マサイ twitter。 Twitterの動画を保存しまっせ!

【フィッシャーズ】マサイの本名や専門学校を特定したので公開します。

マサイ twitter

オープニングは再び水中へ。 人気のある2017年版の静かな要素を引継ぎ、映像の中で本当に 生きているかのような美しさを3秒にして表現しました。 サウンド も拘っていて、見てて気持ち良い音で楽しめるよう工夫しています。 エンディングはカジュアルな学生がテーマ。 フィッシャーズは本年で10周年。 結成した当初を思い浮かべるか のようなものにしたくて制服をセレクト。 いつまでも若く、老若男 女、自由に楽しんで行こうという思いを込めて…。 あ、ダーマは教 師です。 そして2020年からはYouTubeの「終了画面」機能を使用。 対応したアプリではエンディングにおすすめ動画などが表示されま す。 クリック・タップですぐに再生できるので便利です。 【Twitter】 【Instagram】... 【SoundCloud】 【TikTok】 【Fischer's-フィッシャーズ-】...

次の

【フィッシャーズ】マサイの本名や専門学校を特定したので公開します。

マサイ twitter

2020年6月27日、フィッシャーズが「【報告】お母さんを亡くしました。 」を公開した。 フィッシャーズのメンバーであるマサイが、動画内で母親の逝去を報告し、視聴者からは、マサイの母へのお悔やみの言葉が数多く寄せられている。 フィッシャーズ マサイ 母の逝去を報告「ありがとう」 フィッシャーズ マサイ 昨年6月に母を亡くしていたことを報告 2020年6月27日にフィッシャーズのメインチャンネルで公開された動画「【報告】お母さんを亡くしました。 」にて、マサイが母親の逝去を報告。 マサイの母親は49歳という若さで、昨年6月27日にがんで亡くなったのだという。 動画内では逝去の報告はもちろん、母親の病気・闘病生活に関することや、マサイの当時の過ごし方や活動・心境、そして今後について語られている。 オープニング• なぜ報告をする必要があるのか?• まず最初に• どんな病気?• どうやって見つけた?• がんが分かった時• 2016年の過ごし方• その頃のフィッシャーズの活動• 2017年、2018年の過ごし方• 2019年• 母親が亡くなるまで• 母親が亡くなった後• 最後の会話• メンバーに話さないという後悔• 視聴者の皆さんの不安• お墓の選択• 特殊な葬儀• 母親への感謝• 親孝行• チワワのチクワくんについて• 皆様へ• 今後について• ( 概要欄より引用) Twitterでは一周忌の報告とともに母親との思い出も投稿 同日、マサイはTwitterでも改めて一周忌の報告と、母親との思い出を投稿していた。 ご報告させていただきます。 本日は一周忌となります。 【報告】お母さんを亡くしました。 俺は飲めないけど。 」ってなったのはいい思い出だなぁ。 公表する前にメディアで話してしまった場合に、心配する視聴者もいるのではないかという気遣いも含め、まずはこのチャンネルで自分の口から報告する必要があると思った、と話している。 もちろん 今回の動画は他のメンバーから提案されたわけではなく、マサイ自身の意思で動画を撮ったようだ。 マサイ 母親の病気や闘病生活・当時の心境について明かす マサイの母親が闘っていた病気は「腹膜がん」2016年に発覚 出典 マサイの母親が闘っていた病気は、がんの中でも珍しいと言われている「腹膜がん」だった。 リンパ節にも転移が確認され、治療が難しい状態だったが、最後まで闘っていたとマサイは話す。 珍しいがんであるため、 見つかるまでに4か月ほどかかっており、何度も検査を重ねた結果、2016年4月頃に「腹膜がん」と認められたのだという。 2016年はフィッシャーズの登録者数が100万人を超えた年でもあったため、「頑張ろう」とプレッシャーを自分にかけていたマサイの心身の負担は大きかったと話している。 ちなみに、 シルクにのみ2018年12月に状況を説明していたようだが、余命2週間までは他の5人のメンバーには伝えていなかったようだ。 内心覚悟をしていたマサイに医師から伝えられた「今月で限界かもしれない」 出典 マサイは闘病生活を続ける母親の看病と、フィッシャーズの活動とをなんとか頑張ってきたものの、 2019年夏前には医師から「今月でお母さんは限界かもしれない」といった旨の言葉を伝えられた。 自分の活動にも支障をきたしてしまうため、内心覚悟をしていたマサイ。 長い時間母親と話し、寄り添っていたという。 そんな マサイの母親は、余命2週間前に、マサイや周りの方も止めたという放射線治療をし、最後まで病気と闘う意思を見せていたようだ。 マサイが今後悔しているのは「メンバーに話していなかったこと」 出典 母親の状態について、シルクにのみ2018年12月に説明していたものの、余命2週間までは他の5人のメンバーには伝えていなかったマサイ。 そんなマサイが今後悔していることは「メンバーに話していなかったこと」。 気を使ったり心配をさせまいと話していなかったのだが、当時母親のことで用事があるのに、正直に言えない辛さがあったようだ。 動画では他にも当時のフィッシャーズの活動や、母親への感謝、葬儀について、そして視聴者へのメッセージなども語られているので、ぜひじっくりとご覧いただきたい。

次の

【フィッシャーズ】マサイ!誕生日、本名などWiki風に紹介!

マサイ twitter

2020年6月27日、フィッシャーズが「【報告】お母さんを亡くしました。 」を公開した。 フィッシャーズのメンバーであるマサイが、動画内で母親の逝去を報告し、視聴者からは、マサイの母へのお悔やみの言葉が数多く寄せられている。 フィッシャーズ マサイ 母の逝去を報告「ありがとう」 フィッシャーズ マサイ 昨年6月に母を亡くしていたことを報告 2020年6月27日にフィッシャーズのメインチャンネルで公開された動画「【報告】お母さんを亡くしました。 」にて、マサイが母親の逝去を報告。 マサイの母親は49歳という若さで、昨年6月27日にがんで亡くなったのだという。 動画内では逝去の報告はもちろん、母親の病気・闘病生活に関することや、マサイの当時の過ごし方や活動・心境、そして今後について語られている。 オープニング• なぜ報告をする必要があるのか?• まず最初に• どんな病気?• どうやって見つけた?• がんが分かった時• 2016年の過ごし方• その頃のフィッシャーズの活動• 2017年、2018年の過ごし方• 2019年• 母親が亡くなるまで• 母親が亡くなった後• 最後の会話• メンバーに話さないという後悔• 視聴者の皆さんの不安• お墓の選択• 特殊な葬儀• 母親への感謝• 親孝行• チワワのチクワくんについて• 皆様へ• 今後について• ( 概要欄より引用) Twitterでは一周忌の報告とともに母親との思い出も投稿 同日、マサイはTwitterでも改めて一周忌の報告と、母親との思い出を投稿していた。 ご報告させていただきます。 本日は一周忌となります。 【報告】お母さんを亡くしました。 俺は飲めないけど。 」ってなったのはいい思い出だなぁ。 公表する前にメディアで話してしまった場合に、心配する視聴者もいるのではないかという気遣いも含め、まずはこのチャンネルで自分の口から報告する必要があると思った、と話している。 もちろん 今回の動画は他のメンバーから提案されたわけではなく、マサイ自身の意思で動画を撮ったようだ。 マサイ 母親の病気や闘病生活・当時の心境について明かす マサイの母親が闘っていた病気は「腹膜がん」2016年に発覚 出典 マサイの母親が闘っていた病気は、がんの中でも珍しいと言われている「腹膜がん」だった。 リンパ節にも転移が確認され、治療が難しい状態だったが、最後まで闘っていたとマサイは話す。 珍しいがんであるため、 見つかるまでに4か月ほどかかっており、何度も検査を重ねた結果、2016年4月頃に「腹膜がん」と認められたのだという。 2016年はフィッシャーズの登録者数が100万人を超えた年でもあったため、「頑張ろう」とプレッシャーを自分にかけていたマサイの心身の負担は大きかったと話している。 ちなみに、 シルクにのみ2018年12月に状況を説明していたようだが、余命2週間までは他の5人のメンバーには伝えていなかったようだ。 内心覚悟をしていたマサイに医師から伝えられた「今月で限界かもしれない」 出典 マサイは闘病生活を続ける母親の看病と、フィッシャーズの活動とをなんとか頑張ってきたものの、 2019年夏前には医師から「今月でお母さんは限界かもしれない」といった旨の言葉を伝えられた。 自分の活動にも支障をきたしてしまうため、内心覚悟をしていたマサイ。 長い時間母親と話し、寄り添っていたという。 そんな マサイの母親は、余命2週間前に、マサイや周りの方も止めたという放射線治療をし、最後まで病気と闘う意思を見せていたようだ。 マサイが今後悔しているのは「メンバーに話していなかったこと」 出典 母親の状態について、シルクにのみ2018年12月に説明していたものの、余命2週間までは他の5人のメンバーには伝えていなかったマサイ。 そんなマサイが今後悔していることは「メンバーに話していなかったこと」。 気を使ったり心配をさせまいと話していなかったのだが、当時母親のことで用事があるのに、正直に言えない辛さがあったようだ。 動画では他にも当時のフィッシャーズの活動や、母親への感謝、葬儀について、そして視聴者へのメッセージなども語られているので、ぜひじっくりとご覧いただきたい。

次の