ピット フォール と は。 ピットフォールとは

スーパーピットフォール

ピット フォール と は

ピットフォール ジャンル 対応機種 開発元 発売元 アクティビジョン 人数 1人 メディア 発売日 198204201982年4月20日 その他 型式:AX-018 『 ピットフォール』 Pitfall! はに社から発売された用。 主人公の探検家ハリー( Pitfall Harry)を操作してさまざまなやを乗り越え、制限時間内に財宝を集めるアクションゲーム。 舞台はジャングル、はサイドビューで、はせず主人公が画面端に達すると次の画面に切り替わる。 操作はレバーによる左右移動とハシゴ昇降、ボタンによるジャンプのみで、敵を攻撃することはできない。 本作はAtari 2600ののひとつであり、用ソフト『』()が登場するまで世界で最も売れたアクションゲームであった。 売り上げ本数は400万本を超え、Atari 2600用ゲームの売り上げとしてはの700万本に次ぐ第2位となっている。 多くの機種に移植され、米国においてはいまだ知名度が高く、2000年代以降も同名のシリーズ作が作られている。 開発 [ ] 背景 [ ] 本作の開発者であるデヴィッド・クレーンがアタリに在籍していたころ、創業者のが退社するという出来事が発生する。 これによりデベロッパの待遇が悪化し、クレーンもまた経営陣と対立した末にアタリを去り、史上初のサードパーティーとなるアクティビジョンを立ち上げる。 企画・開発 [ ] クレーンはAtari2600用ソフトの多くが戦車や飛行機などを主題にしていたことに気づき、キャラクターを人間にして動きをつけることを思い立つ。 彼は、方眼紙にゲームのメイン画面を描きながらイメージを膨らませ、10分足らずで本作の企画書を描き上げる。 そして、彼は一人でゲームを作り上げ、エミュレータもデバッグも自作した。 本作のプラットフォームであるAtari2600のメインメモリは128倍と、プログラムカセットの容量も4キロバイトしかなく、必要メモリ数の節約に知恵を絞った。 それでも、主人公であるハリーは頭・胴体・足に3色を割り振った。 当初、本作は『ジャングルランナー』という題名で発売される予定だったが、マーケティングスタッフから反対意見が出、最終的にはを意味する「ピットフォール」に落ち着いた。 他機種版 [ ] キャプション No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 1 Pitfall! 1982年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット M-002-03 2 Pitfall! 1983年 1984年 アクティビジョン アクティビジョン 384ロムカセット R48X5501 3 Pitfall! 1983年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット - - 4 Pitfall! (1984年) - Atari2600/MSX用、原題『』 … 縦横に広がる迷路のような洞窟や泳げる地底湖、掴まると宙に浮く風船などが追加された続編。 ピットフォールII(1985年) - /用 … によるピットフォールIIの同名アレンジ移植。 アーケード版は全4面のに再構成され、より反射神経を要する仕掛けや得点稼ぎ要素が追加されている。 (1986年) - //用 … によるピットフォールIIのアレンジ移植。 拳銃で攻撃できるなど、内容はオリジナルと大幅に異なる。 (1994年) - ////Windows//用、原題『』• (1998年) - PlayStation用、原題『』• (1998年) - 用、原題『Pitfall 3D: Beyond the Jungle』• (2004年) - PlayStation 2///ゲームボーイアドバンス用、原題『』• ピットフォール(2012年) - /用 … 3Dリメイク版 脚注・出典 [ ] []• インサイド 2011年3月6日. 2020年4月28日閲覧。 Marriott, Scott Alan. 2014年12月10日時点のよりアーカイブ。 2015年3月30日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Arcade Express 1 2 : 6—7 [6]. August 30, 1982. 2012年2月3日閲覧。. Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

スーパーピットフォール

ピット フォール と は

ピットフォール ジャンル 対応機種 開発元 発売元 アクティビジョン 人数 1人 メディア 発売日 198204201982年4月20日 その他 型式:AX-018 テンプレートを表示 『 ピットフォール』 Pitfall! はに社から発売された用。 主人公の探検家ハリー( Pitfall Harry)を操作してさまざまなやを乗り越え、制限時間内に財宝を集めるアクションゲーム。 舞台はジャングル、はサイドビューで、はせず主人公が画面端に達すると次の画面に切り替わる。 操作はレバーによる左右移動とハシゴ昇降、ボタンによるジャンプのみで、敵を攻撃することはできない。 本作はAtari 2600ののひとつであり、用ソフト『』()が登場するまで世界で最も売れたアクションゲームであった。 売り上げ本数は400万本を超え、Atari 2600用ゲームの売り上げとしてはの700万本に次ぐ第2位となっている。 多くの機種に移植され、米国においてはいまだ知名度が高く、2000年代以降も同名のシリーズ作が作られている。 開発 [編集 ] 背景 [編集 ] 本作の開発者であるデヴィッド・クレーンがアタリに在籍していたころ、創業者のが退社するという出来事が発生する。 これによりデベロッパの待遇が悪化し、クレーンもまた経営陣と対立した末にアタリを去り、史上初のサードパーティーとなるアクティビジョンを立ち上げる。 企画・開発 [編集 ] クレーンはAtari2600用ソフトの多くが戦車や飛行機などを主題にしていたことに気づき、キャラクターを人間にして動きをつけることを思い立つ。 彼は、方眼紙にゲームのメイン画面を描きながらイメージを膨らませ、10分足らずで本作の企画書を描き上げる。 そして、彼は一人でゲームを作り上げ、エミュレータもデバッグも自作した。 本作のプラットフォームであるAtari2600のメインメモリは128倍と、プログラムカセットの容量も4キロバイトしかなく、必要メモリ数の節約に知恵を絞った。 それでも、主人公であるハリーは頭・胴体・足に3色を割り振った。 当初、本作は『ジャングルランナー』という題名で発売される予定だったが、マーケティングスタッフから反対意見が出、最終的にはを意味する「ピットフォール」に落ち着いた。 他機種版 [編集 ] キャプション No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 1 Pitfall! 1982年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット M-002-03 2 Pitfall! 1983年 1984年 アクティビジョン アクティビジョン 384ロムカセット R48X5501 3 Pitfall! 1983年 アクティビジョン アクティビジョン ロムカセット - - 4 Pitfall! ピットフォールII 失われた洞窟(1984年) - Atari2600/MSX用、原題『』 … 縦横に広がる迷路のような洞窟や泳げる地底湖、掴まると宙に浮く風船などが追加された続編。 ピットフォールII(1985年) - /用 … によるピットフォールIIの同名アレンジ移植。 アーケード版は全4面のに再構成され、より反射神経を要する仕掛けや得点稼ぎ要素が追加されている。 (1986年) - //用 … によるピットフォールIIのアレンジ移植。 拳銃で攻撃できるなど、内容はオリジナルと大幅に異なる。 ピットフォール マヤの大冒険(1994年) - ////Windows//用、原題『』• ピットフォール3D(1998年) - PlayStation用、原題『』• ピットフォールGB(1998年) - 用、原題『Pitfall 3D: Beyond the Jungle』• ピットフォール ザ・ロスト・エクスペディション(2004年) - PlayStation 2///ゲームボーイアドバンス用、原題『』• ピットフォール(2012年) - /用 … 3Dリメイク版 脚注・出典 [編集 ] []• インサイド 2011年3月6日. 2020年4月28日閲覧。 Marriott, Scott Alan. 2014年12月10日時点のよりアーカイブ。 2015年3月30日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Arcade Express 1 2 : 6—7 [6]. August 30, 1982. 2012年2月3日閲覧。. Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 Blue Flame Labs. 2018年2月15日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (英語) この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

スーパーピットフォール

ピット フォール と は

これは想定されたこととはいえ、実際にその時代を迎えると、医療現場では驚くばかりである。 わが国の高齢者割合は30%に届こうとしており、65歳以上の外来患者割合、入院患者割合、要介護者数、認知症をはじめとする推定有病率などの数字を目の当たりにすると、驚愕し無意識にもう一度数字を追うことになる。 皮膚科は全年齢層の患者を対象とするが、近年、当然ながら小児の割合は低下し、高齢者の割合は高くなっている。 診療科によっては患者のほとんどが高齢者であり、円滑な診療のために医療そのものに加えてコミュニケーションにも腐心している現状がある。 皮膚も他の臓器と同様に老化に伴い独特の変化を示す。 バリア低下など老人性皮膚変化は種々の炎症性疾患を引き起こし、光老化は腫瘍性病変も引き起こす。 また糖尿病など全身性疾患の存在は特有の皮膚病変を誘発する。 より全科的には、高齢者の診療に伴って、ポリファーマシー、スキンテア、フレイル、ロコモティブシンドローム、サルコペニア、IADなどという特別の用語が生まれ、医療全体にも波及している。 一方で高齢者診療は医療のシステムにまで変革をもたらしている。 医院や長期療養型病院での診察に加え、在宅医療も高齢者に対する重要な医療の受け皿になっており、それを実践するノウハウも習得する必要がある。 これは純粋に医学的な問題というよりも制度の枠内でいかに効果的で効率的な医療を行うかというプラグマティックな課題でもある。 本書では、加齢と皮膚の変化を鳥瞰し、高齢者皮膚治療の問題点を内科学的・外科学的・看護学的に浮き彫りにし、皮膚疾患での各論と全身疾患とのかかわりを扱い、そして在宅医療の課題を解説した。 各項目はこの分野のエキスパートの方々にお願いした。 全編を読んでいると高齢者皮膚診療が大きな分野であることに改めて気づかされる。 コツとピットフォールとして、この分野で特に重要であることにページを割いており、かつ実践的な課題を扱っている。 高齢者の医療現場にぜひ本書を置いていただき、困ったときに医学的意味を得て、ベッドサイド情報を吸い上げていただければ幸いである。 2019年5月 戸倉新樹 秋山真志 皮膚科に来院する患者は男女を問わず、また小児から高齢の方まで年齢も幅広い。 少子高齢化社会に伴い、私たち皮膚科医も高齢者を診察する機会が増えている。 とくに冬季には中〜高年の皮脂欠乏性湿疹患者が多数来院する。 また、高齢者の糖尿病や人工透析に伴う難治性掻痒性疾患は臨床医としても頭を悩ませるところである。 さらに、高齢者では皮膚の脆弱性からの紫斑、擦過創における皮弁様の広範囲皮膚剥離やwarfarin内服中の打撲でみられる解離性皮下血腫など、若年の患者ではみられない特異な所見も観察される。 寝たきり患者でオムツを使用していれば、オムツ皮膚炎や褥瘡にもなる。 栄養状態がわるければ褥瘡の治癒も遷延する。 糖尿病の足潰瘍や動脈硬化による壊死もあるため、爪やフットケアの知識も重要である。 高齢者では認知症も加わり、病歴の不確かさもあれば、外用薬の残量もあてにならない。 指導したスキンケアもなされていない。 多数の薬剤を服用していれば薬疹も起こりやすい。 処置にも時間がかかる。 こうした高齢者のスキントラブルの問題点を整理し、理解するためのテキストはまさに時代の要望であった。 さて、本書を紐解くと、最初に基本的事項として加齢に伴う生理的変化が載っている。 加齢における皮膚や毛髪の生理的変化が細かく説明してあり、老化から発癌にいたるまで通読して読み応えがある。 美容外科や皮膚外科にも役立つ加齢による皮膚変化がわかりやすく記載されている。 まさに加齢医学の教科書といってもよいほどの充実した内容となっている。 各論では、各種治療、指導のコツとピットフォールについて実際に則した内容となっており、さらに高齢者に多い皮膚疾患を中心にわかりやすく解説してある。 爪の変形でも転倒する危険もあり、かなりのQOLの低下を招く。 高齢者診療の視点から、本書では足のケアについても力点が置かれている。 また、在宅現場での治療や注意点など皮膚を通してトータルに高齢者を見つめていく姿勢が貫かれており、高齢者特有の症状や応対についてまできめ細かく述べられている。 まとめてみると、まず本書は単なる診療におけるコツやノウハウを伝授するだけではなく、そのバックグラウンドの理論、基礎知識がしっかり書かれているのがわかる。 疾患の治療各論についてもそれぞれの領域のエキスパートの解説により、高齢者という斬新な切り口でうっ滞性皮膚炎やアトピー性皮膚炎にいたるまで取り上げられており意義深い。 表紙のデザインも面白く、イラストもユニークで各項目がきっちりと統一されており、落ち着いた色調のカラーが読み進めるうえで心地よい。 高齢者の皮膚科診療における特殊性に鑑みて、加齢による皮膚の変化の基礎的事項から臨床にいたるまできっちりと書かれている。 皮膚の老年科、まるわかりの内容で、高齢者を診察する往診医などすべての医療関係者の役に立つ内容になっている。 まさに待望の一冊がついに出たと言っても過言ではない。

次の