宝くじ 回収率。 【回収率50%以下】宝くじは最悪のギャンブルという話

ギャンブル還元率ランキング

宝くじ 回収率

2月からロト6とロト7の1等の最高賞金額が6億円と10億円に上がります。 また、ロト6は2等~4等の配当額が減りますが、1等の配当額が増えます。 先日はと紹介しましたが、ロト7もお得でしょうか? 最大10億円のロト7の回収率は? ロト7のキャリーオーバーがない時の配当率は最高45%となっています。 ロト6のように切り捨てのロスがないので、ほぼ45%が賞金に回ります。 そして、1等が出なかったり上限を超えると次回にキャリーオーバーです。 キャリーオーバーがあると1等の賞金が増えますが、上限は8億円でした。 それが、 2017年2月3日抽選分から上限額が10億円となります。 キャリーオーバーがない時の上限額は4億円のままで、その他も従来通りです。 キャリーがあり1等が最高の10億円の場合の返還率は次表のようになります。 等級 当選確率 分の1 理論当せん金 売上配分 最大賞金 返還率 1等 10,295,472 約4億円 13. 1 45. ロト7で10億円はどの程度発生するか? 2017年1月20日抽選分までの196回の抽選で、10億円になる回数を調べました。 1等賞金が8億円となった回数は全部で36回です。 これが、上限が10億円だった場合、 10億円となっていたのは17回です。 10億円支払いだとキャリーが減少するため、連続で上限額というのが減ります。 キャリーオーバーとなる回数も 140回から121回に減るので、売上も微妙。 10億円期待で増えるのもあるかもだけど、キャリー回数減での売り上げ減も。 8億円だろうが10億円だろうが多すぎてどちらでもいい私は、前のがいいや。 最大6億円の新ロト6の回収率は? ロト6は2017年2月9日抽選分から大きくシステムが変わります。 上限額が4億円から6億円に変わり、配当金の配分が大きく変わります。 各等で賞金の切り捨てがありましたが、このシステムは変わらないかな? キャリーオーバーがない時の配当率は最高45%のままです。 今までのロト6は1~4等にそれぞれ7. 4~8. 9%、5等に12. 7%が配分でした。 変更後は1等に16%ほどとなり、2~4等への配分が減ります。 5等は同じ。 その結果、 1等の理論当せん金は1億円から2億円に大幅増額です! 2等は1500万円から1000万円に、3等は50万円から30万円に、4等は9500円から6800円に減少します。 5等は基本的に1000円固定で同じです。 キャリーがあり1等が最高の6億円の場合の返還率は次表のようになります。 等級 当選確率 分の1 理論当せん金 売上配分 最大賞金 返還率 1等 6,096,454 約2億円 16. 8 45. キャリーオーバーが充分で1等6億円が期待できれば、期待変換率が 77. ロト6で6億円はどの程度発生するか? 2017年1月19日抽選分までの1141回の抽選で、6億円になる回数を調べました。 1等賞金が 4億円となった回数は全部で49回でした。 少ないですね。 新方式だと 6億円となっていたのは125回です。 1等配分増加の影響です。 (計算間違ってるかも。 大体の傾向として読んでください。 ) 最近の傾向として、週2回抽選でロト7の始まった2013年4月から 第748回から の全394回だと、 4億円が11回から6億円が21回に増えます。 1等賞金が 2億円以上となるのは41回だったのが165回に大幅増! 1等の確率とかは全く変わらないで、1等賞金だけが増えるのです。 私の狙う 1億円以上なら161回だったのが231回へと増加です。 当せんなしが125回なので、 1億円未満は108回から38回に大幅減です! ロト6の1等が当たったけど1億円未満だった、といことは大幅に減ります。 ロト6は特徴がでて、よい変更ですね! なお、2~4等への賞金の配分を1等に回しただけなので、抽選システムなどは変わりません。 追記 2017年9月29日の第232回で初の10億円がでました。 過去196回で17回の10億円になっていたと書きましたが、初の10億円がでるまでは30回以上かかってしまいましたね。 ロト7の方式だとやはり10億円はきびしいです。 それまでにロト6の6億円は4回出ています。 60回ちょっとしているので、予想通りぐらいの頻度かな。 いつかきっと ・要するにメリットはキャリーオーバー時、今までロト7で10億円、ロト6で6億円狙うなら同じ組み合わせを2口買わなければならなかったのが1口の購入で済む。 デメリットはロト6がここ数年の宝くじ同様、1等に特化しすぎて中間層が減額する事でしょうか。 ロト7が4億円と謳っておきながら実際は2億5千万程度なので、何も近づける事ないと思うんですけど。 だったらもう一層の事上限をなくしてしまえばいいし、ロト7の中途半端な5等2000円とか廃止してほしいです。 ・37枠中5つ的中させても12500円にしかならないロト7、明日から43枠中5つ当てても30万円に下がるロト6。 数年前まで「ミニロトなんて買う軍資金があるならロト6とロト7買うわ」と思ってましたが、金額的にも確率的にもミニロトがいいです。 しかし売上アップ=1等の賞金アップしか考えがないんですかね?。 配当率を上げる事はもちろん、当選金額の小さいナンバーズ3は1口100円にするとか、ダメならダメで元に戻せばいいので試験的に導入してほしいです。 年末ジャンボ最終日に残り福狙いで買いに行ったら、ジャンボやミニは大量に余ってたのにプチは売り切れが続出してました。 億もいらないんじゃなく当たらないので、1000万円でも確率が高く狙いやすいクジを買ってる人が多いのも事実。 やっぱりミニロトかな。 ——— コメントに対する返信 ——— 私は賞金の中間層が減ってもいいですが、それより末等付近の低額層を減らし、高額の本数を増やして欲しいです。 今度のロト6は1等のキャリーオーバー額が増えて、良く買う層は喜びそう。 ただ、あまり買わない層には最高賞金が上がったといってもインパクトが少ないかな。 ロト6の1等の賞金額が増えることをもっと宣伝してもいいのにと思いました。

次の

ロト6、ロト7を1年間定期購入した結果

宝くじ 回収率

宝くじのスクラッチの確率はどれくらい? はじめにスクラッチの確率と 言っても様々な種類があります。 様々な種類でそれぞれの 当選金額や当選確率が 変わってくるのすべてを 紹介しきれません。 そこで今回スクラッチの 1等だけの確率をご紹介して いきたいと思います。 当選金額が5パターンあるので スクラッチの種類が変わっても 参考になると思います! 1等の金額 確率 1,000万円 100万分の1 300万円 50万分1 100万円 12万5,000分の1 50万円 2万5,000分の1 5万円 5,000分の1 1等の当選だけの確率であれば スクラッチは上記の確率に なることがわかりました。 全体的にかなり高い確率で 当選するような気がしますが、 実際他の宝くじの1等の確率と 比較していきたいと思います。 宝くじのスクラッチの当選率を比較してみた! 先ほどもご紹介しましたが、 スクラッチの1等の当選確率と 他の宝くじの当選確率を 比較していきたいと思います。 紹介する宝くじ 東京は20万円 関東・中部・東北は50万円 近畿は20万円 西日本は30万円 しかし確率は一緒でした。 当選確率はすべて3万3. 333分の1 スクラッチの1等50万円の 当選確率は2万5. 000分の1 比較するとスクラッチの方が 当選確率が高いと いうことがわかりました。 ロト 出典 ロト6とロト7も 1等は億を超えてしまいますが、• ロト7の3等、約100万円• ロト6の3等、約50万円 を比較していきたいと 思います。 宝くじ種類 等級 金額 確率 スクラッチ 1等 100万円 12万5,000分の1 ロト7 3等 約100万円 約5万2,000分の1 スクラッチ 1等 50万円 2万5,000分の1 ロト6 3等 約50万円 約2万8,000分の1 このような結果になりました。 比較してみると、 高額当選の100万になると ロト7が 当選確率が高い! 50万になるとスクラッチが 当選率が高い! 3. ミニロト 出典 ミニロトは1等が 約1,000万円と言われて いるので1. 000万円で 比較してみます。 スクラッチ 1等 1,000万円 100万分の1 ミニロト 1等 約1,000万円 約17万分の1 比較してみるとスクラッチよりも ミニロトの方が当選率は 圧倒的に高いことがわかりました。 スクラッチの方が当選確率が 高いと思われていましたが、 このように比較してみないと わからないことがあります! ぜひ残りの2つの比較も 参考にされてください。 Sponsored Links 4. ビッグ 出典 ビッグには様々な種類があり、 ビッグ・ミニビッグ・ビッグ100 があります。 そこでその3つの1等と スクラッチの当選額を ランキング形式で比較して いきたいと思います。 順位 宝くじ種類 金額 確率 1位 ビッグ 最高約3億円 480万分の1 2位 スクラッチ 1,000万円 100万分の1 3位 スクラッチ 300万円 50万分の1 4位 ミニビッグ 約100万円 約20万分の1 5位 ビッグ1000 約1,000万円 約18万分の1 6位 スクラッチ 100万円 12万5,000分の1 7位 スクラッチ 50万円 2万5,000分の1 8位 スクラッチ 5万円 5,000分の1 このような結果になりました。 ランキングは1位から順に 当選確率が悪い順になっていますが、 ビッグ1000の当選率の高さは 1,000万円台でも一番の当選確率 と言われています。 ナンバーズ 出典 ナンバーズでは2種類の くじがあり、さらに購入の 仕方で当選金が変わり 確率も変わってきます。 さきほどのビッグ同様 ランキング形式で比較して いきたいと思います。 順位 宝くじ種類 金額 確率 1位 スクラッチ 1,000万円 100万分の1 2位 スクラッチ 300万円 50万分の1 3位 スクラッチ 100万円 12万5,000分の1 4位 スクラッチ 50万円 2万5,000分の1 5位 ナンバーズ4(ストレート) 約90万円 1万分の1 6位 スクラッチ 5万円 5,000分の1 7位 ナンバーズ3(ストレート) 約9万円 1,000分の1 圧倒的にナンバーズの ストレートの当選が スクラッチ よりも当選確率が 高い ということがわかりました。 まとめ 今回スクラッチの確率を ご紹介しました。 さらに他の宝くじとの 比較をしてみましたが、 それぞれ比較してみないと わからないことがわかった のではないでしょうか。 比較してみてスクラッチの方が 『良い場合もあれば、 悪い場合もある。 』 つくづく宝くじはよく 出来ているなと感心させられます。 さらに各宝くじの当選確率が 気になる方がいたら こちらの記事も読んでみてください。

次の

宝くじや日本の公営ギャンブル還元率(競馬・競輪・サッカーくじ等)とカジノ

宝くじ 回収率

年末が発売されています。 毎年毎年買おうかな~と思いつつ結局買ってないですが、ここ数日割と運がいいので、この状態で宝くじを買えばもしかして・・・!ということで宝くじについて調べてみました。 今年の年末は3種類ある!!! 公式サイト見てみると今年の年末ジャンボは『年末ジャンボ』『年末ジャンボミニ』『年末ジャンボプチ』の3種類があるようで、それぞれ最高当選額が10億円、1億円、1000万円と分かれています。 実際どれを買うのがオトクなんでしょうか。 先日ソウルで行われた抗議デモの参加者が150万人との報道があったので、デモに参加した人の中の1人くらいは1億当たってたかもね! <年末ジャンボプチ> プチにもなると1等の1000万円の当選確率は 10万分の1です!去年行われたオールナイトライブの来場者数が10万人のようなので、ライブも聞けて1000万円もらえる人が1人いたかもしれないです。 超ラッキー。 各年末ジャンボ毎の期待値計算 ジャンボプチ>ジャンボミニ>ジャンボと1等の当せん確率は上がっていますが、くじ全体の 期待値を計算してみると・・・ どれもきっちり-150円です。 期待値-150円というのは、宝くじ1枚買うごとに150円ずつ負けていくということです。 300円で買って150円になって返ってくるので回収率50%。 これなら競馬(回収率75%)やパチンコ(回収率90%)した方がいいです。 ちなみに宝くじが回収率50%になるのは法律で定められた事項です。 (の当せん金品の限度) 第五条 の 当せん金品の 金額又は価格の 総額は、 その 発売総額の 五割に相当する額 (加算型にあつては、その額に加算金(第二条第二項の加算金をいう。 以下同じ。 )の額を加えた額) をこえてはならない。 大きめの当せん金が当たらないと期待値ー150円よりもマイナスになってしまいます。 それでも当たるかも・・・? 期待値マイナス、回収率50%だと知ってもなお、10億円の当せんは魅力的です。 合せて読みたい fucccho.

次の