ディズニー プリンセス 性格。 【決定版】ディズニープリンセス全員を一覧で紹介!名前・年齢・名言・性格・トリビアも♪

ディズニープリンセス人気ランキングTOP15!女子が憧れるヒロインは?

ディズニー プリンセス 性格

いつも忙しいあなた。 今日は久々の休日!何しよう??• 小説を読む• ショッピングに行く• ジムで汗を流す• とりあえず友達に電話する• 旅に出る!• 家事しないと・・・• ボーっとする Q2. 好きな人から突然別れの言葉を言われたあなた・・・さて、どうする?• ひたすら泣いて引き留める• 納得がいく理由が聞けるまで問いただす• しょうがないと諦める• 怒って自分からサヨナラする• 無視して聞かなかったことにする• あら、そう!じゃあこれからはお友達ね!• 黙って受け入れる Q3. 「夏」といって思い浮かべるものは何?• 海!プール!水着!• ワッショイ!祭り!• スイカ、かき氷• 肝試しでヒンヤリ〜• 夏休みの宿題• サンサンと照る太陽• 高原、避暑地、テニス Q4. 宝くじで大金が当たっちゃった!!そのお金でまず何をする?• 親にあげる• 好きなものを好きなだけ買う!• 友達とパーっと飲んで食べて遊びまくる!• 家を買う• 世界一周旅行• 恵まれない子供のために寄付をする• 全額貯金して普段と変わらない生活を送る Q5. 学園祭であなたが希望する役割は何?(もう卒業しちゃった人は昔を思い出して答えてね)• あまり目立たない係(積極的に参加しないかも)• 会計(細かいことなら任せて!)• 実行委員長(みんなをグイグイ引っ張ります!)• 打ち上げ担当(盛り上げ役なら私に決まりっ)• パンフレット作成(地道な作業が好きかな)• ミスコンのクラス代表(そりゃあ、私しかいないでしょ!)•

次の

ディズニープリンセスの一覧&人気ランキングTOP13!【女子の憧れ】

ディズニー プリンセス 性格

どうも、ネロです。 ついに今宵、決定しますよ。 一体僕がどのディズニープリンセスと結婚したいのかを・・・! 学生時代にイギリス留学をした際には、周りの日本人留学生たちが何かしらの恋愛沙汰を起こしていたのに対して、清廉潔白なノースキャンダル男として帰国するほど非モテだったという華々しい経歴を持つ僕が、ついに結婚したいディズニープリンセスをランキング形式で決定したいと思います。 その非モテっぷりから逆にプリンスと呼ばれるようになった僕が、徹底的にそれぞれのディズニープリンセスを分析。 言ってみればこれは花嫁候補のディズニープリンセスの中から運命の一人を選び出す、バチェラー的な企画なのであります。 評価基準の説明 さあ、まずは順位を決定するルールを確認してみよう。 今宵プリンスとなる僕が恋人に求める条件は以下の3つだ。 ルックス 2. 家事 まず最初の「 ルックス」について。 まあ、やっぱり好きになる最初のきっかけはルックスからだったりするものです。 美人は3日で飽きるという言葉もありますが、それでも美人に越したことはないじゃないですか。 (小並感) ということで僕の好きなルックスを適当に羅列してみると、、、 ・キレイかカワイイで言うと、 キレイ系が好き。 ・清楚系かギャル系かで言うと、 ギャル系が好き。 ・顔のパーツで重視するのは 細くてシュッとした鼻をしているかどうか と言った感じでなのです。 やはり結婚するとなれば性格や価値観の一致というのも大切な要素だと思います。 結婚して一緒に住むとなれば テレビのチャンネル争い、 趣味の不一致、生活リズムの違いなどで揉めてしまうカップルもいるでしょう。 また、当たり前ですが浮気せずに僕のことをしっかり愛してくれるかどうかなどもここに含みます。 そして最後の3つ目は 家事について。 今は男女問わず家事をする時代にはなっていますが、やはり料理が上手な女性というのは魅力的です。 また、家事を分担制にするとしても、 お互いにしっかり分担した家事をこなせるか、 相手が仕事などで当番になっていた家事を行えない時にフォローできるかどうか、なども大切なポイントなのではないでしょうか。 そこで評価基準として、基本的な家事の能力に加え、家事を当番制にするに当たってスムーズに行っていけるかどうかに注目したいと思います。 また、今回評価するプリンセスは以下の通り。 ウィキペディアのディズニープリンセスとして記事執筆現在(2018年8月)に記載のあった13名を対象としますが、上位10名を今回は発表していきます。 しかし、僕は声を大にして言いたい。 白雪姫からはどこか 清楚系ビッチ的な雰囲気を感じてしまうのです。 森の動物や7人の小人たちを手玉にとるその様子はまさに魔性の女に他ならない。 劇中でも甘い言葉を次から次へと男にかけているのだ。 男たるものこの手の女性には一番気をつけなければならないでしょう。 そんな白雪姫であれば結婚後の浮気のリスクも高いのではないかというのも僕は危惧しています。 一方で意地悪な女王から召使のような扱いを受けていた為、家事をこなすスキルは高いです。 しかし、結局はそのスキルも男たちを誘惑する為の術として使われているのではないか・・・と勘ぐってしまう為価値観の評価は低めになっています。 ちなみに豆知識だが白雪姫はあのルックスで実は14歳という驚愕の設定があります。 14歳にしてあの小悪魔っぷり。 なんだろう、中学時代の甘酸っぱい恋の思い出がフラッシュバックする・・・。 なぜならオーロラは基本的に寝ているので・・・。 内面の美しさも劇中で描かれてはいますが、他のプリンセスたちと比べてしまうとかなり印象が薄いんですよね。 繰り返しになりますが、劇中で基本的にオーロラは寝ているからです。 (大事なことなのでとりあえず二回言いました)きっと結婚してからも休日は寝てばかりで、一緒に遊んだり家事をこなしてはくれないだろうと言う非常に安直な想像の元、家事の評価は厳し目です。 しかし、美しいブロンドの髪に黒のカチューシャというギャル感に加え、すらっとした背丈にロマンを感じたためにルックスには高い評価をつけています。 誰とでも仲良くなれるというか、人の懐に入るうまさがあり、コミュ力の高さはディズニープリンセスの中でも随一なのは間違いないでしょう。 一方で、そのコミュ力の高さやアナの好奇心が一緒に暮らした際にはプリンスである僕の「苦労」に繋がるかもしれないとも考えてしまいました。 休日に雪だるまを作りたくて仕方がないアナ、休日は仕事の疲れを癒したい僕。 しかし僕もアナをがっかりさせてしまっているという罪悪感に苛まれてしまう。 白い肌にブロンドの髪が僕のドストライクというのもありますが、そもそも素材が素晴らしいのだと僕は感じています。 一夜にして王子様の心をものしたのは彼女の顔面によるところが大きいのではないかと僕は推測しているのです。 性格は良くも悪くもおとなしくあまり主張をしないタイプといったところでしょうか。 きっと二人で暮らしていれば揉め事は少なく、家事も一生懸命やってくれるはずです。 確かにそれは悪くないのですが、やはり恋愛というのは刺激がなければ心が冷めてしまのではないでしょうか。 特に僕は恋愛では追いたいタイプなのでシンデレラとはうまくいかない気がするのです。 (「知らんがな!!」というツッコミは受け付けません。 ) 白雪姫同様、ディズニー旧作品のプリンセス達は控えめでおしとやかな女性が多いですよね。 それがプリンセスとして必要な要素なのは間違いないのですが、現代においては「自立心がない」と思われてしまうかもしれませんね。 そこが個性のマイナスポイントにも繋がった結果となっています。 その姿はまさにナイトプールで見かけるギャルそのものです。 (なんか インスタとかに料理の写真あげちゃう系女子なんじゃないかと思いました) 価値観を平均的な評価にさせてもらったのは、恋愛体質すぎるその性格が原因となっています。 自らの声を失ってまで愛する人に会おうとするアリエル。 男とすればその想いは嬉しいです。 しかし、考えてみてください。 家族も捨て、声も捨て、全てを捨ててまで愛する人の元にやってくるのです。 「ちょっと待ってくれ、君本当にそれでいいのか?」と思わず思ってしまわないでしょうか。 それに、なんならちょっと重いような気も・・・。 これは俗に言う メンヘラ女子というやつではないかと僕は思ってしまうんですよね・・・。 きっと、 アリエルは会いたくて震えちゃう女子なのだと僕は結論付けました。 ベルについてはもっと高い順位にしても良いような気もしたのですが、やはり周囲から変わり者だと思われてしまうその性格は少し不安が残ったのでこの結果となっています。 ルックスについてはもはや言及不要でしょう。 町一番のチャラ男ガストン兄貴がどうしようもないほど好きになってしまうという点を考えれば、ベルのルックスの良さは半端ないレベルであることがうかがえます。 家事に対していうと、しっかり者な部分を評価しています。 父親を救うために自分が犠牲になるというその精神に加え、 完全にニートだった野獣の王子を更生させたあたりも非常に頼もしいですね。 (他のプリンセスと比べると影は薄いですが・・・) 願いは星に願うものではないと考え、努力することを怠らない彼女。 そのひたむきな姿は、恋愛を抜きにしても非常にリスペクトできます。 きっとティアナは家庭と仕事を両立し、子供がいれば良い母親になるのではないかと思います。 また、劇中ではカエルに変わってしまった王子と冒険に出ますが、その珍道中が面白くて可愛くってとても微笑ましいですよね。 きっと付き合ったり一緒に暮らしたら笑いの絶えないカップルになるのではないかと想像してしまいます。 一見そんなパーフェクトに見えるティアナが4位となったのは、良い女友達になってくれるだろうな・・・という思いの方が強くなってしまったからです。 しかし、 男女の友情と恋愛は紙一重です。 僕とティアナの今後の展開に注目しておいてほしいです。 そしてジャスミンはなんと言っても一途な女性であり、プリンスのことを強く信じることができるのです。 どこの馬の骨とも分からない青年がいきなり空飛ぶ絨毯に乗ってくれとサイコパスなことを言っても信じて飛び乗ることができるその心意気。 男性側からすると、愛する女性から強く信じてもらえるのは嬉しいものですね。 きっと僕が仕事の飲み会で帰りが遅くなってしまっても、変な疑いを持たずに待っていてくれるような気がします。 また、ジャスミンはとても頭が良さそうな印象もありますね。 劇中では常に間抜けなお父さんと対照的に描かれていたのも印象的でした。 ディズニープリンセスの中ではベルも頭の良さが際立っていますが、変わり者と揶揄されてしまうベルよりも活発でハツラツとしているジャスミンに軍配が上がった形です。 キレイ系な見た目は完全にドストライク。 さらにこのシルバーの髪は 完全にギャルがブリーチした時の髪色に他なりません。 価値観の星が一つ欠けているのは、喧嘩して怒ってしまったら突然雪山に家出して城でも建ててしまうのではないかということを懸念したためです。 どう考えても怒った時の彼女は手に負えません。 どんなに謝ってもレリゴーの一点張りなのではないでしょうか。 また、エルサにはアナという「雪だるま作ろう」とか言って城の中を自転車で走ってしまう超絶陽キャな妹がいるため、どうしても彼女には陰な印象を持ってしまいます。 しかし、彼女の圧倒的美しさは彼女の影の部分さえも魅力に映すのではないでしょうか。 暗い雰囲気の美少女というのは、いつだってクラスの一部の男子から圧倒的人気を誇っているものです。 そして家事を満点にしたのは美味しいアイスを作ってくれそうという理由です。 やはり決め手は彼女の飾らない性格であり、一緒にいて自然体でいられる女性だということなのだと思います。 長い間塔に監禁されていたという超絶暗い過去を持ちながら、誰とでも分け隔てなく親しくなれるその人懐っこさにアッパレ。 ルックスについて言うならば、ラプンツェルがキレイ系なギャルかと聞かれるとそうではないかもしれないですね・・・。 だけど、よく言うじゃないですか、好きになった人がタイプって。 (その昔前略プロフィールでDQN系の人がよく書いてたあれ) 家事に関して言えば、ラプンツェルは武器として剣や弓などではなく フライパンを使う女性です。 これはどう考えてもクッキング能力高めな証拠なのではないですかね。 (適当)まあ、仮に不器用だったとしても、ラプンツェルなら二人でニコニコ笑い合いながら料理を作ったりするところが想像できます。 なんだかラプンツェルとならどんなことでも一緒に楽しくできるような気がするんですよね。 僕の趣味にも付き合ってくれそうな気もしますし、アーティスティックなラプンツェルの趣味に僕も付き合いたいと思ってしまします。 ラプンツェルはプリンセスなのにいつも裸足だったり、敵キャラとも率先して戦っちゃうような型破りでこれまでになかったようなプリンセスです。 他の誰とも違う、唯一無二な存在だったのが彼女が一位になった理由です。 まとめ さあ、僕の独断と偏見で結婚したいディズニープリンセスを選んでみましたがいかがだったでしょうか。 順位にについてもう一度振り返ると、以下の通りになっております。 僕にとって理想の花嫁はラプンツェルでしたが、きっと皆さんもご自身のランキングを作ってみたら全く違う順位になるのではないかと思います。 まあでも、1位のラプンツェルについていうと、第一印象から決めていたような気がします。 塔の外の世界を夢見て壁に絵を描く彼女のハツラツとした姿。 完全に僕の理想とする女性でした。 そして、塔の外の世界に出てからの冒険も彼女の純粋さや好奇心の強さを見てどんどん好きになりました。 あれ、なんか書いてて悲しくなってきたぞ・・・。 ああ、僕の現実世界のプリンセスはどこにいるのでしょうか。 (爆) 現実を直視しなければいけないという悲しい事実に気付いたところで、そろそろ終わりにしましょう!(白目) それでは次回をお楽しみに! ネロでした!.

次の

アラジンとジャスミンの性格は?名前の由来・フルネームについても考察

ディズニー プリンセス 性格

ディズニーキャラクター [ ] ディズニープリンセスとは、ディズニー作品の お姫様キャラクターを集めた一種の名。 多種の企画、商品展開が行われている。 共通項としては従来の 「お淑やかで気品があり、落ち着いている」というイメージが強いプリンセスとは違い、行動的で芯の強さを合わせ持ち、時として困難にも勇敢に立ち向かっていく強さが強調されている性格である事が多い。 によれば、固定・公式にディズニープリンセスとされているのは以下の12人である。 他のディズニーキャラクター(例:、)はこのブランドの陣容から除外されるという。 英語の「」と「(プリンスの配偶者の)」は同じ「Princess」と表現する。 ムーランは厳密に言えばプリンセスではない(王子の恋人等でもない)キャラクターである。 実写映画のプリンセスはディズニープリンセスの扱いを受けないことが多い。 白雪姫からジャスミンまでの6人は特に商品展開が活発で、日本では 6姫と総称されている。 河出書房新社の雑誌(『ディズニープリンセス おはなしブック』)の表紙にも「6姫ベストセレクション」という言葉が使われている。 その他のディズニープリンセス [ ] 上述した固定の12人のプリンセスとは別に、アニメーション作品に登場する女性キャラクターは(ムーランのように、実際にプリンセスか否かを問わず)流動的にディズニープリンセス扱いをされていることがある。 以下はその代表的な例である。 CD『 Princess Collection 2』において、マリアン姫()、、キアラ()、メガラ()が加わっている。 マリアン姫はではないが貴族の姫である。 DVD『 Disney Princess Sing Along Songs: Once Upon a Dream』において、メガラ、(ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士)、ティン・ティン、メイ、スーの三姉妹()が加わっている。 DVD『 Disney Princess Sing Along Songs: Enchanted Tea Party』において、アリス()、マリアン姫、メロディ()が加わっている。 アリスはでも「セブンプリンセス」の一員としての扱いを受けている。 その他のセブンプリンセスは白雪姫、シンデレラ、オーロラ、ベル、ジャスミン、であり固定のディズニープリンセスとの重複が多い。 『』のジゼル姫は 9年ぶりのディズニープリンセスと映画広告などで紹介された。 なお、9年前の作品は『』となる。 ただし、一部の報道では 15年ぶりのディズニープリンセス(作品は『アラジン』)と紹介されることもあった。 結局、ジゼル役のの肖像に生涯報酬を払わなくてはならないことが判明したときにディズニーはジゼルをディズニープリンセスに含めないことを決めた。 現在ディズニープリンセスに含まれない形でジゼルのアニメーション・実写両方の姿を使用した商品展開が行われている。 『』、『』、『』はタイアップ作品。 各主人公のきらら、えりか、エレナ、ナオミ、ソフィア、アンバーも「プリンセス」の一員としての扱いを受けている。 『』の長編エピソードには側のプリンセスとして、プリンセス・アイビーが登場している。 ディズニープリンセスたちが一堂に会する『』では上記12人の他、本作主人公の『ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ』、『』から『アナ』と『エルサ』の総勢15人が、ディズニープリンセスとして登場している。 経緯 [ ] ディズニー映画に登場するお姫様という分類は古くからあったが、日本においては商品企画としてディズニー・ジャパンが各メーカーに提案する形で、2002年春ごろからディズニープリンセスがスタートした。 ディズニープリンセスの関連グッズの売れ行きが急増したのは2002年冬頃で、2001年度比で8割増の売上があった。 戦略の成功例と言われている。 プリンセスアカデミー [ ] プリンセスアカデミーは、ウォルト・ディズニー・ジャパンが手がける小児 とその保護者を対象に開催するイベント。 姫になるための授業といった趣旨で、小児と保護者を対象にテーブルマナーやダンスなどの講習を開催する。 2001年夏にで実験的に開催された際には、のべ9000人が参加。 2002年以降は、の協賛を得て、会場を5都市に広げて開催されている。 雑誌 [ ] より KAWADE夢ムックのシリーズとして、に発売。 季刊誌として6巻(2003年9月11日発売)まで刊行された。 の発売号を創刊号とし、以降、隔月刊誌として出版された。 2010年1月で休刊した。 読者対象は、3歳から7歳までの女児とその母親。 読み聞かせの話から、クッキング、ファッション、歌やダンス、マナーレッスンなど幅広い話題と取り扱う。 また、付録としてアクセサリー類のおもちゃなどが付く。 判型はA4。 脚注 [ ]• ポカホンタスは首長の娘であるためプリンセスとみなすことが可能である。 映画の製作中もによって彼女はプリンセスに属する者とされた。 OVA『』でもプリンセスであると紹介されている。 MERISSA MARR、 ウォールストリート・ジャーナル2007年11月19日配信• com 2018年7月11日• の How Disney Turned 'Frozen' Into a Cash Cow「『アナ雪』ブランドの魔法』(12月21日GLOBE)でディズニーがプリンセスものに注力するようになったのは2000年で、新しい幹部がで、多くの女の子が手作りのプリンセス衣装を着ているのを見て衝撃を受けてからだという。 趣旨の性質上女児向けではあるが、男児も参加は可能である。 、コトバンク、2015年1月28日閲覧。 関連項目 [ ]• - で開催されるディズニープリンセス関連のイベント。 - アーケードカードゲーム。 外部リンク [ ]• - (2004年2月25日アーカイブ分) - ブランド初期の記事。 - (2010年4月13日アーカイブ分).

次の