じゃがいも の ガレット レシピ。 じゃがいものレシピ

【新じゃがいも簡単おかず】一口ガレットは子どもも大人も好きな味

じゃがいも の ガレット レシピ

スポンサーリンク じゃがいものガレットは1食100円以下! まず、 節約という観点でじゃがいものガレットを見てみましょう。 基本のじゃがいものガレットを作るのに 必要な材料はじゃがいもと塩・胡椒のみです。 中くらいのじゃがいもを2、3個使えば十分すぎる朝食・昼食になります。 じゃがいもって中くらいのが6、7個入って200円前後ですよね。 (海斗の住んでいる地域では) なんで1個あたり30円~34円位なわけです。 3個使って1食分作っても100円以下というわけです。 しかもお腹にもかなりたまる…見事な 節約レシピだと思うんですよね。 チーズ入りじゃがいものガレットのレシピ さて、では じゃがいものガレットのレシピをご紹介しましょう。 最近海斗が作ったチーズ入りのじゃがいものガレットの画像を添えて紹介しますよ。 【チーズ入りじゃがいものガレットの材料】 ジャガイモ中……2個 にんじん…………2cm スライスチーズ…1枚 塩・胡椒…………少々 油…………………適量 (冷蔵庫ににんじんが入っていたので彩として入れました。 (この際、ジャガイモを少しずつずらして並べて切っていくと切りやすい) *ジャガイモは水にさらさないようにする。 この際に形を整えつつ 上から押さえつけるのがポイントです。 じゃがいものガレットのアレンジレシピ さて、じゃがいものみのガレットでも十分美味しいのですか、 アレンジするともっと美味しいんです。 皆さんも色々なアレンジレシピに挑戦してみて下さいね。 アレンジレシピの例としては以下のレシピがありますよ。 ベーコンを入れたベーコン入りじゃがいものガレット• チーズを入れたチーズ入りじゃがいものガレット• ツナを入れたツナ入りじゃがいものガレット• にんじんを入れた彩鮮やかガレット• コンビーフを入れたおかずガレット ぜひとも色々アレンジして楽しんでみて下さいね。 まとめ 以上で 「じゃがいものガレット」の作り方・おすすめアレンジレシピをご紹介しました。 安くて簡単に作れるじゃがいものガレットは本当におすすめですよ。 ぜひとも、外はカリッと、中はホクホクのじゃがいものガレットを食べてみて下さいね^^.

次の

じゃがいもガレットの人気レシピ【14選】つくれぽ1000越え殿堂入りの1位は?卵やチーズ入りなど簡単&おすすめ!

じゃがいも の ガレット レシピ

作り方• 新じゃがいもはきれいに洗い、皮付きのまま薄切りにしてさらに細切りにします。 水にさらしません。 1をボウルに入れ、薄力粉、塩こしょうを加えて和えます。 小さめのフライパンにオリーブオイル大さじ1を中火で温め、2の半分を加えて広げます。 3の上にピザ用チーズを散らします。 4の上に1の残りを広げ、フライ返しなどで上からしっかり押し固めます。 5〜6分焼いたところでフライパンを揺すってみて、全体が塊としてまとまってきたら裏返します。 オリーブオイル大さじ1を鍋肌から注ぎ、逆の面もしっかり5〜6分焼いたらできあがりです。 食べやすくカットして盛り付け、お好みでトマトケチャップを添えてください。

次の

大人気! ビストロ風ポテトガレットは意外とカンタン【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

じゃがいも の ガレット レシピ

粉チーズで味付けの手間なし!一口サイズでお弁当にも 味付けに粉チーズを使うと、簡単に味が決まって時短になります。 さらにじゃがいもと好相性のベーコンを加えることで、次から次へとお箸が止まらないおかずになります。 (水には浸さない)ベーコンはみじん切りにする。 新じゃがいもを半分に切ってからスライサーを使うことで、より小さいせん切りになり、あとで焼いた時に具材がばらけにくくなります。 ただスライサーを使う時は、手をケガしないように気を付けましょう。 2.ボウルに(1)の新じゃがいもとベーコンを入れて、粉チーズ・塩・コショウ・片栗粉を加えて混ぜる。 使用する粉チーズによって塩分量が違うので、お好みで塩の量を調節してください。 3.フライパンにオリーブ油を引いて熱し、(2)をスプーンで一口大にすくって落とし、平らに広げる。 4.片面に焼き目が付いたら、スプーンと菜箸などを使って、形が崩れないように裏返す。 カリカリに焼きたいので、蓋はしない。 5.両面焼けたらお皿へ取り出して、乾燥パセリを散らして完成。 じゃがいもをスライサーで千切りにして、フライパンに薄く広げて焼くのですが、この時に具材がバラバラにならないように、一口サイズで作ることがポイントです。 これで具材同士がくっつきやすくなるため失敗しにくく、またお弁当にも入れやすいサイズになります! フライパン一面に広げて作るような大きいガレットも見栄えがして素敵なのですが、ひっくり返す時に生地が割れてしまったり、具材がばらけてしまったり…という失敗も。 でもこのレシピなら一口サイズなので、ひっくり返す時も簡単です! 「手の込んだ料理は作る時間がないけど、少しでも栄養があっておいしいおかずを食べさせたい」そんな考えを持っているママは多いはずです。 でも、旬の野菜を使うことで、味を作りこまなくてもそのままの素材の味でおいしくなります! 栄養も豊富なので、時短と栄養摂取の両方がかなって、いいことづくめですね。 小さくて薄いので、お弁当にも入れやすい 一口サイズなのでお弁当にも入れやすいです。 お弁当として食べる場合は、焼き立てよりもカリカリ度は少ないですが、食感がモチモチとなり、また違うおいしさです。 冷めても、粉チーズとベーコンでしっかり味が付いているので、おいしく食べられますよ。 簡単おかずなので、夕飯の付け合わせにも 子どもってポテト大好きな子が多いですよね。 でも揚げ物のおかずは手間がかかって、そんなにひんぱんには作れないし、油の量も気になります。 そんな時、このレシピなら揚げ物よりも少ない油で済むし、何より薄くて小さいので早く焼き上がり、時短になるのでおすすめです。 簡単おかずなので、夕飯が少し寂しいなという時もパッと作って、メインの付け合わせとして使うこともできますよ。 また新じゃがいもは皮が薄いので、剥かずにそのまま料理できるのも簡単で魅力的です。 そして何より、旬の食材はみずみずしくておいしいですよね。 私は春になると、新じゃがいもの時期が終わらなければいいのにと毎年思います(笑) ぜひこの簡単おかずレシピで、春の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の