中国 語 翻訳。 中国語

論文翻訳・学術翻訳

中国 語 翻訳

音声の感度• 翻訳の精度 話している言葉を認識してくれるか?というのが、音声の感度で、 話している言葉の意味を正確に理解してくれているか?というのが、翻訳の精度です。 最初は、デフォルトで英語になっていると思いますので、中国語に変更します。 画面下の国旗の間の赤い枠の中のボタンを押すと、言語一覧が出てきます。 一覧から中国語を探し出し、中国語を選ぶと、中国の国旗に変わりますので、先ほど押した国旗の間にあるボタンを押して戻ります。 翻訳画面では、 中国の旗を押すと、中国語から日本語への翻訳、 日本の旗を押すと、日本語から中国語への翻訳となります! ちなみに、話した文章とアプリが認証した文章が違う場合には、アプリが認証した文章をタッチすると、手動でテキスト入力編集ができます。 使用した感想 音声の感度はとてもよくて、スローでも、早口でも、しっかり聞き取ってくれましたし、押してすぐに話し始めてもOKなので、レスポンスが早くてとても使いやすかったです! とても 音声に特化した翻訳アプリだと思います。 翻訳精度は、普通だと思います。 例えばこれ icon-hand-o-down 間違ってはいないし、通じるのですが、ちょっとだけ「ぎこちない」印象です。 画面上部の言語が記載されているところをタッチし、言語一覧表の中から中国語を探してタッチし、右上の閉じるボタンを押すと、翻訳画面に戻ります。 画面下部のボタンを押して、翻訳を開始します。 話した文章とアプリが認証した文章が違う場合には、アプリが認証した文章の左側にある、赤い枠で囲んだ編集マークをタッチすると、テキスト入力で編集できます。 使用した感想 再翻訳する機能があり、 翻訳精度の高さがにじみ出ています。 中国語の日本語訳を、再度中国語に翻訳する機能が再翻訳です。 再翻訳された文と最初に話した中国語がどれくらい一致しているかどうかで、その日本語訳の正確さが、客観視できますね! この「私は自分の耳が信じられない」という翻訳文も素晴らしいです。 音声翻訳アプリを2つ試してみた結果 どちらのアプリもとても使い勝手が良かったのですが、 得意不得意があるということがわかりました。

次の

中国語辞書

中国 語 翻訳

ポイント• オフライン使用可能• グローバル対応• 手書きで入力可能• 翻訳の正確性• 音声認識可能• カメラでの翻訳可能 Google翻訳は 全世界対応のため、中国に限らず世界中どこでも使用できます。 翻訳の正確性に関しては、文法の間違いなど多々あるように感じます。 しかし、一般的に使用する分には問題ないでしょう。 またこのアプリは 手書きで入力に対応しています。 中国語の読み方がわからない方でも安心して使うことができます。 このGoogle翻訳最大の特徴は、 音声認識とカメラによる翻訳が可能であることです。 音声認識に関しては、マイクから話しかけて入力できるのはもちろん、翻訳結果を読み上げることも可能です。 また中国語が書かれた画像をカメラに向けるだけで、自動的に翻訳してくれます。 旅行中にもし意味の気になる中国語があったら、カメラでそれをスキャンするだけで意味を知ることができます。 google社らしい魅力的なアプリです。 Pleco• 翻訳アプリは意訳には適していない• 誤字や脱字のまま翻訳しない• 正しい日本語を翻訳する• 長文を避ける• 簡体字と繁体字を分ける• 中国人でさえ使わない表現がある• 自動翻訳ツールに頼りすぎない 翻訳アプリは意訳には適していない 翻訳アプリの翻訳は基本的に直訳です。 中国の詩など、意訳が必要な文章は自動翻訳をできるだけ避けましょう。 誤字や脱字のまま翻訳しない 誤字や脱字もそのまま翻訳されてしまいます。 翻訳前に一度文章を確認しましょう。 正しい日本語を翻訳する 日本人でもたまに日本語を間違えています。 正しい日本語を入力して初めて、正しい中国語訳が出てきます。 長文を避ける 翻訳アプリやサイトは基本的に短文が得意です。 長くなればなるほどミスが出てくる可能性が高くなります。 簡体字と繁体字を分ける 簡体字と繁体字は同じ中国語ですが、扱いは全く違います。 統一して翻訳しましょう。 中国人でさえ使わない表現がある 翻訳結果に出てくる中国語は日常的なものとは限りません。 自動翻訳ツールに頼りすぎない 自動翻訳ツールは確かに便利です。 しかし、自動翻訳は必ずしも正確とは限りません。 出来る限り自分で翻訳しましょう。

次の

中国語翻訳で一番使えるアプリとサイトは?|中国メモ

中国 語 翻訳

言語名 [ ] ()や()では、主に 中文(ちゅうぶん)と呼ぶ。 中国は多民族・多言語国家であり、少数民族の言語も「中国の言語」と言えなくもないことから、それらと区別するために (の言語)と呼ぶことがあり、学術的な用語としてもよく使われる。 他に現地では 華語、 中国話などとも言う呼び方もある。 また、日本では前半ごろまで主に 支那語と呼ばれた。 中国語の内、であるには (中国)、 (台湾)、 華語(シンガポールやマレーシアなど)がある(詳細はおよび各項目を参照)。 語は前述の両方に使われる(例:)。 特徴 [ ] 中国語の特徴は、「漢文からの簡潔さ」ということである。 簡潔さの例として、まず中国語ではが省略される。 ゆえにかかかは読者の判断にゆだねられる。 またと句、と語の間の関係が、とであるとき、であるとき、であるとき、いずれも概ねによってのみ示され、これも読者の判断にまかされる。 ゆえに中国語のは簡単であるが、常識によって理解されるという特徴がある。 さらに助字(而・之・於・者・焉の類)も省略される。 中国語には助字を添加してもしなくても文章が成立するという性質がある。 よってこれを日本語にする場合は、を添加する必要がある。 このような簡潔を追求した原因は、その表記法としてが用いられたことにある。 そのである漢字のみを使用する中国では、口頭の語としては発生し存在しても、それを表記すべき漢字がまだ用意されていないということが起こり得る。 現在の中国では口語をそのまま表記する方法はほぼ完備されているが、古代では多くの語が表記すべき漢字を持たないことがあった。 したがって古代の記載法は、漢字として表記できる語だけを口語の中から抜き出して書くという方法をとった。 中国語にはそれを許容する性質がある。 このようにして文章語が口語よりもより簡潔な形であると意識されたとき、文章語は意識的に簡潔な上にも簡潔な方向へと自らを練り上げて行った。 『論語』の文章はすでにその段階にあり、当時の口語とは相当の違いがあったと推察される。 一方、中国語はリズムに敏感なのような性質を常に保持し、そのリズムの基礎は四字句が中心になっていることが多い。 こうしたリズムの組成のために助字がしばしば作用する。 助字は、あってもなくてもよい語であるという性質を利用して、簡潔とは逆行するが、助字を添加することによってリズムを完成させ、文章を完成させる。 よってこのようなリズムの充足のために添えられた助字は、はっきりした意味を追求しにくいことがよくある。 またこの四字句などは、しばしば的なとなる。 つまり同じ文法的条件の語を同じ場所におく、繰り返しのリズムである。 この対句は中国語の性質から成立しやすいものであり、その萌芽が『』をはじめとする古代の文章にしばしば見える。 これがやがてを生み、唐から宋までのの美文・を生んだ。 歴史 [ ] 古代漢語 [ ] (、)(頃 - 頃)• の原形とされる(に発見)が使われており、簡単な文章が記録されている。 語順は的なだった。 (例: 吳 敗 越 於夫椒 「呉は夫椒で越を破った。 Or 吳軍 在夫椒 打敗了 越軍 S-Adv-O-V)• この頃の文献としては、にまつわる書が残っている。 文法的に重要な役割を果たしていたやによるの形成があったが、後期になると衰え始めた。 にがあった。 今でも一部がやに残っている。 のやの言語はと呼ばれるの漢字でなどに記録され、、などが発見されている。 の全国統一で言語が各地に伝播した。 中期漢語 [ ] (頃 - 代)• 2音節の熟語が発達した。 のが消滅し始め、的な特徴を帯びるようになる。 漢字のが統一され、規範的な字書が作られた。 また、試験によって、発音、字体、文法など、規範的な言語の使用が促進された。 ・・などの・を輩出した。 近代漢語 [ ] (代、代、代)• 元代には唐宋以来の漢音を使っていたと考えられている。 語彙面、文法面で、文語と口語の差が広がった。 代から代には、口語によるが広く書かれるようになった。 北方方言ではアルタイ語の影響で動詞が文末に 後置されるようになった。 元代と清代にはを中心に、から幾つか語彙を吸収したことがあった。 ちなみに"把"は代に既にあった。 例:の『戯醉客』には「莫把杭州刺史欺」。 元代口語ではの「有」が多用された。 都のあった北京の言葉を中心にした言語が全国に広まり始めた。 この言語は「正音」と呼ばれていたが、官吏が主に使用したことから明代以降「」の呼び名が定着するようになった。 多くのでが消滅する。 明代、北方方言を中心に「音」が現れた。 これはアルタイ語からの影響でなく、北方方言自らの音韻変化である。 のが進行する。 代期 現代漢語 [ ] の後に、西欧の事物・概念を表す語を中心にの中国語への流入がはじまり、にがで『清議報』を発刊したことによってそれが本格化した。 の結成頃から、優秀な学生が日本のなどへし、既に日本語化され定着した「」などの西洋概念に触れ、日本のの影響を強く受けた。 この新漢語の大量流入はごろまでに最盛期を迎え、その後も終了までは徐々に数量を減じながらも継続していた。 一方、清朝末期になると中国でも標準語制定の動きが高まり、には初等・中等教育において官話学習が義務化された。 このころまでは「官話」という言葉は将来制定されるべき「標準語」との意味も含んでいたが、には標準語という意味で「」という呼称が用いられるようになり 、以後官話は北京を中心とした方言を、國語は標準語を指すようになった。 ではその名が今でも受け継がれている。 には清国政府によって標準語としての國語統一を目指す法案が決定された。 同年起こったによってこの動きは一時中断したものの、新たに成立した中華民国政府は中国語の統一を重視し、國語統一の動きは引き続き進められた。 中華民国における「國語」制定においてはまず発音の統一が重視されたが、この発音については北京方言を用いるか、各地の方言を折衷した新しい発音を用いるかの論争が起こり、最終的にに北京方言を主に用いることと定められた。 には、の発行する雑誌『』誌上において、を中心として書き言葉を「文語体」(文言文) から「口語体」へ変えようとする動き()が広がり、が起こった。 の『』などがこの運動の中で生み出された。 (民国8年)、教授のは、雑誌に寄稿して文字改革を訴えて漢字の廃止を主張し、新文化運動の中心人物となった。 後、にに成立したによるにおいても、標準語の制定と言語統一は引き続き追及された。 ただし発音的には「國語」がすでに確立され、中華民国統治期にすでに全国に普及していたため、基本的にこれを踏襲する姿勢を取った。 ただし「國語」は日本語からの借用語であったため、「」と名を改めることとした。 これに対し、台湾へと逃れた中華民国政府は引き続き「國語」という用語を使用し続けた。 中華人民共和国政府は発音の面では中華民国政府の政策を踏襲したが、文字の面では大規模な改革に踏み切り、正書法として従来の漢字を簡略化したがに採用された。 また、言語の統制機関としてに中国文字改革委員会が設置され、には国家語言文字工作委員会と改称された。 標準語 [ ] 詳細は「」を参照 中国では文章語は古代より統一されていたが、口語は各地方ごとに異なり、同じく漢字の発音も各方言ごとに異なっていた。 人民の意思疎通を容易にするため、では中央政府のにより積極的に普通話の使用が推進され、やで取り入れられ、・とされている。 一般的に、全人口の7割程度が普通話を理解するといわれ、方言話者の若い世代は普通話とのとなっていることが多い。 方言 [ ] , その他 0. 例えば、(の一つ)と広州語(・粤語の一つ)と(東部に分布するの一つ)では発音、語彙ともに大きく異なるだけでなく、文法にも違いがあり、しか話せない者は、広東語などの方言を聞いてもほとんど理解できないため、別のとする見方もある。 しかし、文章語は共通しているため書かれた文の読解は容易であり、また各地方語はあくまでも中国語群には属していて対応関係が明確であるため、普通話を標準語として上位に置き、各地方語は方言と呼ばれることが一般的である。 方言区分は議論のあるところであり、いくつに分けるか学者によって異なっている。 , 2004。 諸方言は中国祖語をもとに、などの南方諸語や、など北のの発音、語彙、文法など特徴を取り込みながら分化したと考えられている。 その特徴として、を持ち、で、単言語であることが挙げられる Columbia University Press, 2004 が、現代(を含む)は代以降、かなりの程度アルタイ化したため必ずしも孤立語的、単音節的ではない。 七大方言 [ ]• (方言)• 華北東北方言( 、、、)- ・・・・・・・との一部。 西北方言(、) - ・・の全域と・・の一部、及び中央アジアの居住区。 西南方言() - ・・、の大部分、広西省西北部、湖南省西北部。 江淮方言(、) - ・の以北の地域(ただし、・は除く)、の以西から以東にいたるまでの長江南岸地域。 (、など。 (など。 客家語と近い。 (など)• 十大方言 [ ] 以下の方言は独立した大方言区とすべきとの議論がある。 オーストラリア人文アカデミーと中国社会科学院がまとめたはこの立場で編纂されている。 - 七大方言では北方語に属する。 - 七大方言では呉語に属する。 (広西平話) - 七大方言では粤語に属する。 は、漢語を14に分類している SIL International, 2004。 のは、を用いて表記し、やなどからの借用語が多く、使用国も異なるため、独立言語とし、平話を除いた九方言にドンガン語を加えたものである。 この場合、は・・・・の五つの言語に分けられる。 その他、分類が定まっていない小方言群がある。 音韻 [ ] 中国語はである。 の音の高低の違いがやと同じように意味を区別している。 これを(トーン、tone)という。 しかし、、、の四つの声調とがあるので、実際には5種の異なる形態素に分けられる。 軽声 - 嗎(ma; 疑問の語気助詞)- 抑揚はなく、高さは前の声調により変わる。 表記 [ ] 中国語の共通文字体系であるの歴史は古い。 漢字は独自ので、などのと異なり、でありである。 漢字は大量かつ複雑な容姿をした部品を用い、かつ不規則な読み方をし、や類義の字も多いため、習得に長期間を要し、経済的にも効率が悪いといった趣旨の否定的な評価からなどに移行すべきという意見があった。 実際にやでは漢字を廃止した。 のではに、字画が少なく読みや構成にも統一性を高めたが正式採用された。 簡体字は、中国全土で使用されることが中央政府によって義務化され、も中国語(華語)の表記に採用した。 これに対して、中華民国()、、では、基本的に簡体字以前の字体を維持した(正体字)が使われている。 繁体字・簡体字は、それぞれの文化圏での政治的・技術史的な経緯から、処理においては全く互換性のない別の・体系(簡体字圏=、繁体字圏=)が使用されてきた。 簡体字には複数の繁体字を1字にまとめて整理した形をとったものがある(多対一)ことから、逆に簡体字から繁体字に変換する場合(一対多の使い分けが必要)、「 头发(頭髪)」を「頭發」、「 干杯(乾杯)」を「幹杯」とする類の誤変換が中国大陸のウェブサイトの繁体字版ページなどによく見られる。 中国語の表記には以来が伝統的に使われてきて、今でもの道路標識、英字新聞に出る個人名称などに使われている。 中華人民共和国はに(ピンイン)という新しいローマ字表記法を制定した。 このピンインは、にの第3回で中国の地名のローマ字表記法として、にはで中国語のローマ字表記法として採用された。 また、ピンインは、外国人(特に欧米人)による中国語学習や小学生の漢字学習の助けにもなっている。 中華民国(台湾)では、と呼ばれる発音記号を用いて漢字の読みを示すのが一般的である。 には台湾でも漢語 拼音も採用している。 文法 [ ] ()が生じず、が意味を解釈する際の重要な決め手となるである。 孤立的な特徴をもつ言語としては他になどがある。 基本語順はである。 しかし、現代北方語や文語では「 把」や「 將」、「 以」による表示などがあり、の文を作ることができ、かつに近づいている。 標準語の文法: 我去图书馆看书。 (図書館へ行って本を読む。 ) 現代語では、日本語のように動詞の前後や文末に助詞・助動詞が来る。 例えば 了は動詞につくと(完了)を表し、文末につくとを表す。 中国語にはを表すが存在しない。 昨天我 去了电影院。 (昨日、映画館へ行った。 ) また、 による語形変化がないのが孤立語の特徴である。 したがって、中国語でもやに格の変化は生じない。 格は語順によって示される。 我去过中国。 (;私は中国に行ったことがある。 上海語: 我到中国去过个。 我妈妈让 我学习。 (;母は私に勉強させる。 上海語: 我个妈妈让 我学习。 英語が同じ語順: My mom made me study. 語彙 [ ] 中国語は基本的に単音節言語であるが、現代語は複音節の語彙が増えている。 中国語の表記に使う漢字は一音節に一文字が用いられる。 また、同じような意味の単音節のを並べて、2音節の熟語を形成することがある。 脚注 [ ] []• 吉川幸次郎『漢文の話』(筑摩書房、新版1971年(初版1962年))pp. 32—74, 177• 「中国語学概論 改訂版」p13-14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行• 橋本、1978• 「中国語学概論 改訂版」p14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行• 「中国語学概論 改訂版」p14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行• 「中国語の歴史 ことばの変遷・探求の歩み」(あじあブックス)p31-34 大島正二 大修館書店 2011年7月20日• 「中国語学概論 改訂版」p14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行• CaoGuangshun. and Dandan Chen. 2009. Yuan baihua teshu yuyan xianxiang zai yanjiu [Reexamination of the special features in Yuan baihua]. Lishi Yuyanxue Yanjiu[Historical Linguistics Study] 2:108-123. Beijing: The Commercial Press• Ota, Tatsuo 太田辰夫. 中国語史通考 白帝社, 1988• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p21 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「近代日中語彙交流史 新漢語の生成と受容 改訂新版」p77 沈国威 笠間書院 2008年8月20日• 「近代日中語彙交流史 新漢語の生成と受容 改訂新版」p4 沈国威 笠間書院 2008年8月20日• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p41 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p22 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「中国の地域社会と標準語 南中国を中心に」p22 陳於華 三元社 2005年2月23日初版第1刷• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p42 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p120 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p45 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p123 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「近現代中国における言語政策 文字改革を中心に」p127 藤井(宮西)久美子 三元社 2003年2月28日初版第1刷発行• 「中国、29種類の文字 普通話の普及率が73%に」2017年09月15日 人民網日本語版 2018年7月17日閲覧• , p. 「中国の地域社会と標準語 南中国を中心に」p19 陳於華 三元社 2005年2月23日初版第1刷• における(内地語)と、()の関係に似ている。 参考文献 [ ]• 2004 , "" in The Columbia Encyclopedia 2001 , 6th ed. , Columbia University Press. Microsoft Corporation. 2004年. 2009年10月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年10月2日閲覧。 2005 , "" in Ethnologue 15th ed. [ et al] 2001 『クラウン中日辞典』、三省堂。 [ et al] 1996 『はじめての日本語教育』、1巻、アスク、pp. 159 - 160。 The New Encyclopaedia Britannica 1997 , 15th ed. , 32 vols. , Encyclopaedia Britannica. set• 1981 『現代博言学』, 大修館書店. 橋本萬太郎 1978 , 『言語類型地理論』, 弘文堂. 外部リンク [ ]• : 関連項目 [ ] のがあります。 のがあります。 のがあります。 のがあります。 のがあります。 のがあります。 のがあります。 のがあります。 - -•

次の