インプルーブ 意味。 この単語は〜という意味ですか?、〜と言っても同じ意味になりますか?って英語でなんて言うの?

improveの意味・使い方・読み方

インプルーブ 意味

サービスセンターが提供するサービス向上のためご意見いただければ幸いです。 ・ We aim to not only continue to build and improve on their skill. 私達は彼らのスキルを向上させることだけを目的としていません。 ・ We are committed to improving our service. 私達はサービス向上をお約束します。 ・ Travel is the best way to improve the brains of children. 旅行は子供の脳を発達させる最良の方法です。 ・ He took full advantage of her stay in New York to improve his English. 彼は英語力を伸ばすために、ニューヨーク滞在を大いに利用した。 ・ Therefore, the situation can be improved even more by working to promote safer driving habits. したがって、より安全な運転習慣を促進するように働くことによって、状況をさらに改善することができる。 ・ Improving your English will enable you to converse freely with people from many countries. 英語を上達させると多くの国の人々と自由に会話できるようになります。 ・ My goal is to improve my Chinese skill. 私の目標は英語のスキルアップすることです。

次の

初心者用ポーカー用語

インプルーブ 意味

ブラッシュアップとは ビジネスでは「上を目指す」こと ビジネスシーンでは「上を目指すこと」「さらによくすること」「磨きをかけて良いものにすること」などの意味で「ブラッシュアップ」が使われます。 能力やスキルを向上させる際に使用されることが多いです。 また、ミーティングで決まった案にさらに磨きをかけるといった意味で使われることもあります。 いずれにしろ、現状よりも上を目指すことを差す場合に使用されると覚えておくとよいでしょう。 英語では使われ方が違うので注意 「ブラッシュアップ」はもともと英語の「Brush Up」からきた言葉です。 しかし英語の意味とビジネスシーンで使われる意味は異なりますので、注意が必要です。 英語ではそのままの意味の「ブラシをかける」や「(人の)身なりを整える」「勉強をやり直す」などの意味を持ち、「衰えていたことを取り戻す」といった意味で用いられます。 ビジネスシーンであっても、英会話の場面で使用する際は気を付けましょう。 ブラッシュアップの具体例・例文 それでは、「ブラッシュアップ」が実際に使われるシーンを想定して例文を見ていきましょう。 「ブラッシュアップして報告して」 何かの案件を考えたり、会議でアイデアを考える場面で「この件をブラッシュアップして後で報告して」と上司やクライアントに言われることがあります。 この場合は、「今出ている案が物足りない」と思っている場合が多いものです。 「ブラッシュアップして」と言われた時は、再度案を練り直し、よりいいものを提出する必要があるでしょう。 具体的にどこにブラッシュアップが必要なのかわからない場合は、この時点で確認しておきましょう。 (例) 「今日会議で出た意見をブラッシュアップしてまとめよう。 」 「来週の発表までに、案をブラッシュアップしてください。 」 「この資料はブラッシュアップが必要」 企画書などの資料を提出した際に「この資料はブラッシュアップが必要だ」と言われた場面を考えてみましょう。 この場合、資料の内容が不十分であったり、まとまりがないなど、よりレベルを上げる必要があると考えられます。 資料のブラッシュアップを依頼された場合、クライアントに提出できるレベルまでなのか、社内資料として展開できるレベルまでなのか、ゴールを確認しておきましょう。 (例) 「この企画書をブラッシュアップしていこう。 」 「英語力をブラッシュアップします」 「英語力のブラッシュアップに努める」などという場合には、英語力は一定量あるとしても、さらなる能力向上を目指す、というニュアンスがあります。 まったく能力がない、というよりも、より一層能力を向上させるという場面で使う方が自然でしょう。 例 「英語力のブラッシュアップのため、留学する。 」 「テストに向けてさらに語学力をブラッシュアップさせよう。 」 ブラッシュアップを使う際の注意点 「ブラッシュアップ」は便利な言葉である一方、使う際にはいくつかの注意点があります。 一定の水準に達していること 磨きをかける、よりよくするという意味の「ブラッシュアップ」。 この言葉を使うからには、まず一定の水準に達していることが必要になってきます。 しかし、「ブラッシュアップ」というにもかかわらず、まったくゼロの状態からものごとをスタートさせていないでしょうか。 「ブラッシュアップ」は現在の状態や案件、資料などをつくった後に、もう一段階向上させたいとき、その状態を要求する時に多く使われる用語です。 「最初から作る」という意味で使ってしまわないように注意しましょう。 現在未完成である言い訳にも使われる ビジネスシーンでは、納期に迫られたり、概要だけをまず作っておきたい時に、十分とはいえない資料を提出せざるをえない時があります。 その際には資料提出時に「今後ブラッシュアップしていく予定です」などと一言添えましょう。 言い訳のようになりますが、未完成であることの印象が和らぎます。 まとめ 「ブラッシュアップ」は今よりも高いレベルを目指す意味があります。 ビジネスシーンでは会議、上司、クライアントとのやりとりの場面で耳にすることも多いと思います。 また、「ブラッシュアップします」ということで、仕事内容やスキルを向上させるという意志を伝えることができます。 ぜひ正しい意味を理解し、積極的に使っていきましょう。

次の

improveの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

インプルーブ 意味

improve develop invent discover 意味と違い インプルーブ ディベロップ• invent• discover• improve• develop invent invent は …を 発明する、創案する という意味の動詞です。 新しいもの(世に役立つもの)を始めて作りだす、というイメージです。 Bell invented the telephone. ベルは電話を発明した Children often invent their own games. 子どもはおうおうにして独自のゲームを発明する discover discover は、発見するという意味の動詞です。 それまで知られていないものを偶然に見つけるというイメージです。 find out に意味が似ています。 参考記事• Who first discovered the North Pole? 誰が最初に北極を発見したのですか• I discovered a lovely little shop. 私はある小さい素敵なお店を発見した improve improveは、改良する、改善するという意味の動詞です。 すでに世の中に存在しているものを手直しするイメージです。 モノだけでなく健康や能力などに対しても使えます。 They improved an old product. 彼らは古い製品を改良した• How can my website be improved? 自分のウエブサイトをどうやって改善できるのか develop develop は、発展させる、開発するという意味の動詞です。 もともと存在するもの(土地、資源や事業など)を展開していくイメージです。 日本語でもディベロッパーが使われますね。 Our staffs are researching to develop a new product. 我々のスタッフは新しい製品を開発するためにリサーチしている• 私たちは町の経済を発展させる必要がある 【まとめ】improve develop invent discover 意味と違い インプルーブ ディベロップ• invent : 発明する• discover: 発見する• develop : 開発する• improve : 改良する•

次の