喪中 何親等。 喪中の範囲何親等まで

喪中はがきは身内同士でも出すの?|親戚・兄弟・子供・何親等|終活ねっと

喪中 何親等

身内が亡くなった場合、喪中の範囲はどこまでの間柄と考えるのが一般的か、戸惑う人もいるのではないでしょうか。 今回はこの記事で、どこまでの親族が喪に服す範囲なのか、一般的な服喪期間や喪中で控えるべきことなどをご紹介します。 喪中の範囲は何親等まで? 喪中とは、身内に不幸があった場合、故人の死を悼み、一定期間喪に服すことをいいます。 「服喪(ふくも)期間」と呼ばれることもあります。 「服喪」の「喪」は喪中を指します。 喪中の範囲は2親等までが目安 喪中の範囲は2親等までが一般的といわれています。 2親等とは、自分や配偶者の兄弟姉妹、祖父母、孫までを言います。 ただし、2親等までというのはあくまで目安であり、3親等以降でも深い付き合いがあった場合など、自分の気持ち次第で喪に服しても良いとされています。 最近は同居しているかどうかで決める人も多いです。 親族、地域内で慣習がある場合も従うといいでしょう。 親等 自分との関係 0親等 自分(夫・妻) 1親等 父母、配偶者の父母、子 2親等 自分や配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母、孫 3親等 自分や配偶者の曽祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者、自分の甥姪 親等は自分や配偶者を0親等として考えるため、両親や子供は1親等となります。 義理の両親や兄弟姉妹については、自分の両親・兄弟姉妹と同じ親等になります。 つまり、配偶者の両親、兄弟姉妹についても自分と同じように喪に服すのが基本です。 喪中の期間 服喪期間は長くて1年程度 喪中の期間は故人との続柄に応じて長くて1年程度というのが目安です。 一周忌法要を区切りとして喪明けと考えるといいでしょう。 とはいえ、喪中の期間も喪中の範囲と同じく、現在の法律では厳密に定められていません。 明治時代までは太政官布告で喪中に関する定めがありましたが、昭和22年に撤廃されました。 現在も慣習として一般的な目安はありますが、同居や別居など、付き合いの程度によって決めることも増えています。 1年を目安として、悲しみが大きい場合は長期間喪に服してもいいでしょう。 続柄 喪中の期間 父母・義父母 12ヶ月〜13ヶ月 子 3ヶ月〜12ヶ月 祖父母 3ヶ月〜6ヶ月 兄弟姉妹 1か月〜6ヶ月 曾祖父母、伯叔父母 喪中としない 亡くなって四十九日までは忌中 喪中と似た言葉に「忌中」があります。 喪中と忌中とは、他界してからの日数によって呼び方が変わります。 一般的に忌中は、故人が亡くなってから四十九日の忌明けまでが範囲となります。 喪中は、故人を偲ぶ期間とされるのに対し、忌中の間は故人に祈りをささげるとともに、死の穢れが身についているため外部との接触を避けるべき期間とされています。 「忌服(きふく)期間」とも呼ばれ、「忌」は忌中を指します。 喪中の期間中、控えるべきこと お正月のお祝い(年賀状) 喪中は故人を偲ぶ期間として、お正月のお祝いを控えたほうがよいとされています。 お正月のお祝いに関連して、年賀状による新年のあいさつも控えるのが一般的です。 年賀状の代わりに喪中はがき(年賀欠礼状)を出します。 喪中はがきを出すのも、故人が亡くなりお正月のお祝いをする気になれないという悲しみの表現のひとつといえます。 結婚式 喪中の期間は結婚式を行うことや参列することも、控えたほうがよいとされています。 とはいえ、最近は四十九日の忌明け以降であれば結婚式を行う人や、友人や会社関係者の結婚式であれば喪中でも参列する人は増えています。 迷ったときは周囲と相談して決めるといいでしょう。 旅行・遊興 旅行や遊興も喪中で控えたほうがいいとされることのひとつです。 遊興とは文字通り、遊び興じることをいいます。 現在は忌明けを区切りにするケースが一般的ですが、かつては服喪期間中の殺生を禁じ、お酒やお肉も断つべきとされていたことが影響していると考えられます。 喪中はがきを出す範囲 2親等までが一般的 喪中の範囲と同様に、喪中はがきを出すのも2親等までが一般的ですが、3親等以降でも喪に服したいと思えば喪中はがきを出してかまいません。 年賀状にて喪に服す期間は一律1年間が通例となっています。 ちなみに、法人の場合は喪中という概念がないため、会社の社長が亡くなった場合社員が喪に服す必要はありません。 しかし、家族経営の場合は喪中として新年のあいさつを遠慮する場合もあります。 喪中はがきを出すタイミングは? 11月~12月15日ごろまでに送ろう 喪中はがきは、相手との行き違いを防ぐため、11月から12月15日までに送るのがベターです。 年末近くに不幸があった場合は、寒中見舞いにて喪中の旨を伝えるといいでしょう。 喪中でも参加していいのは? 寺院への初詣 喪中の期間でも寺院への初詣は問題ないとされています。 神道と違い、仏教には死をけがれとする考え方がないためと考えられます。 神道も忌明け以降であれば初詣をしてもいいとされていますが、地域によって考え方が異なります。 慣習があれば従いましょう。 お中元・お歳暮を贈り合う お中元・お歳暮も、自分や相手の喪中に関係なく贈りあって問題ないとされています。 お中元やお歳暮はお祝いではなく、日ごろの感謝を伝えるための慣習だからです。 注意したいのは、喪中の期間中に贈るお中元やお歳暮には、紅白ののしを使用しないことです。 贈るタイミングも、四十九日の忌明け以降になるよう考慮するほうがいいでしょう。 喪中の範囲は2親等まで、服喪期間も把握しておこう 喪中の期間は四十九日をめどに慶事も控えるのが一般的 身内が亡くなった場合の喪中の範囲は、2親等までとするのが一般的です。 服喪期間は続柄によって異なりますが、1周忌をめどに考えるといいでしょう。 服喪期間中の注意点としては、新年のお祝いや結婚式など、慶事は控えることです。 とはいえ、あくまで喪中の範囲や服喪期間も、一般的な目安であり明確な決まり事ではありません。 3親等以降でも付き合いが深かった場合は喪に服しても問題ありませんし、最近は四十九日の忌明けを区切りに結婚式を行うことも増えています。 自分自身の気持ちを第一に、親族や地域の慣習があれば従いながら行動するといいでしょう。

次の

喪中はがきどこまで出す?何親等までが対象範囲?出す相手は?

喪中 何親等

個人的には「喪中はがき不要論」者なのですが、 亡くなった方が同居や1親等でないのなら、出す必要はありません。 喪中はがきはあくまでも「喪に服している期間なので、そっとしておいてください」的なものなので、 喪に服している期間でないのなら、言い方は悪いですが喪中はがきは 「今年親族が亡くなっちゃったんだよ~」って宣伝しているようなものです。 知らさなくてもいい方々に知らせているわけで、そんなことをする必要もないのです。 それに近親者なら、喪中はがきを出すまでもなく、そういう点を気にしてくれているでしょう。 喪に服している時期に年賀状を頂いたら、 その返事を1月15日以降にふつうのはがきで出せばいいだけです。 どうも今の日本は、日本人らしいスマートさが失われつつあると思います。 質問の意味が二つに取れますが。 喪中はがきは、年内にご家族のご不幸があって喪に服している場合に年賀状を遠慮してその旨の挨拶状を年内に相手に届くように出しておきます。 年賀の欠礼とは本来は故人を悼む気持ちの度合で期間を定め、服喪して静かな正月とするものですが、仏式で四十九日で喪が明け、神式は五十日、キリスト教では一カ月程過ぎての新年は年賀状を出してもかまわないのですが、実際にはその年一年間に遡って喪中としているのが一般的なようです。 通常喪中はがきは「ご本人の一親等限り」と考えてもよいのですが、ご本人からみて祖父母、義父母の場合でも喪中にされている例も多くみられますので、古いしきたりにとらわれず、差し出す相手がごく親しいお付き合いのかたには喪中を、単に形式だけの賀状交換をされてる方への場合は、年賀状にすると云う二本立てにしている方もあるようです。 喪中はがきは相手方が年賀状を出す前(年賀郵便特別取扱い期間は十二月十五日より二十八日迄)に相手側に届くようになるべくお早めにご準備されることをお勧め致します。 喪中はがきが間に合わない場合には、年明け、松の内が明けてから寒中見舞いはがきを出します。 また喪中はがき文面の文字色は、慣例で黒ではなく薄墨(グレー)で印刷するのが正式です。

次の

喪中の範囲で別居の祖母はどうなる?はがきを出すべき親等と期間は?

喪中 何親等

喪中とは 「喪中」とは、近親者が亡くなった際、その死を悼んである一定の期間、喪に服することを言います。 一般的に、喪に服している間は、公に行われる慶事から外れることになり、「忌服(きふく)期間」「服喪(ふくも)期間」とも言われます。 では、一体、この慣習は何のためにあるのでしょうか。 一定期間、故人の死を悼むだけにあるものなのでしょうか。 少し、詳しくみていきましょう。 忌中と喪中の違いは他界してからの日数 実は、喪に服する期間でも、故人が他界してからの日数によって、名称が異なり、外れる慶事も異なってきます。 「忌中(きちゅう)」他界後、四十九日の忌明けまで• 「喪中(もちゅう)」一周忌まで 冒頭に別名として記載した名称に使われている「忌」は忌中を、「服」は喪中を指しています。 「忌中」は、故人に対して祈りを捧げる期間とされ、この期間は死の穢れ(けがれ)が身についているため、外部との接触を避けていました。 「喪中」は、故人を偲ぶ(しのぶ)期間とされ、慶事の執り行い、また参加することを控えていました。 喪中の期間は一年ではない? 喪中の期間は、故人との関係性にもよりますが、一般的には長くて1年間とされています。 一周忌法要を境に喪明けとされています。 ちなみに、明治時代には太政完布告で喪中に関する取り決めがありましたが、昭和22年に撤廃されました。 続柄による、一般的な喪中の期間は、以下の通りとなります。 父母・義父母:12ヶ月〜13ヶ月• 子供:3ヶ月〜12ヶ月• 祖父母:3ヶ月〜6ヶ月• 兄弟姉妹:30日〜6ヶ月• 曾祖父母(そうそふぼ):喪中としない• 伯叔父母(はくしゅくふぼ):喪中としない 喪中の範囲は何親等まで? 喪中は、一般的に亡くなった人が2親等までが範囲とされ、3親等からは喪中としないことが多いです。 しかし、3親等以降でも、同居しているなど、故人との関係性が深い場合には、喪に服すことがあります。 喪中に控えた方がよい行事 遊興(ゆうきょう) 遊び興ずることを指します。 特に、酒色に興じることを指します。 結婚式参列 結婚式への参列は、一般的に控えます。 しかし、現在は、友人や会社関係の場合は出席することもあります。 結婚式の執り行い 一般的に、喪中に結婚式を執り行うことは避けた方が良いとされていますが、最近は、四十九日の忌明け以降であれば、執り行うことが多くなってきています。 喪中の旅行 以前は、遊興を控えるということから、喪中の旅行は避けた方が良いとされていましたが、現在は、忌明けを目処に行うことが多いようです。 まとめ 喪中に関して説明をしてきましたが、いかがでしたか。 喪中という言葉の持つ意味や喪中の期間・範囲、期間中に控えた方が良い行事など、参考にして頂けると幸いです。

次の