき。 女性特有の疾病に対しても、幅広く保障されています。 不妊治療や出産まで保障対象になる医療保険は珍しいです。 女性疾病給付特約は基本保障の入院・手術の保障に上乗せで支給されます。 女性は入院中でもプライベートなスペースを確保しておきたいですよね。 女性疾病給付特約の入院給付金上乗せ分は差額ベッド代の費用に充てられることが多いです。 また、女性疾病給付特約の保障対象のひとつである特定手術の対象は以下のとおり。 乳房観血切除術• 乳房再建術• 子宮摘出術• 卵巣摘出術 これらの手術に対して、基本保障の手術給付金に上乗せして一時金が支給されます。 特に、乳房再建には美容的な手術をしておきたくなるかもしれません。 その手術費用に使えるお金は嬉しいですよね。 ちなみにですが、女性疾病給付特約の対象となる疾病は以下のとおりです。 特定の良性新生物 乳房・子宮・卵巣・尿管・膀胱・尿道等の腫瘍(良性新生物)、子宮筋腫 等 女性特有の病気 卵巣機能障害、子宮内膜症 等 女性に多い病気 鉄欠乏性貧血、低血圧症、膀胱炎、甲状腺障害(バセドウ病等)、リウマチ、胆石症、胆のう炎、くも膜下出血 等 妊娠、出産にまつわる症状 早流産、子宮外妊娠、異常分娩による帝王切開、妊娠高血圧症候群、鉗子分娩、吸引分娩 等 女性が気になる疾病は概ね保障対象になっています(と、僕の奥さんが言ってました)。 かなり手厚い保障内容です。 総じて言うと、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の女性疾病給付特約は他社と比較して優位な保障内容になっています。 大きな欠点は見当たりません。 女性なら、つけておいて安心な特約でしょう。 また、女性サポート給付金付ガン診断給付特約はこれから結婚・出産を予定している女性を対象としたオプションです。 ただし、女性サポート給付金付ガン診断給付特約にはちょっと難点があります。 保険料が高いんです。 女性サポート給付金付ガン診断給付特約はお得?それとも損? ちょっと面倒な計算をやります。 30歳女性が女性サポート給付金付ガン診断給付特約をつけた場合、保険料は5,058円あがります(保障期間10年)。 例えば、30歳から40歳の間に不妊治療を受けずに子供2人出産したとすると、受け取れる保険金総額は 出産給付金(1人目):5万円 出産給付金(2人目):15万円 の20万円。 支払った保険料に対して、受け取った保険金が少ない場合は、保険料が一定戻ってくるんです。 つまり差し引き、 606,960円 - 200,000円 - 310,000円 = 96,960円 の赤字になります。 大きな病気もなく、保障期間中健康に過ごしていれば、96,960円の赤字になります。 ただし、これが損かというと一概にそうとも言えません。 このケースだと、30歳から40歳の間にがんと診断されたなら、50万円が支給されます。 出産2回と合わせれば、一気に元が取れる計算ですね。 96,960円の赤字を月に換算すると毎月808円。 この808円でがんが保障されるのであれば、そこまで悪くはありません。 【そんなに重要ではありません】終身介護保障特約 特約名 支給額 支給条件 終身介護保障特約 介護障害年金:年30万円~ 介護障害一時金:30万円~ ・要介護2以上に認定。 ・65歳未満は生活介護状態が180日以上継続。 ・所定の高度障害。 認知症一時金給付特則 50万円 or 100万円 or 200万円 or 300万円 ・認知症介護状態が180日以上継続しているとき。 ・介護障害年金が支払われているとき。 支給条件は他社の医療保険と比較して平均的です。 悪くありません。 しかし、保険料が激安です。 あれ?計算間違ったかなというくらい激安です。 保障内容は平均的で保険料は安め。 こちらも悪くはありません。 ただし、無理に医療保険の特約(オプション)として介護保障をつける必要はありません。 本気で認知症・介護に備えるなら、認知症保険・介護保険の方が安心です。 まとめます。 現在の医療保険において、あったら嬉しい特約は概ねラインナップされています。 フルラインナップされてますが、特約をたくさんつければ、毎月支払う保険料は上がります。 あとは必要十分な特約に絞り込めるかですね。 僕が三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」に入るなら、以下の保障内容にします。 基本保障:入院給付金5,000円プラン• 特約:先進医療特約、ガン治療通院給付特約、ガン診断給付特約 この保障内容で 毎月支払う保険料は男性4,372円です。 僕が30歳で結婚したばかり女性のだったらこうします。 基本保障:入院給付金5,000円プラン• 特約:先進医療特約、女性サポート給付金付ガン診断給付特約 この保障内容で 毎月支払う保険料は女性6,866円です。 女性の保険料がちょっと高いですよね…。 高い原因は女性サポート給付金付ガン診断給付特約です。 女性サポート給付金付ガン診断給付特約を外せば、保険料は1,808円。 実に5,000円くらいの差があります。 まぁ先述のとおり女性サポート給付金付ガン診断給付特約は最後の清算されて保険料が戻ってくるので、実質的にはそこまで高い保険料にはなりません。 これから出産を控える方にとっては魅力的な保障内容です。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の保険見直しラボで無料相談できます。 【check】特約の種類が豊富。 選択肢が多い。 【check】特に結婚したばかりの若い女性向け特約が充実。 クレジットカードで保険料の支払いが可能。 クレジットカードのポイント還元でお得に。 全て上述しているので、ここでは繰り返しません。 クレジットカードについては書いてなかったですね。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は若干保険料高めなので、クレカ払いでポイント還元されるとお得です。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」のデメリット 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」ここにご注意!• 【check】保険料が若干高め。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は保障内容が厚い分、保険料も若干高めです。 例としてオリックス生命「新CURE」と比較します。 他社の医療保険と比較しても、ほんの少しだけ保険料高いかなぁと感じることがあるかもしれません。 その原因は、基本保障のなかに ・日帰り入院から入院5日目まで一律5日分の入院給付金を支給 が含まれていることが原因と推測されます。 先述したとおり、最近は入院は短期化しています。 最近は入院を短期化して、かわりに通院が長期化する傾向にあります。 短期の入院ってけっこうお金かかるんです。 医療費はもちろんなんですけど、他にも日用品の準備だとか、交通費とかに…。 そう考えると、保険料は若干高くても、入院すれば必ず一時金が支給される点は三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」のメリットとも考えらえますよね。 これが、保険料の安い他社の医療保険は短期の入院に対応できていないことがあります。 保険料が安いからといって飛びつかず、短期入院の扱いを比較してみましょう。 ちなみに、各社医療保険の保険料は下記リンク先で比較しています。 厳密に保障内容を合わせて比較するのは難しいので、ご参考程度に。 評価:「S」(S、A~Cで判定)。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の大きなメリットは豊富なオプションです。 他社の医療保険をかなり研究して開発されてます。 現在の医療保険で選ぶオプションは全て網羅されているのはないでしょうか。 現在発売されている医療保険の基準となる医療保険です。 医療保険の選び方として、 「三井住友海上あいおい生命のこの特約より、こっちの方がいいなぁ」 「三井住友海上あいおい生命の特約の方が、この医療保険より自分にあってるなぁ」 「三井住友海上あいおい生命の方が、似たような保障なのに保険料が安いなぁ」 といったように、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を軸に比較していくと、効率的に理想の医療保険に近づけますよ。 よって評価は「S」です。 いまのところ大きな欠点は見当たりません。 また、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を検討されている方は、と比較しておくことがおすすめです。 こちらも特約の種類が豊富でその質も高めです。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の相談をするなら。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は幅広い保険ショップで取り扱っているので、ご近所の保険ショップでもきっと相談できます。 けれども、ふらっと保険ショップに立ち寄ってみて、 「すいません。 うち、三井住友海上あいおい生命取り扱ってないんですよー」 なんて言われてら悲しいですよね。 そんなことがないように事前に調べておきましょう。 保険相談ニアエルというサイトを使えば、取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができます。 【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。 全国1,200店舗から検索可能。 検索できる保険ショップの店舗数は業界No. 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。 ユーザの通報制度あり。 通報された保険ショップは掲載停止を検討。 保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。 全国1,200店舗を予約可能。 自宅近くの保険ショップを選び、• 相談希望日時• 生年月日• 電話番号• 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択) を入力すれば予約完了です。 ほんとに30秒で予約できますよ。 便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。 お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。 また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。 なんとなーく入りにくい保険ショップ。 強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。 ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。 ・予約しておけば、待たされることはありません。 予約優先です(もちろん予約無料)。 ・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。 相談が円滑に進みます! また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。 そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。 保険見直しラボです。 【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】 30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。 訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。 「自宅の近くに保険ショップがない…」 「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」 「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」 そんな方にはぴったりのサービスですよね。 相談の申し込みはとっても簡単。 ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。 3分くらいで終わります。 オペレーターから電話がくる。 相談する日程と場所の調整をする。 担当FPがやってくる。 これだけです。 もちろん 相談は無料です。 気軽な気持ちで相談してみましょう。 ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。 この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。 保険見直しラボは三井住友海上あいおい生命と提携してます。 保険見直しラボの全スタッフが三井住友海上あいおい生命を含む30社以上ほ保険会社を取り扱うことができるのでご安心を。 保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。 大丈夫です。 ちゃんとした会社ですよ。 生命保険の相談はもちろん無料です。 保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。 しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。 おすすめされた生命保険に納得できなければ、 「うーん、よく考えてみます…」 と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。 相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。 最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。 そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。 生命保険の相談は気軽な気持ちで。 重く考える必要はありません! まとめ 公式サイト: 豊富なオプションで選択肢が広い三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」。 基本保障で短期入院がサポートされている分、保険料はほんの少し高めですが、オプションが豊富で痒い所に手が届く医療保険ですね。 特に、• 不妊治療• 女性特有の疾病 に手厚いオプションがあり、結婚したばかりの若い女性(40歳未満)にとっては魅力的な医療保険に見えます。 三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は全国の保険ショップで相談できます。 医療保険は多種多様なので、生命保険各社の医療保険と比較して検討してみましょう。 こんにちは。 僕は今年で40歳、嫁と1男1女の子を持つパパです。 大学を出て保険関係の仕事に就いていたのですが、生命保険ってわかりにくいなぁと思いながら仕事をしていました。 (保険代理店ではありません。 もうちょっと特殊な会社です) このサイトでは、僕と同年代の方に向けて、なるべくわかりやすく保険について説明したいと考えています。 よろしくお願いします! カテゴリー• 177• 3 Twitter始めました。

次の

保険会社情報(格付け等)|プロが教える保険選び【保険マンモス】

三井生命保険 評価

100年以上の歴史がある昔ながらの生命保険会社 三井生命の前身は高砂生命保険株式会社で 創業が1914年ですので、 前身からみると100年以上の歴史がある生命保険会社です。 生命保険業界の中では中堅生保に位置づけられます。 主力保険商品は 「ベクトルX、3年ごと利差配当付利率変動型新積立保険」。 ライフサイクルによって見直しが出来る総合保障型の保険です。 一般的な病気のカバーや死亡保障はしっかりしているので保険商品しては良いでしょう。 ただ、有名人を起用したCMなどはしておらず生保業界では露出が地味ですので、 急成長している生命保険会社と比べると人気はありません。 三井生命は年々売り上げが伸び成長し続けている保険会社ではなく、 どちらかというと 保険料収入減少や運用などで苦労しているのが現状です。 しかし 筆頭株主が三井住友銀行になるので 業績悪化で破綻し保険料が支払われなくなるということはまずあり得ません。 娘の学資保険で、この度満期になる予定です。 しかし、最初にもらったパンフレットの金額ではなく、165万を22年かけて積み立てても168万ぐらいにしかなりませんでした。 実際の運用が上手くいかなかったとの説明ですが、入るときは良いことばかり言ってくるのに、満期時にはこの仕打ちでした。 学資保険は郵便局が良かったと今さらながらに悔やまれます。 娘の独り暮らしの糧になるかと思い、これだけはやめずに続けてきたのが、自分の馬鹿さかげんに呆れています。 社員の給与は減らさないのに、運用が失敗したつけは会社が負わず、真面目に積み立てている層が被害を被るということですね。 三井生命は住友と合併した時には、はぶりが良かったのに、上層部の給与はより高く、生保レディーさんの営業の苦労の上にぬくぬくと高給をとっていると感じます。 パンフレットを22年も大事にとっておかなければ良かった。 三井生命、三井海上、三井カード全てを解約します。 これは、私の担当外交員だけの話かもしれませんが、自宅にたまに訪問に来た際、既契約についてや、「こんなのあるんだけど、どおかな~と思って」と、見積を持ってきた商品について、わからないことがあり質問すると、いつも「え~っとね、ちょっと待ってね。 今確認してみるから」と言って、必ず自分の営業部に電話して、部長に助けを求めます。 保険て、少なくても、商品の特徴とか、どんな時役に立つかくらいは、最低限トークとして準備するもんだと思うのですが、この方は毎回こうです。 しまいには、自分で説明するのが面倒なのか、部長を連れてきて、私が質問すると、すべて部長が答えます。 また、その方から、代理店をしてる三井住友海上の、GKくるまの保険も加入してますが、自動車保険の方はまるで無知です。 保障内容も特約の説明もできず、見積はすべて、定期的に応援で出向してくる三井住友海上の担当者に任せ、またその担当者が帯同し、説明は自分でしません。 私が不満なのは、いつも疑問が生じた際、どんな小さな質問でも、私の直接の担当者に聞いても即時解決できないことです。 絶対、「ちょっと聞いてみるわね」と言って何日も結果を待たされるか、忘れたフリをされるのです。 先日も、自動車保険の割引対象になるかもしれない条件にあてはまるかどうか調べて折り返し連絡をお願いしておいたのですが、全く連絡は来ず、2週間後くらいに「今月損保の月でね~ちょっと伺いたいんだけど」と連絡が来た際に、そういえばこないだの件どうなりました?と聞くと「ごめんね~まだ調べてなかったの」という始末。 もう正直、今すぐに全部の契約を解約したい気分ですが、旦那と20年来のお付き合いがあるそうで、そのしがらみでやめられずにいます。 でも、わたしはモヤモヤしっぱなしです。 商品の説明もできない、頼んだことも忘れて新契約のことしか頭にないなんて、客の立場からしたら、マジであり得ません。 ちなみに、その方は先日、勤続30年で表彰されたと言ってましたが、ただただ長く在籍されただけでしょと、冷めた目でしか見れませんでした。 ぶっちゃけ、商品の詳しい解説等をお望みの方は、あまり年配の外交員はオススメできません。 職歴が長いからと言って、すごいとは決して限りません。 旦那は、その方のお母さんのような親しみやすさが気に入りずっとお世話になってるといっていますが、正直、そーゆーのくだらない。 きちんと責任持って真面目に説明してくれる方から加入した方がいいと思います。 不慮の事故で高度障害になっても助けてくれません。 長い間 家族が入っていましたが。 内容を家族が聞いても本人じゃないとダメとか酷過ぎる。 本人が家族に任せると伝えても。 本人は字も書けなくなってしまったというのに。 本人の気持ちになりなよ。 長い間 加入してきたけど本当に困った時にはこんなに酷い対応するんだなと呆れています。 支払われたら即刻 辞めたい。 優しそうな顔して酷い方。 本音を言うと50年以上の保険料本人に返して欲しい。 本人はこの保険会社を信じて独身の時からコツコツ払ってきたんだよ。 これだけ払ってるなら早く支払ってほしいです。 おすすめできない保険会社です。 皆さん気をつけて下さいね。 オーストラリアドルの終身保険のドリームロードは、利率が3. 14年間、毎年3万5000円ボーナスもらえるのということがかなりよかったです。 もっと預けるお金を増やそうとしたら、利率が下がってしまったみたいで、3. また円高で利率が上がれば、ドリームロードをぜひ増やしたいです。 自分で解約時期を考えなくてもいいのもいいですね。 この保険は、今時これだけお金が増える保険なだけあって、営業さんの売り上げにあまりならないから、熱心に売る営業さんはあまりいないそうですよ。 数年前になりますが、会社に営業できていた保険のおばちゃんに営業されていました。 それが三井生命でした。 これがお得なのよ~!いま何に入ってるの?と、休み時間の度にグイグイ来られ、しんどかったのを覚えています。 確かベクトルXという商品だったと記憶していますが、現在の貯蓄額や毎月の支出など根掘り葉掘り聞かれ(答えませんでした)、私が死んだ時、事故に合った時、病気になった時の話を繰り返していました。 確かに生命保険には入っていなかったので、一度休憩室できちんと話を聞いたことがあったのですが、以降会社の電話でまで営業をしてくる始末。 迷惑だと伝えると、あなたのために言ってるのよ!となぜかキレられ、意味がわかりませんでした。 ただ、危機感はちゃんと植えつけられ、保険は入らないとと思っていたので、その後ネット生保に申し込みました。 日本生命が三井生命の株式の過半数を所有して子会社化すると報道されていますが、あの時の強引さは業績が良くなかったがゆえの対応だったのですかね? 貯蓄型の生命保険を探していたはずが、探せば探すほどあまりお金が増えないと知り絶望。 30代独身お先真っ暗?!と思っていたら、三井生命保険と出会いました。 「お金に関するとある女子の悩み…」というマンガ形式の分かりやすい資産運用方法があり、興味を持ってデジタルブックを見てみました。 「へー!こんな方法があるんだ!」というのが第一の感想です。 第二の感想は、賢い女性はこういうものを活用して資産を増やしているんだというもの。 デジタルブックの内容も堅いものではなく、マンガ、グラフを多用してとても分かりやすいものでした。 外貨終身保険なんて三井生命保険のサイトを見るまで知りもしませんでした。 デジタルブックにあったドリームクルーズが気になり、ドリームクルーズの評判を検索。 もちろん外貨を運用するのでリスクはありますが、皆さんそこそこ儲けているよう。 外貨への交換時期を分散したり、受け取る通貨を検討したりすることで資産を増やしているんですね。 一つ賢くなった気分です。 三井生命のドリームクルーズプラスに入っています。 一生涯の保障と計画的な資金準備をご希望の方にという誘い文句に釣られました。 加入した当初は好景気になりつつある時期で、期待が大きかったですし株やFXよりもなんとなく低リスクでできそうだったからです。 でも加入した後に色々勉強し、なかなかの高リスクだったことを知りました。 いや、でも三井生命のドリームクルーズプラスに入ったからこそ知ったことなんですよね。 悔しいですが。 そんなに高リスクだと当時知ってたら無難に定期預金か貯蓄型の生命保険に入っていたと思います。 毎日為替相場を見てはひやひや。 でも長期運用が前提なのでそんなに毎日の変動を気にすることもないのですが。 でもそのおかげで色々と投資関連に詳しくなったのは確かですしドリームクルーズプラスのリスクが高くても、保険料受け取り時にはすごい儲けを出してる可能性だってあるわけです。 そう考えると救われますよね。 神のみぞ知る、ということでしばらくドキドキしながら生きることになりそうです。  生命保険ランキング•  話題のランキング•  保険無料相談ランキング•  派遣会社ランキング•  幼児教室ランキング•  化粧品トライアルランキング•  カニ通販ランキング•  ワキガ対策クリームランキング•  酵素サプリランキング• その他•

次の

[評判/口コミ]三井住友海上プライマリー生命の悪い評判は?保険商品や営業マンを徹底解説

三井生命保険 評価

保険の加入を考える際に、保険料や保障内容などを比較検討するのはもちろんですが、運営している保険会社のことも気になりませんか? 例えば、保険料も安いし保障内容も十分満足できると思っても、聞いたことのない保険会社の保険だと「本当に契約して大丈夫か?」「保険会社が倒産してしまうことはないだろうか?」など、心配になりますよね。 やはり、保険を選ぶ際は運営している保険会社の情報も確認しておきたいものです。 そこでこの記事では、以下の項目について保険会社のランキングをご紹介していきます。 売上高• 格付け• 純資産• 支払い能力• 顧客満足度• 世界のランキング 現在保険の加入を検討していらっしゃる方は、候補の保険の保険会社がどのランキングに入っているか、などチェックしてみるとよいと思います。 保険会社のランキングの順位だけで保険を選ぶわけではないと思いますが、候補の保険の保険会社が上位にあると、なんとなく安心されるのではないでしょうか。 是非、最後までお読みいただければと思います。 第1位は日本生命保険です。 正式名称は「日本生命保険相互会社」といい、本社は大阪で、従業員数は71,871名(うち内勤職員19,515名)です。 1889年7月、有限責任日本生命保険会社として創業し、わずかその10年後の1899年に売り上げ高がトップとなり、130年以上にわたり現在まで 業界のリーディングカンパニーとしての地位を築いています。 売り上げの大きな割合を占める保険料収入は、主に個人保険、個人年金保険が前年度より増加しています。 その要因のひとつとして、外貨建て商品の好調、円建て商品が銀行窓販売にて大幅増加となったことが挙げられます。 また、ニッセイ・ウエルス生命との連結も売り上げの拡大につながりました。 第2位のかんぽ生命は、日本郵政グループの中の主な3事業の中のひとつで生命保険事業を担っています。 1916年に簡易生命保険事業を創業、2007年の郵政民営化に伴い「株式会社かんぽ生命保険」となりました。 社員数は約7,600人と、他の保険会社よりも1桁少ない人数で業界第2位の売り上げを誇っています。 かんぽ生命の特徴は、その名前からもわかるように、「簡易な手続きで、国民の基礎的生活手段を保障する」という理念のもと、全国に2万以上ある 郵便局のネットワークを活かし、簡易的な小口の保険サービスを提供するという独自のビジネスモデルです。 第3位の明治安田生命は、日本最古の保険会社である三菱グループの明治生命と、芙蓉グループの安田生命の二つの財閥が2004年に合併して「明治安田生命保険相互会社」となりました。 その基本理念は、「明治安田フィロソフィー」と呼ばれるもので、• 経営理念:確かな安心を、いつまでも• 企業ビジョン:信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい保険会社• 明治安田バリュー:お客様志向、倫理観、挑戦、想像、協働く成長 で構成されています。 従業員数は43,676人 うち営業職員33,000人 、子会社・関連会社は保険業10社、資産運用関連事業8社、総務7社、その他事業3社と、非常に大規模で多岐に渡っています。 また、経営方針は海外事業よりも、国内の有名大企業を顧客とする 団体保険事業でトップシェアを誇るなど、国内事業に注力しているようです。 格付けとは、 専門の格付け会社が保険会社の保険金の支払能力を評価、ランク付けしたものです。 即ち、その 保険会社の信用度といってもよいでしょう。 (フィッチ)などがあります。 格付けのランクは、大体ABCDで示され、Aの中でもA、AA、AAAの順にランクが上がります。 また、上位に近いものにプラス + 、下位に近いものにマイナス - をつけて表示する場合もあります。 一般的に、BBB以上であれば、保険金支払能力は信頼できるとされています。 債務の支払能力の指標の信用格付け(2019年12月)のランキングは以下のようになっています。 第2位は損害保険ジャパンです。 その沿革は古く、1887年に東京火災から始まり、その後多くの会社が合併・経営統合するなどを経て、2010年に損保ジャパンと日本興亜損保の共同持ち株会社であるNKSホールディング株式会社が発足しました。 その後、損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社へと商号を変更しますが、当時長すぎる会社名として話題になり、2016年に現在の「損害保険ジャパン株式会社」に変更、2020年に「損保ジャパン」と商号変更されました。 損保ジャパンの特徴は、• 国内損害保険市場で収入保険料トップクラス• 約2,000万人の顧客基盤• 多様な顧客のニーズに対応する販売ネットワーク であり、 SOMPOホールディンググループの中核としてその存在価値を示しています。 3位の日本生命は、売り上げ高ランキングの1位でも登場しましたね。 売り上げ高のみならず、格付けにおいても第3位ということで 非常に安定した信用のおける保険会社といえるでしょう。 日本生命保険の社名は、日本生命保険相互会社であると前述しましたが、「相互会社」とは、保険会社にのみ認められた会社の形態です。 一般的な株式会社は、会社の持ち主は株主ですが、相互会社は相互扶助の精神に基づくという意味合いから、契約者が会社の持ち主であるという考え方に基づいています。 その相互扶助の精神にのっとり、 厳格な審査や地道な営業活動など、創業当初からの実直な経営を現在まで続けています。 その堅実な経営活動の結果、利益剰余金の大半を契約者に還元できる安定した経営を守り抜いているといえるでしょう。 全労災(こくみん共済coop)は、組合員の相互補助の精神をもとに運営されている保険事業です。 民間の保険会社と異なり、 非営利団体によって運営されているため、支払う掛金は割安で必要な保障が提供されています。 また、非営利事業であることから、年度末の決算で余剰金が発生した場合は割戻金として組合員に還元します。 これにより、割安な掛金がさらに安くなり、組合員に還元することが可能となります。 2018年度は、資産運用リスク相当額の増加などにより リスクの合計は23 億円増加しましたが、 準備金などの積立などにより支払余力総額が 493 億円増加したことにより、ソルベンシー・マージン比率は前期比から42. 1%増加し、1,810. 1%となりました。 第3位は三井住友海上あいおい生命保険です。 2001年に住友海上ゆうゆう生命保険と三井みらい生命保険が合併して三井住友海上きらめき生命保険、また、大東京しあわせ生命保険と千代田火災エビス生命保険が合併してあいおい生命保険が設立され、2011年にその2社が合併して三井住友海上あいおい生命保険となりました。 1681. また、 保有契約件数、保有契約高、保有契約年換算保険料の全てが直近5年間で毎年増加するなど、その販売力においても勢いを感じます 順位 保険会社名 総合点 加入手続き 商品内容 保険料 アフターフォロー 1 プルデンシャル生命 71. 10点 73. 61点 74. 59点 67. 98点 65. 88点 2 ソニー生命 70. 57点 73. 09点 73. 39点 68. 22点 65. 45点 3 アクサダイレクト生命 70. 40点 74. 08点 72. 62点 68. 53点 63. 95点 4 東京海上日動あんしん生命 70. 12点 73. 23点 73. 16点 67. 95点 63. 62点 5 ライフネット生命 69. 97点 74. 06点 72. 78点 68. 27点 61. 84点 6 SOMPOひまわり生命 69. 54点 72. 36点 72. 19点 68. 35点 62. 88点 7 三井住友海上あいおい生命 69. 48点 72. 55点 72. 31点 67. 69点 62. 91点 8 メットライフ生命 69. 28点 72. 48点 72. 04点 67. 15点 62. 97点 9 ジブラルタ生命 69. 22点 72. 16点 71. 86点 66. 50点 64. 20点 10 オリックス生命 68. 99点 72. 74点 72. 49点 66. 72点 61. 01点 プルデンシャル生命は、世界最大級の金融機関であるプルデンシャル・ファイナンシャルのもと、1987年に創業を開始しました。 プルデンシャル生命の大きな特徴は、 全てオーダーメードの生命保険を提供していることです。 そのため、プルデンシャル生命の営業担当者「ライフプランナー」はそれぞれの顧客の年齢や職業、家族構成、人生設計、資産、年収などに応じ、個々に応じたオーダーメードの保障を提案しています。 「ライフプランナー」という名称からもわかるように、保険を売って終わりではなく、一人一人の顧客のライフステージの変化や、保障の見直し、保険金を受け取る際にも、きめ細かく対応します。 顧客とその家族の生涯にわたってその関係を続けているライフプランナーも少なくないようです。 商品内容とアフターフォローともに1位、加入手続き3位という結果からも、ライフプランナーの評価の高さが伺えます。 ソニー生命の前身であるソニー・プルデンシャル生命保険は、1979年プルデンシャル生命との合弁にて設立されました。 その際に、「生命保険の目的は、個人に経済的な安定を保障することである。 従って、どのような保険が適しているかは、個人のニーズによって異なる」という原点のもと、オーダーメードの保険設計にこだわり、今日に至っています。 その個々の顧客のニーズにこたえるためには、質の高いコンサルティングセールスを行うことが必要であり、そのためには、保険だけでなく法律や税のことなど幅広い知識を持った担当者「ライフプランナー」でなければならないとされています。 このあたりは、1位のプルデンシャル生命の流れをくむもので、 商品内容とアフターフォローで2位と高い評価を得ています。 アクサダイレクトは、2006年に 日本で最初のネット保険会社として設立されました。 ネット保険会社の名のとおり、上で紹介した1位、2位とはビジネスモデルが全く異なっており、 わかりやすく便利で合理的なサービスを提供することを使命としています。 他社と比較したアクサダイレクト生命の強みは、• 必要な保障に絞ったシンプルな商品を自由に組み合わせることができる• 印鑑や書類は不要で、手続きはwebで完了できる• 平均2. 69日で保険金を支払う• 無料で健康相談やセカンドオピニオンのサービスを受けられる• webが不安な方には電話で対応 などが挙げられます。 また、店舗や営業担当者がいないことでのコスト削減により、割安な保険料も魅力のひとつです。 項目別の評価も、 加入手続きと保険料で1位の評価を得ていることから、これらの強みが活かされ顧客に支持されていることがわかります。 順位 保険会社 国 総資産額(億ドル) 1 アリアンツ ドイツ 10,469. 60 2 アクサ フランス 10,380. 60 3 中国平安保険 中国 9259. 88 4 プルデンシャル アメリカ 8211. 31 5 メットライフ アメリカ 7205. 15 6 かんぽ生命 日本 6986. 67 7 バークシャーハサウェイ アメリカ 6815. 54 8 日本生命 日本 6607. 16 9 プルーデンシャル イギリス 6446. 31 10 リーガル・アンド・ゼネラル イギリス 6429. 23 トップ3は、ドイツ、フランス、中国の保険会社がランクインしており、アメリカはプルデンシャルが4位となっています。 しかし、トップ10に入っている数はアメリカが3社と最も多いですね。 日本の保険会社は、かんぽ生命が6位、日本生命が8位でトップ10に入っており、日本生命以外の国内大手生保では、16位に第一生命、21位に明治安田生命、23位に住友生命が入っています。 ここまでご紹介してきたランキングはどれも重要な要素ではあるのですが、その中でも 最も重要視しておきたいのは、ソルベンシー・マージン比率です。 例えば、万が一保険会社が倒産した場合のことを考えてみましょう。 保険会社が倒産した場合でも、契約者の保障が全て無効になることはありません。 生命保険契約者保護機構によって、保険契約は継続されます。 またその後の措置には、以下の2つの場合があります。 救済保険会社が現れた場合:救済保険会社が契約を引き継ぐ• 救済保険会社が現れなかった場合:生命保険契約者保護機構または、その子会社として設立される承継保険会社が契約を引き継ぐ このように保険契約は引き継がれていくのですが、以下のデメリットがあります。 責任準備金が90%までしか補償されない 責任準備金とは、保険会社が将来の保険金などの支払のために準備して積み立てているお金のことで、実際の保険金の支払が90%まで補償されることではありません。 予定利率が下がる 契約の際に提示されていた予定利率よりも下がる可能性があります。 せっかくコツコツと払い続けてきた保険料が、保険会社の倒産によって予定より少ない金額しかもらえないなどということは、なんとしても避けたいですよね。 そのための指標として、ソルベンシー・マージン比率は非常に重要な指標です。 保険の加入を検討する際には、ソルベンシー・マージン比率は必ずチェックするようにしてください。 保険会社のランキングについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 最後にそれぞれのランキングの順位などをもう一度整理してみます。 【売上高ランキング】• 日本生命保険• かんぽ生命• 明治安田生命保険 【信用格付けランキング】• 東京海上日動火災保険• 損害保険ジャパン• 日本生命保険 【総資産ランキング】• かんぽ生命保険• 日本生命保険• 明治安田生命保険 【 ソルベンシー・マージン比率ランキング】• 東京海上日動あんしん生命保険• 全労災• 三井住友海上あいおい生命保険 【顧客評価・満足度ランキング】• プルデンシャル生命• ソニー生命• アクサダイレクト生命 【世界の保険会社(総資産)ランキング】• 1位:アリアンツ(ドイツ)• 2位:アクサ(フランス)• 3位:中国平安保険(中国)• 日本の保険会社は6位:かんぽ生命、8位:日本生命• 最も重要な指標は、予測不能の事態が起きた場合の支払能力のソルベンシー・マージン比率 いかがでしたでしょうか。 現在、保険の加入を検討中の方はこれらのランキングの指標、特にソルベンシー・マージン比率をチェックするようにしてくださいね。

次の